FX基本用語

人気のFX本はどれ

人気のFX本はどれ
トレンド判断のイメージ

【2022年版】アフィリエイトの勉強におすすめの本16選【読みやすさ別】

アフィリエイトについて総合的に解説された 教科書的な一冊 。アフィリエイトで必要になる各種サービスについての説明から初期設定、具体的な運用の方法に至るまで、丁寧にレクチャーされています。 アフィリエイトについての知識がほとんどない未経験者 を対象に書かれた本なので、既にアフィリエイトサイトの運用経験がある人や、さらなる発展を目指す中級者以上には向きませんが、これから動き出そうとしている方には難易度的にピッタリでしょう。

特に、アフィリエイトサイトの傾向を、 商品をターゲットにした「商品軸アフィリエイト」と、書き手のキャラクターを中心にした「自分軸アフィリエイト」 の2種類に分ける考え方は、現在では「特化型ブログ」と「雑記型ブログ」として周知され、アフィリエイト戦略の定石として定着しています。これらの運用手法の基本をおさらいしたい人にもオススメできます。

刊行は2015年ですが、アフィリエイトの基本を解説した本だけあって、内容はほとんど古びていません。 アフィリエイトの手法の全体像を改めて概観したい人や、ウェブで得た知識の抜けや漏れを埋め合わせたいという人 にも、手にとって欲しい一冊です。

読みやすさ ★★★★★
難易度 ★★★
実用性 ★★★

「マンガでわかるWebマーケティング 改訂版 ―Webマーケッター瞳の挑戦! ―」

人気のFX本はどれ
読みやすさ ★★★★
難易度 ★★
実用性 ★★★

「10年稼ぎ続けるブログを創る アフィリエイト 成功の仕組み」

読みやすさ ★★★
難易度 ★★★★
実用性 ★★★★★
読みやすさ ★★★★
難易度 ★★★★
実用性 ★★★

自分自身をブランド化して商品として売り込む、いわゆる 「セルフブランディング」のための戦略 をまとめた一冊です。

大きな市場で勝負を挑むよりも、狭い市場でトップを目指す。個々は凡庸な能力でも、複数を掛け合わせることで、レアなパーソナリティを確立できる、といった、 個人の価値を最大化し、それを活かす市場を見つけ出す ためのノウハウが解説されています。

雑記型ブログで 書き手のキャラクターを前面に出して勝負したい と考えている人、また、SNSやYouTubeなども含めて、 ウェブのインフルエンサーとして影響力を強めたい と考えているなら一読しておくべき内容です。

人気のFX本はどれ
読みやすさ ★★★★
難易度 ★★★
実用性 ★★★

『必携 インターネット広告 プロが押さえておきたい新常識』

それから20年余りの間に、飛躍的に発展した インターネット業界のマーケティング技術の蓄積 を、順を追いながら丁寧に解説したのが本書です。

最新の広告やマーケティング事情だけでなく、そこに至るまでの過程や時代背景までを射程に収めているため、ウェブ広告について より深い理解を得たい人には最適 な教科書になるでしょう。

人気のFX本はどれ
読みやすさ ★★★
難易度 ★★★★
実用性 ★★★

『Google AdSense マネタイズの教科書』

特に、クリック単価よりもRPMを重視する、競合を恐れず大きな市場を狙う、離脱率や直帰率よりも即離脱を回避するといった、Googleアドセンスの 特性に着目して考案された戦略 の数々は必見。

読みやすさ ★★★
難易度 ★★★★★
実用性 ★★★★

ビジネスシーンでKPI(Key Performance Indicators)の重要性が指摘されるようになって久しいですが、効果的に運用されている事例はあまり多くはないようです。

それはアフィリエイトビジネスにおいても例外ではなく、KPIを設定した運用が、単なる数字至上主義に陥っているという声をよく耳にしますが、本書は KPIを軸にしたマネジメントの本質的な理解を得られる 一冊です。

KPIを決める前に、まずはKGI(最終目標)とCSF(最重要プロセス)を定義し、この両者の関係のもと、コントロール可能な数値としてのKPI(重要業績評価指標)を導き出すという基本に立ち返り、その 過程に求められる考え方 を丁寧に説明しています。

サイト運営に付随する 数字に惑わされている人 におすすめしたい書籍です。

人気のFX本はどれ
読みやすさ ★★★
難易度 ★★★★★
実用性 ★★★

いずれもプロの視点からの記述なので、かなり本格的。初心者向けのハウツー書籍を卒業した 中級者以上向けの内容 となっています。

最前線に立つメディアの造り手たちが、 何を考えて情報を発信しているのか を知ることができます。

読みやすさ ★★★
難易度 ★★★★
実用性 ★★

サイトを公開するまでのテクニックを解説した本はたくさんありますが、公開した後にサイトを 分析 し、 人気のFX本はどれ 改善を実施するノウハウ について力を入れて解説しているのが本書です。

「KPIの設定」 と 「PDCAの循環」 という基本をベースに、改善ポイントの発見と、改善策の実施についての具体的なノウハウが満載で、 メディアの目的 人気のFX本はどれ を定義し、それを掘り下げることで 施策に落とし込む までの手順を、 論理的な筋道 に沿って実演しています。

ウェブマーケティングにおける、まさに 教科書となる一冊 で、アフィリエイターも多くの学びを得ることができるはずです。

読みやすさ ★★
難易度 ★★★
実用性 ★★★★

ライティング

「沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—」

読みやすさ ★★★★★
難易度 ★★
実用性 ★★★★
読みやすさ ★★★
難易度 ★★★★
実用性 ★★★★★
読みやすさ ★★★★
難易度 ★★★
実用性 ★★★★

文章の「型」に着目し、その構造から文章の書き方を解説した本です。
「主張型文章」「ストーリー型文章」「直観型文章」の3パターン に大きく分けられ、それぞれが論文形式、物語形式、エッセイ形式の文章に対応しています。

これらの中でも、特にウェブでの文章作成において参考になるのは、「主張型文章」のパートでしょう。
これは 最初に問題設定を行い、それに対する解決策を提示するかたちで構成される文章 で、アフィリエイトサイトの多くは、この形式で記事を作ることになるはずです。

長い文書を書くときも主題から脱線せずに、それでいて単調な繰り返しに陥らずに、読後に一定の納得感を与える、 バランスのいい情報の配置の方法 を知ることができます。

文章全体の構成の考え方に特化した内容なので、ディテールの手法についての説明はほとんどありませんが、「文章を書くことはできるけど、 途中で筋道が外れて結論がよく分からなくなる…… 」といった悩みを抱えている人におすすめです。

人気のFX本はどれ
読みやすさ ★★★
難易度 ★★★
実用性 ★★★

元マイクロソフト日本法人社長にして、数多くの著書のある成毛眞氏が、 SNS向けの文章の書き方 について解説した本です。
SNSの運用方法を論じた本は少なくないですが、本書のようにSNSに投稿する文章の内容について具体的に踏み込んだ本は非常に稀。

特に、 文章の推敲のプロセスを詳細に解説 しているのが特徴で、誤読や炎上を回避しながら、限られた文字数の中で豊かな表現を行うための工夫が、著者の過去の投稿をサンプルにしながら丁寧に説明されています。

タイトルには「バズる」とありますが、内容的には一発当てるというよりも、 着実にフォロワーを増やすための堅実なテクニック が中心。
紹介されている手法は、硬質で正統的な文章を最後までユーザーに呼んでもらうためのものが多く、ラフで口語的な文章が氾濫しがちなSNSにおいて、 情報密度とクオリティに優れた日本語を発信したい と考えている人には最適でしょう。

読みやすさ ★★★★
難易度 ★★★
実用性 ★★★★

文章の書き方に関する本は定期的に出版されていますが、本書ではそれらに 共通する内容を抽出してランキング化 するという、他に類例のない試みを行っています。

各書籍に共通する要点のみをまとめた極めてシンプルな構成で、文章術本にありがちな冗長な説明が一切ない分、分かりやすさでは群を抜いていますので、 上手く書くためのノウハウを最小の労力で知りたい 、というニーズに応える一冊です。

投資家が注目している移動平均線の期間とは?移動平均線の組み合わせ例も解説!

投資家が注目している移動平均線の期間とは?移動平均線の組み合わせ例も解説!

テクニカル指標・チャート分析

FXが取引されている日数と移動平均線の関係

この200日ですが、世界中の投資家は200日移動平均線をトレンド転換点としての判断に極めて重要視しています。

移動平均線でよく使われている期間

グランビルの法則を唱えたジョセフ・E・グランビルは、 研究により200日移動平均線がもっとも信頼性が高い と判断し、後に世界中に広まりました。

足種別、移動平均線でよく使われている期間
足種期間
日足5日、10日、20日、21日、25日、
50日、75日、100日、200日など
週足13週、26週、52週など
月足12ヶ月、24ヶ月、60ヶ月など

FX各社が採用するデフォルトの期間

FX会社名デフォルトの期間
10日、25日、75日
5日、20日、90日
(200日、350日)
25日、50日、75日
10日、20日、75日
10日、25日、75日
5日、25日、75日
5日、25日、75日
25日、50日、75日
15日、45日、75日
25日、50日、75日
5日、13日、21日
10日、25日、75日
5日、21日、90日
人気のFX本はどれ 5日、13日、21日

なおFXプライム byGMOのスマートフォンアプリ・PRIMEアプリSは、 デフォルトは3本の移動平均線ですが、設定変更で最大5本まで表示させることが可能 です。

移動平均線の期間はどの組み合わせがベスト?

人気のFX本はどれ

期間の組み合わせ例
短期派(日足)「5・10・25」
「5・20・40」
中期派(日足)「5・20・75」
「10・25・75」
「20・40・200」
「25・75・200」
長期派(週足)「13・26・52」

移動平均線は長期線から見ていこう!

長期足種から短期足種の順番でトレンド判断

トレンド判断のイメージ

「20SMA」と「21SMA」

20SMAや21SMA、20EMAや21EMA、どれが優れているということでもなく、1ヶ月の営業日は日数と祝日によって変わってきます。
20日〜25日の中で、あまり神経質にならずに自分が使いやすい期間で設定するのがいい でしょう。

そのため流動性が低いクロス円で移動平均線の設定を考えるよりも、 流動性が高い通貨ペアの中長期チャートで移動平均線の推移に注目するのがおすすめ です。

お知らせ・プレスリリース

人気エコノミスト エミン・ユルマズ氏が解説 4月27日開催オンラインセミナー 「2022年の為替相場見通しとインフレ時代のFX投資」

人気エコノミスト エミン・ユルマズ氏が解説
4月27日開催オンラインセミナー
「2022年の為替相場見通しとインフレ時代のFX投資」

【オンラインセミナー「2022年の為替相場見通しとインフレ時代のFX投資」】
昨今、深刻なインフレに直面している米国と日本の金融政策が大きく乖離し始めています。そこで本セミナーでは、エミン氏が2022年の為替相場の見通しと共に、「ドル高円安はどこまで進むのか?」「今からFX投資を始めるには何を知ればいいのか?」などをテーマに解説いたします。これからFXを始めたい方やFXを学びたい方はもちろん、既にFX取引されている方にも満足いただける内容の濃いセミナーです。セミナー終了後には、質疑応答の時間も設けておりますので、お気軽にご参加ください。

    人気のFX本はどれ 人気のFX本はどれ
  • ※ご登録いただいたアドレスに招待URLが届きますので、当日はそのURLからご参加ください。
  • ※ 本セミナーの内容は予告なく変更する場合がありますのであらかじめご了承ください。
  • ※ 本セミナーにはFX取引口座の勧誘を目的とする内容が含まれます。
  • ※ 本セミナーは投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、売買を推奨するものではありません。お取引に関しましてはご自身で判断されますようお願いします。
  • ※ お客さまからいただいた情報は、当社開催のセミナー・イベント関係以外では使用しません。
  • 人気のFX本はどれ オンラインセミナーの運営にあたっては、サービスの安定運用に万全を尽くしていますが、お客さまのパソコン環境やご利用のインターネットの接続状況によって は、やむを得ず中断される可能性があります。その場合、当社では責任を負いかねますので、あらかじめご了承のうえ、ご参加ください。

【簡単・おトクにはじめられるGMOあおぞらFXについて】
「GMOあおぞらFX」は、当社の個人または法人口座を開設済みであれば、インターネットバンキングへログインし、「FX取引口座」から簡単にお申し込みいただけます。お手続きは、個人のお客さまはマイナンバーのご提出のみ、法人のお客さまは追加書類不要で、最短当日からお取引を開始いただけます。
また、新規でFX取引口座を開設されるお客さまに向けて、以下の常設プログラムを用意しているほか、注目の経済イベントをTwitterを通じて発信するなど、外貨サービスに関心をお持ちいただくための取り組みを継続しています。

■ 【常設プログラム】新規にFX取引口座開設&お取引で最大60万円キャッシュバック

■ 公式Twitterで最新情報の配信
公式Twitter「テックま(@techma_gmoaoz)」で、注目の経済イベント情報を毎週月曜日の10時に配信しています。そのほか、インターネットバンキング上に豊富な情報コンテンツをご用意していますので、お取引のご参考としてぜひご活用ください。

【GMOあおぞらネット銀行株式会社について】
「すべてはお客さまのために。No.1テクノロジーバンクを目指して」をコーポレートビジョンに掲げ、新しいネット銀行として2018年7月に誕生しました。システム開発を内製化することで、お客さまに寄り添った金融・決済サービスをスピード感をもって提供しています。オンラインでの口座開設申込や、申込から利用開始までのスピード、各種手数料の安さ、利便性の高い資金調達サービス、銀行APIの充実などを理由に、スモール&スタートアップ企業のお客さまを中心にご利用が急増していることを受け、中長期の戦略として3つの大きな柱「1.スモール&スタートアップ企業向け銀行No.1」、「2.組込型金融サービスNo.1」、「3.テックファーストな銀行No.1」を掲げ、“お客さまのビジネスの成長=当社の成長”として、共に成長する銀行であるべく、当社一同、新たなシステムの開発や、サービスの提供などに向けて邁進しております。

【参考URL】

人気のFX本はどれ
GMOあおぞらFX(個人) https://gmo-aozora.com/priv/fx/
GMOあおぞらFX(法人) https://gmo-aozora.com/business/fx/
マーケット情報(個人) https://gmo-aozora.com/priv/market/
マーケット情報(法人) https://gmo-aozora.com/business/market/list.html

【GMOあおぞらネット銀行株式会社 会社概要】
本店:東京都渋谷区道玄坂1―2―3 渋谷フクラス
代表者:代表取締役会長 金子 岳人、代表取締役社長 山根 武
資本金:172億9,003万円
設立年月日:1994年2月28日
登録金融機関:関東財務局長(登金)第665号
一般社団法人 金融先物取引業協会加入
URL:https://gmo-aozora.com/

【報道関係者さまからのお問い合わせ】
GMOあおぞらネット銀行株式会社 コーポレートコミュニケーショングループ 細田・免田
TEL: 03-4531-2323 E-mail:[email protected]

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる