インサイダー取引

バイナリー オプション ヒゲ 攻略

バイナリー オプション ヒゲ 攻略
この記事を書いた人

バイナリーオプション - ローソク足表示による攻略法を完全網羅!

ローソクのイメージ

赤三平 ・・・同じ様な陽線が3本出現した場合、上昇トレンドの始まりとなる傾向が強い。
下位の陽線五本 ・・・同じ様な陰線が5本出現した場合、更なる上昇が期待できる。
三羽ガラス バイナリー オプション ヒゲ 攻略 ・・・同じ様な陰線が3本出現した場合、下降トレンドの始まりとなる傾向が強い。
包み線 ・・・1本前のローソク足を包んだような線。トレンドの転換点となる傾向が強い。
寄り引け同時線 ・・・始値と終値が同じ価格の場合、トレンドの転換点となる傾向が強い。
最後の抱き陰線 ・・・下降相場の途中で小陽線を大陰線が抱いたもの。この後上昇する傾向が強い。

ローソク足チャート完備、ペイアウト率2.0倍トレード200!

シンプルでデモもあるまずは使って感じるザオプション

▼ザオプション(theoption)▼

テクニカルチャートを使ってより詳しくローソク足チャートを見てみよう

上記でも少し触れていましたが、 全ての業者にローソク足チャートがあるわけではありません。 それでも利用出来る戦略なのには、ちゃんとした理由があります。

ローソク足だけを使った攻略法の検証結果

ローソク足チャート表示

ローソク足チャートでトレンド予想する方法を覚えよう!1

最初に出たのは 「三羽烏」 です。これは バイナリー オプション ヒゲ 攻略 「下降トレンドとなる可能性が出る」 という事なので、LOWでポジションを取ってみると、取引は成功しました。可能性は結構高めではないかと思うのですが、なかなかその通りの形のローソク足は出ないのでしっかりと待って取引をするのが良さそうです。

ローソク足チャートでトレンド予想する方法を覚えよう!2

次は、 「最後の抱き陰線っぽいローソク」 です。これは反転して 「上昇トレンドになる可能性が示唆」 されているのでHIGHでポジションを取ると見事に成功。ですが、 実際に練習をしてみるとわかるのですが、始値と終値の値は毎回違うので、断定するのは難しい です。きっちりとこれが出た!というのは非常に難しいとは思いますので、 デモを利用して練習してみる事をおすすめ します。

ローソク足チャートが表示される業者じゃなくても利用価値はある!

ローソク足チャートは他の業者は、非常にシンプルで、チャートの動きとローソク足チャートの動きも一致するので戦略を導入しやすいのは事実です。例えば トレード200 や ソニックオプション などはローソク足チャートがある業者です。

この記事を書いた人

海外のバイナリーオプション講座。|リスクとトラブル防止のポイント。

バイナリーオプションの取引には様々なタイプの取引があります。たった60秒で結果が出る短期の取引や、数十分かかる取引もあります。基本的には短期集中型の投資で、株やFXなどのような長期型の投資とは少し投資のタイプが違います。
長期的なトレンドの傾向を見ることももちろん重要にはなってくるのですが、バイナリーオプションは 購入をする直前の値動きを見ることの方が重要 だと言えるでしょう。
例えば、円安が長期的に続いていたとしましょう。この長期的な動きを1日、半日、1時間、30分という細かい時間帯で分けて考えてみましょう。そうすると、ある一部分の時間帯では一時的に円高になっている局面もあるということが見えます。
月足や、週足という長期的なトレンドを探る中で、30分足、5分足という短期的な値動きを見て直前の値動きもしっかりと掴むことができると言えるでしょう。

ローソク足の見方。

ローソク足のどこをどう見ればよいのか?
まず1番重要なのが、 「陽線」「陰線」 です。

その日もしくはその期間に始まった株価(始値)よりも、終わった株価(終値)が高かった場合は 陽線 となります。そしてその逆で、その日もしくはその期間に始まった株価(始値)よりも終わった株価(終値)が安かった場合は 陰線 となります。

陽線

【陽線】 バイナリー オプション ヒゲ 攻略

陽線

【陰線】

ここでは簡単な説明をしています。株価が騰がったのか下がったのか、どっちの棒状で示しているのかだけわかれば良いと思います。
ちなみに、ローソク足の上下に飛び出ている線のことを 「ヒゲ」 と呼びます。ヒゲは始値や終値と高値や安値が違う株価の場合に発生します。

ローソク足のヒゲ

ローソク足は「投資家の心理」を教えてくれる

つまり、 『ヒゲは、投資家の心の動揺や、あせりによる株価の動き』 をあらわしているのです。

投資家の「心の同様やあせりによる株価の動き」をあらわす「ヒゲ」と、投資家が「悩んだ末最終的に辿り着いた結果」をあらわす「胴体」

ローソク足のヒゲと胴体

以下に、代表的なローソク足の形をいくつか挙げます。あくまで代表的な例ですが、 「こういうローソク足の形が出た時は、投資家がこのような心理状態にあった」 ということがわかってくるようになるでしょう。

ローソク足の基本形

呼び方意味
1.大陽線大陽線大きく上昇。これは引け前に出て来る売りを買い続けて上昇しているので、更に上昇する確率が高くなります。特に、相場の初期に出た場合には上昇の確率が高いです。
2.大陰線大陰線大きく下げている。天井圏で大陰線が出た場合、大天井の確認が出来る典型的パターンです。
3.小陽線(悩み気味)小陽線上昇したけれど、動きは小さい。あまり投資判断の参考にはならない形です。
4.小陰線(悩み気味)小陰線下落したが、動きは小さい。こちらもあまり投資判断には参考にはなりません。
5.索引同時線(方向転換の可能性)索引同時線動いたけれど、結局終値は始値と同じ。投資家に迷いが生じている証拠です。これをきっかけに相場が反転することが多いです。
6.下ヒゲ陽線下ヒゲ陽線一時、大きく下げましたが、大きく戻して終値は始値を上回る。高い価格で終値が付いている時に出た場合は上昇する可能性があります。
7.下ヒゲ陰線下ヒゲ陰線終値は始値より安かったけれど、大きな下げからだいぶ戻した。そろそろ相場が反転する可能性があります。
8.上ヒゲ陽線上ヒゲ陽線終値は始値より高かったけれど、高値からだいぶ押された。そろそろ上昇が一服する可能性があります。
9.上ヒゲ陰線上ヒゲ陰線一時は大きく上げたけれど、大きく下がって終値は始値を下回る。下降に転じる可能性があります。

本体の長いローソク足は 大陽線(だいようせん)大陰線(だいいんせん) と呼ばれます。いくら以上の長さならば「大」がつくという明確な基準はなく、そのほかのローソク足と比べてどうかによります。つまり、本体の長さは、いつもと比べてどのくらい勢いが強いのかを把握するうえで役立つわけです。
また、陽・陰の区別に加えて、ローソク足では高値と安値をヒゲで示しているという点も大いに注目できます。このヒゲによって、その陽線・陰線ができるまでのプロセスも想像することができます。

  1. "ローソク足"を見れば、始値、終値、高値、安値の「株価」が一目で理解できる。
  2. "ローソク足"は、投資家の心理を教えてくれる。
  3. "ローソク足の胴体"は投資家の冷静な判断に基づいた株価の動きをあらわす。
  4. "ローソク足のヒゲ"は、投資家の心の動揺や、あせりによる株価の動きをあらわす。

初心者の方にお勧めのバイナリーオプション会社

BINARY60(バイナリー60)
海外のバイナリーオプションなので規制前の単純なHIGH&LOWが出来る。メールアドレスだけで1分後には開始できる。出金確認済みの優良サイトです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる