投資徹底攻略

使用方法とおすすめトレード手法

使用方法とおすすめトレード手法

ユーロドルの1時間足チャートでの上方向へのラインブレイク

ピボットポイントの使い方とFXトレード戦略をTradingViewで解説

ピボットポイントの使い方とトレード手法をTradingViewで解説

テクニカル分析

ピボットは、日々の相場変動はピボット(回転軸)を中心に振幅すると仮定した手法で、 デイトレードやスキャルピング などの短期売買に相性抜群 の指標です。

仙人

ピボット(ポイント)とは

ピボット(Pivot Point)は「リアクション・トレンド・システム」ともいい、ロンドンやNYの海外トレーダーや機関投資家が好んで使用している、 相場の方向性を判断 し サポート/レジスタンスラインを可視化するための インジケーターです。

  • 相場トレンドの方向性を判断。
  • サポート/レジスタンスラインを可視化。
  • レンジ相場で利益を出すための指標だが、トレンド発生時はトレンド追随の指標になる。

特に前日の日足から計算されるその日のピボット(デイリーピボット)はかなり重要になってきます。 超有名な値なので市場参加者みんなが見てる数字だからです 。

RSI や移動平均線 とは違い、独自設定項目がなく多様性がない分、ピボットを使ってトレードをする人は、 ほとんどの人が同じラインを見ていることになります( 恣意性が排除されている )。

ピボットは4種類に大別できる

  • Floor Pivot(フロアピボット)…基本的なピボット
  • Fibonacci Pivot(フィボナッチピボット)…計算式にフィボナッチ数 が組み込まれている
  • Woodie Pivot(ウッディピボット)…終値を重視
  • Camarilla Pivot(カマリラピボット)…価格の行き過ぎを重視

この記事では基本であるFloor Pivot(Basic Pivot)について解説します。

ピボットは7ラインで構成されている

ピボットは、前日のローソク足の4本値(高値・安値・終値)から、次のローソク足における反転ポイントを予測し、ピボットライン、レジスタンスラインとサポートラインをピボットの上下それぞれ3つ、合計7つのライン(使用方法とおすすめトレード手法 S3、S2、S1、PP、R1、R2、R3)から成っています。

  • PP: 前日の真ん中あたりの値、基準となる値(Pivotポイント)
  • R1、S1: 昨日と同じような相場になった場合に収まる範囲
  • R2、S2: 大きく動く相場になった場合に収まる範囲
  • R3、S3: 想定以上の強いトレンドが出た場合に到達するライン

Pivotの求め方

ピボット上方3本のラインは、レジスタンス(上値抵抗線)の意味のRから、R1、R2、R3となります。ピボット下方3本のラインは、サポート(下値支持線)の意味のSから、S1、S2、S3となります。

ピボットポイントの見方

その日のピボットの値は前日の終値、高値、安値で決まります 。
そのため、次の日になると完全にリセットされ、また新しい値になるので その日のみ有効な値といえます 。

FXラインブレイク手法とは?意味と使い方解説

FXラインブレイク手法

FXラインブレイク


チャート上でのレジサポは色々ありますが、ここでは価格そのものを指します。
その価格に水平線ラインを引き、ブレイクする動きを見てトレードしていきます。

ショート(売り)時のラインブレイクチャート

fxラインブレイクチャート


ユーロドルの1時間足チャートでの下方向へのラインブレイク
直近安値を切って一気に価格が下落しています。
(チャートパターンのヘッドアンドショルダーの形にも見えます。)

ロング(買い)時のラインブレイクチャート

FXラインブレイク図


ユーロドルの1時間足チャートでの上方向へのラインブレイク

fxラインブレイク図15分足

上記の1時間足のロングブレイクの部分を15分足で見ると以下になります。

もみ合いレンジから一度下ヒゲつけてから、一気に上にあげています。
(大きく動く場合には、一度反対方向に助走つける場合があります。→ダマシブレイク)

FXラインブレイク手法の使い方

FXラインブレイク手法のやり方 解説動画

為替相場の値動きには一定のクセ(習性)がありますが、
安定してトレード勝率を上げるためには、
単に機械的にエントリーするだけでなくしっかりと裁量判断して、
相場状況に応じてトレードを工夫していく能力が必要です。

レジサポライン(水平線)の引き方

単にラインを抜けたらエントリーというだけでなく、
しっかりと「節目となるライン」であるかを理解していき、
大きく値動きする重要なレジサポラインを見極める必要があります。

ダウ理論によるトレンド状況把握

FXラインブレイク図騙し


上記の場合はいったん騙しで下に下げてから、上昇しています。
長期足のトレンドにしたがってラインブレイクして上昇していきました。

チャート環境認識力(チャートリーディング)が重要

FXトレードのラインブレイク手法はつまるところ、
「節目のレジサポラインを引いて、そこでの値動きを見てエントリー」
このようなシンプルなものになります。

ただ最初はそれだけではなかなかうまくいくものでなく、
「いったいどこのラインでブレイクしていくんだ??」
最初はこのように思われていくと思います。

そういった際におすすめするのは、
過去チャートを検証して実際に大きく動いている相場パターンを理解することです。

※ラインブレイク手法の注意点
2020年12月現在、ラインをブレイクしてもそのまま価格が伸び続ける相場が少なくなった状況です。
なので早めに利確して一旦逃げておき、
押し目、戻り目を狙って再度トレンドフォローしていくのが無難なトレード戦略となっています。

ラインブレイクを学ぶのにおすすめの教材

きちんと入るべき場所でエントリーできれば、高い勝率と利幅も期待できます。

初期段階でのトレード手法はきちんと手順通りに実践していき、
利益を出しながら実力をつけていくのが最適と言えます。
(誰だって損するより利益出る方がいいですし)

FXラインブレイク教材

ベテラントレーダーFXB氏のトレード教材。 使用方法とおすすめトレード手法
ラインブレイク手法をよりシンプルにトレードルール化したい方におすすめ。
また、グランビルの法則2番でのトレード手法や、環境認識力を向上させる総合的なFX教材となっています。

得意なエントリーパターンを作っていく

FXで長期的に安定して利益を積み上げていくには、
ラインブレイク手法は基本的なエントリールールとして実践しつつ、
更に他のチャートパターンでも得意なエントリーパターンを作っていくべきです。

チャートリーディングの基礎力をつけた状態で、
過去チャート検証して環境認識力をつけていけば、
トレードの精度と実力はどんどん向上していきます。

FXのやり方・取引手法|実例を交えてわかりやすく解説

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。その後国内大手仮想通貨取引所Coincheckでトレーディング業務、新規事業開発に携わり、NYのブロックチェーン関連のVCを経てCWC株式会社を設立。証券アナリスト資格保有 。
Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

FXのやり方(取引手法の種類)

スキャルピング

スキャルピングとはかなり短い時間で売り買いを完了させる取引手法となっている。

スキャルピングの特徴

  • 数十秒から数分程度で売り買いが完了するほど保有期間が短い
  • 保有期間が短いため判断までの時間がない
  • 取引ルールを厳格に決め、守らないと大きな損失を被りやすい
  • 取引中は移動せずにマーケットをチェックする必要がある

スキャルピングは上記の通り、取引初心者には不向きな取引手法である。

デイトレード

デイトレードは1日の間にエントリーから決済まで完了させる取引手法である。

デイトレードの特徴

  • 1日でエントリーから決済まで完了するためリスク管理がおこないやすい
  • 利益確定と損切りポイントを最初に確定させることで日中チェックする必要がなくなる
  • 日の終わりに取引のフィードバックができるため日々勉強する習慣がつく

一方で短期的な値動きを予想するのは初心者には難しいといえるため、中級者向きのトレード方法といえるだろう。

スイングトレード

スイングトレードは数日から1週間の間に取引を完了させる取引手法である。

スイングトレードの特徴

  • 数日から1週間の間に取引を完了させるというルールがあるため塩漬けを回避できる
  • トレンドに乗って利益が発生した場合の利益の幅が大きい
  • 1週間単位で相場分析できるためゆっくりと取引判断をおこなうことができる

中長期トレード

中長期トレードはFXを資産運用として長期で取引をおこなう手法である。

中長期トレードの特徴

  • 長期でおこなうためゆっくりとしたスタンスで判断をおこなうことができる
  • 資産運用としてドルコスト平均法※でリスクをコントロールしながらおこなうことができる
  • レバレッジを抑えることで利益確定と損切りラインの位置を広く設定することができる

長期投資は数ヶ月から数年単位の大きなトレンドの方向性で取引をおこなうため、方向性を誤りにくいという特徴がある。

レバレッジは低めに抑え、利益確定の位置や損切りの位置を広めに余裕を持たせつつ取引をおこなうことが大切である。

FXでの順張りと逆張りとは

順張りとは相場の方向性と同じ方向でポジションを取ることである。

相場の格言でも「trend is friend(トレンドは友達)」という言葉があるほど、順張りは堅実に運用するためのものといわれている。

逆張りとは相場の方向性とは逆の方向でポジションを取ることである。

まずは順張り投資をおこない、リスクコントロールに慣れてきたら逆張りのエントリーも検討してみるという流れで取引を進めてみることをおすすめする。

<順張り>
相場の方向性と同じ方向でポジションを取ること
<逆張り>
相場の方向性とは逆の方向でポジションを取ること

取引をおこなうための分析手法

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析の特徴

・大きな方向性を捉えるための分析手法
・正確なエントリーポイントや水準は判断できない
・一朝一夕に学べるものではないため日々勉強することが必要

ファンダメンタルズ分析は相場の大きな方向性を判断するためにおこなう分析手法であるため、長期的な資産運用のためにFXをおこなうような投資家には学ぶべきものである。

テクニカル分析

テクニカル分析は過去のチャートの値動きから将来の値動きを把握するというものである。投資対象は異なっても投資をおこなうのは人間であるため、人間の心理が値動きを作り出している。

<ファンダメンタルズ分析>
相場の大きな方向性を判断するためにおこなう分析手法
<テクニカル分析>
過去のチャートの値動きから将来の値動きを把握する

FX初心者でも使える取引手法の実例

移動平均線の利用法と工夫したやり方

移動平均線とは設定した一定期間の価格から平均値を計算し、計算された数値を一つの線で結んだものである。

ただし、そのエントリーの条件として「一度移動平均線を為替レートが抜けてしまい、再度移動平均線を超えてきたら買う」という条件をつけるだけで勝率を上げることができる。

ボリンジャーバンドの利用法と工夫したやり方

移動平均線を中心として上下に標準偏差から作成したラインを表示させて、確率的にどのような確率でそのライン内に価格が収まるかというものを視覚的に表したものである。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる