初心者向けFX入門講座

最適な販売価格の決め方

最適な販売価格の決め方
次いで多かったのが「35~39%(26.6%)」その次が「25~29%(17.8%)」「40%~(10.7%)」「~24%(4.1%)」という回答でした。

最適な入札単価を選択する

スケートボードの販売店を経営しているお客様が、スケートボードが 1 台売れるたびに 1,000 円の利益を獲得するとします。10 回のウェブサイト訪問数のうち、購入につながるのは平均 1 回です。このような場合、上限クリック単価を 最適な販売価格の決め方 最適な販売価格の決め方 100 円に設定すると、収支はプラスマイナスゼロ(広告費用=利益)になります。つまり、利益を出すためには、広告のクリック 1 回にかかる費用を 100 円未満に抑える必要があります(上限クリック単価を 100 円未満に設定します)。

ヒント: 入札の自動化

キーワードの入札単価を個別に変更するには、目的のキーワードの [上限クリック単価] 列で入札単価をクリックします。

ディスプレイ ネットワークでの入札手法

ディスプレイ ネットワークでは視聴者の注目を集めるのが難しいため、通常はクリック率が低くなります。そこで、ディスプレイ ネットワークで広告を掲載している場合は、ディスプレイ ネットワークでのみ発生するクリックに対してディスプレイ ネットワークの上限クリック単価を設定することができます。

  • インプレッション単価制の検討: クリック単価ではなく、視認範囲での広告表示回数に対して支払いを行うことができます。視認範囲のインプレッション単価(vCPM)の入札では、視認範囲での広告表示 1,000 回に対して支払いを行います。企業名やロゴをできるだけ多くのユーザーに表示することを目的とする場合は、この単価制が効果的です。詳しくは、視認範囲のインプレッション単価制の説明をご覧ください。
  • プレースメントの入札単価: キーワードの評価方法と同様に、特定のプレースメントで広告の掲載結果が良好である場合、そのプレースメントの入札単価を引き上げることを検討してもよいでしょう。

他の方法で入札単価を選択する

横浜でお店を経営していて、上限クリック単価を 100 円に設定している場合を想定します。このような場合は、入札単価調整を使用して、近隣地域のユーザーに広告が表示される可能性を高めることができます。たとえば、近隣地域に対して +20% の入札単価調整を設定すると、最終的な入札単価は 120 円になります。計算式は次のとおりです。

基準の入札単価: 100 円
地域の調整: 100 円×(+20%)=120 円
近隣地域での検索の入札単価: 120 円

ハンドメイドの適正価格とは?価格や送料の決め方と変更のタイミング

初心者さん

こっこ

価格の決め方3パターン

材料費などを補えれば良い

材料費が欲しい場合の適正価格

作品に合う利益が欲しい

この場合、材料費だけ補いたい方と違って利益(自分の人件費など)を出さなくてはなりません。

こっこ

生活していける利益が欲しい

初心者さん

こっこ

送料無料じゃないと売れない?

初心者さん

こっこ

飲食店経営の基本「原価率」の適正な決め方

飲食店経営の基本「原価率」の適正な決め方

飲食店の経営の基本は原価率

そこでこの記事では飲食店経営の基本である「原価率」の適正な決め方と、原価率の下げ方について解説していきます。
飲食店経営を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

原価率とは

原価率とか?

「原価率」というのは、売り上げに対する原価の比率のことです。
「原価」というのは商品やサービスを生み出す際にかかる費用の合計の事です。
飲食店では、料理や飲み物を作る際にかかる食材・飲料費が原価です。

原価率の計算方法と業態別の平均

原価率の計算方法と業態別の平均

原価率の計算方法

原価率は、
「売り上げの原価÷売上高×100」
という計算式で求めることができます。

原価100円で仕入れた材料で、500円の商品を売った場合、
原価率=(100÷500)×100
=20.0

となり、原価率は20.0%であることがわかります。

飲食店の平均原価率

飲食店の平均原価率

次いで多かったのが「35~39%(26.6%)」その次が「25~29%(17.8%)」「40%~(10.7%)」「~24%(4.1%)」という回答でした。

<業態別の平均原価率>
 カフェ…約24~35%
 ラーメン…約30~32%
 レストラン…約37~45%
 居酒屋…約28~35%

個人経営の飲食店の原価率の決め方

個人経営の飲食店の原価率の決め方

<原価率の決め方>
FLコスト・FL比率を考える
FLコストのFLとは、Fが食材費つまり原価のことを、Lが人件費の事を指します。
このFLコストの合計を売上高で割ったものがFL比率になります。
一般的にFL比率は50%程度に抑えるべきだと言われており、この比率を一つの指標にすることができます。

フードとドリンクの比率を考える
一般的な飲食店では、ドリンクの方が低い原価率となっています。
レストランなどでは、フードの方が高い比率になりますが、その中でもドリンクの比率を少しでも上げることができたら、原価率を低く抑えることができます。

個人経営の飲食店の原価率の決め方

原価の高い・低いメニューのメリハリをつける
メニューが豊富な場合は、原価が高いメニューと低いメニューにメリハリをつけ、全体で見たときに原価率を低く抑えられるような工夫をすることが大切です。

原価率が上がる原因

原価率が上がる原因

<原価率が上がる原因>
 食材のロス
 オーバーポーション
 仕入れ価格の上昇
 原価が高いメニューの比率が高い

食材のロス

<食材のロスにつながるもの>
 オーダーミス

オーダーミスによって廃棄となる商品が出てしまい、食材のロスに繋がります。
オペレーションミス
レジでのオペレーションミスによって、キッチンで違う商品を作ってしまい、結果的に廃棄となる食材のロスになります。
過剰な仕入れ
商品の売れる数を考えない過剰な仕入れをしてしまうと、使いきれなかった材料が余ってしまい、食材のロスとなります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる