日本のバイナリーオプション業者

レジスタンスレベルの定義

レジスタンスレベルの定義

式(4)を使用した場合MTTFD1=3年、 MTTFD2=100年とすれば、全体のMTTFDは66年となります。
これは、両方のチャネルそれぞれをMTTFD=66年のチャネルと見なすことと同等の意味を持ちます。

塩野義製薬AMRポジションペーパー

当社は、2016年1月の世界経済フォーラムにおいてダボス共同宣言に署名をしました。
100社以上の企業が署名したダボス共同宣言とは、医薬品、バイオおよび診断薬業界の多剤耐性菌対策に関する共同宣言であり、現在の治療法や新しい治療法を将来にわたって維持する必要性を強調しつつ、抗菌薬、ワクチン、診断の持続可能で予測可能な市場を創出するための集団的活動が求められています。
当社は更に展開を進め、12社のリーディングカンパニーと共に、抗菌薬の研究・開発、適正使用、流通、製造及び環境への配慮などのAMR対策の進展へ向けた産業ロードマップを策定しました。

重要なアンメットニーズ:「時間はもうありません」

同様の懸念により、抗菌薬を販売するいくつかの小規模の企業においては、破産申請するか買収を求めなければならず、優秀な研究者の働く機会や事業の多様性を奪うといった悪影響を与えています。2019年4月にAchaogen社が、plazomicinを発売開始した後に破産申請を行い、すべての資産が1600万ドルで売却されました。また2019年12月には、Melinta Therapeutics社が破産保護(Chapter11)を受け、その後Deerfield Management Companyに買収されました。2020年6月にTetraphase Pharmaceuticalsの買収合意書が交わされているにも拘らず、Melinta Therapeutics社は、2020年7月にTetraphase社を買収したLa Jolla Pharmaceuticaksに買収されました。[10]。

病原性カルバペネム耐性グラム陰性菌:新しい抗菌薬が至急必要とされています

カルバペネム系抗菌薬(広範囲な活性スペクトラムを有するβ-ラクタム系抗菌薬の一種)は、治療が難しいグラム陰性菌感染症に使われることが多いですが、カルバペネム耐性菌は現在ただならぬ勢いで増加しています。カルバペネム系抗菌薬に対し耐性を示すグラム陰性菌は、他系統の抗菌薬の感受性を低下させる多様な耐性機序を獲得することがあります。特にカルバペネム耐性のアシネトバクター・バウマニ(CRAB;Carbapenem Resistant Acinetobacter baumannii)、緑膿菌(CRPA; Carbapenem Resistant Pseudomonas aeruginosa)、腸内細菌科細菌(CRE;Carbapenem Resistant Enterobacteriaceae)は、世界保健機関(WHO;World Health Organization)の新規抗菌薬が必要な病原菌リストで、最も緊急度の高い「Critical(重大)」に分類されています[11]。これらの病原菌は、「悪夢(nightmare)」の細菌として米国疾病管理・予防センター(CDC;Centers for Disease Control and Prevention)で表記され[12]、「緊急かつ深刻な脅威」と捉えられています[13]。

また、これらの患者に現在有効と考えられる抗菌薬の選択肢は、耐性機序の一部にしか作用しない抗菌薬であったり、重篤な副作用発現のリスクが指摘されている抗菌薬であったりします。たとえば、最近まで「最後の手段(last-resort)」と言われていたコリスチン(ポリミキシン系抗菌薬)は、投与患者の約60%に腎毒性が発現すると報告されており[15]、かつて安全性の問題で市場から撤退した後にこれらの耐性菌の問題により再登場したことが紹介されています[16]。更に困ったことに、最近コリスチン耐性遺伝子(mcr-1;mobilized colistin resistance-1)が出現し、世界的に拡散し、コリスチンの有用性さえも脅威に晒されているという状況です[17],[18]。

2. 制御システムの安全関連部とは

制御システムの安全関連部は、SRP/CSとも表現されます。SRP/CSは、「safety-related part of a control system」の略で、制御システムの安全関連部全体を指す場合のみならず、入力部・論理部・出力部を個別に指すときにも用いられます。(図4参照)

3. パフォーマンスレベル(PL)とは

表1 パフォーマンスレベルとその区分 レジスタンスレベルの定義
パフォーマンスレベル(PL) 単位時間当たりの、危険側故障発生の平均確率 PFHD(1/h)
a 10 -5 以上 10 -4 未満
b 3×10 -6 以上 10 -5 未満
c 10 -6 以上 3×10 -6 未満
d 10 -7 以上 10 -6 未満
e 10 -8 以上 10 -7 未満

パフォーマンスレベル(PL)は、カテゴリ(Cat)に基づくSRP/CSの回路構成が基本となりますが、それだけでなくそこに使用されるデバイスの信頼性を示す、危険側故障を発生するまでの時間であるMTTFD(平均危険側故障時間)、とSRP/CSによるシステム内の危険側故障の検出率であるDC(診断範囲)、一つの故障原因から独立した複数の故障が引き起こされる共通原因故障(CCF)を考慮した設計をしているという4つの要素で決定されます。このことからPLは、図5のように表現できます。

4. ISO13849-1における制御システムの安全関連部(SRP/CS)の設計プロセス

iso13849_06.jpg

5. パフォーマンスレベルの評価手順

iso13849_07.jpg

5.1. 要求パフォーマンスレベル(PLr)の決定

※PLr:要求パフォーマンスレベル(required performance level)
「安全機能の各々に対し、要求されるリスク低減を達成するために適用されるパフォーマンスレベル」


その結果、選択されたa~eまでの1つが要求パフォーマンスレベル(PLr)となります。 図6のようにPLr = aは、構築する制御回路が受け持つリスク低減の度合が少なくてもよいことになります。一方、PLr = eが選択されると、構築する制御回路が受け持つリスク低減の度合は大きくなります。 なお、ここで決定したPLrに対して、実際に計算したPLの結果を比較して、SRP/CSが対象とする危険源のリスクに対し適切である可動かを判断します。

5.2. カテゴリの決定

カテゴリとは「障害に対する抵抗性(フォールト・レジスタンス),及び障害条件下におけるその後の挙動に対する制御システムの安全関連部の特性に関する分類であって,当該部の構造的配置,障害検出及び/又はこれらの信頼性によって達成される。」と定義されています。つまり、制御システムの安全関連部の回路構成を決定するに当たっての安全機能要求がカテゴリです。
カテゴリは「指定アーキテクチャ(designated architecture)」として規定され、後述のようにカテゴリB, 1, 2, 3, 4の5つに分類されます。

図9には、達成されるPLと、カテゴリ、DCavg、およびMTTFDとの関係性が示されます。
この図9を用いて、要求されるPLrに対して、少なくとも同等あるいはそれ以上のPLを持つ制御システムを構築するためのカテゴリを決定します。

たとえば、図10に示すようにPL=cのシステムを設計する場合、構造(アーキテクチャ)はカテゴリ1~3のいずれかを選択できます。

5.2.1. 各カテゴリの要求事項

①カテゴリB、1
カテゴリB、1のアーキテクチャを図11に示します。 両カテゴリにおいて、アーキテクチャの図は同じです。故障診断機能は共になく、信号はI (入力部)からO(出力部)への一方通行です。なお、カテゴリ1のMTTFDは、カテゴリBのそれより長い必要があります。つまり、カテゴリ1の方が危険側故障の確率はより低く、安全機能喪失の確率はより小さくなります。 なお、カテゴリB, 1には故障診断機能が無いため、PLの計算をする上で、DCavg(診断範囲)やCCF(共通原因故障)の考慮は必要ありません。

②カテゴリ2
カテゴリ2のアーキテクチャを図12に示します。
このアーキテクチャでは、故障診断機能が付加されています。これは試験装置と表現されTE(Test Equipmentの略)と表記されます。またこの試験装置の出力はOTE(Output レジスタンスレベルの定義 of TEの略)と表記されます。TEがI、L、Oの診断を行い、異常があればOTEへ出力する構成になっています。なお、TEはLの中に含まれていることもあります。
またカテゴリ2は故障診断機能を有するため、DCavg(診断範囲)やCCF(共通原因故障)に対する考慮が必要です。

③カテゴリ3
カテゴリ3のアーキテクチャを図13に示します。
このアーキテクチャでは、信号経路は二重化され、入力信号は互いにL1、L2(論理部)のクロスモニタリングによって、信号の不一致(異常)がないかを相互監視しています。O1、O2(出力部)はL1、L2(論理部)でモニタリングされ、論理部で出力信号と出力部の状態を比較することで、バックチェックを行い、自己診断されます。

④カテゴリ4
カテゴリ4のアーキテクチャを図14に示します。
このアーキテクチャの構成はカテゴリ3と同じですが、カテゴリ4ではC(クロスモニタリング)やm(モニタリング)を行う自己診断機能の性能が高くなっています。これを強調するため破線ではなく実線で示してあります。

iso13849_15.jpg

5.3. MTTFDの算出

MTTFDは、「mean time to dangerous failure」の略で、対象となるデバイスまたは制御システムの安全関連部が危険側に故障するまでの平均時間の期待値のことで、年数で表します。システムの信頼性の観点からこのパラメータが必要とされています。

PLを決定するためにはシステム全体のMTTFDを計算しますが、まず関連する各コンポーネントのMTTFDを決定し、その後に各チャネルのMTTFDを計算します。それを元に全体のMTTFDを計算します(複数チャネルの場合)。なお、チャネルごとのMTTFD値は、表3のように3つに区分され、また上限・下限共に制限されています。

チャネルのMTTFDを計算した結果、3年未満の場合はMTTFDの範囲を満たしません。 各コンポーネントのMTTFD値は、100年を超えることは許容されています。一方、各チャネルのMTTFD値は、計算の結果100年を超えたとしても100年に制限されます。ただし、カテゴリ4の構成であれば、回路構成(冗長化)とDCの値が非常に高いことから、各チャネルの最大MTTFDは2500年まで許容されます。

5.3.1. 各デバイスのMTTFD

各コンポーネントのMTTFDの数値は次の優先順位で決定します。 第一優先 製造者(メーカー)から提供されるMTTFD値 第二優先 この規格の附属書CまたはDに記載の値 第三優先 附属書Cに値がなければ、MTTFD=10年とする。

5.3.1.1. コンポーネントのB10DからMTTFDを計算する


5.3.2. チャネル全体のMTTFD計算方法 パーツカウントメソッド

各デバイスのMTTFD値を決定すると、それを元に各チャネルのMTTFDを次に計算します。(式(3)参照)

たとえば、MTTFD1=30年、MTTFD2=30年、MTTFD3=30年 とすれば、1/ MTTFD=1/30+1/30+1/30 となり、このチャネルのMTTFDは10年となります。

5.3.3. 異なるMTTFDを持つチャネルの場合のMTTFDの決定方法


式(4)を使用した場合MTTFD1=3年、 MTTFD2=100年とすれば、全体のMTTFDは66年となります。
これは、両方のチャネルそれぞれをMTTFD=66年のチャネルと見なすことと同等の意味を持ちます。

5.4. DC(診断範囲)およびDCavgの算出

パフォーマンスレベルを見積るためには、システム全体のDCavg(平均診断範囲)を計算する必要があります。そのためには各コンポーネントのDC(診断範囲)を決定する必要があります。 DC(診断範囲)とは危険側故障をどの程度検出できるのかを%で示します。具体的には検出される危険側故障率(λDD)と、全危険側故障率(λtotal)の比率で表されます。(式(5) 参照)

DC(診断範囲)は、コンポーネントやシステムの安全側故障は考慮されていません。危険側故障だけを対象としています。また、DCは4つに区分されています。(表4参照)

なお、論理装置(安全コントローラなど)、セーフティライトカーテンなどの電気・電子デバイスはその装置の内部に自己診断機能を持っていますが、インタロックスイッチ、非常停止スイッチなど、機構コンポーネントは一般的に自己診断機能を持っていません。しかし、論理部との接続を冗長化し、信号の不一致などを論理部(安全コントローラなど)で監視することで、制御システムの安全関連部全体として高いDCを持つことができます。
各コンポーネントのDCの選択は、ISO13849-1 Annex Eから、入力装置、論理装置、出力装置に関して、それぞれ記述された診断技術に適合したものを選択することになります。
また、コンポーネントのDCが決まった後は、その値を利用して、システム全体のDCavgを計算することになります。(式(6)参照)

なお、故障検出のないコンポーネント(診断されない部分)は、DC=0 です。

5.5. CCF(共通原因故障)の評価

CCF(common cause failure)とは、「単一の事象から生じる異なったアイテムの故障であって、これらの故障が互いの結果ではないもの」と定義されています。これは、単一の原因による故障の結果が、次の故障を誘発して複数の故障が発生することはなく、あくまで単一の原因によって複数の独立した故障が発生するという意味です。
たとえば、過電圧/異常周囲温度などが原因で、互いに関係のない回路の部品(複数)が故障することを指します。このような可能性のある事象に対して、システムがどのように対策を行っているのかを示す指標がCCFです。

CCFは、ISO13849-1 Annex F 表F.1の複数の設問に対して、Yes またはNoで回答し、100ポイント中、少なくとも65ポイントを獲得できる方策が実施されていれば、CCFの要求事項に適合していると見なします。(表5参照)
なお、表5に示されるCCCに対する方策の各項目について、部分的な対応では部分点は付与されず、該当する項目に対する点数は0(ゼロ)となります。
またこの設問に対する記入は、一般的に制御システムの安全関連部の設計者が記入します。

5.6. パフォーマンスレベル(PL)の評価

制御システムの安全関連部として要求されるPLrに対して、実際に設計された回路のカテゴリ、MTTFDとDCavg、CCF評価結果からISO13849-1 付属書K 表K.1からシステムのPLを算出し、そのPLがPLrと同じか、それ以上のレベルであることを確認します。PLr≦PLが確認されれば(危険側故障の平均発生確率が同等か小さければ)、リスク低減目標が達成されたことになります。

レジスタンスレベルの定義

フィットネス基礎理論:フィットネス概論、運動器の基礎解剖学、運動生理学、体力学・トレーニング科学、運動処方、運動と栄養・体重管理、心と運動、運動と安全管理、事故・傷害の予防 など

グループエクサイズ指導理論:指導者の役割、指導の準備、指導の実際、指導者の動き、グループエクササイズのクラス運営 プロになるための心得 など

種目別の指導理論:各種目における基礎知識、基本の動き、プログラミング、指導法 など

  1. 見本となる動作を示すことができる実演能力
  2. 動きの指示や注意ができる指導能力
  3. 条件に応じて、動きを修正・アレンジしたり、連続性のある動き(コリオグラフィー)を作成できる
    プログラミング能力(上級レベルのみ)

GFI試験について

資格取得の流れ

受講・受験の流れ(例)レジスタンスレベルの定義

examFlow.jpg

資格認定テストについて

2.試験概要

  • ※健康運動指導士・健康運動実践指導者の現有資格者は、「フィットネス基礎理論」の受験が免除されます。
  • ※筆記テストにおける共通テスト(フィットネス基礎理論・グループエクササイズ指導理論)は、受験時に保有しているGFI資格に応じて免除されるものもあります。
3.合格基準の目安

筆記テスト:3種類のテストそれぞれで、正答率約60%を得る。

実技テスト:各種目の評価項目で、基準以上の「○」評価を得る(評価項目数は種目により異なる)。

・基礎能力テスト:「規定動作の実演」「規定動作の指導」における各4つの評価項目(良い姿勢で明確、指示のタイミングなど)で、それぞれ3つ以上の「○」評価を得る

・応用力テスト:5つの評価項目(強度変化、スムーズなつなぎ、安全性への配慮など)で、すべて「○」の評価を得る。

合格率:86.5%(2018年度)

レベル 各テストに対応する
講習会(実技)/
eラーニング(税込)
試験項目 テスト受験
(税込)
備考
インスト
ラクター
(上級)
ベーシック
インスト
ラクター
(中級)
A 4,400円
(eラーニング)
a 筆記
テスト
フィットネス基礎理論 3,300円 健康運動指導士・健康運動実践指導者は免除

初めてのGFI受験 でADI(上級レベル)を受験する場合 → 42,500円 (消費税10%込)

初めてのGFI受験 でADBI(中級レベル)を受験する場合 → 32,600円 (消費税10%込)

すでに いずれかの種目のGFI資格を保有 していて、 GFIの2種目め以降 としてSEI(上級レベル)を受験する場合 → 26,550円 (消費税10%込)

健康運動実践指導者を保有し、初めてのGFI受験 でADI(上級レベル)を受験する場合 → 31,720円 (消費税10%込)

5.開催スケジュール

テスト対策:講習会(実技)・eラーニング「自楽習(じがくしゅう)」について

1.資格取得講習会(実技)
2. eラーニング「自楽習(じがくしゅう)」
  • ※eラーニング「自楽習」は、各テキストブックに基づいて進行しますので、視聴の前に必ずご購入ください。JAFAのオンラインショップ、または資格取得講習会(実技)&認定テストのお申し込みの際、同時にご注文いただけます。
  • ※eラーニング「自楽習」は、JAFAが提携するインターネット通信教育サイト「いいまなぶ」からお手続きください。クレジットカードかコンビニ振込で決済をおこなうことで2週間視聴できます。

eラーニング視聴のお申し込み「いいまなぶ」はこちら

レジスタンスレベルの定義 レジスタンスレベルの定義 レジスタンスレベルの定義
テキスト名 価格(税込)
各種目共通 1 フィットネス基礎理論(改定対応版) 3,080円
2 グループエクササイズ指導理論 770円
種目別 3 ストレッチングエクササイズ指導理論
(SEI・SEBI)
1,650円
エアロビックダンスエクササイズ指導理論
(ADI・ADBI)
1,650円
レジスタンスエクササイズ指導理論
(REI・REBI)
1,650円
アクアエクササイズ指導理論
(AQDI・AQDBI・AQWI・AQWBI)
2,200円
ウォーキングブック
(WEI・WEBI)
2,200円

登録・更新について

<登録について>
  • ※インストラクター(上級)レベルは、資格登録と同時にJAFA正会員への入会が必要です。
  • ※ベーシックインストラクターからインストラクターにレベルアップ登録の場合は、1種目ごとに2,200円の登録料が必要です。
<更新について>

認定登録後、約2年ごとに更新手続きが必要です(更新月は9月)。
2年間でJAFA教育単位が付与されるワークショップやセミナーを受講するなどして、更新に必要な単位を取得してください。 JAFA会員になると、2年間で最大35単位取得 できます。

[Relationship between sarcopenic obesity or sarcopenia and insulin resistance or functional disability]

Atsushi Araki at Tokyo Metropolitan Geriatric Medical Center

. Our finding is similar to a previous study showing that, in レジスタンスレベルの定義 individuals with no diabetes, HbA 1c was elevated in those with sarcopenic obesity (median age of 45 years) compared to those with obesity alone (11). Our results, however, are different from a study on hospitalized Japanese patients with type 2 diabetes (75 6 8 years of age) showing that sarcopenic obesity was not associated with elevated HbA 1c (28) . Different approaches to define obesity and sarcopenia and different population characteristics may explain the inconsistency. .

Objective: To examine the interplay between high fat and low muscle mass on cardiometabolic risk factors at baseline and in response to exercise in type 2 diabetes. Methods: Using baseline percent body fat and skeletal muscle mass index, 248 participants were divided into high fat versus low レジスタンスレベルの定義 レジスタンスレベルの定義 fat and low muscle versus high muscle. Linear mixed models were used to examine the main effects of fat mass and muscle mass and their interaction on baseline cardiometabolic risk factors and changes in risk factors in response to 6-month exercise training. Results: At baseline, there was a fat mass by muscle mass interaction effect on hemoglobin A1c (HbA1c ; P = 0.009), suggesting that low muscle was associated with elevated HbA1c in those with high fat レジスタンスレベルの定義 but not low fat. Significant interactions between baseline fat mass and muscle mass on the exercise-induced changes in visceral adipose tissue, insulin resistance, and triglyceride concentration indicated that low muscle attenuated the exercise responses in participants with high fat at baseline (all P < 0.05). Conclusions: High fat and low muscle may be synergistically associated with higher HbA1c in type 2 diabetes. In participants with high fat mass, low muscle mass may attenuate exercise-induced improvements in some cardiometabolic risk factors.

. Inflammation may be an important mediator in restraining myogenesis and/or accelerating レジスタンスレベルの定義 muscle protein degradation. [28] [29] [30] There are few limitations that should be discussed. In our study, we did not have too many patients with CT scans beyond 1 year after liver transplantation レジスタンスレベルの定義 and were not able to study the progression of sarcopenia after レジスタンスレベルの定義 a year. .

  • Sep 2015
  • J GASTROEN HEPATOL

Background: Sarcopenia is the most common complication of cirrhosis and adversely affects quality of life and outcomes before, during and after liver transplantation. We studied predictors of sarcopenia and sarcopenic obesity in patients with cirrhosis undergoing liver レジスタンスレベルの定義 transplant (LT) evaluation. Methods: A retrospective analysis of 207 adult cirrhotic patients that underwent liver transplant from January 2008 to December 2013 was performed at our institution. Results: Two hundred and seven patients レジスタンスレベルの定義 were evaluated, 68% were male with a mean age of 54 ± 8 years. The most common etiology of cirrhosis was Alcoholic Liver Disease (38.6%), followed by Chronic Hepatitis C (38.2%), NASH (21.7%), and HCC (24.6%).The mean BMI of the cohort was of 30.1 ± 5.7. Forty eight percent of these patients were obese. Out of the 207 patients, 88% had CT scans within 90 days prior to transplant, of these, 59% had sarcopenia found during liver transplant evaluation. Of the patients with pre-transplant sarcopenia 59 had CT scan at 6 months posttransplant and 56(95%) remain sarcopenic. Of the 56 patients that had sarcopenia at 6 months, 31 had available CT scans at レジスタンスレベルの定義 レジスタンスレベルの定義 1 year, and 100% persisted with sarcopenia. These 31 subjects had a mean SMI of 35 at 6 months and 36 at 1 year. Sarcopenic obesity was found in 41.7% of our patients. On multivariable regression analysis, obesity and age were found to be independently associated with pre-transplant sarcopenia after controlling for gender and alcohol liver disease diagnosis (p = 0.00001, Odds Ratio 0.22 and p = 0.008, OR 2.0 respectively). A レジスタンスレベルの定義 multivariable logistic regression analysis found that non-alcoholic steato-hepatitis as cause of cirrhosis and MELD score are independent predictors of sarcopenic obesity after controlling for age, gender, alcoholic liver disease diagnosis and HCC (p = 0.014 and 0.038, respectively, CI 95% 1.44-25.26 and 1.00-1.15 respectively, OR 6.03, 1.08, レジスタンスレベルの定義 respectively). Conclusions: Sarcopenia and sarcopenic obesity is seen in a significant amount of patients with cirrhosis undergoing liver transplant evaluation. Sarcopenia progresses after LT initially and does not recover at least within the レジスタンスレベルの定義 first year after surgery. Obesity is an independent predictor of pre-transplant sarcopenia and NASH was associated with 6 fold increased risk of having sarcopenic obesity in cirrhotic patients in our cohort. This article is protected by copyright. All rights reserved.

サポート/レジスタンスレベルの表示

サポート/レジスタンスレベルの検出アルゴリズムを説明します。それはのちに FindLevels インディケータで実行されるものです。サポート/レジスタンスレベルはなんらかの力によりクロスできない価格値です。それは大口プレーヤーの影響やこの領域における高額のストップロス注文といった、心理的な基準によって引き起こされる可能性があります。クオートがこのラインをクロスするのはサポートしない他のラインよりもずっと頻度の低いものであることは明らかです。このことについては数多くのトレーディング本で証拠を見つけることができます。

まず、定数 MaxR を設定します。これはエリア半径です。極小値が MaxR 半径エリアに属する最小値でなければ、それはわれわれのタスクにあてはまりません。次に、MaxCrossesLevel パラメータを設定します。関数の最大値と最小値との差が MaxR エリアの MaxCrossesLevel 分より小ければ、この極小値は十分有意ではないため表示しません。これはサポート/レジスタンスレベル検出のメカニズムです。このシンプルなアルゴリズムに続いて、インディケータを書きます。

上で説明したように、FindLevels インディケータはどんなタイムフレームのからのクオートでも処理するようにできています。 タイムフレームはユーザーが設定します( FindLevels 変数)。コードのシンをプルにするために、説明を必要としない簡単な関数を 2 つ設定します。


関数 Period2AlphabetString() を設定する意味は『インディケータの相互作用』項で説明があります。またPeriod2Int() 関数の用途は次の項で明らかになります。

インディケータの作成

LineColor、LineWidth、 LineStyle の値がデフォルトのようにユーザーによって設定されるなら、Init プロシージャを処理している間、それらをタイムフレームに依存する別の値に変更します。そうすると、異なるタイムフレームからの線の表示は同じではなく、それらを簡単に区別することができるようになります。


デフォルトで設定されているなら、1行目では TimePeriod 値を設定します。そして線幅を決めます。チャート(マッピングウィンドウ)のタイムフレームに関連するTimePeriod 値が多いほど、線幅は広くなります。TimePeriod がチャート期間より小さければ、線幅は 0 となり線は破線します。期間にはそれぞれ独自の色がついています。

配列 Colors[] および Width[] は以下の方法で定義されます。

LineIndex -配列 レジスタンスレベルの定義 LineName[] 内の空セルのインデックス

最後にインディケータをフェッチして以来変更されていないバーの数量を用いてリミット変数を計算します。d1 および d2 は 0 から限度までの間隔での価格の最小値と最大値です。

インディケータ処理中、配列 CrossBarsNum[] と CrossBarsMin[] を用いて換算される価格差は変更可能です。それが起こるたびに、配列内のセル数を増やし、必要に応じて右に移動する必要があります。通常それが起こるのは、新しい値 d1 と d2 が関数 start() を前回起動したときに取得された変数 d1Num、d2Num と一致しないときです。

われわれの配列が必要なディメンションに一致していることが確認できたら、それぞれの価格に対する新規バーの計算を開始し、バーが価格レベルをクロスするとき CrossBarsNum[] 値を増やします。新規バーが絶えず出現するので、古いバーは [0 : レジスタンスレベルの定義 limit] 間隔から除外されます。このため、そのようなバーをチェックし、交点である場合は CrossBarsNum[] 値を減らす必要があります。それから最終計算済みバー時刻を TmaxI 変数に割り当てます。

新しい極小値を決め、もはや極小値ではないとわかる古いものを削除するため、プロシージャの末尾で今一度 CrossBarsMin[] 配列をモニターします。極小値でありうる値は複数あるため(CrossBarsMin[] 配列には一致する値が複数あり、それらはすべて極小値なのです)、そのうちの一つだけを得る必要があります。最も低い価格の極小値を使用します。

新しいグラフィカルオブジェクト-水平ライン、を作成するのにむつかしいことはありません。この線についての特性を設定します。:幅、スタイル、色など以前に Init プロシージャで作成されたものですもはやサポートレベルではないとわかるレベルを検索するのにむつかしいことは何もありませn。明確になっていないことが一つだけあります。:オブジェクト名の中でPeriod2AlpthabetString(TimePeriod) 関数を使用する理由および使用目的です。次の段落でこの問題について説明をします。それは以前に何度も話されていることです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる