オプション取引

オルタナティブ投資とは

オルタナティブ投資とは
Credit: Rediscovering Alternative Assets in Changing Time, PwC

オルタナティブ投資とは

アスタリスク(弊社)は、国内の年金基金、金融機関、REIT運用会社などの機関投資家を対象とした、米国不動産投資(およびファンド)に関連した税務・法務・市場についてのセミナーを開催いたします。 当セミナーでは、 年金基金や […]

Brexit : 混乱する英国の個人向け公募不動産ファンドの市場規模とその影響力 – 2016年7月19日

Brexit : 混乱する英国の個人向け公募不動産ファンドの市場規模とその影響力 – 2016年7月19日 2016年7月4日以降、英国の公募不動産ファンド(個人投資家向け)が相次いで償還延期と取引の一時停止についての発 […]

BREXITの資産価格へのインパクト

BREXITの資産価格へのインパクト Impact of BREXIT on asset prices 2016年6月28日 弊社が提携する英国オックスフォード・エコノミクス社のリサーチ『BREXITの資産価格へのインパ […]

世界最大級の公的年金ノルウェーGPFG、不動産へのアセットアローケーションを15%へ拡大提言

世界最大級の公的年金ノルウェーGPFG、不動産へのアセットアローケーションを15%へ拡大提言 2015年11月12日 100兆円規模の世界最大級の公的年金として知られるノルウェー・Government オルタナティブ投資とは Pension F […]

長期インフレ連動型インカム 英国ロング・インカム型不動産

英国のロング・インカム型不動産は30年などの長期の賃貸契約をSale-and-Leasebackなどの形式で信用力の高いテナントと結ぶ事によって、長期運用におけるインカムを確保できる不動産である。賃貸契約は一般的に途中解約は不可であり、賃料は定期的にRPI(Retail Price Index = 小売り物価指数)といったインフレーション指標に連動して上昇する仕組みとなっている。年金支払いなどの長期でのインフレーションを伴う負債との一致、インカム性、実物資産性といったコンセプトは生命保険、公的・民間の年金基金といた機関投資家に非常に適した属性を備えている。

英国の私募REIT(オープンエンドファンド)と不動産市場

-世界の機関投資家が求めるインカム / インフレーション感応 / 実物資産 / 海外分散投資- 先進国による量的緩和や歴史的な低金利政策、新興国の経済成長などに伴うグローバルなインフレーションが期待されるなか、 各国の金 […]

インフレーション感応型資産としてのグローバル不動産

世界中で増え続ける人口は2014年現在の72億人から、2020年には77億人、2030年には84億人、2050年には95億人以上に達すると国連は予測しています。グローバルでは増加する需要に対応してモノの価値が上がる中、日本では需要が減少するためモノの価値が下がる。 という構図になり、国内需要や消費に依存した事業や金融資産は相対的に価値が下がることが予想されます。さらに、世界的な人口増やASEAN諸国をはじめとした新興国経済の急成長による資源需要の拡大や、近年先進国が採用してきた低金利政策および量的緩和政策は、近い将来に来るべきグローバルなインフレーション圧力を生み出すと予測されます。個人・国家を問わず日本が世界的な金融競争力や所得水準・購買力・負債への支払い能力を維持する為には、今まで目を向けられていなかったグローバル資産に投資をする必要があります。今後、インフレーションから資産を守りながらも相対的な収益を確保するのに最も必要になるであろう資産タイプは『Inflation Sensitive Asset』、すなわち『インフレ−ション感応型資産』であると言えます。本レポートでは、長期の機関投資家にとって重要な『インカム性を持ったインフレ−ション感応型資産』の代表格であるグローバル不動産に焦点をあてたレポートとなっています。

ケベック州貯蓄投資公庫 / Caisse de dépôt et placement du Québec

  • ケベック州貯蓄投資公庫 - Caisse de dépôt et placement du Québec
  • 運用方針
  • ポートフォリオと運用実績
  • 確定利付証券・債券
  • インフレーション感応型資産
  • 株式およびプライベートエクイティ
  • その他の資産カテゴリー
  • 不動産投資
  • 地域貢献
  • オルタナティブ投資とは
  • ガバナンス
  • 本記事について

SWFレポート2013 / Sovereign Wealth Fund Report 2013

SWFレポート2013 / Sovereign Wealth Fund Report 2013 全世界の上場株式の1%相当を保有するノルウェーのオイルファンドGovernment Pension Fund Global、 […]

  • SWFの定義
  • SWFの主要原資- コモディティ型SWF(資源ファンド)と非コモディティ型SWF(外貨準備/公的基金)
  • SWFの資産規模
  • グローバル金融市場での位置づけ
  • グローバル金融市場での新たな役割とSWFへの期待
  • SWF設立のトレンド
  • 国際的なSWFへのルール・ガバナンスへの取り組み
  • 投資戦略
  • 投資動向
  • 日本版SWFへの期待
  • 本記事について

ノルウェーSWF “オイルファンド” Government Pension Fund Global

産油国であり福祉国家でもあるノルウェーのオイルファンド・Government Pension Fund Global。4兆1600億クローネ(約69兆円)の資産をもつ世界最大級の投資機関として世界中で大規模な投資を行っている。世界の8000社の株式・世界の全上場会社の株式1%相当を保有する投資家としても知られる巨大SWFの実情は?

市場規模21兆ドルの「オルタナティブ投資」を個人に解放するYieldStreet、チャンスはオープンイノベーションにあり

Capture.PNG

ニュースサマリー:オルタナティブ投資プラットフォームを手がけるYieldStreetが6200万ドルの資金調達を実施した。ラウンドはシリーズBで、Edison Partnersがリード投資家として参加。同社は2015年創業でこれまでに1億7800万ドルの資金を調達している。また今年2月には6000億ドルの総投資額を達成したことを同社Twitterにて報告した。今回調達した資金はプラットフォームのさらなる開発や新たなユーザーの獲得に用いられる。

話題のポイント:YieldStreetはAlternative Invetment(オルタナティブ投資)と呼ばれる非公開株や不動産、鉄道などのインフラに着目したオンライン投資プラットフォームです。オルタナティブ投資は株式や債券などの伝統的投資と異なり、その性質上から今までヘッジファンドなどの機関投資家によって市場が独占されていました。同社はここに問題を抱き、誰でも代替投資の市場へ参加できるようにテクノロジーを使って民主化を進めています。

Capture.PNG

Credit: Rediscovering Alternative Assets in Changing Time, PwC

もちろん、この成長市場のほとんどは(少なくとも現在は)既存金融機関によってマネージされています。ここで注目したいのが既存金融機関とスタートアップの連携です。

Capture.PNG

Credit: Global Fintech Report 2017, PwC

유료회원서비스 이용을 원하시는 분은 '무료회원(준회원)' 가입 후 '유료회원(정회원, BLACK 회원)' 으로 전환하시기 바랍니다.

준회원 전용 투자정보 열람 가능

정회원 비대면 / 49명

월 회비 98만원 (하루 32,666원 / 월 30일 기준 )

※ 본 オルタナティブ投資とは 가격은 VAT가 포함되지 않은 금액 이며, 연간 일시납의 경우 당사 콜센터(1644-2087) 로 연락 바랍니다.

  • 비상장주식 세금신고 대행 (양도소득세 및 증권거래세 / オルタナティブ投資とは 당사 추천종목에 한함) (연 1회 무료 / 그 외는 저비용 실비로 가능)
  • 비상장주식 '명의개서대행 서비스' (당사와 업무제휴 맺은 증권사 직원을 통해 저비용 オルタナティブ投資とは 실비로 진행)
  • 주식 투자자문 (비정기 / 문자 및 메일로 공지)
  • 월간 투자보고서 제공 (수시 업데이트)
  • 카카오플러스친구 투자정보 제공
  • 상장주식 제공 (주 1회 요청가능 / 관심종목 증권사 별 레포트 모음 제공)

비상장 オルタナティブ投資とは 투자자문

  • - 프로젝트 당 투자권유 금액 1억 이하 제한
  • - 세컨더리 위주 Pre-IPO 투자자문
  • 1) 업무제휴 증권사 직원을 통해 고객이 투자진행 → 당사가 オルタナティブ投資とは 투자판단 자문 → 선취수수료 및 성과수수료 無
  • 2) 업무제휴 증권사의 49인 이하 사모신탁 가입관련 자문 → 당사가 투자판단 / 수량 / 매도매수 시점 자문 ※ 수수료는 홈페이지 내 공지사항을 확인하시거나
    당사 콜센터(1644-2087)에 문의 바랍니다. ※ 단, 유관기관 수수료는 부과 될 수 있습니다.

블록딜 투자자문

  • - 선취수수료 및 성과수수료 無
  • ※ 단, 유관기관 수수료는 부과 될 수 있습니다.
  • 1) 업무제휴 증권사의 신탁 / 랩에 가입 → 당사가 자문 진행
  • 2) 업무제휴 증권사 지점 위탁 매매 → 당사가 매매자문 진행

※ '비상장 투자자문' 과 '블록딜 투자자문' 중 한 가지 서비스 선택 オルタナティブ投資とは 가능

BLACK 회원 비대면 / 49명

월 회비 198만원 (하루 66,000원 / 월 30일 기준 )

※ 본 가격은 VAT가 포함되지 않은 금액 이며, 연간 일시납의 경우 당사 콜센터(1644-2087) 로 연락 바랍니다.

  • 비상장주식 세금신고 대행 (연간무료) (양도소득세 및 증권거래세 / 당사 추천종목에 한함)
  • 비상장주식 '명의개서대행 서비스' (연간무료) (당사와 업무제휴 맺은 증권사 직원이 대행)
  • 비상장주식 개인적거래 관련 계약서 제공 및 검토 (연간무료)
  • 주식 투자자문 (비정기 / 문자 및 메일로 공지)
  • 월간 투자보고서 제공 (수시 업데이트)
  • 카카오플러스친구 투자정보 제공
  • 상장주식 제공 (주 1회 요청가능 / 관심종목 증권사 별 레포트 모음 제공)
  • 상장주식 (연 3회 요청 가능 / 관심 기업 직접 탐방 후 보고서 제공)
  • 특급호텔 부페 식사권 제공 제공 (연 1회 / 연말 BLACK オルタナティブ投資とは 회원 초청행사 개최)
  • 최우선 프리미엄 서비스 제공 (비상장 / 블록딜 투자정보 우선 제공) (담당 자문역에게 문의사항 우선 안내 및 처리)

비상장 투자자문

  • - 프로젝트 당 투자권유 금액 2억 이하 제한
  • - [Pre-IPO 및 Growth Equity] 1년 전후 세컨더리 및 투자회수기간 2~3년 신주 → 고객성향 オルタナティブ投資とは 파악 후 병행자문 진행
  • 1) 업무제휴 증권사 직원을 통해 고객이 투자진행 → 당사가 투자판단 자문 → 선취수수료 및 성과수수료 無
  • 2) 업무제휴 증권사의 49인 이하 사모신탁 가입관련 자문 → 당사가 투자판단 / 수량 / 매도매수 시점 자문 ※ 수수료는 홈페이지 내 공지사항을 확인하시거나
    당사 콜센터(1644-2087)에 문의 바랍니다. ※ 단, 유관기관 수수료는 부과 될 수 있습니다.

블록딜 투자자문

  • - 선취수수료 및 성과수수료 無
  • ※ 단, 유관기관 수수료는 부과 될 수 있습니다.
  • 1) 업무제휴 증권사의 신탁 / 랩에 가입 → 당사가 자문 진행
  • 2) 업무제휴 증권사 지점 위탁 매매 → 당사가 매매자문 진행

※ '비상장 투자자문' 과 '블록딜 투자자문' 서비스 둘 다 선택 가능

※ (주)얼터너티브 투자자문은 소수만을 위한 투자자문 서비스 를 제공합니다.
투자자문 서비스의 질을 향상시키고 비상장투자의 효율적인 관리를 위하여,
BLACK 회원은 49명 , 정회원은 49명 オルタナティブ投資とは 으로 회원수를 제한합니다.

BUSINESS AREA

  • Pre-IPO
    投資諮問
  • GROWTH EQUITY
    投資諮問
  • ブロックディール
    投資諮問
  • マルチアセット
    投資諮問
  • オルタナティブ投資とは
  • 非対面
    投資諮問

ブロックディールとは?

  • 株式市場で一定数量以上の大量注文を
    きちんと処理するための売買方法です。
  • 通常の売買取引方式では適当な時間内に適正な
    価格で注文を執行し難いと判断される時に使用します。
  • 市場価格に影響を与えずに大規模の株式を買ったり
    売ったりできるようにする制度です。

非上場投資とは?

  • ㈱オルタナティブ投資専門の非上場投資は、
    上場前の投資であるPre-IPO中心に進行されます。
  • 保有期間を短く設定し投資回収期間は短縮して、
    同時に効果的にリスクを管理します。
  • 上場PEER Groupと企業価値評価を比較して
    積極的な企業探訪を通じ予想公募価格を推定して
    編入価格を算定します。

IPO市場規模
(資料:金融監督院)オルタナティブ投資とは

  • 諮問型信託関連種目選定及び投資諮問 受託会社と業務協約を通じ個人投資者も加入できる
    ブロックディール(時間外大量売買)差益取引関連信託商品発売開始
  • Pre-IPO信託/ファンド関連種目選定及び投資諮問 1年以内に上場審査の請求が予測される非上場会社に旧株投資で
    絶対収益率を高めて、早い投資回収
  • 成長段階のベンチャー企業投資関連諮問 グロスキャピタル投入で期待収益率の増加及び
    上場できない時に対するリスク管理
  • 個人投資者に非上場種目判断諮問 個人投資者に非上場種目関連情報を提供する
    投資諮問サービス

当社諮問人力の強み

咨询人员的主要交易事例

BLOCK DEAL

  • 有価証券市場およびコスダック市場
    正規市場/時間外・大量取引規模
    約 80 兆 (出処:韓国取引所/2017年基準)
  • ✓当社諮問人力は2014~2017年の間
    50 余件の
    プロックディールトラックレコードを保有
    → 売買規模約 4千億ウォン

Pre-IPO

  • 非上場信託 設定経験 -ボディフレンド/ 14億 規模 → 株当り42,000ウォン設定 -ノバレックス/ 19億 規模 → 株当り22,000ウォン設定 -ビフィド外 多数 非上場投資進行
  • 非上場ラップ 設定経験
    -ヒューマシス/RFHIC外

계약 PROCESS

대면 투자자문 (일회성)

  • 개인별 성향 및 자문스타일 안내 관련서류 교부 (일반투자자 정보
    확인서 / 투자권유문서 / 계약서 등) 투자자문 계약 (신분증 / 인감 필요)
  • 고객명 증권계좌 개설
    (고객이 증권사 지정) 고객이 직접 계좌 개설 및 입금
  • 계약일로부터 5일 이내 납부
  • (주)얼터너티브 투자자문이
    계약체결 가입자에게 オルタナティブ投資とは 자문 진행
  • 성과수수료 정산
    (계약종료 후 7일 이내) 계약기간 종료 시, 해지 또는
    재계약 여부 확인

비대면 투자자문 (연회원)

  • 당사 홈페이지 메인화면에서
    회원가입 진행 → 먼저 '무료회원(준회원)'가입 후,
    '유료회원(정회원 オルタナティブ投資とは / BLACK 회원)'
    으로 전환
  • '유료회원'은 두가지 등급으로
    구성 (BLACK オルタナティブ投資とは 회원, 정회원)
  • 자동이체 신청 완료 → 담당직원 배정 → 고객님께 개별적으로 연락
  • 각 회원등급에 해당하는
    자문서비스 제공 중요 딜 관련
    우선 참여정보 제공
  • 연회원 특별혜택 :
    선취수수료 및
    성과수수료 면제
    ※ 상세한 내용은 '회원등급별 정보' 참조
    ※ 단, 유관기관 수수료는 부과될 수 있음

※(주)얼터너티브 투자자문은 소수만을 위한 투자자문 서비스 를 제공합니다. 투자자문 서비스의 질을 향상시키고 비상장투자의 효율적인
관리를 위하여, BLACK 회원은 49명 , 정회원은 49명 으로 회원수를 제한합니다.

㈱オルタナティブ投資専門
代表理事:イ・ドンウク 事業者番号:887-81-00949 通信販売業申告番号:2018-ソウル江南-00659号 オルタナティブ投資とは
住所:ソウル特別市江南区彦州路30ギル、13,4階402号(道谷洞、大林アクロテル) 代表番号:02-6956-7269 お問い合わせ:1644-2087 FAX:02-6956-7268

オルタナティブ投資とは

日本の年金(GPIF)

世界最大の機関投資家と言われ、194兆円(2021年9月末現在)という莫大な資産を運用する日本の年金運用機関であるGPIF(=Government Pension Investment Fund(年金積立金管理運用独立行政法人))でもオルタナティブ投資を取り入れています。GPIFによると、「2020 年度から始まったGPIFの第4期中期計画では、資産全体の5%を上限にオルタナティブ資産(インフラストラクチャー、プライベート・エクイティ、不動産)の運用を行う」としています(出所:GPIF HPより。太字、下線は筆者による。)。

国内債券・外国債券・国内株式・外国株式を25%ずつ組み入れることを基本とし、オルタナティブ資産の組入割合については0.82%にとどまっているようです。今後は上限の5%までの範囲で増えていく可能性もありますが、現状ではまだ比率としてはわずかと言えます。

なお、GPIFの2020年度の収益率は、好調な株式市場の推移等を受けて25.15%という成績でした(市場運用開始以来2001年度~2020年度では、年率3.61%)。

ハーバード大学基金の資産運用

一方、オルタナティブ投資を積極的に行っている例としてハーバード大学基金の運用を見てみましょう。ハーバード大学基金は、532億ドル約6.1兆円※1ドル=113円で計算)を運用する最大の大学基金です。同基金は、1974年の創設以来、実に年率約11%のリターンを上げています。これは、GPIFのここ20年のリターン3.61%と比較するまでもなく、かなり優秀な運用成績と言えるでしょう。この背景には、まだ投資が行われていない資産・分野にいち早く投資することで、他の大学基金や典型的な株式/債券のポートフォリオよりも多くのリターンを上げてきた同基金の運用方針があるようです。しかし、大学基金という性質上、その収益から毎年大学の運営資金を拠出する必要がありますので(ハーバードの場合は、大学運営資金全体の1/3を基金から拠出しています)、高いリターンを求める一方で、安定的な運用も同時に求められることになります。

いかがでしょうか?なんとオルタナティブ資産が7割以上という構成になっています。前項のGPIFと比較しても全く異なる驚きの内容です。ちなみに、ハーバード大学基金の2021会計年度のリターンは、34%でした。GPIFを上回るかなり良い運用成績ですが、実は大学基金の中ではさらに大きな(中には60%以上もの)リターンを上げたところもあります。実際、ハーバード大学基金の運用を行うHMCのレポートにも、(株式市場が好調だったことから)「もっとリスクを取ればもっと収益を上げることもできたかもしれない」と書かれています。しかし、ハーバードの運用においては適切なリスク管理を行うことを重視し、ベンチャーキャピタル等の流動性の低い資産を多く保有していることから、ポートフォリオ全体の流動性についても留意しながら注意深く運用を行っているようです。こうした姿勢が、長期にわたり安定したリターンを出し続けてきた要因なのかもしれません。

イェール大学基金の資産運用

2021会計年度に、ハーバード大学基金よりさらに高収益を上げた基金の一つがイェール大学基金です。イェール大学の運用資産総額は、423億ドル約4.8兆円※1ドル=113円で計算)で、ハーバード大学基金に次ぐ規模を誇ります。同基金の2021会計年度のリターンはなんと40.2%でした。過去の成績を見ても、30年間の年率リターンが13.6%とハーバード大学基金を上回っています。同基金は、1985年から長らく、伝説の投資家とも言われるデイビッド・スウェンセン氏(2021年5月に死去)により運用されてきました。スウェンセン氏により、同基金の資産配分も大きく見直されてきました。以下は、この30年間の資産配分の推移です。国内(米国)の上場株式への投資比率を大幅に減らし、非伝統的な資産クラスへの配分を増やしていることが分かります。

LBOとベンチャーキャピタルはプライベート・エクイティ(PE)に当たり、Absolute Return(絶対収益)はいわゆるヘッジファンドと言い換えられますので、イェール大学の運用においてもやはり7割以上がオルタナティブ投資となっています。イェール大学のインベストメントオフィスによれば、非伝統的資産への投資を増やしているのは、潜在的リターン分散効果が見込めるため(そのおかげで、1985年と比較して期待リターンは上がり、ボラティリティは低くなっているとしています。)、オルタナティブ資産は、伝統的資産と比べて非効率な価格形成が行われており収益機会が大きいとも述べています。

一流大学の運用について

実は、大学のレベルが高いほど運用リターンも高い傾向があります。これは、大学のレベルが高いほど、学内に擁する頭脳のレベルも高くなる(経済学部で最先端の経済や投資理論について研究しているなど)ことや、金融業界に進んだ卒業生たちが基金の運用を様々な面からサポートすることなどから起こっており、特に、一流大学がヘッジファンドやプライベート・エクイティへの投資を増やしていった1980年代頃から一流大学とその他の大学の格差が拡大し始めたと言われています。
【参考】Charlie Eaton, “Elite private universities got much wealthier while most schools fell behind. My research found out why.” The Washington Post 4 Nov. 2021

まとめ

いかがでしたか?欧米の(特に一流大学の)大学基金では実際にかなりオルタナティブ投資が取り入れられていることがお分かりいただけたかと思います。その一方で個人が取り入れようとしても、本格的なオルタナティブ資産はプロ向けのものも多く、簡単に真似のできるものでもありません。また、新しい資産への投資は、リスクを取る分先行者メリットも大きいことは大学基金の運用者も述べている通りで、個人が誰でも手軽に投資できるようになるころには投資妙味が薄くなっている可能性もあります。なるべく早くオルタナティブ投資を取り入れるために、プロのアドバイスや紹介を受けてプロ向け(またはそれに近い)投資に挑戦することも可能ではありますが(弊社でもご希望に応じてPE投資のご紹介も行っております)、まずは足元の伝統的資産でのコア運用をベースに、サテライト資産としてのオルタナティブ資産への知識を深めるところから始めても決して遅くはありません。むしろ、前回からの繰り返しになりますが、大きなリターンを狙うあまり、投資詐欺などに遭わないようくれぐれもご注意いただきたいと思います。
次回はオルタナティブ投資のリスクについてもう少し詳しくお伝えしていきたいと思います。
本コラムが皆様の資産運用のご参考になれば幸いです。

何を共有するか--新オルタナティブ投資から考えるシェアリングエコノミーの真髄

Abraham Harold Maslowの自己実現理論と照らし合わせれば、この傾向は理解しやすい。生活面での安心が高まってくれば、個人の欲求は、金銭的なものから社会的なものへと変化していく。つまり、社会に貢献し、その役割を認められることが重要になっていく。これを投資活動に置き換えるならば、その投下資金が単に利益を上げることだけではなく、それが社会にどう貢献するかという観点が重要になってくるのである。

    オススメ記事

リーダー不在の社会

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

「エンタープライズトレンドの読み方」 バックナンバー

  • エコノミーシートのイノベーション--これで宇宙も行けるか
  • 言葉は人間の行動を変える--「Brexit」と『1984』から考察する企業理念
  • 「あなた仕事やめてもいいのよ」な一年--ギグエコノミーの可能性

グーグル、「Cloud TPU VM」を一般提供

グーグル、「Cloud TPU VM」を一般提供

ざんねんなセキュリティ--機能しないIDS/IPS

「富士通が変わりだした」--福田CIOがDXで重視する体験の取り組み

ざんねんなセキュリティ--流行のゼロトラストが「既に導入済」は本当か?

  • 昆虫食とシェアリングエコノミー--持続可能な社会のあり方
  • “フラット化する世界”から“傾いた世界”へ--Gゼロ後ともう一つの傾き
  • 「イノベーションのジレンマ」後の世界--クリステンセン批判を巡って
  • シェアリングエコノミー--持たざるものの経済学(実践編)
  • 犬もクラウドで宿探し--シェアリングエコノミーの新しい側面

関連ホワイトペーパー

  • 調査レポートが示す最新の攻撃へのセキュリティ対策の問題点、重要領域における具体的な改善策を解説
  • デジタル変革を支えるアプリ開発の最新トレンド――CIO、開発者など役割ごとに取るべきアクションを解説
  • いまなぜ「サービスの可視化」ビジネスの成否を分けるのか─その理由と理想的なIT運用のあり方に迫る
  • 従業員の幸福感、生産性、安心感を同時に高める!従業員エクスペリエンス向上のための最適解を考える
  • 資生堂が挑むDX、バラバラだったITサービスの標準化でグローバル企業が得た大きな成果
  • IDCが解説するDX時代の運用基盤、自動化と可視化をもたらす最新機能が課題を解決する
  • ウィズコロナ時代の人材戦略
  • 「働く」を変える、HRテックの今
  • 量子コンピューターを知る--現状と今後
  • デジタルで変わるスポーツの未来
  • CxOメッセージ
  • DXのヒント--CxOが知っておくべきこと
  • ビジネスとテクノロジーのコンポーザビリティー
  • DXマネジメントオフィス入門
  • 顧客志向で切り拓くCOVID-19時代の変革ジャーニー
  • ビジネス視点で分かるサイバーのリスクとセキュリティ
  • 2025年に向けてDXを推進するIT部門の役割とガバナンス
  • 教育IT“本格始動”
  • ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
  • デジタル“失敗学”
  • エリック松永のデジタルIQ道場
  • 研究現場から見たAI
  • Larry Dignanの独り言
  • 大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
  • 山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
  • 田中克己「デジタル岡目八目」
  • 松岡功「一言もの申す」
  • 松岡功「今週の明言」
  • 内山悟志「デジタルジャーニーの歩き方」
  • 林雅之「デジタル未来からの手紙」
  • 谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
  • 「プロジェクトマネジメント」の解き方
  • 新潮流Device as a Serviceの世界

セキュリティ

  • スマートシティーのセキュリティを考える
  • セキュリティインシデント対応の現場
  • 企業セキュリティの歩き方

スペシャル

  • 調査で読み解くマルチクラウド化の現状と課題
  • マルチクラウド時代のデジタル衛生管理術
  • あなたの知らないMDMの世界
  • リテールテック最前線
  • オブザーバビリティーが変えるCX
  • ゼロトラストの基礎知識
  • マネージャーを目指すエンジニアのためのビジネスナレッジ
  • ローコード技術の衝撃
  • デジタル時代を支える顧客接点改革
  • エンタープライズAIの隆盛
  • 顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
  • オルタナティブ投資とは
  • 「ひとり情シス」の本当のところ
  • ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
  • 生産性向上に効くビジネスITツール最前線
  • 庭山一郎「戦略なきIT投資の行く末」
  • 課題解決のためのUI/UX
  • 10の事情
  • 座談会@ZDNet
  • 吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
  • 古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
  • 中国ビジネス四方山話
  • 企業決算
  • ピックアップソリューション : Identityマスターへの道

CNET Japan Top Story

  • マイクロソフト、「Teams」に対する一連の機能強化を発表
  • Sansan、「Bill One」の無料プランを機能拡充--電帳法対応を容易に
  • 「パワフルな小さな政府」でさらなる規制緩和を--三木谷氏と藤田氏が振り返る新経連の10年
  • 【事業開発の達人たち】「CEO直轄部門」を立ち上げ新規事業が生まれる風土を醸成--エイベックス・加藤信介氏【前編】
  • 海賊版に著作権侵害されたらどう対抗?--削除要請の手順まとめたサイト、文化庁が公開

ホワイトペーパー

ランキング

カテゴリランキング

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

企業情報センター

USA Business Sites

International Business Sites

The Japanese edition of 'ZDNet' is published under license from A Red Ventures Company., Fort Mill, オルタナティブ投資とは オルタナティブ投資とは SC, USA. Editorial items appearing in 'ZDNet Japan' that were originally published in the US Edition of 'ZDNet', 'CNET', and 'CNET News.com' are the copyright properties of A Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'ZDNet', 'CNET' and 'CNET News.com' are trademarks of A Red Ventures Company.オルタナティブ投資とは

当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。
Copyright (c) 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No オルタナティブ投資とは reproduction or republication without written permission.

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる