初心者にもわかる

システムトレード(シストレ)って何

システムトレード(シストレ)って何
①2022年3月1日(火)~2022年5月31日(火)までに新規で口座開設。
②応募フォームが公式サイトにあるのでエントリーする。
③口座開設月の翌月末までに下記の条件を達成すると最大で50,000円キャッシュバック! システムトレード(シストレ)って何

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

FXのことなのですが、システムトレードはいつか破綻すると聞きましたけど本当のところどうでしょうか? よろしくお願いします。

ベストアンサーに選ばれた回答

私はシストレ歴8年ほどですが、どうにか勝ち残ってますよ。この先どうなるか分かりませんが。

ただ、どなたかが指摘されるように、ずっと同じルールで勝ち残るのはまず無理だと思います。

私の場合、ポートフォリオを入れ替えたり、新しいロジックを開発したり、定期的にパラメーターをチューニングしたりして、もがきながら何とか生き残ってるというのが実情です。(^o^;

また、一攫千金も期待しない方がいいです。「トップガン」や「クロスファイア」を開発したMr.Brainさんは、たしか、自動売買で100万円を1週間足らずで「億」までに増やして、証券会社から出禁を食らったことで有名ですが、そんな人は、例外中の例外でしょうね。うらやましいですが。

ただ、資金管理も含めて、きちんとルールを守るという意味では、私のように瞬時の判断力に乏しい投資家にとっては、シストレはありがたい手法だと思っています。

あと、裁量トレードに比べて、トレード中のストレスが格段に少ないのは、シストレの大きなメリットですね。おかげ様で、髪の毛だけはちゃんとあります。(笑)

特典・キャンペーン中の証券会社

新規口座開設&クイズに正解で4,000円プレゼント!

トライオートETF新規口座開設キャンペーン

オトクなタイアップキャンペーン実施中!

新規デビュープログラム

総額1億円還元キャンペーン

運用スタートプログラム

開設後1ヶ月間取引手数料0円!

2,000円プレゼント

証券に関する悩みや疑問をキーワードから探す

その他の回答

システムトレードには裁量によるシステムトレードと自動売買によるシステムトレードの二種類があること理解していますか。
自動売買によるシステムトレードは相場の読解力がないド素人が手を出すから破綻することがある。
裁量によるシステムトレードが上達してから自動売買を考慮するのが正しい方法です。
但し、自動売買のシステムトレードは効率が悪く、裁量で成功すれば自動売買は必要ないです。

個人的にはシステムトレードは、他人依存なので怖いなと思ってますのでお勧めしません。 システムトレード(シストレ)って何
多分、バージョンアップや試行錯誤して造っているとは思いますが、システムなので
確かにいつ使えなくなるかわからないと思います。

ボクは、システムトレードはしていませんが、
個人的な考えでは、
システムトレードは、破たんすると思います。

理由は、
値動きを数値化することはできても、
常に変化する相場を、過去の数値で予測することは、
不可能だと考えているからです。

むしろ、数値化してしまうことで、当たりにくくなると思います。

例えば、テクニカルにおいて、
インジケータは、
■サインが遅い
■ダマシが多い
です。

ポジションを持つタイミングを示すサイン、
決済のタイミングを示すサインが遅いとゆうことは、
トレードに成功しても、利益が少なくなることを意味します。

また、
ダマシが多いと、
ひっかかる可能性が増えますし、
ひかかってしまった場合には、損失を出してしまいます。

もし、ストップロスを設定していなかったり、
設定していても、遠い位置に設定していると、
損失が大きくなるおそれがあります。

システムトレードが、
インジケータによるトレードを高度化したものであっても
数値化して分析し、トレードに利用するものであるなら、
やはり、破たんするのではないかと考えます。

ほとんどんのシストレはいわゆる堅牢なストラテジーを持たないのか、そういう傾向があるようですね。
しかしながら・・
ァ、カップうどんがのびちゃうので失礼します。

システムトレード(シストレ)って何?仕組みと運用の考え方を紹介!【お金マン】

お金まん.png

“お!なんかここでこの通貨下がる気がするからショートしよう!”という感じでエントリーした結果、資金を減らしてしまう。
FX取引をしている多くの方はこのような経験があるかと思います。
このように、感情に任せた根拠のないトレードは資金を失う大きな要因と言われています。
「そんなことはわかっているけど、感情的になってしまうよ!」という方もいますよね?
そんなみなさんにオススメなのがシステムトレード(シストレ)です。

システムトレード(シストレ)って何?

“シストレ”と聞くと、「ん?聞いたことない」という方もいると思いますが、これはいわゆる自動売買トレードのことを意味します。
つまり、決められた売買条件をもとにトレードを行うことですよね!
では、シストレは大きく2つの方法があることはご存知でしょうか?

① 選択型シストレ
これは、ユーザがFX会社であらかじめ提供されている“売買条件”、“自動売買システム”システムトレード(シストレ)って何 を選択して投資する運用方法です。
この方法の良いところは、ユーザは選ぶだけで投資できることから、“簡単に資産運用できる点”になります。
よって、この投資方法は初心者・中級者に向いています!

お金マン5月2記事目pic①.png

② 開発型シストレ
これは、ユーザ側で自動売買システムの開発から運用までを行う方法です。
①の方法では、自由度が低く、自分の考えたルールをもとにトレードすることはできません。
これを実現するためには、自分で考えたルールをプログラム化して、自動売買システムを作る(または、既存のもの買う)必要があるため、上級者向きの投資方法となります!

お金マン5月2記事目pic②.png

シストレのメリットとデメリットは?

メリット :感情に左右されることなくトレードできる。
シストレ最大のメリットは「トレードにおける感情」を排除できる点です。
トレードで損失を出す原因は大きく分けて2つあります。

① マイルールが通用しない
FXで100%勝てるロジックを作ることは困難と言われています。 システムトレード(シストレ)って何
なぜなら、相場は人の感情で動くからです。
したがって、自信のあるロジックを作ったとしても、損失を出すことがあります。
しかし、ルール通りにトレードしていれば、利益も伸ばせるため、大きな損失を出すことはほとんどありません。

② 感情的になりマイルール以外でのトレード
問題はこのトレードです。
“大きな利益を出せた時”や“ルール通りにやっているのに勝てない時”に自分の感情を制御できない方が多いです。
当然、感情的になって負ければ負けるほど、さらに感情的になり、短期的に大きな損失を出してしまいます。

デメリット :放置運用はできない(人によるチューニングが必要)
シストレのメリットを聞くと、「じゃあ、ルール通りに取引するなら放置しておいても、勝手に利益が増えるんじゃないか」と考えますよね?
結論を言うと、放置できません。
詳しくは後ほど説明しますが、これがシストレのデメリットになります。
「楽してお金を稼ぐ」この考えで、資産を増やしていくことはできませんね。

シストレって勝てるの?

結論を言うと、「100%勝てると断言はできないが、資産を増やしている人は多い」です。
「いやいや、具体的にどのくらい勝てるのか教えてよ」と言う方も多いと思うので、今回は選択型シストレの中でもアイネット証券のループイフダンを例に挙げて説明したいと思います。
まず、ループイフダンによって資産を増やしている人の割合ですが、なんと システム利用者の80% と非常に多くの方が運用に成功しています!
実績の例は以下の図に示す通りで、1年間の資産運用で資産を30%増加した例もあります。
また、口座開設数も年々増加していることからも、とても人気なシステムであることがわかりますね!

お金マン5月2記事目pic③.png

お金マン5月2記事目pic④.png

ここで、簡単に選択型シストレのトレード方法について紹介します。
選択型シストレ(ループイフダン)は、①通貨、②売買方向、③利益幅、④損切りの有無、この4つを選択するだけで、自動で資産運用をしてくれるシステムです。
難しいテクニカル分析をプログラム化しなくても、簡単にシストレができます!
よって、「FXを始めたいけど、難しそう」や「忙しくてチャートを見る暇がない」といった方にとって、非常に寄り添ったシステムとなっています。

お金マン5月2記事目pic⑤.png

お金マン5月2記事目pic⑥.png

★☆★ シストレちゃんねる から お得なお知らせ ! ★☆★

デモ訴求ページTOP画像.png

シストレで負ける(失敗する)場合は?

先ほどまでの説明で、「シストレを使ってみたい」と思う方も多いと思います!
しかし、シストレにもデメリットがあり、これは“ほったらかしで運用できない点”ですよね?
このデメリットと対策について説明します。
まず、シストレを完全ほったらかしで運用した場合、負ける事例について紹介します。
下の図より、2019/06 ~ 2020/02の6ヶ月間で約600 pips の値動きで、1ヶ月単位では約200 pips程度の値動きであることが確認でき、これに基づきシストレを運用したとします。
すると、どうでしょう、2020/03 ~ 2020/04のたった1ヶ月間で約1200 pips 程度の値動きと、今までの期間と比較し、6倍の値動きとなりました。
このように、相場はファンダメンタル要素によって動くこともあるため、過去のデータのみで運用すると大きな損失を出すことになります。
ここで、言いたいのはシストレがダメということではありません。
シストレを運用していくためには、使用するユーザが「今は運用していて大丈夫か?」という考えをもって運用していくことが重要です!

お金マン5月2記事目pic⑦.png

お金マン5月2記事目pic⑧.png

シストレロジックの作り方は?

STEP2:複数のインジケータをもとに、エントリー・決済ポイントの探索
次は自分のアイディアを作る工程で、ここがロジックの肝となります。
よって、自分オリジナルのロジックを作りたい場合は、とにかくチャートと向き合うことが重要です。

STEP3:自分のアイディアをルール化する
エントリー・決済ポイントのアイディアが生まれたら、これをルール化しましょう。
アイディアだけ作って、ルール化しないと、勝率を上げるロジックが完成しません。

STEP4:マイルールのバックテスト(過去データに基づくシミュレーション)を行う
最後に、ルール化したロジックが、本当に勝てるロジックなのかを判断しましょう。
ロジックを作る上で、最も重要なのはこの工程です。
今後、マイルールでシストレをしていく上で、リスクを最小限にするために、しっかりバックテストを行いましょう。

初心者の方が自動売買をするならアイネット証券のループイフダンがおすすめ。 システムトレード(シストレ)って何
簡単に設定し運用することができるようになっています。
詳細はアイネット証券の口コミ記事やループイフダンの実績記事をご参考ください。
すでにループイフダンをしているという方はループイフダンの設定記事が参考になると思います。
今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。

システムトレード(シストレ)とは?

システムトレード(シストレとは?).png

システムトレード(シストレ)とは、上述のとおり、 システムトレード(シストレ)って何 特定のルールに従い機械的に取引を行うことです。 自身で手動により取引する場合も含まれますが、一般的にはシステムがあらかじめ決めておいたルールに従って自動で取引を行ってくれるものを指します。このページでは、システムトレードはシステムによる自動売買として解説します。システムトレードを利用すれば仕事中や睡眠中でもルールに従って売買をしてくれるので、あまり時間がかけられない人でもタイミングを逃さずFX取引をすることができます。

システムトレードの主なメリットは2つあります。1つは、システムが売買注文を自動的に入れてくれるため、投資家本人がパソコンなどに張り付いている必要がないことです。 24時間、自動的に注文を入れてくれます ので手間がかかりません。裁量トレードにはない魅力です。もう1つは、 主観や感情に左右されずに取引できる ことです。裁量トレードにおいては自分で決めた投資ルールに従うことが大切です。しかし、いざ取引をしてみると「もっと利益を取れるかもしれない」と思い、自分で決めたルールに反してポジションを持ち続け、結果的に損をして失敗をする可能性があります。システムトレードであればこういった失敗を避けることが可能です。

システムトレードにはデメリットもあります。多くのシステムは特定の相場などに最適化されており、誤った場面で利用すると大きな損失が発生してしまいます 。 システムトレードのシステム選びは、相場を予測するよりも難しい場合もあり、適切なシステムを選ばないと稼ぐことはできないことを理解しておく 必要があります。

裁量トレードとは

システムトレード(シストレ)のメリット・デメリット

メリット:初心者でもトレードしやすい

初心者でもトレードしやすい理由は、取引をシステムに任せることによって自動的にルールに従った売買を行ってくれるからです。初心者が犯してしまいがちな初歩的なミスとしては、売りと買いを間違えたり、取引数量の桁を間違えたりすることがあげられます。その結果、予想外の損失を被ってしまうといったことが起こる可能性があります。しかし、 売買をシステムに任せることによって、正確に売買をすることができます

また、簡単に始められることも初心者に適している理由の一つです。システムトレードには、自らプログラミングして使用するタイプもありますが、 初心者向けに作られた選ぶだけで設定ができる簡単なシステムもたくさんあります 。初心者でも簡単に設定できるタイプのシステムトレードを利用すれば、専門的な知識がなくてもすぐに使い始められます。

メリット:忙しい人でも運用できる

通常、取引のために多くの時間を割くことは難しいです。専業トレーダーではない人にとって、システムトレードは強い味方になります。システムの設定をしてしまえば、あとは自動的に取引を行ってくれますので、 仕事中や寝ている間でも取引をできる点がシステムトレードの魅力 です。

メリット:感情に左右されず取引できる

「もう少し耐えれば相場が反転するかも」、「もう少し待てばもっと利益をだせるかも」と感情で売買をしてしまい、損をすることが多々あります。大切なお金が増えるか減るかを目の前にすると冷静に考えれば判断できることも、焦って判断ミスしてしまうこともあるからです。
システムトレードを利用すればルールに従ってシステムが取引してくれるので、損切りに踏み切れずに損失を拡大してしまったり、利益の深追いによって決済タイミングを逃してしまったりするなど 感情的なミスを避けることができます

システムトレード(シストレ)のデメリット

初心者なら売買ロジックがシンプルなものを選ぶように心がけましょう。

システムトレード(シストレ)の種類<プログラム編>

リピート注文型のプログラム

リピート注文型の特徴はレンジ相場に強い ことです。上昇又は下落が明確な相場をトレンド相場、方向感に乏しく小さな値動きを繰り返す相場をレンジ相場と呼びます。レンジ相場は全体の7割を占めると言われており、プロの投資家でも売買タイミングが難しいとされています。

FXの自動売買(システムトレード)ができる「おすすめFX口座」を比較!
「トラリピ」から「MT4」まで、FXシストレ口座を種類別に詳しく解説!

(1)リピート系発注機能【ループイフダン・トラリピなど】
高度な発注方法を、画面を見ながら簡単に設定できるのが魅力!

FXの自動売買(システムトレード)に興味がある人なら、 「ループイフダン」「トラリピ」 という言葉を聞いたことがあるのではないだろうか。これらは、 指定した値幅の中に新規注文と決済注文を等間隔で出し続けてくれる注文機能、または、そういった注文機能を有したサービス の名称だ。 ザイFX! では、このような注文機能を「リピート系発注機能」と呼ぶことにする。

リピート系発注機能を使った自動売買は、レンジ相場で威力を発揮することが多いと言われている。トレンドが出にくくなってきている近年の為替相場にフィットしたトレード手法でもあり、 今やFXの自動売買(システムトレード)と言えば、リピート系発注機能のことを指しても大間違いではないほどメジャーな存在 だ。

ループイフダン【アイネット証券(ループイフダン)】
わかりやすい売買戦略が魅力で、FXの自動売買が初めての投資家におすすめ!

その リピート系発注機能で人気のFX口座の1つ が、アイネット証券の 「ループイフダン」 だ。 「ループイフダン」 では、通貨ペアごとにイフダン注文(IFD注文)を発注する値幅の間隔と利益確定の値幅が異なる複数の売買システムが用意されていて、その中から 稼働させたいものを選び、1回あたりの注文量と最大ポジション数を設定すれば、それだけで取引を始められる手軽さがが魅力

売買のロジックが非常にわかりやすく設定も簡単、さらに、 「ループイフダン」 の運用に役立つ情報や、自動売買(システムトレード)に関するコンテンツも豊富に配信されているので、 FXの自動売買を始めてみようと思っているFX投資家が最初に利用する口座としてもおすすめ

トラリピ【マネースクエアFX(マネースクエア)】
「リピート系発注機能の元祖」で、FX自動売買の代表的存在!

「トラリピ」 は、「トラップリピートイフダン」の略称で、「トラップ」「リピート」「イフダン」の3つが合わさった、マネースクエアFX(マネースクエア)が独自開発した注文機能。 リピート系発注機能の元祖 としても知られている。

「トラリピ」 は、ユーザーが設定した一定の値幅の中に、新規の指値注文とその注文が約定したときに決済するための指値注文を同時に出すことができる イフダン注文(IFD注文)を等間隔で複数発注し、なおかつ、成立した注文を自動で繰り返し発注してくれる というもの。レンジ相場で威力を発揮しやすい注文方法で、注文画面のガイドに従って操作するだけで設定ができるため、自動売買の未経験者や初心者でも簡単に始められるのが大きな魅力。

また、マネースクエアFXのストラテジストが作成した複数の 売買戦略の中から気に入ったものを選ぶだけで、簡単に自動売買を始めることもできる 。売買戦略ごとに公開されているリスクの度合いや設定来のパフォーマンスも、選ぶときの参考になる。

その他にも、リピート系発注機能が使えるFX口座としては、レンジ相場の水準が切り替わったら、それを自動的に追従してくれるFXブロードネットの 「トラッキングトレード」 、外為オンラインの 「iサイクル2取引」 なども人気。他にも、毎日、指定した時間に成行注文を出し続けてくれる口座もある。

FX自動売買は儲かるの?儲からないと言われている理由を解説!

FX自動売買は儲かるの?儲からないと言われている理由を解説!

トライオートFXの公式トップ

・自動売買は「 儲かる 可能性が高いと言える システムトレード(シストレ)って何
・機械的なので「 仕事や学業があってもOK
・「 専業トレーダーからすれば儲からない 」認識かも?
・まずは「 自動売買に対応している口座を選ぶ

優秀プログラムを選ぶだけ
トライオートFXの公式サイト

FX自動売買(シストレ)とは?

FXの自動売買(EA)とは?

FXで取引を行うには、「取引のロジックを考える」「注文する」「決済する」といった工程がありますが、 あらかじめ 取引のロジックを組み込んでおくことにより注文と決済を自動で行ってくれる のがFXの自動売買です。

メリットは「 知識があまり要らない 」「 時間がない人でもできる 」などがあります。

対してデメリットは「 知識が付かず成長しない 」ことですが、最初は自動売買で動きを学びつつ雰囲気に慣れてきたら本格的に始めるという方もいますので柔軟に活用したいです。

FX自動売買と裁量取引の違い

FXの用語に「裁量取引」というものがあります。よく自動売買と混同しがちなので違いをしっかり押さえておきましょう。 特に「取引コスト」「難易度」などは理解しておきたい ポイントです。

自動売買裁量取引
取引方法 個人が判断する プログラムが機械的に取引
取引コスト
※互いに比較して
安い 高い
稼げる難易度 慣れるまでは難しい 初心者でもコツコツ利益になる可能性はある

FX取引で毎回かかる取引コストに関しては、 システムトレード(シストレ)って何 自動売買はツールによってはスプレッド以外の手数料などが発生する場合も あります。

利益の面で比較すると 自動売買の方が初心者でもコツコツ利益になる可能性は高いと言える でしょう。ですが、FX取引に慣れてくれば自分のマイルールに基づいて裁量取引をする方が利益を出せるという方もいます。

FX初心者は、 慣れるまでは自動売買で雰囲気を掴んだりするのも良い でしょう。
ですがあんまり頼りすぎてしまうと知識など身につかないので成長するには、 余裕のある時に裁量取引もやる ことをお勧めします。

FX自動売買に必要な資金はどのくらい?

FX自動売買の必要資金は?

FXは全体的に資金を大きく用意するイメージがありますが、一体どのくらいの資金で始めるのが良いのでしょうか。当サイトでは 最低10万円〜20万円 の資金用意を推奨します。

自動売買は長期的にトレードすることが特徴ですが、 損失になってる時に資金が足りずロスカットしてしまうかも しれません。( 損失が拡大しないように強制的に保持ポジション清算されること システムトレード(シストレ)って何 )

FX自動売買(シストレ)のメリット

FXの自動売買で儲けるメリット・デメリット

・時間が無くても機械が取引してくれる
・相場に感情を介入させずに取引できる
・一度仕組みを作れば初心者でも稼げる

時間が無くても機械が取引してくれる

FXの自動売買システムは、一度プログラムを設定してしまえば、 仕事中でも機械が取引を行なってくれる ところがメリットです。

いつもであれば取り逃していたチャンスも、 自動売買であればチャンスを逃さず取引してくれるので、機会損失が無い点 もメリットの一つです。

相場に感情を介入させずに取引できる

FXの自動売買で儲けるメリット・デメリット

なぜメリットなのか?というと、相場に感情が入ると 自身の決めた取引ルールを破ってしまったり、プロスペクト理論と言われる損失回避性が強く働く からです。

例えば、確実に貰える80万円とリスクを負わないと貰えない100万円があるとすると、 確実に貰える80万円を選ぶ人が多い のが実際のところです。

裁量トレードでは意識していてもルールを破りプロスペクト理論が影響しますが、 自動売買は機械のように淡々と決められたルール通り取引できる 点がメリットです。

一度仕組みを作れば初心者でも稼げる

FXの自動売買で儲けるメリット・デメリット

最近の自動売買システムは、ストラテジーと言われる 良い成績を出しているトレーダーやプログラムの情報を簡単に真似できる点 が大きなメリットです。

ですが、自動売買であれば 結果が出ている優秀なトレーダーやプログラムの取引方法を選択して設定するだけ で、あなたも同じように稼ぐことが可能です。

FX自動売買(シストレ)のデメリット

FXの自動売買で儲けるメリット・デメリット

・投資知識やスキルが身に付きにくい
・損失が出ることもある
・怪しい自動売買取引ツールもある

投資知識やスキルが身に付きにくい

自動売買のデメリットは、優秀なプログラムが故に 頼り過ぎてしまい、自分自身で考えられなくなってしまう 点が挙げられます。

極論 ワンクリックでポチッとストラテジーを設定するだけで終わり なので、頭を使わないため良くも悪くも楽に稼ぐことができてしまいます。

考えることを辞めてしまうのは自分のためにならないので、 自動売買だとしてもしっかり戦略を練った上で投資する のが良いでしょう。

損失が出ることもある

FXの自動売買で儲けるメリット・デメリット

FXの自動売買は機械が取引を行なってくれるので、全幅の信頼を寄せる方も多いですが、あくまでも 投資なので損失を被り負けることもある点 がデメリットです。

とはいえ、負け続けていては投資の意味がないので、 チャート分析を行なって都度ストラテジーを変えたり、勝率を上げるための試行錯誤 を繰り返すことが大切です。

怪しい自動売買取引ツールもある

FXの自動売買で儲けるメリット・デメリット

最近は YouTubeやTwitterで怪しい高額商材を販売する詐欺師が増えてきた ため、個人が販売している自動売買ツールには注意しましょう。

一方で 大手企業が提供している自動売買ツールは信頼できるものが多い ので、投資を始めるなら安心・安全な企業のサービスを利用することを推奨します。

FX自動売買は儲からない? 儲かる?

FXの自動売買は儲かるのか?

FXの自動売買は本当に儲かるのか疑問を抱く方もいらっしゃるかもしれませんが、結論をお伝えすると、「 FX自動売買は儲かる可能性が高い 」です。

自動売買は一度プログラムを設定してしまえば、あとは機械が売買を繰り返してくれるシステムです。そのため、 FX初心者でも初月から稼ぎ始める可能性は十分 にあります。

とはいえ自動売買は設定した通りに機械的に売買を繰り返してくれる一方で、その 設定の 準備の部分は全て自分で決めなければならず 、ここの部分が最も重要なポイントと言えます。

FX自動売買は危険?詐欺があると聞いているけど…

FX自動売買は「危険かもしれない」とマイナスのイメージを持たれる方が多いかもしれません、その背景には ネット上で立ち回る詐欺師の影 があります。

お金に困っている人や、意識が高い学生をターゲットとしており「 自動売買は楽に何もしなくても稼げる、利用するならお金を払ってくださいね 」という流れであることが多いです。

自動売買は作成者が配布することもできる ※ ので、このような危険な詐欺が数年に渡りずっと流行っています。街中やカフェで話しかけてくることもあるそうなので気をつけましょう。 ※もちろんしっかりしたツールを配布している方もいます。

このような危険を冒さないために、最初であればFXを扱う 証券会社が提供している自動売買ツールを選ぶ ようにしましょう。

FX自動売買で稼ぐコツ

・メジャーな通貨で取引をする
・スプレッドの狭い口座を選ぶ
・キャンペーンを利用して賢く始める

メジャーな通貨で取引をする

FXの自動売買で稼ぐコツ

メジャー通貨は世界中で人気の通貨なので、 流動性が非常に高く取引チャンスが多いマーケット と言えます。

これらの通貨ペアは、 テクニカル分析やファンダメンタルズ分析の効果がある ので、FX初心者はメジャー通貨から取引を慣れましょう。

スプレッドの狭い口座を選ぶ

FXの自動売買で稼ぐコツ

スプレッドとは買値と売値の差額である手数料のことを意味し、 スプレッド(手数料)が狭ければ狭いほど顧客に有利な取引 が行えます。

スプレッドの狭さは取引方法によって良し悪しは分かれますが、 スプレッドが狭いとコストを抑えて取引ができる点では同じ なので、初心者の方は抑えておいてください。

キャンペーンを利用して賢く始める

FXの自動売買で稼ぐコツ

これからFXの自動売買で稼ごうと検討されている方は、 口座開設時のキャンペーンや特典を利用して口座開設 するのも賢い選択と言えるでしょう。

もしも仮にあなたが、 資金不足もしくは「もう少しだけ資金を増やして自動売買を始めたい」 とお考えなら、上手にキャンペーンを利用してみましょう。

FX自動売買が向いている人の特徴

・資金に余裕がある
・自分に適した注文方法で取引をしている
・バックテストを鵜呑みにしない

資金に余裕がある

FXの自動売買で儲けられる人の特徴とは?

FXの自動売買で勝ち続けることができる人は、 資金に余裕がある状態で投資されている 方が多いです。

100万円の資金でFX取引されている人と10万円で取引している人とでは、 資金の多い人の方がリスクを抑えて取引できます。 具体的には1日に2万円の利益を出すのに100万円の資金であれば、数回トレードして稼げますが、10万円の場合は数十回トレードしなければいけません。

このように FXは資金が豊富な人の方が有利に相場で立ち回れます。 冒頭でも触れましたが初心者であれば最低20万円ほどは用意しておきたいところです。

自分に適した注文方法で取引している

FXの自動売買で儲けられる人の特徴とは?

FXの自動売買で結果を残されている方は、自分に最適な注文方法でトレードされている特徴があります。自動売買には冒頭で紹介した、 リピート型・選択型・設定型 があります。

リピート注文型は予め決められた設定を選ぶだけのトレード方法で、 選択型は過去に良い成績を上げたプログラムを選ぶだけ の方法です。

バックテストを鵜呑みにしない

FXの自動売買で儲けられる人の特徴とは?

バックテストとは、自動売買ツールで過去データの検証を行い、 一定期間の勝率の高さなどを把握するためのシミュレーション です。

なので、 バックテストを全て信じるのではなく新しい気づきを得られるツールの一つ として考え、丁寧に検証していくことが勝率を上げる秘訣です。

FX自動売買ならトライオートFX!

トライオートFXの公式トップ

特に高い収益率を誇るプログラムが充実しており、 ストラテジーを選ぶだけで誰でも利益を上げられる可能性が高い ところが嬉しいポイントです。

その他にも、上場グループの安心感、 万が一会社が破綻しても資金が守られる信託保全 があるなど、安心・安全に取引できる環境が整っています。

トライオートFX|口コミ・評判

トライオートFXのキャンペーン

トライオートFXのキャンペーン2022年3月

新規口座開設+取引に応じて最大50,000円プレゼントキャンペーン! 」を実施中!期間は2022年3月1日〜2022年6月30日までとなります。

トライオートFXのキャンペーン達成条件

①2022年3月1日(火)~2022年5月31日(火)システムトレード(シストレ)って何 までに新規で口座開設。
②応募フォームが公式サイトにあるのでエントリーする。
③口座開設月の翌月末までに下記の条件を達成すると最大で50,000円キャッシュバック! システムトレード(シストレ)って何

※口座開設完了は、お申込みから通常1~3営業日程度必要となります。書類不備や本人確認書類の未着等によって口座開設が遅れてキャンペーン対象者となる期間が終了した場合は、キャンペーン対象外となりますので、ご注意ください。
※プレゼント時に既に口座を解約されている、又は口座残高が0円のお客様につきましてもキャンペーンの対象外となります。
※本キャンペーンは予告なく変更・終了することがあります。
※トライオートFXにおけるポイントサイト・セルフバック経由でお申込みされた場合は、本キャンペーンの対象外となります。
※以前に「トライオートFX」の口座を開設されたことのあるお客様は、本キャンペーンの対象外とさせていただきます。

トライオートFX|手数料やスプレッド

通貨ペア数 17通貨ペア
最小取引通貨単位 1,000通貨単位
※南アフリカランド/円は10,000通貨単位
スプレッド
原則固定、例外あり
時間帯:月曜~金曜の午前9時~翌午前5時
1銭=0.01円、1pips=0.0001外貨
米ドル/円:0.3銭
ユーロ/円:0.5銭
英ポンド/円:1.システムトレード(シストレ)って何 0銭
豪ドル/円:0.6銭
スイスフラン/円:2.0銭
カナダドル/円:1.9銭
NZドル/円:1.7銭
南ア・ランド/円:1.8銭
ユーロ/米ドル:0.3pips
英ポンド/米ドル:1.システムトレード(シストレ)って何 4pips
豪ドル/米ドル:1.4pips
米ドル/スイスフラン:2.0pips
NZドル/米ドル:2.0pips
ユーロ/豪ドル:2.0pips
ユーロ/英ポンド:1.9pips
豪ドル/NZドル:5.8pips
スワップポイント
※2022年更新時点、10,システムトレード(シストレ)って何 000通貨あたり
米ドル/円:買19 売-36
ユーロ/円:買-30 売7
英ポンド/円:買30 売-55
豪ドル/円:買2 売-56
スイスフラン/円:買-45 売5
カナダドル/円:買5 売-34
NZドル/円:買15 売-66
南ア・ランド/円:買9 売-19
レバレッジ 25倍
※法人口座は異なる
各種手数料 1万通貨未満:新規2.0pips 決済2.0pips
1万通貨以上10万通貨未満:新規1.0pips 決済1.0pips
取引可能時間 米国標準時間:月曜日 AM7:00~土曜日 AM6:00
米国夏時間:月曜日 AM7:00~土曜日 AM5:00
出典 インヴァスト証券公式

FX自動売買で覚えておきたい用語

プロフィットファクター(PF)

「総利益÷総損失」の比率のことを指します。これが1以上になれば利益が損失を上回っているという見方になるため、 この自動売買はどうなのだろうか、などと評価する時に用いる のが特徴です。

バックテスト

プロフィットファクターをはじめとして、 様々な観点から自動売買を評価すること を「バックテスト」と呼びます。過去のチャートを利用して行うので「あくまで参考程度」という見方になります。

フォワードテスト

過去のチャートに対して、 実際に自動売買を動かしてみて得られるデータから評価すること を「フォワードテスト」と呼びます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる