内部者取引

FXテクニカル分析の基礎を徹底解説

FXテクニカル分析の基礎を徹底解説
出典:Tradingview

パイオラック、今期配当を77円増額修正

ある状態が続いていることに要因があることを認識するとともに、資本効率性を上げていくことが重要であるとの結論に達しました。それに伴い、2023 年3月期から2025年3月期までの3年間の配当方針を変更することといたします。(2)変更の内容1、変更前当社グループは、最大より最良を目指す「質重視」の経営方針に基づいて収益力の向上、財務体質の強化を図っておりますが、株主の皆様に対する利益配分につきましては、安定配当の継続をベースとしつつ、業績に裏付けられた弾力的な利益還元を行うことを基本方針としております。2、変更後当社グループは、株主価値ひいては企業価値の向上を図るためには、正のEVAスプレッドの維持向上が必要不可欠であると考えており、最大より最良を目指す「質重視」の経営方針に基づいて収益力の向上及び資本効率性の向上を目指します。株主の皆様に対する利益配分につきましては、企業価値向上に資する成長投資を確保しつつ、資本効率性を勘案した、弾力的な利益還元を行うことを基本方針としております。また、状況に応じて、自己株式の取得など総還元性向に軸足を置いた諸施策を機動的に実施してまいります。なお、2023年3月期から2025年3月期までの3期間は、自己資本の積み増しの抑制とグループキャッシュマネジマントの徹底により、連結配当性向100 %を目標に配当を実施してまいります。(3)変更の時期2023年3月期第2四半期末の配当より適用いたします。なお、2022年3月期は従来どおり、1株当たり年間45 円(中間 22.FXテクニカル分析の基礎を徹底解説 5 円、期末 22.5 円)を予定しております。2. 配当予想の修正(1)修正の内容(2023年3月期配当予想)修正の内容については、下記2. 修正の内容に記載のとおりです。(2)修正の理由上記の配当政策の変更をふまえ、2023 年3月期の配当予想につきましては、1株当たり50円から127円に修正(増配)いたします。※2024年度(2025年3月期)を最終年度としてローリングした新中期経営計画の詳細につきましては、2022年6月9日に公表する予定です。

配当予想の修正

上期配当【修正】

FXテクニカル分析の基礎を徹底解説FXテクニカル分析の基礎を徹底解説 FXテクニカル分析の基礎を徹底解説
決算期 1株配 発表日
旧 22.04-09 25 22/05/12
新 22.04-09 60 22/05/30
修正額 +35

年間配当【修正】

決算期 1株配 発表日
旧 2023.03 50 22/05/12
新 2023.03 127 22/05/30
修正額 +77
※上記の業績表について
  • ・「連」:日本会計基準[連結決算]、「単」:日本会計基準[非連結決算(単独決算)]、「U」:米国会計基準、「I」:国際会計基準(IFRS)、「予」:予想業績、「旧」:修正前の予想業績、「新」:修正後の予想業績、「実」:実績業績、「変」:決算期変更
  • ・[連結/非連結]決算区分の変更があった場合は、連続的に業績推移を追えるように、連結と非連結を混在して表示しています。連結と非連結が混在しない場合は、「連」「単」表記は省略します。
  • ・決算期表記後の「*」は上場前の決算を示し、2018年以前に新規上場した銘柄では1株あたりの項目は株式分割などによる換算修正は行っていません。
  • ・前期比および前年同期比は、会計基準や決算期間が異なる場合は比較できないため、「-」で表記しています。
  • ・米国会計基準と国際会計基準では、「経常益」欄の数値は「税引き前利益」を表記しています。
  • ・業績予想がレンジで開示された場合は中央値を表記しています。

  • ・本日の【決算・業績修正】銘柄一覧
  • ・膨らむ再編思惑、「上場グループ会社解消」で浮上する銘柄群 <株探トップ特集> (05/28)
  • ・【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (5月27日現在)
  • ・今期活躍期待の【連続最高益】銘柄リスト〔第3弾〕35社選出 <成長株特集> (05/29)
  • ・本日の決算発表予定 … 東和フード (5月30日)
  • ・井出真吾(ニッセイ基礎研)が斬る ―どうなる? 半年後の株価と為替― (05/28)
  • ・【植木靖男の相場展望】 ─近づく米国株底入れで次世代テーマ鮮明へ (05/28)
  • ・【和島英樹のマーケット・フォーキャスト】 ─企業業績は下期から回復局面へ、.. (05/29)
  • ・バリュー株優位はいつまで? バリュエーション格差に見る「割高・成長株」の逆襲 (05/25)
  • ・【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─日本に幸運もたらすインバウンド、関連株の.. (05/29)FXテクニカル分析の基礎を徹底解説

【特集】 大反騰リベンジ相場へ! 国策に乗る「サイバー防衛」復活の5銘柄 <株探トップ特集>

DX時代に忘れてはならないのが、サイバー攻撃への対応である。日本でもサイバー警察局の発足など、政府の対策に本腰が入ってきた。

このトヨタの生産ライン全停止の報道はセンセーショナルだったが、実際その後も同様な被害が後を絶たない。ブリヂストン [東証P]は米国子会社がサイバー攻撃を受けたことで、2月下旬から数日間にわたり工場の稼働を一時停止したことを発表。また、三櫻工業 [東証P]も3月に米国子会社がランサムウェアによる攻撃を受け、社内情報が漏洩する事態に陥った。パナソニック ホールディングス [東証P]もカナダの子会社がランサムウェアに感染し、社内情報が流出したことを4月初旬に発表している。もちろん、これらは氷山の一角に過ぎず、企業側にとって、サイバー防衛はグループを挙げての喫緊の課題となっていることは間違いない状況だ。

網屋 [東証G]は昨年12月に旧マザーズ市場に新規上場したニューフェースだが、データセキュリティー事業とネットワークセキュリティー事業の2部門に特化しSaaS (必要な機能や分量のみをネット経由で利用者に提供)を軸にストックビジネスに傾注、収益高成長トレンドに乗っている。21年12月期営業利益は前の期比40%増の2億6000万円と急拡大したが、22年12月期も2ケタ成長トレンドを継続、前期比17%増の3億300万円を見込んでいる。2月にログ分析の専門チームがログを活用してセキュリティー対策を一括代行するサービスを始動、今後の需要開拓が期待されている。株式需給面では今月20日から貸借銘柄に選定され、流動性が高まることも人気素地の増幅につながる。

サイバートラスト [東証G]は認証・セキュリティー事業を主力とし、組み込みと電子認証技術を融合したIoT事業にも展開。SBテクノロジー [東証P]が同社の過半の株式を保有する親会社だ。安全性を徹底的に検証しリスクを排除するゼロトラストでは、デバイス証明書発行管理サービス「デバイスID」に新機能を付加したプレミアムバージョンを追加拡充し、需要開拓に努めている。業績は大幅成長路線をまい進し、売上高・利益ともに過去最高を更新し続けている。22年3月期営業利益は前の期実績の1.5倍となる8億6800万円と変貌、23年3月期も前期比15%増益の10億円予想と高成長が続く。株価も新値圏にあるが、昨年4月上場直後につけた最高値から見れば時価はまだ半値以下の水準だ。

  • ・今期活躍期待の【連続最高益】銘柄リスト〔第1弾〕34社選出 <成長株特集> (05/22)
  • ・ 東証マザーズETFに異変察知、短期勝負で成功した技 (05/21)
  • ・ 最近の冴えない相場でも資産倍増、億り人達成 (05/20)
  • ・【村瀬智一が斬る!深層マーケット】相対的に日本株の底堅さが意識され、業績再.. (05/21)FXテクニカル分析の基礎を徹底解説
  • ・【サイバーセキュリティ】関連の銘柄一覧
  • ・まだ間に合う、5月配当【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (05/21)
  • ・利益成長【青天井】銘柄リスト〔第3弾〕 32社選出 <成長株特集> (05/19)
  • ・10万円以下で買える、今期最高益&低PER 22社 【プライム】編 <割安株特集> (05/20)
  • ・個人投資家・有限亭玉介:インベスト・イン・キシダ成るか?直近の注目株.. (05/21)
  • FXテクニカル分析の基礎を徹底解説
  • ・EVシフト加速、政府本腰で「充電器」関連株に上昇旋風吹く <株探トップ特集> (05/18)

仮想通貨のデイトレードの特徴や始め方・具体的な稼ぎ方を徹底解説|どんな人におすすめ?

daytrade

利益を得られるチャンスが多い

出典:Tradingview

また、値動きが少ないレンジ相場であっても、小さな値幅で利益を狙うデイトレードであれば利益を上げられる可能性があります。

少ない資金を効率よく運用できる

3つ目のメリットは、少ない資金を効率よく運営できることです。

いいかえれば、同じ資金を使って何度もトレードするため、少ない資金で利益を上げられるので資金効率が良い投資方法だといえます。

レバレッジ取引は手持ち資金以上の取引が可能で、仮想通貨の場合は2倍のレバレッジで取引できます。

DMM Bitcoinの場合、現物だけではなく信用取引でもレバレッジをかけることができますので、資金効率が良いデイトレードができます。

資金効率を高めた取引に興味がある方は、DMM Bitcoinの公式サイトをご確認ください。

\もれなく2000円もらえる/

仮想通貨デイトレードのデメリット

取引手数料が増える

1つ目のデメリットは取引手数料が増えることです。

予想外の価格変動で大きな損失を被る可能性がある

2つ目のデメリットは予想外の価格変動で大きな損失を被る可能性があることです。

予想外の価格変動で大きな損失を被る可能性がある

出典:楽天ウォレット

小さな利幅で利益を上げるデイトレードにとって、短期間の急激な価格変動は重大な結果につながる可能性がありますので、短期取引のリスクの一つとして把握しておきましょう。

仮想通貨デイトレードの始め方

暗号資産取引所でアカウントを作成す

購入・売却する仮想通貨を決定

取り扱っている仮想通貨は暗号資産取引所ごとで異なりますので、自分が取引したい仮想通貨があるところでアカウントを作成しなければなりません。

初心者の場合は取引量が多いビットコインやイーサリアムなどでデイトレードを行い、慣れてきたら他の仮想通貨でのトレードを始めてみてもよいでしょう。

相場状況を見ながら仮想通貨を売買

最後に、購入(買い注文)または売却(売り注文)した仮想通貨を売買します。

スキャルピングほどではありませんが、相場が予想外に大きく動くことがありますので、急変を察知したら素早く損切りする決断も必要です。

相場状況を見ながら仮想通貨を売買

出典:DMM Bitcoin https://bitcoin.dmm.com/about/trading_flow

DMM Bitcoinのスマートフォンのトレード画面はシンプルで非常に見やすく、初心者でも誤操作しにくい作りになっています。

FXテクニカル分析の基礎を徹底解説 気軽にトレードを行ってみたい方は、DMM Bitcoinの公式サイトをご確認ください。

\もれなく2000円もらえる/

仮想通貨デイトレードの稼ぎ方

ニュースなど最新情報を集める

FXテクニカル分析の基礎を徹底解説 1つ目のポイントは、ニュースなど最新情報を集めることです。

ニュースなど最新情報を集める

出典:DMM Bitcoin https://bitcoin.dmm.com/useful_information/crypto_assets_news

その間、相場に大きな影響を与えるニュースがいつ飛び込んできてもおかしくありません。

上の画像はDMM Bitcoinのものですが、取引所ごとで最新のニュースをアップしていますので、自分が使っている取引所で常に最新情報を得るようにしましょう。

最新情報を得たいという方は、シンプルで見やすいDMM Bitocoinの公式サイトを確認してみてください。

\もれなく2000円もらえる/

テクニカル分析を行う

2つ目のポイントは、テクニカル分析を行うことです。

テクニカル分析とは、価格や値動きの規則性・サイクルに注目するチャート分析方法です。

テクニカル分析を行う

出典:マネックス証券 https://info.monex.co.jp/technical-analysis/indicators/005.html

一般的に、短期投資はテクニカル分析が有効とされますので、仮想通貨のデイトレードでも有効と考えられます。

レバレッジ取引を活用する

3つ目のポイントは、レバレッジ取引を活用することです。

レバレッジ取引とは

デイトレードのように、1日に何度も取引する場合は資金量が多いほど有利になりますので、レバレッジで実質的な資金量を増やすことで利益を増やせます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる