初心者にもわかる

ローソク足分析

ローソク足分析
百聞は一見にしかず。値動きの傾向(バイアス)を統計分析で明確に!いつの世も、相場の主体は「人間」である。人間の買い意欲が売り意欲を上回れ ば、相場は上昇し、下回れば、相場は下落する。そして、いつの世も、人間の感情は本質的に変わらない。株価が暴騰すると、歓 喜して買いたがり、暴落すると、恐怖から売りたがる。ローソク足は、その色や形から、そうした買い方と売り方の「攻防」と「心理状 態」を一目で判別できる優れたチャート描法である。また、その特性から、古 来、ローソク足の形状や複数本の組み合わせを売買サインとする「パターン」が 生み出されてきた。例えば、江戸時代に本間宗久によって開発されたという「酒 田五法」が、その代表だ。多くのローソク足紹介書で、こうした伝統的パターンが「通説」として紹介され ている。このパターン出現を頼りに売買のタイミングを決めている投資家も少な くない。しかし、こうした「通説」は、実際に信頼に値するものであろうか。そのパター ンを心から信頼してトレードを継続できるだろうか。本書は、日本株27年間3862銘柄1483万5838取引のデータからローソク足パターン の「現実」を分析したものである。「三川明けの明星」「十字星」「はらみ線」 「三空叩き込み」など、35種類のパターンを「全期間」だけでなく「6つの期 間」で解析し、そこにみられる「傾向(バイアス)」を考察した。期間を6つに分類したのは、株価には上昇基調のときもあれば、もみ合いのと き、下落基調のときもあるからだ。こうした相場局面にかかわらず「傾向」に変 わりがなければ、ある程度の持続性、つまり「人間の本能的な相場行動パター ン」が見えてくる。今回の統計分析から、通説が事実にそぐわないケースと、事実どおりのケースが あることが明らかになった。本書で提示したような膨大なデータから値動きの「傾向」を探し出す作業は、短 期売買、デイトレード、スイングトレードの研究に役立つだろう。システムト レードでも、こうした優位性(エッジ)を最大限に発揮するための「売買戦術の 着想」に役立つはずだ。 伊本晃暉(いもと・こうき)大阪大学大学院物質生命工学修了。確率理論研究所所長。A型。トレンドとロー ソク足(日足)を参考に株式を自動売買するアルゴリズムで、第1回スーパーカ ブロボ・コンテスト大会(カブロボ運営事務局主催)に優勝。著書に『toto最新 攻略バラ買い理論』『toto最新攻略 新バラ買い理論』(ともに情報センター出 版局)、27年間の株式投資データ解析を収録した『電子書籍 ローソク足の統計分析データブック』がある。

ローソク足パターンの傾向分析 ──システムトレード大会優勝者がチャートの通説を統計解析

夜明けに明星を確認できた日の相場は上げるか、下げるか統計を取ったところで誰も参考にしないであろう。
ましてや、夜明けにカラスを三羽確認できたら・・・など統計を取る気にもならない。
違う世界に行ってしまいそうである。
ところが、「宵の明星(十字星)」、「三川明け烏」となると俄然、話が変わってくるから不思議だ
ましてや、酒田五法でも買いサイン、本書の統計結果でも買いサインとなれば飛びついてしまうのも、いたし方なしだ。
なぜ今までの確率が、これからも同じ確率で起こると、信じてしまうのだろう。
不確実性の中を生きているからこそ、確実性を追い求めてやまない欲望に答があるのだろうか。

確率を求めるのならば、賭け事のほうが確実だ。
昨日も今日も、そして明日も変わらぬ確率が、そこには存在する。
一方、相場には確率という幻想が存在する。
なんとなく、思われていた通説を、一つ一つ統計を取って分析している著者に敬意を表する。
しかも今後は、移動平均線のゴールデンクロスとデットクロスなど各指標の通説についての統計分析をしてみたいと述べているのには頭が下がる。そして楽しみだ。
本書では「ロウソク足パターンのが強い影響を与えているのは、その翌営業日から3日後くらいまで」としている。
だからこそ、中期・長期で投資に使用できる指標を探すのだという意気込みに敬服する。

本当なら3日だけでも、すごいことである。
著者が言うとおり「デイトレやスイングトレードでの売りや買いのタイミングをつかむには、もってこいの指標」を発見したとしたら、それは聖杯と呼べる。なのになぜ、中長期で使えるものも求めるのか。
飽くなき探究心?、幅広い多くの読者のため?
そんな思いを頭におきながら読み進んでいくうちに、どこからともなく、ある言葉が浮かんできた。
「幻であるから切りが無い、切りが無いから追い求め続けることができる」
今日も聖杯を求めて、現実の中を多くの人が、さまよっている。

参考になりました。

データの分析が大変だっただろうと思います。
実際に当てはめてみると、このとおりには、なかなかいきません。
この類の本を読んで儲かるようなら誰も苦労しませんね。
ただし、損をしないために使用するなら十分価値があると思います。

FXのローソク足の特徴や見方とは?チャート形状と分析パターンを紹介

FXのローソク足の特徴や見方とは?チャート形状と分析パターンを紹介

FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。 ローソク足分析
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事で紹介している企業は金融庁の「 免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる