FXの取引方法

株価はどうやって決まる

株価はどうやって決まる
株価は当然ながら刻々と変化しています。当然PBRの変化することになります。それでは、PBRは社会情勢や経済状況のどのような影響を受けてどのように変化するのでしょうか。PBRが小さくなるということは株価が下がることを意味します。
下記グラフは過去20年の市場第一部のPBRの推移を示しています。ITバブルの崩壊やリーマンショックなどで経済状況の悪化した局面では、当然株価は下がり、結果としてPBRも小さくなっていくことがわかります。

【出典】その他統計資料 | 日本取引所グループ – JPXを筆者にて編集

株式・プチ株 ®

選べる2つの手数料コース、1注文の約定金額に応じて取引手数料が決まる「ワンショット手数料 ® 」、1日の約定金額合計額に応じて取引手数料が決まる「一日定額手数料」をお客さまそれぞれの投資スタイルにあわせてご選択いただけます。
さらに、50歳以上の方、NISA口座をご開設した方など、対象のお客さまが手続きをしなくても自動で手数料割引となるサービスをご用意しています。
さらにauユーザー(povoご契約のお客さまは対象外)であれば、手数料を抑えて株式の購入が可能です。

プチ株 ® (単元未満株)とは

プチ株 ® (単元未満株)の魅力

1 少額投資・分散投資

プチ株 ® の魅力の一つに 少額から取引可能 ということが挙げられます。
「予算の範囲内で買える株数だけ買いたい」「予算の範囲内で複数銘柄に分散投資したい」「単元未満株を売却したい」といった要望に対し、 少額取引の特性を活かしたお取引 が可能です。

2 ご本人さま名義

プチ株 ® でご購入いただいた株式は 株価はどうやって決まる お客さまの名義となるため、配当や株式分割の割り当ても株数に応じて配分されます。 (ただし、議決権はありません)

3 状況にあわせて柔軟に対応可能

単元株式保有時に株式分割や株式併合などで単元未満株が発生した場合、単元での売却はできませんが、プチ株 ® であれば売却することができます。また、単元に満たない不足分をプチ株 ® で購入し、単元株とすることも可能です。

auのプチ株 ® の特長

プチ株 ® を積立で購入していただく場合、手数料は無料です。
毎月の積立を金額指定(毎月500円以上1円単位)していただき、その範囲内でプチ株 ® を買付致します。購入手数料は無料です。

プチ株 ® 人気銘柄

auの資産運用では 少額から投資 株価はどうやって決まる できる銘柄が人気です。

  • 2020/1/1~2020/12/31の期間内に新規口座開設をしたお客さまの、現物株式の約定代金ランキングになります。株価の基準は2020/12/30の終値で500円以下の銘柄で算出しております。

投資をはじめたい方へ

どの会社の株を買えばいいの?

はじめるにはどのくらいお金が必要?

プチ株 ® にはまとまった資金は必要ありません。銘柄によりますが、数百円程度から買付をすることができますので、購入したい銘柄の株価と手数料分のご入金があれば、お取引いただけます。なお、手数料は、約定代金の0.5%で、最低手数料は52円(税込)です。プレミアム積立 ® (プチ株 ® )なら、積立買付手数料が0円になります。

PBR (株価純資産倍率)とは?計算式を分かりやすく解説!

ビジネスの世界に身を置いていると企業価値○億円とか時価総額○億円といったニュースをよく耳にします。また、将来の資産形成に向け株式投資などを検討したり、あるいはすでに投資を始めていらっしゃる方も多いかと思います。
株価が高いのか安いのか判断する指標のひとつとして、PBR(株価純資産倍率)があります。
PBRとは、株価と1株当たり純資産の額を比較して、株価の割安感や割高感を判断する投資尺度です。
本稿では、まず株価とは何か、企業価値との関係はなにかなどまず基本的なことを解説します。その上で、投資判断の指標のひとつであるPBR(株価純資産倍率)について具体的な計算式なども含めご紹介いたします。

PBR(株価純資産倍率)とは?PBRでなにがわかる?

PBR(株価純資産倍率)とは?

PBRとは、株価が1株当たり純資産の何倍まで買われているか、すなわち1株当たり純資産の何倍の値段が付けられているかを見る投資尺度です。現在の株価が企業の資産価値に対して割高か割安かを判断する目安として利用されます。
[su_box style=”default” title=”【PBRの計算式】” box_color=”#95ccff”]PBR=株価÷(純資産(簿価)÷株式数)[/su_box]

PBR(株価はどうやって決まる 株価純資産倍率)の計算方法を【例題】で解説

株式数1,000株のA社、B社があります。それぞれの貸借対照表は下図の通りです。株価は両社ともに300円です。どちらの株を買った方が良いでしょうか?

まず、貸借対照表から一株当たりの純資産を計算します。A社は500円、B社は250円になります。株価は300円ですので、A社は割安感、B社は割高感があるといえます。
PBRを計算してみましょう。PBRの計算式を使って両社を計算すると、次の通り、A社のPBRは0.6、B社のPBRは1.2となります。PBRが低ければ低いほど割安感があると判断できます。

PBRで何がわかる?PBRが小さいほど割安!

PBRは経済状況など影響を受け日々変化する

株価は当然ながら刻々と変化しています。当然PBRの変化することになります。それでは、PBRは社会情勢や経済状況のどのような影響を受けてどのように変化するのでしょうか。PBRが小さくなるということは株価が下がることを意味します。
下記グラフは過去20年の市場第一部のPBRの推移を示しています。ITバブルの崩壊やリーマンショックなどで経済状況の悪化した局面では、当然株価は下がり、結果としてPBRも小さくなっていくことがわかります。

【出典】その他統計資料 | 日本取引所グループ – JPXを筆者にて編集

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる