FXのやり方紹介

遅行スパンの見方

遅行スパンの見方
コチラは「三役好転」とは正反対の状況を指します。

日本株の先高示す指標続出-三役好転、W底、ゴールデンクロス

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の宮田直彦チーフ・テクニカ ルアナリストは、日経平均が75日移動平均線から約12%下方かい離する と底入れするパターンが、2009年以降続いていると指摘。直近では、6 月4日に12.8%までマイナスかい離が広がったが、その後日経平均は底 入れ、反発に向かった。上昇局面では過去4年程度でみると「日経平均 は75日線から10%程度上振れる傾向がある」と指摘。これを足元の75日 線から試算すると9600円強となる。

もっとも、日本株が一段の上値追いとなるためには、TOPIXで のWボトム形成など、超えなければならないハードルがまだ控えている との指摘もある。

大和証券の木野内栄治チーフテクニカルアナリストは、日本株が現 状水準から一段高となるには、「騰落レシオ(25日移動平均)がピーク 遅行スパンの見方 アウトする可能性が高い今月29日ごろまでに、同レシオが140%台に到 達するとか、TOPIXが7月4日に付けた直近高値(781.94)を上抜 け、Wボトムのパターンが完成するといったチャートイベントを確認す る必要がある」と話す。

東証1部の上昇銘柄と下落銘柄の割合を示す騰落レシオは22日 に114%まで上昇し、7月11日(117%)以来の高水準を付けた。23日時 点では110%。同レシオは一般的に120%以上が短期過熱感を表す水準と される。

12年の日経ヴェリタスによる金融機関のアナリストランキングで 「市場分析アナリスト」部門の1位となった木野内氏によれば、本来的 に短期の逆張り系テクニカル指標である騰落レシオは、一方向に行き過 遅行スパンの見方 遅行スパンの見方 ぎると順張り指標に姿を変え、「140%台に乗せた場合には、そこから 1カ月くらい余韻が残り、株高は続くことが多い」という。

一方、三菱Uモルガン証の宮田氏は、目先のハードルは日経平均で フィボナッチ比率の61.8%戻りに当たる9500円辺りとみる。「61.8%戻 りまでの範ちゅうなら、リバウンドという見方もできないことはな い。9500円を上回ってくれば、単なるリバウンドでなく、1万円を目指 した強い展開が期待できるようになる」と話している。

騰落レシオと同様、短期逆張り指標であるストキャスティクスは、 TOPIX、日経平均ともに90%前後まで上昇している。過去の高値と 安値から相場の状態を判断するストキャスティクスは70%以上で短期過 熱を示すとされることが多い。SMBC日興証券株式調査部の西広市部 長は、「高値警戒水域入りとして、より信頼度が高いのは80%超え」と 言い、現状の水準はそれを上回ることから、短期的には相場がいったん 調整することも視野に入れる必要があるとみている。

24日の東京株式相場は反落しており、午後1時50分時点の日経平均 は前日比119円22銭(1.3%)安の9058円90銭、TOPIXは同8.37ポイ ント(1.1%)安の756.22。米国で23日発表された先週の新規失業保険 申請件数が低調だったほか、ギリシャが債務削減の時間的猶予を得ると の楽観的な見方が後退したことも重し。証券や不動産、鉄鋼、電機など 景気敏感業種を中心に安い。

バイナリーオプションを一目均衡表で攻略する全手順まとめ!ズブの素人でも即日エントリー可能

一目均衡表

トレード初心者

トレード初心者

ミナト

右側◯の箇所では、先行スパン1を抵抗線として 下降→上昇へと変化 しているのがお分かりいただけますね。

雲が突き抜けたらトレンドを予測

「雲」がローソク足を突き抜けたら トレンドを予測 しましょう。

ここから 上昇トレンドが始まった のがお分かりいただけますか?

MT4での設定方法

  • 転換線:9
  • 基準線:26
  • 先行スパンB:52

ミナト

一目均衡表を使った3つのエントリーポイント

次に、 具体的なエントリータイミング をご紹介していきます。

  1. ローソク足が雲を抜けるタイミング
  2. 転換線と基準線の交差するタイミング
  3. 遅行スパンによる転換を示唆したタイミング

一目均衡表でバイナリーオプションを攻略する上での 基本的なエントリーポイント です。

ローソク足が雲を抜けるタイミング

  • ローソク足が「雲」を下から上に突き抜けた→上昇トレンド発生
  • ローソク足が「雲」を上から下に突き抜けた→下降トレンド発生

「雲」を突き抜けた後の ローソク足の形や動きを見て判断 しましょう。

トレード初心者

転換線と基準線の交差するタイミング

  • 転換線が基準線を上抜けた場合→好転:HIGH
  • 転換線が基準線を下抜けた場合→逆転:LOW

遅行スパンによる転換を示唆したタイミング


遅行スパンとローソク足の交差するポイントを白い◯で囲っています。

  • 遅行スパンがローソク足を上から下に突き抜ける→好転:HIGH
  • 遅行スパンがローソク足を下から上に突き抜ける→逆転:LOW

一目均衡表と平均足を組み合わせるとさらに勝率アップ手法に


一目均衡表は平均足と組み合わせるとさらに勝率がアップします。

マニアが教える「一目均衡表でFXの全てを明らかにする使い方」

一目均衡表を表示させたチャート画像

さて。いきなりニートの愛を語っても引かれちゃうと思うので、まずは「一目均衡表(以下:一目)」の概要をサラッと紹介しましょう(・∀・) 遅行スパンの見方
一目均衡表は、全部で5つの要素で構成されています。

しかし、どれ1つとして意味もなく表示されているわけではありません( ・ิω・ิ)

一方、一目均衡表は「糸が絡み合っているだけ」のように見える状況を、 1つずつ紐解いていくだけで初心者でも高度なテクニカル分析ができるんです。

一目均衡表はどう見ればいいの?

一目均衡表を表示させたチャート画像


基本的な一目均衡表の見方の紹介をします^^
先に紹介した5つの項目を思い出していただきましょう♪

「先行スパン1」「先行スパン2」は、2つを合わせて「雲(抵抗体・抵抗雲)」として使われますので、ここから先の解説では「雲」という呼び名で進めます(・∀・)
では改めて。全4つの要素を、それぞれの役割と共に紹介します↓

一目均衡表4つの要素の役割を示した画像

基準線 過去26日間の最高値・安値の中心値を結んだ線。
転換線と共に相場の方向性を見るために使われる。
転換線 過去9日間の最高値・安値の中心地を結んだ線。
基準線と共に相場の方向性を見るために使われる。
遅行スパン 今の価格(終値)推移を26日前に表示させた線。
ローソク足との位置関係から価格の方向性を見極めるために使われる。
先行スパン1・2の位置関係や間隔から価格の勢いと方向性を分析する為に、「色」を付けて雲のように見立てた指標

↑それぞれの線が持つ役割はなんとなくご理解出来ましたでしょうか?(・∀・)
では、次にもう少し具体的な見方「こう言う時は〇〇なんだよ!」という部分を紹介します♪

基準線・転換線

基準線と転換線の見方を記した画像

基準線と転換線はセットで使われます。基準線だけで見ることは無いですし、逆に転換線だけで見ることもありません。 「基準線と転換線はセット」 これは基本中の基本ですからね(・∀・)

↑この画像は基準線と転換線だけを表示させたチャートです。ご覧の通り、価格が上昇中の時は上から「ローソク足>転換線>基準線」という順番で表示され、価格が下落中の時は「基準線>転換線>ローソク足」という順番になります(´ー`)

上がれば「好転」、下がれば「逆転」

基準線と転換線の好転と逆転の画像

一目均衡表の中では、 価格が上昇すれば「好転」、価格が下落すれば「逆転」 という呼び方をします。
また、移動平均線にゴールデンクロス・デッドクロスというシグナルがあるように、一目均衡表では

  • 転換線が基準線を下から上に抜ければ「好転した(上昇シグナル)」
  • 転換線が基準線を上から下に抜ければ「逆転した(下降シグナル)」

遅行スパン

遅行スパンの説明画像

株や為替では、過去と現在の価格差に焦点を当てて分析をするコトが多々あります。
経済ニュースで紹介される「前日に比べて〇%上昇or下落」もそうですし、移動平均線もそうです。一目均衡表でも過去と現在の値動きに焦点を当てている要素があり、それが「遅行スパン」です(・∀・)

過去と現在といっても、遅行スパンの場合は「ローソク足26本前」の価格と比較します。「随分前だな〜」って思いますよね(笑)

遅行スパンの好転と逆転を示した画像

ただ。実はコレが結構当たるんですよ(・ω・)

  • 遅行スパンが26本前のローソク足を下から上に抜ければ「好転した(上昇シグナル)」
  • 遅行スパンが26本前のローソク足を上から下に抜ければ「逆転した(下降シグナル)」

雲(先行スパン1・2)

上昇雲と下降雲の画像

雲とは、先行スパン1と2の間にある「空間」から価格の勢い向きを判断するインジケーターです。
↓この画像は、雲のみチャートに表示させています。

↑赤い縦線でシマ模様になっているのが「上昇雲」、青い縦線でシマ模様になっているのが「下降雲」。それぞれ、

雲を使ったトレンド・レンジ判断の画像

という役割を持っています。
価格の向きは、 空間(雲)の面積が大きければ価格は上昇か下落に傾いている「トレンド」、逆に小さければ価格がどちらにも傾いていない「レンジ」 、という判断をします(´ー`)

↑画像の左側は、 雲が薄く平べったい 遅行スパンの見方 ですよね?また、価格も 高値安値を行ったり来たり しています。まさに「レンジ相場」の特徴です。
逆に画像の右側は、 雲の厚みが徐々に増して いますよね?価格も レンジの高値を更新し、その後も高値を更新し続けています。 まさに「トレンド相場」の特徴です^^

雲は「押し・戻り」を測る抵抗帯となるのか?

移動平均線を始め「〇〇線」を名乗る指標を用いたインジケーターでは、〇〇線を「抵抗線(レジスタンス)・支持線(サポート)」として捉え、その線を基準に押し目買い・戻り売りの判断をします。

一目均衡表の雲も「先行スパン1・2」という線で挟まれている為、雲の上限下限を抵抗帯・支持帯として見ます。また、「ローソク足が雲の中に入った・抜けた」という動きを見せた時は、「抵抗・支持帯抜け」として判断します。

ただし、一目均衡表の雲を抵抗・支持帯として過信するのは NG です。何故なら「雲」だから(笑)

一目均衡表の期間は設定変更した方が良いのか?

インジケーターの設定変更は、自分との相性を確かめたり、使い心地を良くするために欠かせない工程です。しかし、一目均衡表の場合は特殊で 「そのまま(デフォルト)が誰にとっても最適」 とされています。

その理由は、一目均衡表の生みの親「一目山人(いちもくさんじん)」という昔ブイブイ言わせてたすごい人が、7年も費やして導き出した答えが「9、17、26」という3つの期間だからですԅ(˘ω˘ԅ)

一目山人のお墨付き「9、17、26」について

細田悟一の画像

一目均衡表のデフォルトで設定されている「9、7、26」という設定についてですが、これは開発者「一目山人(本名:細田悟一)」が2000人掛かりで7年もの歳月を掛けて生み出した数字だそうです。

肩書きや役職でその人の実力を測ることは出来ませんが「ネットや参考書でかじった程度の知識や経験では到底及ばないレベルの知識を持っている人」だということは「一目瞭然」ですよね? “一目”だけに (笑)

なので「一目均衡表は黙ってデフォルト」でいいのです(´ー`)
※参照源:Wikipedia

一目均衡表の伝統的なシグナル2つ

三役好転の画像

「三役」とは、基準線&転換線、遅行スパン、雲の3つの総称です。この3つが全て「好転」している状態を三役好転(さんやくこうてん)と呼びます。
↓具体的な状況は以下の通り

この3つが全て揃う状況はそうそうありませんが、もしコレが確認できたら「強い上昇トレンドの可能性大」と考えてOKです(´ー`)

三役逆転の画像

コチラは「三役好転」とは正反対の状況を指します。

こちらも、条件が揃うことはなかなか無いので、もし全てそろったら「強い下降トレンドの可能性大」と考えて問題ありません^^

三役好転・逆転を「待つ」のはNG

三役逆転が出る順番を示した画像

↑上のような順番に出ます。稀に順番が変わりますが、基本はこの順番に出ると考えておいてOK(´ー`)
3つの条件が揃うまでに掛かる時間はその時々の状況で一変しますが、「思っているよりも遥かに時間が掛かる」と考えていただいて構いません(笑)
そのくらい時間が掛かるのです。

では「いつ三役好転・逆転を基準にすれば良いのか?」という点が気になりますよね(・∀・)

自分(筆者)は絶対的な使いみちを知っているわけでもありませんが「①、②が出たらエントリーしてもいんじゃない?」と思います。というか、ソレしかないと思います(`・ω・´)

三役逆転のエントリータイミングをABCに分けた画像


A:①を確認し、②が確認できたらエントリーを考える
B:実際にエントリーをする
C:雲抜けが確認できれば、含み益方向に強いトレンドが発生するサインなのでそのままホールド。爆益ゲッチュー。雲抜けが確認出来なければ、ソレ以上含み益は出ないのでそこで利食い。

一目均衡表と相性の良い組み合わせはコレだ!

一目均衡表の使い方の紹介をしてきましたが、その中で「エントリー判断」についてはあまり詳しく解説して来ませんでした。理由は、一目均衡表だけでエントリーを判断するのはあまりにも危険だからです( ಠ_ಠ )

これは一目均衡表に限らず全てのトレンド系インジケーターに同じことが言えます。なので、必ずMACDを始めとしたオシレーター系インジケーターと併用しましょう。

「一目均衡表×MACD」でエントリーシグナルを鮮明に

まずはチャートにMACDを表示させる

  1. チャートの「f」マークのボタンを押す
  2. 「メインウィンドウ」を選択し、「オシレータ」という列の中から「MACD」を選んで下さい。
  3. 期間設定はデフォルトのままにして、色や太さは自由に変えて結構です♪

MACDを表示させたチャート画像


MACDは表示出来ましたでしょうか?(・∀・)
続いてはMACDを使ったエントリーについて、具体的な方法を解説します。

MACDのシグナルは「下位足」で判断をする

まず、MACDを使ってエントリー判断をする時は「分析する時に見ていた時間足より短い足」で判断しましょう(´ー`)

これはMTF分析(マルチタイムフレーム分析)という考え方に則った方法です。簡単に言ってしまえば、 エントリーしたいポイントを下位足で細かく分析することで、エントリーの確度を高める という方法です。

MTF分析をしているチャートの画像

で、実際どの時間足を見ればいいのかというと、「1時間〜4時間」を基準に分析をしているデイトレーダーなら「5分足」がベストです。
「日足〜週足」を基準に分析をしているスイングトレーダーなら「1時間〜4時間足」がベストですね(・∀・)

具体的なエントリー判断の方法

1時間足の状況を①〜③で示した画像

↓下のチャート画像は、先程紹介しました「三役逆転」の条件の内「①転換線が基準線を上から下に抜けている」「②遅行スパンがローソク足を上から下に抜けている」までは揃っていますが、 「③ローソク足が雲を抜けている」はまだ確認できていない状況です。

③さえ確認できれば「三役逆転」なのですが、、、 雲抜けするまでかなり距離があります^^;
もちろん、このまま三役逆転の形成を待つのも全然有りなのですが、どうせなら雲抜けするまでも利幅に含めて大きく獲りたいですよね?(´∀`)ニヤリ

ですので、こういう時は下位足「5分足」の状況から1時間足のエントリーポイントの詳細を分析し、MACDの「売りシグナル」が出るかどうか?でエントリーを判断します^^

5分足の状況を①〜⑤で示した画像

5分足は①下降雲が出ていて、②基準線・転換線も下を向いている、③価格も安値を更新しているので下降トレンドと判断できます。

MACDを見ると、④0ライン(中心線)よりも下に来ているので売り圧力が強いことを示していますが、⑤少し逆方向に動きつつもありますね。売り圧力が徐々に弱まっているという証拠ですので、このまますぐにエントリーするわけには行きません(˘ω˘ )

では、この状況を打破できる「有力なシグナル」とは何か?というところですよね^^
エントリーの条件は状況で様々ですが、1番基本的で覚えやすいのが「MACDのデッドクロス・ゴールデンクロス」です。具体的には下の画像のような状況になったらエントリーしてもOKと考えて下さい^^

5分足のMACDがデッドクロスしている画像

↑この画像は、先程の状態から数時間経った後の画像です。①MACDが0ラインよりも上に来ている状態でデッドクロスが発生しています。これが「MACDの売りシグナル」の1つ(・∀・)

そして、ここでエントリーしたあとの決済は、②MACDが0ラインよりも下に来ている状態でゴールデンクロスしているところで行います。

一目均衡表の「雲」は、他のトレンド系インジケーターとの相性も良く、特に移動平均線との相性は抜群です( ・ิω・ิ)
もし、「愛なんてどうでも良いから、ガチで使える手法を教えて欲しい」と思っている方がいれば、是非↑コチラの記事をお読み下さい(哀)

インジケーター「一目均衡表」雲の使い方・見方・手法徹底解説!!

一目均衡表解説

みなさん、こんにちはこんばんはmake itのユースケです。 今日はついに僕の開発したイクシードシステムのエントリー動画をお届けします。 このシステムの特徴は、バンドウォーク回避に特化し .

他社の逆張りツールとイクシードシステムを見比べてみた結果が凄かった!!

みなさんこんにちは、こんばんはmake itのユースケです。 今日の動画はエントリー動画でもマインド動画でもありません!! 他社の逆張りツールと僕のイクシードシステムのチャートを見比べてみました^^ .

バイナリーオプションに役立つ 無料インジケータープレゼント中!!

こんにちは、こんばんはmake itのユースケです。 こちらの記事では、僕が無料で提供しているオリジナルインジケーターについてお話ししていきます。 ※この記事 .

プロトレーダーの方、こんなに簡単に勝ち続けてごめんなさい。。。

みなさんこんにちは、こんばんはmake itのユースケです。 ここまで勝つシステム!! プロトレーダー泣かせ、、、 今日もエントリー動画を撮りました^^ 最近このシステムが勝ち過ぎてエントリーが楽しく .

バイナリー取引き! 使うのはスマホ1台だけ! MT4も裁量もいらない極秘手法公開!

みなさんこんにちは、こんばんはmake itのユースケです。 今日の動画はスマホ1台で出来る、裁量もいらないMT4も見ない手法をお伝えしています。 こちらで紹介している手法 .

バイナリーオプションの一目均衡表とは?見方や必勝法を徹底解説!

海外バイナリーオプション業者のおすすめ口座比較ランキング11選【どこが人気?】 海外のバイナリーオプション業者ってどこがオススメなんですか? このような質問を多くいただくことが増えてきました。 そこで今回.

バイナリーオプションの一目均衡表とは?

バイナリーオプションの一目均衡表とは?

一目均衡表とは トレンドの転換を見極めるために考案 された、トレンド系のテクニカル分析です。

一見複雑に感じるインジケーターですが、各ラインの意味と見方さえ分かれば、 シンプルに活用できる点が特徴 になります。また明確なエントリーポイントが存在するため、他のインジケーターと比べて根拠の強いエントリーを行なえる点が強みです。

一目均衡表の中では、 相場の方向性を判断する基準として見られることが多い です。また中期的なトレンドを把握する際に役立ちます。

一目均衡表の中では最も短い期間となり、 短期トレンドを把握する際に役立ちます

一般的には 転換線との交差を確認することが多く、相場の転換時に転換線が基準線を追い抜く特徴 があります。

先行スパン1

先行スパン2

遅行スパン

ローソク足との位置関係から現在のトレンドを判断 します。

バイナリーオプションで一目均衡表の雲を活用する見方

バイナリーオプションで一目均衡表の雲を活用する見方

「雲」とは、 先行スパン1と先行スパン2の間にできる幅のこと です。また、先行スパン1と先行スパン2が重なる位置を「ねじれ」と呼び、雲がない状態を指します。

雲は一目均衡表の中でも重要な役割を持ち、 ローソク足の雲に対するアプローチから相場の動きを判断できることが特徴 です。

抵抗体の役割

雲は 厚さによって抵抗力が変化し、抵抗体の役割 を持ちます。

トレンドの予測

雲のねじれは、先行スパン1と先行スパン2の位置が逆転した場合に発生するため、 変化日としての役割 を持ちます。

【MT4】バイナリーオプションに適した一目均衡表の設定方法

【MT4】バイナリーオプションに適した一目均衡表の設定方法

設定方法①「Ichimoku Kinko Hyo」を開く

Ichimoku Kinko Hyo

次に「インディケータ」から「トレンド」を選択し「Ichimoku Kinko Hyo」をクリックしましょう。

設定方法②「期間」を設定

期間

「Ichimoku Kinko Hyo」を選択すると設定画面が表示されます。

「Ichimoku Kinko Hyo」の設定は 初期設定で問題ありません

転換線:9
基準線:26
先行スパンB:52

一目均衡表を活用したバイナリーオプションの攻略方法

一目均衡表を活用したバイナリーオプションの攻略方法

バイナリーオプションで一目均衡表を活用する際に、 最も重要な要素が「三役好転」と「三役逆転」 です。

「三役好転」と「三役逆転」は、一定の条件を満たした場合に 強いトレンドを示唆するポイント になります。

三役好転は、 以下の3つの条件を満たした場合に強い上昇トレンドを示すポイント です。

そのため三役好転が確認できた場合は HIGHエントリーに適したタイミング だと判断できます。

  1. 転換線が基準線を上抜け
  2. 遅行線がローソク足を上抜け
  3. ローソク足が雲を上抜け(雲は薄い方が強い)

三役逆転は、 以下の3つの条件を満たした場合に強い下降トレンドを示すポイント です。

そのため三役逆転が確認できた場合は LOWエントリーに適した タイミング だと判断できます。

  1. 転換線が基準線を下抜け
  2. 遅行線がローソク足を下抜け
  3. ローソク足が雲を下抜け(雲は薄い方が強い)

一目均衡表と相性の良いインジケーターを組み合わせたバイナリーオプション攻略法

一目均衡表と相性の良いインジケーターを組み合わせたバイナリーオプション攻略法

一目均衡表の「三役好転」と「三役逆転」は根拠としては強いものの、エントリー回数は少ない点がデメリットです。そのため 他のインジケーターと組合わせることで、一目均衡表の強みを活かしたままエントリータイミングを見極めること ができます。

一目均衡表×ボリンジャーバンドを活用したエントリー方法

ボリンジャーバンドは移動平均線と標準偏差を活用し、トレンドを把握できるインジケーターです。移動平均線の上下に±1σ・±2σ・±3σが引かれ、 バンドの大きさによって現状のトレンド・レンジ相場を判断 できます。

±1σのバンドに収まる確率:約68%
±2σのバンドに収まる確率:約95%
±3σのバンドに収まる確率:約99%

一目均衡表とボリンジャーバンドの組み合わせでは、 雲とバンドの広がりでエントリーを判断 します。

  1. ローソク足が「雲」の中を推移し上抜け
  2. ボリンジャーバンドが広がっている(エクスパンション)
  1. ローソク足が「雲」の中を推移し下抜け
  2. ボリンジャーバンドが広がっている(エクスパンション)

バイナリーオプションをボリンジャーバンドで徹底攻略!設定と使い方も解説 遅行スパンの見方 バイナリーオプションのテクニカル分析では、様々なインジケーターが活用されています。 その中でもよく登場する指標として「ボリンジャー.

一目均衡表×MACDを活用したエントリー方法

MACDはMoving Average Convergence Divergenceの略称で、相場の過熱感を示したインジケーターです。 MACD線・シグナル線・ヒストグラムの3要素から、 直近の値動きに対して敏感に反応する点が特徴 です。

一目均衡表とMACDの組み合わせでは、 雲とクロスのタイミングでエントリーを判断 します。

  1. MACDラインがシグナルラインをゴールデンクロス
  2. ローソク足より上にある「雲」が薄い場合
  1. MACDラインがシグナルラインをデッドクロス
  2. ローソク足より下にある「雲」が薄い場合

一目均衡表をバイナリーオプションに活用する際の注意点

一目均衡表をバイナリーオプションに活用する際の注意点

一目均衡表はエントリーする相場の状況によってダマシが多くなる場合もあるため、 エントリーポイントをしっかり見極めることが重要 です。

レンジ相場ではダマシが多い

一目均衡表はレンジ相場の場合ダマシが多くなるため、 すべてのタイミングでエントリーしないように注意が必要 です。

また 「雲」以外にも、転換線と基準線もダマシが発生しやすい といえるでしょう。

したがって一目均衡表だけでエントリーを決めるのではなく、ほかのインジケーターで現在の相場を確認しましょう。 エントリーする際は、現在がトレンド相場なのかを判断することが重要 です。

エントリータイミングが少ない

しかし エントリー回数が多くないため、利益をあまり積み上げられない点がデメリット として挙げられます。

しかしバイナリーオプションの一目均衡表においても、 ほかのインジケーターを活用すればエントリー回数を増やすことが可能 です。本記事でも「一目均衡表と相性の良いインジケーターを組み合わせたバイナリーオプション攻略法 」で解説しているため、ぜひ実践してください。

バイナリーオプションで一目均衡表を完全マスターするには

バイナリーオプションで一目均衡表を完全マスターするには

もちろん「三役好転」と「三役逆転」も十分に活用できるエントリーポイントですが、 一目均衡表を使いこなすには他のインジケーターとの組み合わせが必要不可欠 といえます。

本当に一目均衡表で勝てるように活用していくためには、5本のラインをはじめ 一目均衡表について完璧にマスターしているプロトレーダーに学ぶのが近道 です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる