初心者入門

相対力指数

相対力指数
NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより

2022年6月3日に終了する週

上記を念頭に置いて、週次および日次の価格が今週より高く上昇する適度な範囲を示していることを知っていると、1.0758ドルのH4抵抗と1.0755ドルのH1カジモド抵抗のブレークがテーブルにあります。 それでも、ディップが低い場合、ディップの購入者は上半期のサポート($ 1.0664-1.0672)を利用できます。 ただし、このエリアは1.0655〜1.0632ドルのH4需要の範囲内であるため、トレーダーは1.0648ドルのH1サポート(50%のリトレースメントと38.2%のフィボナッチリトレースメントで構成)を考慮することをお勧めします。

AUD / USDテクニカル分析:

最近観察されたAUD/USDはより低い安値を確立します(28を超える th 1月は0.6968ドル安)、その後2週間の回復(3.2%)を実現。 延長されたプルバックがテーブルにありますが、これは2011年8月以降の明確な下降トレンド(月次スケールを確認)と2021年2月初旬の週次フローのトップアウトを遵守して売り手市場のままです。週次サポート構造は0.6632ドルから0.6764ドルの間のままです。 100%フィボナッチ予測、価格サポート、および50%リトレースメントで構成されています。

しかし、テクニカルフェンスの反対側では、前向きな見通しが明らかです。 最近の取引では、0.7661ドルの高値から得られた、H4トレンドラインの抵抗に転じたサポートがバイヤーに役立ちました。 H4チャートの上流は、0.7246ドルから0.7217ドルの間で構成された抵抗に注意を向けています(フィボナッチクラスターから派生した下端)。 強気な雰囲気に加えて、最近、H1の上昇三角形($0.7036から$0.相対力指数 7100の間)の利益目標が$0.7167のH1フロータッチグローブを目撃しました。 相対力指数 オーバーヘッド、0.72ドルは注意を呼びます。

USD / JPYテクニカル分析:

焦点は、127.44円からのH4抵抗に引き続き焦点を当て、127.03円の安値から引き込まれた、ローカルのH1上昇サポートターン抵抗によって強化されています。 全体像のより深い水を発見する余地とH4価格の再テストの抵抗に注目したことで、売り手は今週、上記の毎週のサポートベースのすぐ北に設定された126.00円(H4ダブルトップパターンの利益目標)を目標に、グリップを強化することができます。 125.54円。

GBP / USDテクニカル分析:

長期的には、この市場は2021年初頭以来、強い一次下降トレンドの中に定着しており、今週の価格テストでは、毎週の抵抗が1.2719ドル、毎日のカジモドのサポートが1.2762ドルの抵抗に転じることを強調しています。 抵抗はありませんが、金曜日に終了した金曜日の価格行動は、流れ星のろうそく足パターンの形で、弱気のシグナルであることに注意する価値があります。 興味深いことに、しかし、毎日の時間枠の相対力指数(RSI)は、50.00の中心線を取り戻す準備ができています:正の勢い。

H1 Quasimodoのサポートは1.2651ドルで抵抗に転じ、金曜日に争いの早い取引に入り、終値までそのポジションを維持しました。 これはおそらく、1.26ドルを下回るトレンドラインサポートへのブレークのステージを設定します。これは、1.2155ドルのQuasimodoレジスタンスターンサポートのすぐ前に座っている1.2155ドルから引き出されたものです。 $1.2686-1.2614のH4耐性もアクティブです。

BTC / USDテクニカル分析:

$ 28,849からの毎日のサポートは、BTC / USDの重要な構造であり、11年以降の多くの下振れの試みに耐えています。 th 5月。 そのため、今週は、毎日のQuasimodoサポートが抵抗障壁となる36,361ドルと34,048ドルに異議を唱える可能性はほとんどありません。 現在のサポートの南にある地域は、約20,000ドルの近隣地域をサポートするための道を切り開きます。

買い手と売り手は17年以来30,626ドルから28,710ドルの間のポジションを争っています th その結果、明確な混雑(統合)エリアが確立される可能性があります。 前述の範囲を超えて、カジモドの抵抗は31,000ドルで待機し、カジモドのサポートは28,089ドルから見られます。これは、先週の木曜日の米国取引の早い時間にたまたま価格を歓迎しました。

H1フローは、もう一度、範囲サポートの気概をテストしており、全体像の傾向とソフトサポート(上記を参照)に沿って、今週は下に移動することを脅かしています。 28,089ドルの休憩が発生した場合、上半期のブレイクアウトの売り手は、26,相対力指数 551ドルの価格のQuasimodoサポートを狙う可能性があります。 長期的には、2021年11月に69,000ドルを超えて以来、主要なトレンドは南向きであり、潜在的なブレイクの低下に重みを加えています。

ゴールド(XAU / USD)テクニカル分析:

$で言えば、スポット金は先週終了し、適度な上昇を示し、その結果、前週の回復を延長しました。 毎日の時間枠からの技術的研究は、1,815ドルから1,843ドルの間の調和的なガートレーパターン(PRZ)をスケッチしました。これは、価格行動を歓迎しました(そして大部分は受け入れました)。 PRZを補完するのは、200日間の単純移動平均が$ 1,839で、61.8%のフィボナッチリトレースメントが$1,827です。 相対力指数 上方価格目標は、1,896ドル(ADレッグから派生した38.2%フィボナッチリトレースメント)と1,959〜1,974ドルのレジスタンスゾーンで認識されます。

毎日の時間枠生産サポートの裏で、ディップバイヤーは今週上半期チャートで$ 1,836からカジモドサポートをターゲットにすることができますが、ブレイクアウトバイヤーも$ 1,865でカジモドの抵抗を上回り、上半期のカジモドサポートに転じた抵抗を$1,872で引き受ける可能性があります。

免責事項:

この資料に含まれる情報は、一般的なアドバイスのみを目的としています。 それはあなたの投資目的、財政状況または特定のニーズを考慮に入れていません。 FP Marketsは、発行日現在の情報の正確性を確保するためにあらゆる努力を払っています。 FP Marketsは、資料に関していかなる保証または表明も行いません。 この資料に含まれている例は、説明のみを目的としています。 法律で許可されている範囲で、FP Marketsおよびその従業員は、この資料で提供または省略された情報から、またはそれに関連して発生する損失または損害について責任を負わないものとします。

【市況】 前場に注目すべき3つのポイント~荒い値動きながらも相対的な底堅さを意識、押し目買いの動きが強まる~

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより


■株式見通し:荒い値動きながらも相対的な底堅さを意識、押し目買いの動きが強まる
■東京海上、22/3経常利益 112.7%増 5674億円、23/3予想 5.7%増 6000億円
■前場の注目材料:商船三井、不動産に1000億円超、国内・東南ア・印で積極投資


■東京海上、22/3経常利益 112.7%増 5674億円、23/3予想 5.7%増 6000億円

・日経平均は上昇(26739.03、+336.19)
・NYダウは上昇(31261.90、+8.相対力指数 77)
・1ドル=128.00-10円
・米原油先物は上昇(110.28、+0.相対力指数 39)
・米長期金利は低下
・米国景気の拡大
・コロナ流行下の経済活動正常化
・日銀は金融緩和を長期化

相対力指数
・商船三井不動産に1000億円超、国内・東南ア・印で積極投資
・いすゞ米GMとの合弁解消、ディーゼルエンジン製販の全株売却
・三井物産豪ニューフォーレスツ株を追加取得、森林資産増加を支援
・スズキ磐田工場、きょう操業停止、半導体など部品供給不足で
・日産自三菱自と軽EV基幹部品を共用化、量産効果で価格競争力
・森六新中計、24年度売上高1430億円、環境・ライフサイエンス注力
・日本トムソン3カ年中計の業績目標上方修正、営業益70億円超
・ACSL設備点検向けドローン拡販、国産に追い風
・ダイキンシンガポールで半導体工場向け地域冷房、現地政府系電力と合弁
・三井金新中計、投融資1400億円、M&Aで新規事業創出
・旭化成次世代コンセプトカー制作、社内外のシナジー追求
・三菱ケミHD溶融繊維事業から撤退、来年3月末

  • ・伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (5月23日記)
  • ・伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 5月22日版
  • ・株価指数先物【寄り前コメント】 押し目狙いのロングスタンス、米景気後退懸念.. (05/23)
  • ・【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─先回りで狙う!買い戻し期待の「売り長銘柄」 (05/22)
  • ・今朝の注目ニュース! ★エネチェンジ、ミタチ産業、ネツレンなどに注目! (05/23)
  • ・本日注目すべき【好決算】銘柄 東京海上、ミタチ産業、シンポ (相対力指数 20日大引け後 発表分)
  • ・強弱材料:5/23
  • ・大反騰リベンジ相場へ! 国策に乗る「サイバー防衛」復活の5銘柄 <株探トップ.. (05/21)
  • ・20日の米国市場ダイジェスト:米国株式市場はまちまち、景気後退懸念くすぶり神.. (05/23)相対力指数
  • ・本日の決算発表予定 … 森トラストR (5月23日)

株探からのお知らせ

  • 見逃し配信開始! 株探プレミアムセミナー
  • 東証再編に伴う株探の対応につきまして

お気に入りがいっぱいです!
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中!
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

  • 来週の相場で注目すべき3つのポイント:米ISM景気指数、米雇用統計、トリプルアイズIPOなど
  • 膨らむ再編思惑、「上場グループ会社解消」で浮上する銘柄群 <株探トップ特集>
  • 【今週読まれた記事】復活! 国策テーマ買いの潮流
  • 今週の【話題株ダイジェスト】 ミット、スポーツF、QDレーザ (5月23日~27日)
  • 【植木靖男の相場展望】 ─近づく米国株底入れで次世代テーマ鮮明へ
  • 富田隆弥の【CHART CLUB】 「日米市場ともにリバウンド入り」
  • 井出真吾(ニッセイ基礎研)が斬る ―どうなる? 半年後の株価と為替―
  • レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】(2) (5月23日-27日)

人気ニュース【ベスト5】

  • 【植木靖男の相場展望】 ─近づく米国株底入れで次世代テーマ鮮明へ
  • 膨らむ再編思惑、「上場グループ会社解消」で浮上する銘柄群 <株探トップ特集>
  • 【今週読まれた記事】復活! 国策テーマ買いの潮流
  • 今週の【話題株ダイジェスト】 ミット、スポーツF、QDレーザ (5月23日~27日)
  • 井出真吾(ニッセイ基礎研)が斬る ―どうなる? 半年後の株価と為替―

お薦めコラム・特集

  • 【今週読まれた記事】復活! 国策テーマ買いの潮流
  • 膨らむ再編思惑、「上場グループ会社解消」で浮上する銘柄群 <株探トップ特集>
  • 5日と25日線【ゴールデンクロス】低PBR 27社選出 <テクニカル特集> 5月27日版
  • 井出真吾(ニッセイ基礎研)が斬る ―どうなる? 半年後の株価と為替―
  • 個人投資家・有限亭玉介:業績とチャートが基本!直近の注目株【FISCOソーシャルレポーター】

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 相対力指数 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる