FXビギナーズガイド

仮想通貨に興味ある方必見

仮想通貨に興味ある方必見

>>>CoinCheckの公式サイトはコチラ

人事・労務・管理職必見!実践的働き方改革の取り組みとは〈セミナーレポート〉

人事・労務・管理職必見!実践的働き方改革の取り組みとは〈セミナーレポート〉

オルトプラス様が運営しているるコミュニティ「CBsync」(*1)の一つとして行われた今回のセミナー。2019年4月1日より施行された働き方改革関連法に合わせて、「実践的働き方改革の取り組み~明日からできる生産性の向上施策~~働き方改革スタート!何から取り組む?~」というテーマで、株式会社Log11 仮想通貨に興味ある方必見 代表取締役コンサルタント 荏原 剛氏、株式会社オルトプラス 執行役員CTO 嶋田 健作氏 、そして株式会社チームスピリット 戦略企画室 リーダー 小倉 将3名が登壇しました。


チームスピリット 戦略企画室 リーダー 小倉登壇!

仮想通貨に興味ある方必見 仮想通貨に興味ある方必見

「 チームスピリットは 2018年に上場を果たし、社員が約80名ほどいる企業だが、現在はグレイナーの企業成長モデルでいうと「 第2段階:家業から企業への脱皮」と「第3段階:宦官と武闘派の戦い」の間の状態に似ていると感じている。その中で、自分は人事と経営企画を担当し、人事の領域では、「人をもって事を成す」という考えのもと、人を管理し使う「パーソナルマネージメント」ではなく、長期的にメンバーを財産として考え、会社の戦略を実現する「ヒューマンリソースマネージメント」という考えで人事業務を行なっている。」

「制度とは人を押さえつけるものではなく、ビジョン、ミッションを達成するための願いや思いだと考えている。チームスピリットの願いは「個の成長」「グローバル」「ALLIANCE」の3つあり、チームスピリットの

・自らテーマ設定を行い完遂すること(旗を持つ)

・他人が自ら喜んで巻き込まれる影響力

・自身の個性を輝かせること(オリジナリティ)

の3つの考え方と合わせて、ビジョン・ミッション実現に向けた制度を設定している。」

次に登壇された株式会社Log11 代表取締役コンサルタント 荏原 剛氏からは、「労働生産性を科学する」と題したテーマで、

株式会社LOG11 代表取締役コンサルタント 荏原 剛氏


最後の登壇者である 株式会社オルトプラス 執行役員CTO 嶋田 健作氏は、オルトプラスが提供する社内仮想通貨サービス「コミュニティオ」について、この時代に社内仮想通貨が求められている背景や、実際に自社で使って感じる反応について、終始会場の笑いを誘いながらご説明されました。

【仮想通貨をまだ持っていない方必見】日本円→bitbank→XRP→Safepalへ。『手数料が安い方法解説』

CRYPTO.FUN

電子データのみでやり取りされる通貨 であり、日本円のように 銀行券(お札)と貨幣(硬貨)のような物質的なものはありません。

一般に、仮想通貨(暗号資産)は、 「交換所」や「取引所」と呼ばれる事業者(暗号資産交換業者)から入手・換金する ことが可能です。暗号資産交換業は、金融庁・財務局の登録を受けた事業者のみが行うことができます。

所有している「日本円」を 日本国内にある取引所 「ビットバンク(bitbank)」にて仮想通貨(XRP)に換え 、 仮想通貨のウォレットを使用して 、 「XRP」を自分の希望する他の仮想通貨に交換(スワップ) する事を、 「簡単に」「手数料が安く」 をテーマに徹底解説した記事になります。

■bitbankに口座開設

本記事では 「仮想通貨」を全く持っていない という方を対象とした記事 になります。

bitbank 取り扱い通貨
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
ライトコイン(LTC)仮想通貨に興味ある方必見
ビットコインキャッシュ(BCH)
モナコイン(MONA)
ステラルーメン(XLM)
クアンタム(QTUM)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
オーエムジー(OMG)
シンボル(XYM)
チェーンリンク (LINK)
メイカー(MKR)
2022年3月8日 現在

bitbankの口座開設ページへアクセス

メールアドレスを入力して「口座開設」をクリック

パスワードの設定をして、利用規約を読んで「同意」、その下の「登録」をクリック

口座の種別を「個人」「法人」を選択して、氏名を入力します。

bitbankの本人確認へ進む

■bitbankに開設した口座に日本円を送金する

スマホ画面の右下「メニュー」をタップします。

メニューから「入金」を選択します。

入金の画面より、日本円(JPY)の「入金」をタップします。

入金用の口座に関する広告、案内が表示される場合があります。「閉じる」をタップして先へ。

■送金した日本円でXRPを買う

販売所で購入する場合

画面下「販売所」「買う」「リップル」をタップします。

画面右下「テンキー」のアイコンをタップします。

「購入金額」の箇所に購入希望金額を入力して「買う」をタップします。

「購入金額」「購入数量」「買い価格」を確認して「タップで購入」をタップします。

仮想通貨に興味ある方必見

■取得したXRPを仮想通貨ウォレット「Safepal Wallet」に送る

お使いの端末に従ってメニュー項目から「出金」をクリックします。

本記事では「XRP」を出金する解説記事になりますので「XRP」の【出金】をクリックする

出金先に指定するアドレスの入力をします。初めて入力する場合、送金先のウォレットアドレスを入力して「新規追加」をクリックします。

■「Safepal」内で管理しているXRPを取引希望の仮想通貨(今回は例としてBNB)と交換する

今までのご説明で、仮想通貨を全く持っていない人でも、「日本円(¥)」という法定通貨から、bitbankという日本国内の仮想通貨取引所にてリップル(XRP)を購入する事が可能な点や、購入したリップル(XRP)を各自の管理する ソフトウェアウォレット(今回はSafepal Wallet)に送金して 仮想通貨移動をする事ができる解説を行いました。

ここから先は、「セーフパルウォレット(safepal Wallet)」で、トレードを希望する通貨とのスワップ(所有する仮想通貨を他通貨と交換)できるようになります。その組み合わせは多数ありますが、下記の関連記事にて、 TENSET/10SETの購入方法を例に解説 をしています。

本記事で開設した方法以外にもTENSET、またTENSETという仮想通貨以外にも、関連するプロジェクトでTGLPTenset Gems Launch Platform)やInfinityなども進行しています。

仮想通貨TENSET 仮想通貨に興味ある方必見 infinityとGEMについて徹底解説。特徴、メリット、10setの購入方法から最新チャート情報までを完全解説。この時期でTENSETについての最新知識が身に付きます。TGLP(Tenset Gems Launch Platform)についても詳細を解説しています。

金融・証券2018年01月09日 仮想通貨あれこれ(法苑183号) 法苑 執筆者:大倉健嗣

1 資金決済法の改正
平成二九年四月から施行されている資金決済に関する法律(資金決済法)の中で「仮想通貨交換業」に関するルールが新設された。
思い返すと、平成二七年二月に合計八五万BTC(「BTC」はビットコインの単位。当時の価値で約四百七〇億円相当。)が消失し破綻したビットコイン取引所「マウントゴックス」社の事件があった。同社のCEOであるマルク・カルプレス氏は業務上横領罪で起訴され平成二九年七月には東京地裁で初公判が開かれている。また、国際的にも平成二七年六月のG7エルマウ・サミット首脳宣言においてテロリストの資産凍結を目的とする仮想通貨の適切な規制が求められるとともに、政府間機関であるFATF(資金洗浄に関する金融活動作業部会)において、仮想通貨交換所を登録・免許制とし、本人確認等によるマネーロンダリング対策を行う規制を各国において策定すべきであるというガイダンスを発表した。この流れを受けて今回の資金決済法の改正がなされたという経緯である。

2 仮想通貨とは
仮想通貨とは「ブロックチェーン」技術を用いたデジタル通貨のことである。ブロックチェーンとは、取引をネットワーク上に分散して記録する技術のことであり、元々は「Satoshi Nakamoto(中本哲史)」という正体不明の人物(日本人ですらないという噂も…)が平成二〇年に発表した、仮想通貨「ビットコイン(Bitcoin)」についての論文に端を発するものである。ビットコインでは、個々の仮想通貨の譲渡を一つの取引(トランザクション)とし、複数のトランザクションをまとめたブロックが鎖(チェーン)状に繋がったような形で、P2P(ピア・ツー・ピア)ネットワーク参加者の端末(ノード)に分散し「非中央集権的」に記録される。また、ビットコインでは「仕事の証明」(プルーフ・オブ・ワーク、PoW)という作業により改ざんを回避する仕組みをとっている。PoWを行うには相応の計算機資源を必要とするが、最速で改ざん防止措置をとった者に報酬として一定額のビットコインが割り当てられる。この作業のことを鉱物の採掘になぞらえて「マイニング」と呼ぶ。非中央集権的にネットワーク全体で全取引記録を保持し、誰でも見ることができるオープンな構造なので、従来の国家が発行する法定通貨に比べはるかに「民主的」であるという。
さて、ビットコインは「通貨としての価値」を持つ第一世代目の仮想通貨だと言われているが、「通貨としての価値」に「付加価値」の付いた第二世代目の仮想通貨も出現している。その代表格といえるのが平成二七年七月にリリースされたイーサリアム(Ethereum)である。イーサリアムでは取引履歴だけではなく、データやプログラムも記録の対象となる点でビットコインと異なるが、最も特徴的なものが「スマートコントラクト」という仕組みである。一般的に、スマートコントラクトとは、ブロックチェーンネットワークにおける「自動執行力のある合意」のことをいい、たとえば、支払日や金額などの支払条件をプログラムコードとしてブロックチェーンに埋め込んでおき、条件が成就されたときに(第三者を全く介さず)自動的に支払いが実行されるというような仕組みのことである。ブロックチェーン技術を用いて実現されるため、合意条件は改ざん不能な形でネットワークに記録され共有される。
スマートコントラクトは、従来の契約実務を置き換える可能性があるため注目されているが、登記実務を置き換える可能性のある「ファクトム(Factom)」という第二世代通貨もある。ファクトムは、元々ブロックチェーン上に証明書類や電子記録、ログといった記録を残すために生まれた仮想通貨で、改ざん不能のブロックチェーンを用いることで、セキュリティも高いと評価されている。ファクトムが誕生したことによって証明書の発行や閲覧の際に第三者の介在が不要になり、手数料も大幅に削減することが可能となった。このファクトムを利用すれば、従来のように法務局で登記を管理する必要がなくなるかもしれない。中間省略登記や公信力の議論などは過去のものとなる可能性がある。なお、ファクトムに関連して、平成二九年三月に現れた「ファクトムハーモニー(Factom Harmony)」と呼ばれる仮想通貨は、住宅ローンに関する契約条件を一括でブロックチェーン上に記録する仕組みを有している。
ちなみに、ビットコイン等は「暗号通貨(Cryptocurrency)」と呼ばれることがあるが、本稿でいう「仮想通貨」と同義である。「仮想通貨」というと従来のサーバ型前払式支払手段のようなものも含まれるように聞こえるので、「暗号通貨」と呼び分けているのである。

3 仮想通貨交換所
資金決済法の改正により規制されることになった仮想通貨交換業者であるが、「仮想通貨交換業」とは、①仮想通貨の売買または他の仮想通貨との交換、②前記①に掲げる行為の媒介、取次ぎ、または代理、③前記①②の行為に関する利用者の金銭または仮想通貨の管理、を業として行うことをいう(法二条七項)。①の売買・交換を行う事業者は、仮想通貨の「販売所」と呼ばれ、利用者は仮想通貨交換業者と直接売買を行うのに対し、②の媒介等を行う事業者は、仮想通貨の「取引所」と呼ばれ、株式の取引のように売り、買いの板情報に基づいて売買のマッチングが行われる。一般的に、販売所で仮想通貨を買うとスプレッドが大きく手数料も高いため割高になるが、反面、取引所で仮想通貨を買おうとする場合、仮想通貨流通量(売りに出ている通貨量)の少なさから指値どおりに買えない可能性も大いにある。このため、利用者は両者を適切に使い分ける必要がある。③の管理方法についてであるが、事業者が「ウォレット」という電子財布に仮想通貨を保管する場合があり、そのことを指している。
仮想通貨交換業者となるためには、財務(支)局長に登録が必要である。事業者は、利用者が事業者に預託した金銭や仮想通貨を分別管理する義務を負う。その他、情報の安全管理措置を講ずること、委託先に対する指導等の措置を行うこと、マネーロンダリング対策として犯収法上の体制整備を行うこと、帳簿書類を作成・保存し仮想通貨交換業や分別管理に関する報告書を作成して財務(支)局長に提出すること、などが求められる。
金融庁によると、平成二九年一〇月一二日時点での仮想通貨交換業者は合計一一業者であり、一九業者が継続審査中の状況である。

4 ICO
企業は、ブロックチェーン技術を使い仮想通貨を自由に作り出すことができ、その仮想通貨を売り出すことがある。これをICO(Initial CoinOffering)と呼ぶ。ICOが行われている仮想通貨はビットコイン等の既存の仮想通貨と交換する形で購入することが多い。企業側は全世界から簡単に多額の資金を集めることができるため、新たな資金調達の手段として注目を浴びている。
ビットコインの例で言えば、発行された平成二一年時点の価格は1BTC=約〇・〇七円だったものが、平成二九年一月には1BTCが一〇万円を超え、本稿執筆時点(平成二九年一一月)で1BTCが七〇万円を超えているような状況である。八年で価値が約一〇〇〇万倍になっているのは驚くべきことである。この仮想通貨の価格上昇にうまく乗って億円単位の資産を築いた者も出ており、巷では、納棺師の生き様を描いた映画「おくりびと」をもじって「億り人」と呼ばれている。
次の「億り人」を狙って仮想通貨に投機しようという人は後を絶たないが、ICOのリスクの高さを認識して資金を投じるべきである。新規株式公開(IPO)では取引所のルール等もあり、引受証券会社の目を通したり監査手続も入ったりするのに対し、ICOでは特段のルールもなく、企業が独自に自由に発行することができるところがIPOと大きく異なるところである。なお、IPOではいずれかの取引所に上場をする手続であるが、ICOは必ずしも仮想通貨交換所で取り扱われることを前提としていない。すなわち、<1>ICOにより売り出す(クラウドセール)、<2>交換所に上場する、という二段階のステップがある。ICOの段階で早期に仮想通貨を購入したとしても、上場しなければ売買が困難になるし、上場した場合であってもうまく価格が高騰してくれるかどうか分からない。資金を調達するだけしておいて全く事業を開始する気のない詐欺的な企業も少なくないし、それどころか仮想通貨が実在しないのに資金を集めようとする輩も散見される。
このように、ICOは極めてリスクが高いことを念頭に置いて自己責任で参加すべきである。少なくとも、企業が公開している「ホワイトペーパー」(目論見書のようなもの)には事前に目を通し、事業計画や経営陣の経歴やスキルなどを確認したいところである。
仮想通貨の取引で利益を出した場合には、もちろん税金を支払う必要がある。国税庁は「雑所得」であるという見解を出したが、仮想通貨から円に換えた時に利益確定となるのかどうかなど更なる議論も必要であるし、税率や損益通算等の点で不利な雑所得に分類したことの当否が問われるだろう。

5 仮想通貨の今後
ウォーレン・バフェットは、「ビットコインは価値を生み出す資産ではないから評価することができない。」「ビットコインはバブルである。」と断じているが、ブロックチェーン技術が社会にもたらすインパクトは小さくないと思われ、人々の投機的行動とは別に、冷静に捉える必要があるだろう。経済産業省が公表している平成二八年のレポート(平成二七年度 我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(ブロックチェーン技術を利用したサービスに関する国内外動向調査)報告書)では、ブロックチェーン技術が社会経済に与えるインパクトとして、①価値の流通・ポイント化プラットフォームのインフラ化、②権利証明行為の非中央集権化の実現、③遊休資産ゼロ・高効率シェアリングの実現、④オープン・高効率・高信頼なサプライチェーンの実現、⑤プロセス・取引の全自動化・効率化の実現、の五つを挙げているが、これらが実現すれば社会構造が大きく変化することは想像に難くない。先述のスマートコントラクトや登記制度の話に加え、法律家が日常的に行っている事実認定の実務も大きく影響を受けるだろう。
透明化する世界では、プライバシーの問題が生じる。ビットコインはじめ多くの仮想通貨は完全に匿名の取引は不可能だが、「匿名性暗号通貨」と呼ばれる仮想通貨も発行されている(たとえば「ジーキャッシュ(Zcash)」「ダッシュ(DASH)」「モネロ(Monero)」など)。ただ、もちろん、これらの通貨はマネーロンダリング等の犯罪に利用される可能性がある。プライバシーの保護と犯罪抑止・捜査とはここでも相克するのである。
このように、仮想通貨の世界もまだまだ混沌としており、インターネットの黎明期を彷彿とさせる。社会の仕組みや法制度がこれからどう変わるのか、あるいは変えたらよいのか、法律家はその社会でどんな役割を果たせばよいか、など興味は尽きない。

DeFiの始め方を解説|仕組みやおすすめの国内仮想通貨取引所とは?

仮想通貨取引所_コインチェックのバナー画像


>>>CoinCheckの公式サイトはコチラ

\取引手数料無料で使いやすい!/

DeFiとは?仕組みと特徴を解説

Decentralized Financeを略した言葉で日本語に翻訳すると、分散型金融という意味になります。

これまで銀行口座などを取得できなかった方も、 DeFiを始めれば金融取引に参加できる ようになります。

DeFiを始めたい人必見|メリットとデメリットとは?

DeFiのメリット

  • 管理者がいらないので手数料を抑えられる
  • 世界中どこに居住していてもOK

手数料を抑えられる

DeFiの最大のメリットは、 手数料を抑えられる ことでしょう。

しかし DeFiの場合はブロックチェーンを利用しているため、手数料を抑えることが可能 です。

世界中どこに住んでいても利用できる

DeFiとは、 管理者を必要としないインターネット上で取引できる仕組み です。

DeFiのデメリット

  • ハッキングや詐欺などの被害に遭う可能性がある
  • 資産の損失などがあっても自己責任になる

ハッキングに遭う可能性がある

DeFiとはハイリスク・ハイリターンな投資だと言えるでしょう。

ミスがあっても個人の責任になる

なお、このようなミスは全て個人の責任になります。

DeFiを始める人にPancakeSwapをおすすめする理由や仕組み

このように、「 DeFiを始めるならPancakeSwap(パンケーキスワップ)が良い 」という話を耳にした方も多いでしょう。

DeFiを始める人にPancakeSwapをおすすめする3つの理由

  1. 日本語に対応しているため初心者が利用しやすい
  2. 他のDEXと比較すると、手数料が安い
  3. 日本のユーザーが多いため、情報収拾しやすい

1.日本語に対応しているため初心者にもわかりやすい

2.手数料が安い

3.ユーザーが多く情報収拾しやすい

海外はもちろん、 日本語ユーザーが多いため情報収拾しやすい というメリットもあります。

PancakeSwapの仕組みとは?

  1. スワップ:仮想通貨の交換
  2. ファーミング:仮想通貨を預けてCAKEをもらう
  3. ステーキング:CAKEをさらに預けてCAKEをもらう

1.仮想通貨の交換

通過を別の通過に交換することを スワップ と言います。

2.仮想通貨を預けてCAKEをもらう

これを ファーミング と言います。

3.CAKEを預けてCAKEをもらう

CAKEをさらに預けてCAKEをもらうことを、 ステーキング と言います。

DeFiで稼げる仕組みとは?

DeFiの銘柄に投資して稼ぐ方法

一つ目の稼ぎ方は、 DeFi銘柄に投資する 手段です。

有名どころで言うと、ビットコインイーサリアムなどのことを言います。

その他にもビットコインキャッシュリップルなど、数多くの銘柄があり、取引所によっても扱いが異なります。

DeFiに資金を提供し手数料で稼ぐ

二つ目の稼ぎ方は、 DeFiに資金を提供して手数料で稼ぐ 手段です。

DeFiの場合、 管理者がいないためユーザーそれぞれが銀行のような立ち位置になる のです。

DeFiの始め方

1.仮想通貨取引所に登録する

  • ワンコインからビットコインの購入が可能
  • DeFiを始める方におすすめのイーサリアムの取り扱いあり
  • マネックスグループなのでセキュリティ対策が万全

仮想通貨取引所_コインチェックのバナー画像


>>>CoinCheckの公式サイトはコチラ

\取引手数料無料で使いやすい!/

2.ビットコインを購入する

このときのポイントは、 販売所ではなく「トレードビュー」で売買する こと。

3. Binanceに登録する

この銘柄を入手するために、 Binance という海外取引所に登録する必要があります。

しかし、 海外取引所でありながら日本語に対応 しているため、初心者の方にもわかりやすくなっています。

4.ビットコインをBinanceに送る

5. BNBを購入する

6.仮想通貨に興味ある方必見 MetaMaskをインストールして設定する

MetaMaskとは、オンラインにあるお財布のことです。

  1. 画面右上に表示されているネットワーク切り替えのアイコンを選択する
  2. 「カスタムRPC」を選択する
  3. BSCネットワークを追加する
  4. 「保存」を選択する

7.BNBをMetaMaskに送金する

8.PancakeSwapでDeFiを始める

様々な分散型取引所がありますが、日本語に対応しているなど様々な理由から PancakeSwapの利用がおすすめ です。

DeFiのおすすめ銘柄3選

  • イーサリアム:DeFi関連銘柄の中でも最も人気がある
  • 仮想通貨に興味ある方必見
  • アイオーエスティー:国内取引所で扱いがあるのはCoincheckのみ
  • ユニ:手数料の低さから注目を集めている
  • CAKE:PancakeSwapで利用できる通過

イーサリアム(ETH)

DeFiを始めるなら押さえておきたいのが、 イーサリアム です。

イーサリアムの基本情報や将来性について知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

アイオーエスティー(IOST)

  • 情報処理スピードの向上が期待できる
  • 非中央集権権を実現できる

2022年4月の段階では、 アイオーエスティーの取り扱いがあるのはCoincheckのみ です。

アイオーエスティーの特徴や将来性について知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

ユニ(UNI)

営利目的での運営ではないため、 手数料がほとんど発生しない のです。

この記事でも紹介した PancakeSwapで利用できる通過 です。

DeFiを始めたい人におすすめの国内仮想通貨取引所4選

Coincheck

DeFi 始め方

様々な取引所がある中でも初心者の方におすすめなのが、 CoinCheck です。

そんなCoincheckは、 ダウンロード数No,1 という実績もあり、多くの方に選ばれていることがわかります。

  • 2段階認証の採用
  • SSL暗号化通信
  • 本人確認
  • アカウントロック
  1. スマートフォンからアカウントを登録
  2. 基本情報を登録して本人確認書類を提出
  3. 最短1日で審査が完了!

Coincheckの手数料について詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

仮想通貨取引所_コインチェックのバナー画像


>>>CoinCheckの公式サイトはコチラ

\取引手数料無料で使いやすい!/ 仮想通貨に興味ある方必見 仮想通貨に興味ある方必見

DMM Bitcoin

DeFi 始め方

DMM Bitcoinは イーサリアムをはじめ15種類の銘柄を扱う取引所 です。

DMM Bitcoinでは 土日祝日関係なく365のサポート体制 があります。

  • コールドウォレット運用
  • 不正ログインの防止
  • 社内セキュリティ
  1. メールアドレスを登録して基本情報を入力
  2. 本人確認書類を提出
  3. 口座開設が完了して取引開始

DMM 仮想通貨に興味ある方必見 Bitcoinの評判について詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

LINE BITMAX

第11位 LINE BITMAX

LINE BITMAXはLINEのグループ会社が運営する仮想通貨取引所です。

LINE BITMAX(ライン ビットマックス)はセキュリティに力を入れており、コールドウォレットやマルチシグ、資金の分散管理を行なっています。

第11位 LINE BITMAX

GMOコイン

DeFi 始め方

イーサリアムをはじめ、合計20種類もの銘柄を扱うGMOコインも 初心者の方におすすめの取引所 です。

  • システムへの侵入対策
  • コールドウォレット管理
  • サイバー攻撃対策

そんなGMOコインの特徴は、 各種手数料が抑えられている こと。

  1. メールアドレスやパスワードを設定してアカウント登録
  2. お客様情報の登録と本人確認書類の提出
  3. 口座を開設

GMOコインの始め方について詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

DeFiの始め方に関してよくある質問に回答

しかし本格的に取引を開始する場合、 パソコンがあった方が操作しやすい でしょう。

また誕生してから歴史が浅いため、 他の投資と比較するとリスクが高い と言われています。

  • 将来的に政府が介入する恐れがある
  • バブルが崩壊する恐れがある
  • トラブルが発生しても自己責任になる
  • 取引スピードが低下する恐れがある

つまり、 監視する役割を担う組織がいない ということです。

続いて、サービスの需要が急増したことによる バブルの崩壊も懸念すべきリスク となります。

最後に、取引量の増大により取引スピードが低下する「 スケーラビリティ問題 」もDeFiを始める上での注意点として認識しておく必要があります。

DeFiの始め方まとめ

スマートフォンアプリの使いやすさにも定評があるため、「 仮想通貨に興味ある方必見 スマホでDeFiを始めたい 」と考えている方にも最適でしょう。

仮想通貨取引所_コインチェックのバナー画像


>>>CoinCheckの公式サイトはコチラ

仮想通貨に興味ある方必見

GMO Kids VALLEY 未来の学びプロジェクト GYEN ZUSD Adam GMOあおぞらネット銀行 電子印鑑ならGMOサイン

GMOインターネットグループはこれから先も、
最先端テクノロジーとスピードをもって、
これまでにない発想と挑戦で
インターネット業界を牽引していきます。
そんな新しい時代をつくる、
未来のリーダーとなる人財を募集します。

求む。
最高のポテンシャルを秘めた
『次世代リーダー』

求める人財

求める人財

  • (※2)STEAM人財: Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)に、美術・文学・哲学・歴史などのリベラルアーツ(教養)を包括したArtsを加えた造語で、これからの世代を支えるイノベーション人財を指す。
  • (※3)GMOイズム: https://www.仮想通貨に興味ある方必見 gmo.jp/brand/#philosophy GMOインターネットグループがインターネット事業を開始した1995年から唱和・実践し続けている、「スピリットベンチャー宣言」をはじめとする社是・社訓に相当するもの。

求めるスキル

  • 機械学習/深層学習、コンピュータサイエンス、ソフトウェアエンジニアリングのエリアにおいて、査読付き論文の投稿、または研究会での発表経験といった優れた実績をお持ちの方
  • ハッカソン・プログラミングなどの技術コンテストで入賞経験のある方(例:ISUCONや ICTSC、CTFなど)
  • ビジネスコンテストで入賞経験のある方
    (例:KING、GSEA、cvgなど)
  • 長期インターン・アルバイトなどで優秀な営業成績・業務改善の実績のある方
  • 学生団体・体育会など組織の幹部を務めた経験のある方
  • 勉強会や技術イベントでの発表・運営経験のある方
  • 起業経験・事業立案の経験がある方
  • 弁護士資格をお持ちの方、司法修習生
  • 税理士試験合格者(税理士資格登録要件を満たす科目合格者)または公認会計士論文式試験全科目合格者

マインドセット

最新技術で創出するエンジニア

最新技術で創出するエンジニア

最新技術で創出するエンジニア

インターネット産業

募集要項

募集要項

  • 2023年3月末卒業見込みの新規学卒者
  • 仮想通貨に興味ある方必見
  • 2023年4月入社可能な方

【主な職種例】 ※高度な専門知識を有し実務に反映できる人財に限ります。

エンジニア ENGINEER

クリエイター CREATOR

データサイエンティスト DATA SCIENTIST

管理部門専門職 MANAGEMENT

企画営業職 SALES

マーケティング MARKETING

GMOインターネットグループの福利厚生

世界一のサービスを提供することを目指すGMOインターネットグループでは、働く仲間の意欲・能力が十分に発揮でき、また世界中から優秀な人財の集まる仕組みを作ることが不可欠と考えております。そのためGMOインターネットグループでは、世界一の福利厚生を仲間に提供するため、コミュニケーションスペース「シナジーカフェ GMO Yours」、託児所「キッズルーム GMO Bears」、マッサージスペース・昼寝スペース「マッサージ&おひるね 仮想通貨に興味ある方必見 GMO Bali Relax」を2011年にオープンしました。2012年5月には「おひるねスペース GMO Siesta」もオープンし、さらなる福利厚生の拡充を進めています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる