バイナリーオプション教材

おすすめトレードスタイルをご紹介

おすすめトレードスタイルをご紹介
Functional cookies help to perform certain functionalities like sharing the content of the website on social media platforms, collect feedbacks, and other third-party features.

あなたに合ったトレードスタイルとは?

トレードにおけるスタイルは、取引期間をある程度の基準として基本的に4種類存在します。ポジションを保有する期間が短い順に 「スキャルピング」「デイトレード」「スイングトレード」「長期トレード(ポジショントレードとも呼ばれます)」 の4種類です。他にも、時間軸にとらわれない「システムトレード」や、スワップを狙っていく「スワップトレード」などの手法もあります。これらのトレードスタイルは、皆さんの生活リズムや投資額、さらに経験値の差でも変わってきます。なるべく自分の生活にあった無理のないトレードスタイルを選んでいきましょう。

トレードスタイル早見表

トレードスタイル時間軸保有時間狙う値幅
スキャルピング1分足~5分足数秒~数分5~20pips
デイトレード5分足~4時間足数時間~1日20~100pips
スイングトレード4時間足~日足数日~数週間100pips~
長期トレード日足~月足数週間~数年100pips~

一般的には、 「スキャルピング」「デイトレード」 は、集中力や短期的な瞬発力が求められ、時間軸が短くなるほど、だましも多くなるため上級者向けとなります。基本的にトレードしている最中はチャートに張り付いていることになりますね。一方で、 「スイングトレード」「長期トレード」 おすすめトレードスタイルをご紹介 は高い分析力、思考力、ファンダメンタル的な要素が必要になってきます。1日に何度もエントリーするわけではないので、日々分析をしていく中で、ここぞというポイントを狙っていきます。

2. スキャルピング

スキャル

「スキャルピング」とは、インディアンが戦利品として敵の「頭の皮を剥ぐ」風習が語源といわれ、為替市場においては「利益を小さくとっていくこと」を指します。日本語に置き換えれば、いわば「超短期売買」。ごく数十秒~数分の間に、数pipsの値幅を狙って、頻繁にトレードを繰り返すことをいいます。

しかしながら、チャートの短期間の動きを狙うのは至難の業。正直、 スキャルピングは上級者レベル にならなければ厳しい世界といえます。チャートの動きがある程度予測できる豊富な知識と、予想と違う動きをした際の臨機応変な対応力が求められる為、FX初心者の方にはおすすめできません。

メンタルも非常に関係していきます。瞬間的な判断力だけでなく、損失を受け止める精神力や平常心を保つことができないと勝てません。性格的に熱くなるタイプや損を取り戻そうと感情的になりやすいタイプの人はやめておきましょう。最も難易度が高く、才能・センスが求められるトレードスタイルです。

3. デイトレード

デイトレード

デイトレードとは、基本的に短期のトレンドを意識したうえで、1日に1回から数回程度取引を行ってその日のうちに売買を終わらせるトレードスタイルです。スキャルピングよりは保有時間が長くなりますが、次の日に取引を持ち越さないので、寝ている間の価格変動リスクを抑えることができます。狙っていく利益幅は、およそ20pips~100pips程度です。

デイトレードは、スキャルピングほどチャートをこまめにチェックし、張り付いていなければいけないわけではないので、メンタル的にも落ち着いたトレードがしやすくなります。また、15分~4時間足まで、様々なトレンドや方向を分析する力が養われていくため、FX初心者の方で、時間的な余裕が比較的ある方にはおすすめできるトレードスタイルと言えるでしょう。

デメリットを上げるとすれば、ある程度の手法をしっかりと持ったうえで取り組まなければ、負けが続いてしまうと、手法をコロコロと変えてしまったり、 メンタルが崩壊して感情的なトレードをしてしまう こともあります。相場分析・エントリーポイントの見極め・資金管理がより重要になってきます。

FXデイトレードとは?短期売買におすすめのFX会社5選を紹介!

FX

FX初心者におすすめの15口座を徹底比較!通貨ペアや取引手法も紹介

FX

FXは儲かる?稼ぐ仕組みと儲かる人の特徴を紹介

FX

外為どっとコムの評判や口コミは?手数料やキャンペーン紹介

FX

auカブコムFXの口コミ評判は?キャンペーンや手数料も徹底解説!

FX

FXアプリのおすすめは?スマホで使いやすいツール9選を紹介

本サイトで掲載する内容はクレジットカード及びローン商品、証券口座、FX、暗号資産等の一般的な情報提供を目的としております。当社は商品・サービスを提供する事業者とお客様との契約・取引に関して、いかなる関与もいたしません。
当社は第三者を含む利用者・事業者間におけるトラブルには一切責任を負わないものとします。
本サイトでは各金融機関の情報に基づき、可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、情報の更新により、掲載内容と最新情報に相違がある場合もございます。本サイトに掲載の情報は記事の作成日または更新日時点での内容になりますので、商品・サービス等の最新情報につきましては、各金融機関の公式サイトにてご確認ください。
本サイトにて掲載の商品・サービスの詳細については、当社ではお答えできません。商品・サービスの内容や契約、申し込みに関するご質問は、商品・サービスを提供している事業者へお問い合わせください。
本サイト掲載の商品・サービスには、契約時に所定の審査が行われるものがございます。本サイトに掲載の情報は、個人の審査結果を保証するものではございません。
ローン商品の契約には利息が発生する可能性がございますので、お借り入れ条件をご確認の上、計画的なご利用をお願いいたします。
FXや株式等の金融取引は元本・利益を保証するものではなく、相場の急変動等により損失が生じる場合がございます。リスクを理解した上での取引をお願いいたします。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる