プロが徹底解説

暗号資産IOST(アイオーエスティー)とは

暗号資産IOST(アイオーエスティー)とは
仮想通貨 2021年12月20日 13:35

IOST(アイオーエスティー)の将来価格は120倍?特徴や買い方

アイオーエスティー(IOST)の買い方を解説

引用元:IOST HP

IOSTの創設者は?

IOSTは中国出身のJimmy Zhong氏を中心として、2017年に立ち上げられたプロジェクトです

IOST(アイオーエスティー)の特徴や将来性

ネットワークの作業速度の高速化とセキュリティ強化

IOSTはネットワークの作業速度や手数料の問題を解決するため、効率分散型シャーディング(Efficient Distributed Sharding)と呼ばれる技術を用いています。

IOSTは効率分散型シャーディングの採用によって、 システム作業の高速化とあわせてセキュリティの強化の両面を実現しています。

効率分散型シャーディング(Efficient Distributed Sharding)とは 処理にかかる時間や手数料を削減することを目的としています。

IOSTはイーサリアムの500倍以上の処理速度

IOSTの特徴や将来性(ネットワークの作業速度の高速化とセキュリティ強化)

  • イーサリアム(ETH)の500倍以上の処理速度
  • IOSTは1秒で8,000件の処理が可能(イーサリアムは1秒で15件の処理)

簡単なプログラミング言語(JavaScript)で開発可能

IOSTの特徴や将来性(メジャーなJavaScriptに対応)

IOSTのスマートコントラクトの プログラミング言語が世界的にメジャーなJavaScriptであることも、メリットの1つ と言えるでしょう。

多くの人が使えるJavaScriptなので、多くのエンジニアが開発に参入でき、IOSTの活用が拡大していくことが予想されます。

エアドロップによる相場への影響

出典:coinmarketcap

出典:coinmarketcap

DeFi(分散型金融)領域への取り組み

IOSTはDeFi用のブロックチェーンを構築しているBidao、分散型オラクルサービスを提供するChainlinkとの提携、さらにはDeFiプロジェクトを促進するための100万ドル相当のファンド「Noah Oracle Fund」の設立など、着実にDeFi分野への進出をすすめています。

今後、暗号資産市場のトレンドであるDeFi領域への積極的な取り組みが評価されれば、IOSTの評価も上がることが予測されます。

暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapanに新規上場

2021年9月15日、国内の暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapanで IOSTの取扱が開始されました。コインチェック(Coincheck)に続き国内の取引所で2例目の上場です。

国内初!OKCoinJapanでIOST「ステーキング」サービス

IOSTのステーキングサービスは国内初です。

IOSTとポルカドット提携、相互運用性を向上!

IOST(アイオーエスティー)は時価総額ランキング上位のポルカドット(Polkadot)と提携 しています。

IOSTとポルカドットの提携による相互メリット

ポルカドットの提携で得られるメリット

IOSTとポルカドットの提携は、両者の爆発的なユーザーの成長の先駆けとなり、価格の上昇に繋がると考えます。

IOSTクロスチェーンDeFi機能の向上

出典:IOSTホームページ《DeFiマップ》

IOSTの開発プロセス ミニマリズム:クロスチェーン転送ブリッジには、ミニマルで基本的ですが信頼性の高い機能が含まれています。
シンプルさ:余分な複雑さは追加されません。
普遍主義:追加の要件、制約、制限はありません。
安定性:IOSTは最も安定したベースレイヤーを提供し、潜在的な攻撃を防止および削減します。

IOSTの活用事例(企業、大学などと連携)

IOSTの活用事例(企業、大学などと連携)

IOSTはクレジットカードと同等の処理能力があると言われており、将来的にはその技術を金融だけでなく医療など、さまざまなサービスに活用されており、今後さらに活用が進むことで価格上昇も期待できます。

IOSTの国内での提携、活用事例 ・【ゲーム】IOSTがNFTゲームを運営する「Zodium」との提携を発表
・【医療】プラクスと協定し、精密医療や患者ケアに関するデータ管理の研究開発(参照)
・【インフラ】「ブロックチェーン」を用いた電力取引システムの共同実験へ(参照)
・【教育】近畿大学とパブリックブロックチェーン・プラットフォームの研究開発勉強会を実施(参照)
・【農産物】IOSTと韓国のBloceryと提携、アグリカルチャーの流通革命

【その他】
・総合格闘技連盟 RIZIN が提供するスポーツ NFT に IOST ブロックチェーンを採用(参照)
・クリエイターが作成しNFT化されたデジタル・アート・コミックの販売(参照)

IOSTがNFTゲームを運営する「Zodium」との提携を発表(2021年9月14日)

IOST財団は2021年9月14日、 ゲームをプレイすることでお金を稼ぐことが出来る「Play-to-Earn(P2E)」プロジェクトで、NFTゲームを運営する「Zodium」との提携を発表 しました。

ゲーム『CROSSLINK(クロスリンク)』でIOSTブロックチェーン活用

IOSTブロックチェーン技術を活用したゲーム開発・コンサルティングを行う、株式会社プラチナエッグ(代表:竹村也哉、本社:東京都文京区本郷)が、 IOSTパブリックチェーンのトークン規格のひとつである IRC-722 を使ったNFT(非代替性トークン)マーケットプレイス“TOKEN LINK (トークンリンク) ベータ版“のサービスを開始 しました。

ゲーム分野でのIOST活用

プラチナエッグが提供するGPS連動戦略ゲーム“CROSSLINK クロスリンク“は、 2020年9月のリリース以来、 ダウンロード数14万を超えています。 現実と仮想の連動した世界の中で、 暗号資産IOST(アイオーエスティー)とは ユーザーはヒーローになり地球外生命体と戦いながら、 活動の貢献度によって報酬を獲得できます。 GPSを連動させて、 仮想世界の中でゲームヒーローが行動を判断して戦いながら目的地に向かわせることもできます。

GPS連動戦略ゲーム“CROSSLINK クロスリンク“でIOSTトークンでゲーム内アクセサリの購入が可能になりました。 また仮想世界の土地も同じ様にNFT化によって売買することができます。

プラクスと協定し、精密医療や患者ケアに関するデータ管理の研究開発

出典:株式会社エバーシステムより

エバーシステム株式会社とは ・ブロックチェーン技術を活用した電力取引と医療データの実証実験、 エンターテイメント・アプリケーションの開発実績。IOSTプラットフォームでの開発を行う。
・エバーシステム株式会社はプラクス株式会社(大学発ヘルステックベンチャー)と、パブリックチェーンを使った、ユーザー(患者)個人の疾患や健康に関する、第三者が信頼できる情報をユーザー(患者)自身が持てるアプリケーション開発を進行中

ブロックチェーン技術を医療に生かすメリットとしては非中央集権的なシステムを活用することで、高い透明性と改竄耐性といった恩恵を受けることができ、かつ病院側は情報管理に関するコストを大幅に削減できるということがありますが、一方で新しい技術ということもあって導入には様々な課題がありました。本プロジェクトをきっかけに医療分野へのブロックチェーン活用を進めて行ければと思います。

プラクス医療チームからのコメント

「ブロックチェーン」を用いた電力取引システムの共同実験へ

elDesign(エルデザイン)株式会社は、グループ会社の森のエネルギー株式会社、富士見町、エバーシステム株式会社、IOST/IOS財団とともに、 ブロックチェーン技術を活用した電力取引システムの実証実験を、2020年2月より長野県富士見町エリアにて開始 しています。

近年、太陽光発電や風力発電といった分散型電源の導入が拡大しており、従来の仕組みに捉われない、新たな電力取引システムが必要とされています。システムを支える技術として、 ブロックチェーンへの期待 が高まっています。

教育分野での活用、貢献

2020年までの2年間で、 8つの大学と専門学校、 300名以上の学生たちにブロックチェーン技術の理解と可能性についてのワークショップを無償で行っています。その中でブロックチェーン技術とゲームについては、 学生たちにとっても興味をそそる話題になっています。

IOSTと韓国のBloceryと提携、アグリカルチャーの流通革命

Bloceryとは ・Bloceryの親会社EzFarmは、売上高1,000万ドル以上(10億円以上)の、アグリカルチャー・スタートアップ企業
・EzFarmは農業とIT技術を融合させた企業で、スマートファーム、農場の生産管理、アグリカルチャーの直販・流通などのプラットフォームサービスを提供
・EzFarmではブロックチェーン分野の特許を持つ一流のチームもあり

IOSTとBloceryのパートナーシップ

BloceryはIOSTとの連携により、 IOSTの海外ネットワークを活用したグローバルプロジェクトへの成長を目指しています。

IOST、OKCoinJapanと提携 メタバース展開を加速

メタバースなどを積極的に展開へ

今後の価格予想、将来性100円、1000円、10000円になる?

出典:coinmarketcap
期間:2020年1月〜9月

IOSTはコインチェック(Coincheck)が取り扱いを始めたことで2020年9月に国内初上場を果たした暗号資産です。コインチェックで2020年9月の取り扱いが始まってから、他の取引所への上場にも注目が集まっていました。

2021年9月3日、国内暗号資産取引所のOKCoinJapanがIOSTの取り扱いを発表しました。その影響を受け、2021年9月1日に4.82円をつけていたIOSTが9月9日には8.79円まで値上がりしました。

OKCoinJapanはIOSTの板取引ができる国内初の取引所として注目を集めています。

暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapanは⽇本時間2021年9⽉30⽇(⽊)17時 時点のIOST(アイオーエスティー)保有者に対して、「Donnie Finance」のプラットフォームで使用されるガバナンストークン『DON』をエアドロップ(無料配布)が実施されました。

2030年には237.68円の見込み「cryptocurrency price prediction」の予想価格

暗号資産の価格予想サイト「cryptocurrency price prediction」は、2025年にはIOSTの価格が84.34円(0.77ドル)、2030年には237.68円(2.17ドル)を超えると予想しています。

現在価格を5円と仮定すると約50倍の価格となります。

価格予想のため、237.68円(2.17ドル)に到達しないこともあり得ますし、2022年の早々に達成している可能性もあります。10万円を投資して50倍の価格となると500万円。夢が広がる数字ですね。

cryptocurrency price prediction の価格予想 2022年の価格予想(最高価格)・・・ 23.00円(0.21ドル)
2025年の価格予想(最高価格)・・・ 84.34円(0.77ドル)
2030年の価格予想(最高価格)・・・ 237.68円(2.17ドル)

暗号資産(仮想通貨)取引所口座を開設する方法

  1. メールアドレスとパスワードの設定
  2. 重要事項の確認と承諾
  3. SMS認証(電話番号の認証)
  4. 本人確認書類の提出

IOST(アイオーエスティー)の購入方法・買い方

  1. 暗号資産/仮想通貨取引所で口座開設(無料)をする
  2. 暗号資産/仮想通貨取引所に日本円を入金する
  3. 暗号資産/仮想通貨取引所でIOST(アイオーエスティー)を購入する

IOSTは処理速度が速く、クレジットカードと同等の処理能力があると言われており、将来的にはその技術を金融だけでなく医療など、さまざまなサービスに活用されており、今後さらに活用が進むことで価格上昇も期待できます。

IOST(アイオーエスティー)を購入できる取引所はコインチェック(Coincheck)、OKCoinJapanの国内では2社のみです。

また、NFT分野でもRIZINや楽天(Rakuten)、LINE、Jリーグ、メルカリなど国内でも様々な分野でNFTが活用されようとしています。

NFTを活用した新しいお金の流れ(未来予想) 暗号資産IOST(アイオーエスティー)とは ・ゲームキャラの販売
・リアル商品の証明書
・デジタル会員券の1日限定貸出し
・本がメルカリやヤフーオークションで落札された場合も著者に印税

【2025年予想】5年後の仮想通貨はどうなっているのか?ニュースなどからビットコイン、イーサリアム、リップルの価格考察を2050年までまとめ

イーサリアムの将来性はありますかね?今から買っても間に合うでしょうか。 「ビットコインを超える」という予想もあるほどだから、気になる仮想通貨だよね。 イーサリアムは上昇傾向が続いており、多くの人々の注目を集めています。「ビットコインよりもイーサリアムが気になるけど、購入を決めかねている」という方も多.

2022年: 50 暗号資産IOST(アイオーエスティー)とは 万を超える見方

海外の価格予想サイト「 CryptoNewsZ 」では、イーサリアムは 2022 年の年末までに 4,暗号資産IOST(アイオーエスティー)とは 000ドル(約51万円台)を超える 可能性があると指摘しています。

イーサリアム 2.0 のアップデートは段階的にリリースされており、 2022 年の後半には「The Merge」のアップデートが控えています

アルゴリズムが PoS へと移行することで環境負荷が減るため、各プロジェクトによるイーサリアムプラットフォーム導入が加速するかもしれません。

【2025年予想】5年後の仮想通貨はどうなっているのか?ニュースなどからビットコイン、イーサリアム、リップルの価格考察を2050年までまとめ

2023年: 57 万円に到達する見込み

CryptoNewsZ によると、イーサリアムの価格は 2023 年までに 4,500ドル(約57万円台)に達する と予測されています。

2023年には「 暗号資産IOST(アイオーエスティー)とは The Surge 」アップデートが予定されており、シャーディングが実装予定です。シャーディング技術によって処理速度が大幅に向上し、処理の遅延や手数料高騰などの問題が改善されると考えられています。

2024年: 61 万円台を推移

CryptoNewsZ では、イーサリアムは 2024 年に 4,800ドル(約61万円台)に到達する と予想しています。

2025年:多くのパートナーシップ統合が期待され 70 万円へ到達する見方

海外の価格予想サイト「 Uptobrain 」では、イーサリアムは 2025 年に 約6,160ドル(約78万円台)に到達する と指摘しています。

2025年の年末までに、ほとんどの Dapps がイーサリアムプラットフォームに展開され、毎日使用されていくと考えられています。

2026年: 90 万円に到達する見通し

Uptobrain では、 2026 年のイーサリアム価格は 7,116ドル(約91万円台)に達する と予想しています。

5年後〜に伸びると予想されることが多い仮想通貨を取引できる取引所

取引所

【2025年予想】5年後の仮想通貨はどうなっているのか?ニュースなどからビットコイン、イーサリアム、リップルの価格考察を2050年までまとめ

ビットコイン


現時点で投資対象の1つとして保有しておくことで今後上昇した際に大きな利益を得られることが期待
できますね。ビットコインの取引所としては Coincheck がおすすめです。

イーサリアム

時価総額も拡大を続けており、ビットコインを除く仮想通貨の中では時価総額第一位となっています。イーサリアムではスマートコントラクトと呼ばれるシステムを採用している点に注目です。

イーサリアムの取引所も、 Coincheck が一番おすすめです。 Coincheck は手数料が安く、少額投資が気軽にできる点が嬉しいですね!

【2025年予想】5年後の仮想通貨はどうなっているのか?ニュースなどからビットコイン、イーサリアム、リップルの価格考察を2050年までまとめ

XRP(リップル)


XRPの良い点は時価総額が高いだけでなく、国際送金を簡単に行える点
です。従来、国際送金は手数料も高く、送金確認まで時間もかかるといったデメリットがありました。

【2025年予想】5年後の仮想通貨はどうなっているのか?ニュースなどからビットコイン、イーサリアム、リップルの価格考察を2050年までまとめ

IOSTは DeFi関連銘柄として人気の高い仮想通貨 です。次世代のコンセンサスアルゴリズムであるProof of Believabilityを採用したことにより、高速処理と非中央集権性を実現しました。

2021年入ってから価格が上昇したことで、IOSTに注目する投資家も多いでしょう。

最近上昇幅の大きい注目の仮想通貨だよね! IOSTは次世代の次世代のコンセンサスアルゴリズムを基盤としている仮想通貨で、近年かなり注目が集まっています。 また、IOSTはスマートコントラクト(ブロックチェーン上で契約を自動的に実行する仕組み)暗号資産IOST(アイオーエスティー)とは を利用したdApps(ブロックチェーンを用いたサービスやゲ.

ポルカドット (Polkadot ・ DOT)

ポルカドット( DOT )は 4 か月で約 10 倍まで上昇した経験を持つ仮想通貨です。

分散型(非中央集権型)のインターネットを目指す「 Web3.0 」の実現を掲げており、今後のWeb3.0関連銘柄の上昇とともに伸びが期待できます

ポルカドットの購入におすすめの取引所は、セキュリティの高さで知られる bitFlyer です。 1 円からポルカドットを購入できる手軽さが特徴で、ポルカドットの自動積立にも対応しています。

【2025年予想】5年後の仮想通貨はどうなっているのか?ニュースなどからビットコイン、イーサリアム、リップルの価格考察を2050年までまとめ

エンジンコイン (ENJ)

エンジンコインはオンラインゲームのプラットフォーム「 Enjin 暗号資産IOST(アイオーエスティー)とは Platform 」で利用されている仮想通貨です。ゲームやアートなどの NFT の発行が簡単にできるため、人気の NFT 銘柄の 1 つとして注目を集めています。

2021年 10 月には、前月比95%の爆上げを記録しました

エンジンコインの購入におすすめの取引所は Coincheck です。アプリダウンロード数 No.1 を誇る取引所で、ユーザー数が多いため安心して利用できます。

また、 Coincheck NFT( β版 ) では The Sandbox などのゲームアセットを取引できるため、今後エンジンコインの NFT が扱われる可能性にも期待できます。

【2025年予想】5年後の仮想通貨はどうなっているのか?ニュースなどからビットコイン、イーサリアム、リップルの価格考察を2050年までまとめ

仮想通貨全体は5年後の2025年〜2030年にどうなっていると考えられているのか?

仮想通貨は国内に限らず世界中で取り扱われているため、国内の政策で時価総額を一定にすることも難しく、当面今後は投機対象商品といった位置づけで良いとされています。

【2025年予想】5年後の仮想通貨はどうなっているのか?ニュースなどからビットコイン、イーサリアム、リップルの価格考察を2050年までまとめ

仮想通貨の価値が暴落する未来と要因について

  • 中国でのさらなる仮想通貨の法規制・経済指標の低迷
  • 世界的な仮想通貨取引を制限する枠組みの策定
  • マイニングによる環境問題の露呈
  • 投機的商品に終止すること
  • アルトコインの暴落による仮想通貨市場全体の信頼性の低下
  • ロシア・ウクライナ戦争によるディグローバリゼーション ( 反グローバル化 ) の影響

【2025年予想】5年後の仮想通貨はどうなっているのか?ニュースなどからビットコイン、イーサリアム、リップルの価格考察を2050年までまとめ

中国でのさらなる仮想通貨の法規制・経済指標の低迷

中国で仮想通貨の法規制が行われたことで、 2017年9月と2021年5月に仮想通貨の価格が暴落 しました。

2021年9月24日には中国人民銀行が仮想通貨の関連事業を全面禁止にすると発表しています。このときにもビットコインの価格が急落しており、今後も中国政府が仮想通貨に関するさらなる規制を行えば価格が暴落する可能性があるでしょう。

また、2022年 5 月には中国指標における経済の減速が示され、株式市場や仮想通貨市場の急落を招く一因となりました。

世界的な仮想通貨取引を制限する枠組みの策定

仮想通貨に投資を行ううえで動向を確認しておきたいのが、 世界的な仮想通貨取引を制限する枠組みが策定されるかどうか です。

実際にアメリカでも1.5兆ドル規模の仮想通貨市場に関する規制を協議しています。米証証券取引委員会は「株式と同様の投資家保護が必要である」と考えているため、規制の対象は個人投資家となる可能性もあるでしょう。

マイニングによる環境問題の露呈

米テスラ社CEOのイーロン・マスク氏が言及したように、ビットコインのマイニングは電力の消費量が多く問題となっています。特に中国で行われていたマイニングでは電力を化石燃料からまかなっており、環境に優しくないと言われていました。

投機的商品に終止すること

ビットコインを始めとする仮想通貨は投機的な商品として認識されています。しかし 仮想通貨が投機以外の目的で成長できないようであれば 、将来的に価格が暴落する可能性も十分にあるでしょう。

仮想通貨には決済手段や国際送金の簡略化を目的として開発された銘柄も多く、社会での普及に向けてさまざまなプロジェクトが進行中です。仮想通貨を利用したサービスが世界中に普及すれば、暴落は避けられるかもしれません。

アルトコインの暴落による仮想通貨市場全体の信頼性の低下

2022年 5 月にはステーブルコインの UST 暴落を発端に、あらゆる仮想通貨が急落しました。 UST 発行元プロジェクトのテラ( LUNA )は、1日で約95%の歴史的暴落を記録しています。

USTと LUNA の崩壊によって仮想通貨市場全体の信頼性が低下し、仮想通貨市場から多くの資金が引き上げられました。

その結果、ビットコインは前年度の安値を割り込み、アルトコインは 10 %~ 暗号資産IOST(アイオーエスティー)とは 20 %前後の大幅下落に見舞われました。

ロシア・ウクライナ戦争によるディグローバリゼーション ( 反グローバル化 ) の影響

他の国への依存を見つめ直す動きが進む中、ビットコインに金(ゴールド)のような資産価値が見出され、インフレヘッジとしての役割を果たすかどうかに注目が集まっています。

5年後〜10年後の仮想通貨考察まとめ

仮想通貨は今後も拡大を続けると予測している方も多く、どの銘柄に投資するかといった判断ができれば大きな利益を上げられる可能性はあります。

  • ビットコインは1,500〜1,900万円まで価値が上がり続けるとの予想がある。
  • イーサリアムは上昇しつつ50万前後を推移する。また、リップルは5年後注目度No.1
  • 5年後も上昇が期待できる仮想通貨投資をするなら、Coincheckは登録しておくべき。

【2025年予想】5年後の仮想通貨はどうなっているのか?ニュースなどからビットコイン、イーサリアム、リップルの価格考察を2050年までまとめ

柴沼 直美

 絶対に儲かると言い切れる投資商品はないけど、ビットコインの将来性に期待する人が多いのは事実だよ。 億り人と呼ばれる多くの成功者を出したビットコインですが、「今から始めても遅いかも…」と考える方もいるかもしれません。 今回は、ビットコインが今からでも儲かると言われる理由と、ビットコイン投資を始める.

 アルトコインは多すぎてどれが良いのかわかりません。 まずは注目されている8つの銘柄から知っていくのがおすすめだよ。 アルトコインは、ビットコイン以外の仮想通貨を表しています。将来性が高く注目されている銘柄に投資すれば、大きな利益を上げられる可能性もあるでしょう。 本記事ではアルトコインへの投資を.

仮想通貨って難しいですか?挑戦してみたいけどなかなか勇気が出なくて……。 ハードルが少し高いけど、取引の仕組みが分かれば簡単に始められるよ! 仮想通貨はその価格が上昇するたびに日本でも大きな話題となっています。仮想通貨の中でも有名なビットコインから始めてみたいけれど、どうすればよいのかわからない方も.

アルトコインへの投資も始めたいけれど、どこの取引所を利用するのが良いですか? 購入したい銘柄の取り扱いがあるのかと、手数料やスプレッドにも注目して選ぶのがおすすめだよ。 多くの取引所でアルトコインが取り扱われていますが、取引所ごとに購入できる銘柄が異なります。取引所よって購入にかかる費用や取引方法に.

当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。 お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。また『お金の知恵袋』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。海外サービスは日本居住者を対象としておらず『お金の知恵袋』は利用を推奨しておりません。

フォビジャパン「IOST(アイオーエスティー)」の取扱い開始に関するお知らせ


IOST(アイオーエスティー)は、Internet 暗号資産IOST(アイオーエスティー)とは of Services Foundationにより発行された独自の暗号資産であり、IOSTプラットフォーム上で使用される基軸通貨です。 独自コンセンサスアルゴリズムのProof of Believability(PoB)により、公平且つ高速なスケーラビリティ(処理能力)の実現を目指しています。また既にIOSTのブロックチェーン技術を活用し、精密医療や患者ケアのデータを管理するブロックチェーンテクノロジーの研究開発などが行われています。


商号:フォビジャパン株式会社
暗号資産交換業 関東財務局長 第00007号
第一種金融商品取引業 関東財務局長(金商) 第3295号


暗号資産は、円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
暗号資産は、対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。
暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落したり、突然無価値になってしまったりと、損失を被る可能性があります。
暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。当社は登録済みの暗号資産交換業者です。
暗号資産の取引を行う場合、当社から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。


レバレッジ取引は、証拠金として預け入れた資金よりも大きな金額の取引が可能なため、投資効率が良く資金に対して大きな利益が見込める一方、レバレッジ取引の指標(暗号資産の価格)の変動により多額の損失を被る可能性もあり、証拠金以上の損失が発生する場合があります。
レバレッジ取引は、買値(ASK)と売値(BID)のスプレッド(価格差)があり、相場急変時や著しく流動性が低下した際等は、スプレッド(価格差)が広がることや、注文受付を中断する等により、意図した取引ができない可能性があります。
発注時に取引画面に表示されている価格と、実際に約定した価格との間に差(スリッページ)が生じる場合があります。お客様がご利用の端末と当社取引システム間の通信環境及び、相場の急変等によりお客様の注文受領後の当社システムにおける約定処理に時間を要することで発生し、お客様にとって有利又は不利に働く場合があります。
取引にあたりポジション管理費が発生する可能性があります。

IOST(アイオーエスティー)の最近のチャートと仮想通貨バブルの今後

まずは一番説得力のある要因の一つだが、先週、運営が告知していた大型発表がそれだ。
米ドルペッグのステーブルコイン「HUSD」のサポート計画にIOSTが参画し、パブリックチェーン初のバッチとなることを発表した。
さらにIOST保有者には、トータル3万5000ドル(日本円にして約360万円)相当のHUSDをエアドロップする計画を発表したため、これらがIOSTの高騰に大きなインパクトを与えたのは間違いない。

CM効果で日本人の買いが殺到!?

IOSTは2020年の9月8日に日本最大手の仮想通貨取引所であるCoincheckで取扱がされることになり、日本初上陸を果たしたわけだが、そもそも海外の取引所に比べて元々取り扱っているコインが少ない中で、Coincheckが鳴り物入りでラインナップに投入したIOSTは話題性があり、そしてとにかく価格が安かった。
そこに件のCMがスタートし、今まで眠っていた一般投資家の目にも触れることになると、まさにそのCMがきっかけだったかのうような上昇を見せた。
ポテンシャルの割に元々価格が安く、CM効果もあり、日本人の買いが殺到した。この説も十分に説得力があると考えられる。

様々な要因が重なり、ポテンシャルを発揮

他にも様々な要因が考えられている。
1月6日、HyperPayがIOSTの流動性マイニングを開始したことを発表した。
さらに、IOSTの基盤技術を搭載したDream Monster「ドリームモンスター」という2Dゲームがローンチされ、話題となっており、こちらも高騰した要因ではないかと言われている。
また、IOSTのノードである「IOST.BEST」が同ノードへの投票者に対し、報酬を2倍で還元するキャンペーンを張ったことにより、ノード間の投票権獲得競争に関わる動きも見られた。
IOST保有者は、1トークンにつき1票の投票券を有しており、登録ノードやパートナーノード、公式ノードへの投票を通じて、間接的にブロック生成プロセスに参加し、報酬の一部を獲得する機会を得ることができるのだ。

さあ、どこまで続く?ビットコインの快進撃

CNNによると、 ビットコインを保存したハードディスクドライブを誤って捨ててしまった英国の男性が、地元自治体に対し、ごみ埋立地の発掘を許可してくれれば7,000万ドル(約72億円)を支払うと申し出てたという。
この男性、ジェームズ・ハウエルズさんは約4年前、主にマイニングによって得た7,500BITを保存したドライブを誤って廃棄。現在の価値に換算すると2億7,300万ドル、日本円で約283億3,600万円となる。

実は信じられないことに、彼のようなケースは珍しくないという。
業界分析サイトによると、ビットコインの最初の取引が行われた2009年以降、世界で約278万以上のビットコインが紛失している。現在の価格だと300億ドル近くに相当する。
※各自で日本円換算して欲しい。ショックで目眩がする数字だ。

OKCoinJapan「IOSTステーキングサービス」提供へ|報酬は最大年率8.88%

仮想通貨 2021年12月20日 13:35

OKCoinJapan「IOSTステーキングサービス」提供へ|報酬は最大年率8.88%

© Reuters. OKCoinJapan「IOSTステーキングサービス」提供へ|報酬は最大年率8.88%

国内初「IOSTのステーキングサービス」提供へ OKCoinJapan(オーケーコインジャパン)は2021年12月20日に、アイオーエスティー(IOST)を対象とした「ステーキング」サービスを2022年1月から提供開始する予定であることを発表しました。

「フレキシブルプラン」と「定期プラン」を提供 OKCoinJapanが提供する「IOSTのステーキングサービス」では、ロック期間の制限がない『フレキシブルプラン』と、30日・60日のロック期間がある『定期プラン』の2種類が提供されるとのことで、60日の定期プランでは年率8.88%のステーキング報酬を得ることができると報告されています。

ステーキングプラン:フレキシブル or 定期

暗号資産IOST(アイオーエスティー)とは 暗号資産IOST(アイオーエスティー)とは 暗号資産IOST(アイオーエスティー)とは
ステーキングプラン フレキシブル 定期定期
ロック期間 なし 30日 60日
報酬(年率) 1.88% 5.88% 8.88%
最小申込数量 1,000 IOST 1,000 IOST 1,000 IOST
最大申込数量 なし なし 1,000,000 IOST
暗号資産IOST(アイオーエスティー)とは ※ステーキング報酬(年率)及び最大申込数量は、ステーキング状況によって変更になる場合があります。

ビットコイン、価格が33,000ドルを割り込んだ後に買いが殺到

執筆:Yasin Ebrahim Investing.com - Bitcoinは33,000ドルを下回ったことで、月曜日に買い殺到し、プラスに転じた。しかし投資家のセンチメントは.

GMOコイン:全員キャッシュバック「冬のボーナスで暗号資産デビューキャンペーン」開始

XRP価格急騰「100円台」まで回復|Sologenic(SOLO)エアドロップに向けてXRP買いか

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。 論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。 暗号資産IOST(アイオーエスティー)とは 暗号資産IOST(アイオーエスティー)とは 否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意: スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語での コメントのみ許されています。

日経平均株価28,228.00+284.05+1.02%
日経225先物 (F)28,177.5+167.5+0.60%
韓国総合株価指数2,628.96+2.62+0.10%
NYダウ33,180.暗号資産IOST(アイオーエスティー)とは 14+264.36+0.80%
独DAX14,556.62-97.19-0.66%
S&P/ASX 2007,128.40+32.70+0.46%
米ドル指数102.525+0.200+0.20%
1,850.90-1.20-0.06%
原油 WTI120.00+0.59+0.49%
22.142-0.暗号資産IOST(アイオーエスティー)とは 036-0.16%
米国綿花2番138.10+0.91+0.66%
排出権80.90-0.53-0.65%
米国シカゴコーン766.10+9.00+1.19%
米国コーヒー232.60-4.95-2.08%
暗号資産IOST(アイオーエスティー)とは
ドル/円133.16+0.58+0.44%
ドル/ウォン1,255.暗号資産IOST(アイオーエスティー)とは 55+0.74+0.06%
ユーロ/ドル1.0691-0.0008-0.07%
ユーロ/円142.37+0.51+0.36%
トルコリラ/円7.8788-0.0207-0.26%
豪ドル/円95.92+0.10+0.10%
ポンド/円167.45+0.56+0.34%
暗号資産IOST(アイオーエスティー)とは 暗号資産IOST(アイオーエスティー)とは
大塚ホールディングス4,423.0+69.0+1.58%
ソフトバンクグループ5,538.0+108.0+1.99%
トヨタ自動車2,223.5+33.0+1.51%
三菱UFJフィナンシャル・グループ740.8-8.6-1.15%
ブイ・テクノロジー3,050.0+35.0+1.16%
東芝5,786.0+81.0+1.42%
みずほフィナンシャルグループ1,525.0-20.5-1.33%

米インフレ高止まり、バイデン政権は見通し引き上げも=財務長官

米国株式市場=続伸、ハイテク・エネルギー株に買い

本日の株式市場:ダウはエネルギー株の好調で上昇、ハイテク株は反発

世銀、22年の世界成長率予測を下方修正 スタグフレーション警告

本日の株式市場:ダウは消費関連株の好調により上昇した一方、ハイテク株は下落

暗号資産IOST(アイオーエスティー)とは

ダウンロードするApp store

リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。 暗号資産IOST(アイオーエスティー)とは
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる