インサイダー取引

バイナリーオプションの60秒取引で12

バイナリーオプションの60秒取引で12
更新[2022/01/27]

バイナリーオプション1分(60秒)取引で爆益ゲット!攻略法を大暴露

更新[2022/01/27]

バイナリーオプションの1分(60秒)取引の特徴

1分(60秒)取引ができるのは海外業者のみ

バイナリーオプションの1分取引は、海外の業者でしかできません。
というのも、 バイナリーオプションの60秒取引で12 日本のバイナリーオプション業者は2時間以上の取引しかできないためです。

バイナリーオプションの1分取引のメリット

  1. ペイアウト率が高めに設定されている
  2. 1分で取引が終了するので精神的な負担が少ない
  3. 1分(60秒)取引は攻略さえすれば短時間で爆益を狙える

ペイアウト率が高めに設定されている

どの海外バイナリーオプション業者も短時間取引ほど、ペイアウト率が高いです。
理由として、1分の取引の間に相場を予想するのが非常に難しいため。
以下、バイナリーオプション業者ごとのペイアウト率をまとめましたのでご覧ください。

バイナリーオプションの60秒取引で12
業者名 1分取引
ハイローオーストラリア
2.20倍
ザオプション
2.00倍
ファイブスターズマーケッツ 1.80倍
ザバイナリー
2.05倍
ゼントレーダー 1.95倍
Bi-Winning 1.8倍

そもそも国内バイナリーオプション業者は 金融庁が短時間取引を禁止している んですよ。

禁止事項やルールの一部抜粋
・短時間のHIGH/LOWの禁止
・判定時刻までの時は2時間以上
・判定時刻の最大数は12回
・総取りの禁止

出典:一般社団法人 金融席もの取引業協会

1分で取引が終了するので精神的な負担が少ない

1分(60秒)取引は攻略さえすれば短時間で爆益を狙える

バイナリーオプションの60秒取引で12 バイナリーオプションの60秒取引で12
掛け金 結果 ペイアウト 総利益
1回目 1万円 勝ち 2.2万円 1.2万円
2回目 1万円勝ち 2.2万円 2.4万円
3回目 1万円 負け 0円 1.2万円
4回目 1万円 勝ち 2.2万円 2.4万円
5回目 1万円 負け 0円 1.2万円

バイナリーオプションの1分取引のデメリット

  1. 転売不可
  2. 短時間で取引が終了するため、ついつい取引回数が増えてしまう(ポチポチ病)
  3. ドローが起こりやすい

短時間で取引は取引回数が増えやすい(ポチポチ病)

ドローが起こりやすい

また、 短期取引は長期取引や通常のハイローと比較してドローが起こりやすい問題があります。
というのも、30秒や1分取引は値動きが少ないので、同じレートに止まるリスクが大きいのです。
短期で大きく稼げる可能性が大きい反面、通常のトレードよりも若干不利です。

しかし、 取引時間が短ければ短いほどにペイアウト率が上がり稼ぎやすいのは事実です。
このため、もしあなたがバイナリーオプションの初心者であれば最初に30秒・1分取引を行い、合わなければ取引時間を伸ばすようにしましょう。

30秒・1分取引は禁止事項と間違われる恐れがある

アービトラージとは

例えば、ハイローオーストラリアチャート のレートがA社のチャートに比べて1分遅れているとしましょう。
そうなると、A社のチャート見ればハイローオーストラリア の1分後のレートがわかるため、30秒や1分取引をすれば確実に勝てます。

1分(60秒)取引の攻略法

押し目買い・戻り売り

この方法は、かなり勝率が高いです。
というのも、 押し目買いや戻り売りのエントリーポイント付近で順行側に大きなローソク足ができたということは、同じようにエントリーチャンスだと思った人が多いことを示しています。

pinバー

ゴールデンクロス・デッドクロス

このため勢力は均衡しており、小競り合いが生まれるのです。
そして、 小競り合いの決着が着いたということは、当分の間抵抗してくるトレーダーは生まれません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる