取引スキーム

トレーリングストップ注文の定義

トレーリングストップ注文の定義
仮想通貨

トレーリング トレーリングストップ注文の定義 ストップ とは?|損小利大を実現する注文方法

トレーリング ストップ トレーリングストップ注文の定義 は、価格変動に応じてロスカットラインを変更していく手法です。
「トレール」とは、英語で「追跡する」という意味があり、価格変動に合わせてロスカットラインが相場の動きを追跡していることを表しています。
例えば、価格が上昇すれば、それに合わせてロスカットラインを引き上げ、逆に価格が下落すればロスカットラインを引き下げていきます。
また、 トレーリング ストップ はFX、株式投資など取引する商品に関わらず、同じ方法で使えるため、投資をする方は知っておくと大変便利な注文方法です。

トレーリング ストップ のメリット

トレーリング ストップ の最大のメリットは、「損失を最小限に抑えつつ、利益を伸ばせるということです。
下図のように、101円のときに買い注文を入れた時、最初のロスカットラインを100円に設定します。そこから、価格が1円上昇するにしたがって、ロスカットラインも1円ずつ引き上げていきます。そして、価格が104円に達したときのロスカットラインが103円になるわけですが、図のように価格は104円で天井となり、価格は下落し始め、ロスカットラインに設定していた103円まで下落したところで決済となりました。

もともと101円で買い注文を入れ、最終的に決済した価格が103円のため、結果は2円の利益となります。
このように、価格の上昇に合わせてロスカットラインを引き上げていくことで、ロスカットをしても確実に利益を得ることができるようになります。
これこそが、 トレーリング ストップ のメリットです。

トレーリング ストップ のデメリット

トレーリング ストップ を有効活用することで、損失を最小限に抑え、利益を伸ばせる、というメリットをお伝えしましたが、 トレーリング ストップ を活用する際、注意しなければいけない点があります。
それは、下図のように価格上昇に合わせてロスカットラインを切り上げたことで、一時的な押し目でロスカットラインに達して決済してしまうことです。

今回のケースは、114円で買い注文を入れ、最終的に115円で決済しているので、1円の利益ではあります。しかし、手仕舞い後、相場は再度上昇しているため、仮に115円の位置にロスカットラインを設定していなければ、より大きな利益を得ることができたのです。
このように、 トレーリング ストップ を活用して、ロスカットラインを引き上げていくことで、大きな利益を取り損なうというデメリットがあることも理解しておきましょう。

トレーリング ストップ の効果的な使い方

トレーリング ストップ の特徴、注意ポイントまで解説してきました。
では、実際の相場で価格が上下に動くなか、 トレーリング ストップ とはどのような局面で使えるのでしょうか。

トレーリング ストップ が使える局面は、主に2つあります。
1つ目は、前述したように、価格変動に合わせてロスカットラインを調整する使い方です。
もう1つは、価格の急騰・急落後の反発を狙ってエントリーするポイントとしての使い方です。
ここでは、それぞれの使い方についてチャートを使って具体的に解説します。

トレーリング ストップ を使った注文例①

上図では、買い注文を入れるときに買値から、-2円の位置を最初のロスカットラインに設定しました。エントリー後は、価格が上昇した分だけロスカットラインも引き上げていきます。
ケース①は、価格が107円のときに買い注文を入れたため、最初のロスカットラインは105円となります。上図のように、価格は細かい上下を繰り返しながらも堅調に上昇していることが分かります。価格が上昇しているなかで一時的に下げている局面もありますが、ロスカットラインである(高値-2円)の位円まで下がっていないときは決済しません。
そして、上図のチャートを見てみると、価格が108円まで上昇した後、もみ合い相場がしばらく続き、最終的には高値が108円を付けた時に設定したロスカットラインの106円まで下がったところで決済となりました。

トレーリング ストップ を使った注文例②

上図のチャートの右端が現時点としたとき、この後価格が下げきったところの反発を狙って買いを入れる戦略でトレードするとします。このとき、価格がどこまで下がるか読めないときに、下げきったところ(安値)からいくら戻したら買いを入れるという方法で、 トレーリング ストップ を使います。

今回は、安値から1円反発したところで買いを入れます。
上図のチャートを見てみると、堅調に下がってから一度上昇しましたが、その後価格は約4円ほど急落し、101.2円という安値を付けました。すると、価格はすぐに上昇し、安値+1円である、102.2円まで達したので、買いを入れました。
このように、価格が急落したところの反発を狙い、価格が上昇し始めたポイントで買うことで、利益を最大化することができます。

今回示した具体例は、価格が上昇する局面のなかでロスカットラインを調整する方法と、急落からの反発で買いを入れるための方法として解説しましたが、どちらも逆の局面でも同様に活用することができます。
ケース①の場合は、ある価格で売りを入れたとき、ロスカットラインを安値から○円で切り下げていき、価格が反騰してロスカットラインに達したら決済します。
また、ケース②の場合も、価格が急騰したところで反発の売りで入りたいときに、高値から○円下がったところでエントリーするというように設定することができます。
つまり、 トレーリング ストップ は上昇相場でも下落相場でも有効活用できるため、使い方をマスターすることで、買いでも売りでも利益を狙えるということです。

今回は トレーリング ストップ の基本的な特徴、仕組みから、具体例を使って トレーリング ストップ の使い方まで解説しました。
トレーリング ストップ を有効活用することで、損失を最小限に抑え、利益を確保しながら相場に合わせて利益を伸ばすことができます。その反面、お伝えしましたように一時的な価格の反転によって決済してしまい、取れたはずの利益を取り損ねる可能性もあります。
そのため、 トレーリングストップ注文の定義 トレーリング ストップ を使ったトレードをマスターするためには、相場に合わせた トレーリング ストップ の位置を自分で設定できるようになることです。
これは、実践経験を積まなければなかなか上達しませんので、実際のトレードで活用しながら使い方をマスターしていきましょう。

僕が運営している投資の学校とは、2008年に「世界水準の投資教育と最高の学びを提供する」というビジョンの元、
大学受験の予備校のようなスタイルで一流の投資家から直接、彼らの実践方法を学べる学校として創業しました。

HyperSpeed NEXT トレール注文・時限成行注文の便利な使い方

「トレール」とは、「追跡」という意味です。トレール注文とは、レートの上昇・下落を追跡して、自動的に決済注文価格が変動する決済専用の注文方法です。 相場が有利な方向(利益が増加または損失が減少する方向)に動いた場合には、決済価格も相場を追跡して有利な価格に変更 されます。 相場が不利な方向(利益が減少または損失が増加する方向)に動いた場合には、変動せず最後に変更された価格 に留まります。トレール注文では、この相場に追随する値幅(トレール幅)を設定して注文します。

例えば、買のポジションを持っているときに「トレール幅=50銭(pips)」でトレール注文を出したとします。
レートが上昇(有利方向に変動)した場合は、決済価格も現在レートから50銭の幅を保って一緒に上昇していきます。レートが下落(不利方向へ変動)した場合は、決済価格は変わりません。レートが有利に動く限りその利益を追っていくことができ、 一番有利になったレートから50銭下回ったところで決済 することが可能なのです。

買建玉にトレール注文を発注した場合のイメージ

逆に売のポジションに対して「トレール幅=50銭(pips)」でトレール注文を出したとすると、レートが 下落(有利方向に変動)し続ける限りは決済されず、 トレーリングストップ注文の定義 レートが最安値から50銭上昇(不利方向に変動)した場合に 決済 されます。

売建玉にトレール注文を発注した場合のイメージ

トレール注文は便利な機能ですが、トレール幅をどのくらいに設定するべきかは相場の状況により考えてください。 トレール注文は逆指値と同様の効果 がありますので、激しく動いているときに トレール幅を狭くしすぎるとすぐに決済(損切) になってしまいます。逆に、なるべく決済されないように トレール幅を広くしすぎると、取れていたはずの利益が少なくなったり、損切となったりする 場合があります。

ストリーミング注文+トレール注文で利便性向上!
新規のストリーミング注文と同時に、決済のトレール注文を発注することができます。

例えば、為替相場が大きく動いている時、新規注文と同時に決済のトレール注文を出しておくと…… トレーリングストップ注文の定義
・為替相場のトレンドに乗って大きく値上がり(値下がり)してから決済できる
・ポジション成立後、急激にトレンドが反転するケースに備えたリスク管理ができる(逆指値と同様の効果)
というように、トレード時の利便性が向上します。

トレール注文を出してみましょう!

ではトレール注文の発注方法を見ていきましょう。
※トレール注文は「HyperSpeed NEXT」からのみ発注、変更、取り消しが可能です。 トレーリングストップ注文の定義

よくある質問

menu

【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】
店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。
*為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【オプションFX(店頭通貨オプション取引)】
店頭通貨オプション取引は店頭外国為替証拠金取引の通貨を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。当社が提示するオプションの取引価格は、買値と売値に差があります。当社の提供する店頭通貨オプション取引の決済方法は反対売買による清算となり、また、NDO(ノンデリバラブル・オプション)であるため権利行使日に権利行使価格と実勢価格による反対売買を行います。
【暗号資産CFD(店頭暗号資産証拠金取引)】
店頭暗号資産証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。暗号資産の価格の変動によって思わぬ損失が生ずるおそれがあり、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。当社の取り扱う暗号資産は、本邦通貨または外国通貨ではありません。また、特定の国家または特定の者によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。取引価格は、買値と売値に差(スプレッド)があります。スプレッドは暗号資産の価格の急変時や流動性の低下時には拡大することがあり、お客様の意図した取引が行えない可能性があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。暗号資産の現物でのお預かり、お受取りはできません。店頭暗号資産証拠金取引を行う上で必要な証拠金の額は取り扱う暗号資産ごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(個人のお客様:50%(レバレッジ2倍)、法人のお客様:一般社団法人日本暗号資産取引業協会が毎週発表する暗号資産ごとの暗号資産リスク想定比率*(暗号資産ごとにそれぞれレバレッジが異なります))の証拠金が必要となります。証拠金の詳細については、当社ホームページでご確認ください。取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、当社ホームページでご確認ください。
*暗号資産リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第51項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【共通】
店頭暗号資産証拠金取引を除くその他のサービスは、原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。ただし、当社が提供するその他の付随サービスをご利用いただく場合は、この限りではありません。また、元本及び利益が保証されるものではありません。決済方法は反対売買による差金決済又は清算となります。お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」、「取引約款」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。

SBI FXトレード株式会社(金融商品取引業者)
関東財務局長(金商)第2635号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

トレーリングストップ注文の定義

トレイリング注文

アイスバーグ注文

スナイパー注文

リザーブ注文

リンク注文

IFD(イフダン)注文

”いつ売っていいか分からない”方には…トレイリング注文!!

どんな注文?

総合口座開設はこちら

”大きな注文を小分けに注文したい”方には…アイスバーグ注文!!

どんな注文?

総合口座開設はこちら

”価格を狙い撃ちしたい”方には…スナイパー注文!!

どんな注文?

総合口座開設はこちら

”事前に注文を出したい”方には…リザーブ注文!!

どんな注文?

総合口座開設はこちら

”順序だてて売買計画されてる”方には…リンク注文!!

どんな注文?

総合口座開設はこちら

”忙しくて相場を見られない”方には…IFD(イフダン)注文!!

どんな注文?

総合口座開設はこちら

”損切りも利確もどちらもセットしたい”方には…IFO(イフダンオーシーオー)注文!!

どんな注文?

IFOは、「If」+「Done」+「One トレーリングストップ注文の定義 Cancel Other」注文を略した呼び名です。新規注文が成立した後、損切りと利益確定の2つの決済注文をセットしておくことができます。

総合口座開設はこちら

主要ネット証券との比較

トレーリングストップ注文の定義 トレーリングストップ注文の定義
楽天証券 SBI証券 松井証券 auカブコム証券 マネックス証券
アイスバーグ注文 × × × ×
スナイパー注文® × × × ×
トレイリング注文 × × × ×
リンク注文 × × × ×
リザーブ注文 × × × ×

アルゴ注文以外にもiSPEEDはここがすごい!

圧倒的な情報量!

直感的な操作性!

日本株だけでなく
米国株にも対応

iSPEEDのダウンロードはこちら

まだ「楽天証券」の口座をお持ちでないアナタへ 楽天証券は魅力がいっぱい

01 コストが安い

いちにち定額コースなら国内株式100万円まで 超割コース大口優遇コースなら信用取引の手数料0円

02 ポイントがたまる&使える

楽天グループの各サービスによって貯まる「楽天ポイント」

総合口座開設はこちら

TOP

Copyright (C) Rakuten トレーリングストップ注文の定義 Securities, Inc. All Rights Reserved.
商号等:楽天証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第195号、商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会

ビットフライヤーのトレーリング・ストップ注文とは?図解を用いて説明

足跡

仮想通貨

トレーリング・ストップ注文とは?

個人的に重要だと思うのは、ストップ注文が 成行注文 だという点です。

がっかりした点

指値注文ではなく成行注文だと言うことでかなり利用シーンが限定されてがっかりしました。

  • 「%」だと刻一刻とトリガー価格が変わるのでデータ量が膨大になる

トレーリング・ストップ注文の利用例は?

ビットフライヤーでトレーリング・ストップ注文をする方法

スポンサーリンク

コメントをどうぞ コメントをキャンセル

プロフィール

こぜに富豪

妻と一緒に子供2人(0歳と2歳)を育てながら、資産運用中
・現物株
・草コイン
・FXトラリピ
・CFDトラリピ
・従業員持株会
・暗号資産(現物)
・企業型確定拠出年金
・暗号資産(レンディング)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる