FXのやり方始め方

テクニカル分析ってなに

テクニカル分析ってなに
【注目】今が買い時の厳選銘柄! ↓↓↓↓↓ 株価が上がる銘柄を確認する 無料で銘柄及びエントリータイミングを公開しています。 バンドウォークを見極めて相場を制する 株式投資で利益を上げるには、…

FXテクニカル分析とは?初心者でもすぐに使えるおすすめ分析方法

FX入門・初心者

湊

明日香

  • FX相場(チャート)の分析方法は2つ
  • FXの代表的なテクニカル分析6つ
  • FX初心者におすすめのテクニカル分析
  • FX初心者におすすめのテクニカル分析組み合わせ
  • FXのテクニカル分析を使う際の注意点3つ
  • FXのテクニカル分析を勉強するのにおすすめの本

FX相場(チャート)の分析方法は2つ

テクニカル分析

ファンダメンタルズ分析

FXの代表的なテクニカル分析6つ

FXで使われるテクニカル分析には、「トレンド系」と「オシレーター系」の2種類があります。

トレンド系テクニカル分析

トレンド系は、現在の相場の方向性を示す指標です。わかりやすく言い換えると、現在の相場のトレンドが「上昇トレンドなのか」、「下降トレンドなのか」を判断するための指標です。

移動平均線

移動平均線」とは、一定期間の価格(通常は終値)の平均を結んだものです。テクニカル指標の中でも代表的なもので、多くのトレーダーが利用しています。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、標準偏差などを用いた計算によって導き出された「この範囲内でレートが推移するだろう」という範囲を示すものです。

さくら

一目均衡表

一目均衡表は日本で開発されたテクニカル指標で、相場のバランスを視覚的に捉えるのに役立ちます。

  • ローソク足が「雲」よりも上にあれば上昇トレンド、下にあれば下落トレンド
  • 転換線が基準線を下から上に突き抜けると上昇トレンド、逆に上から下に突き抜けると下降トレンド
  • 遅行スパンが26日前のローソク足を上回ると上昇トレンド発生、逆に遅行スパンが26日前のローソク足を上から下に抜けると弱気相場への転換

オシレーター系テクニカル分析

RSIはオシレーター系の中でもよく用いられるもので、0〜100%の数値で買われすぎ・売られすぎの度合いを示します。

MACD(マックディー)はトレンド系とオシレーター系の両方の機能を持つ分析手法です。「より新しいデータほど価値が高い」という前提に基づいて、移動平均線をさらに発展させたものとなっています。

MACDがシグナルを下から上へ抜けると「ゴールデンクロス」と呼ばれる買いサイン、MACDがシグナルを上から下へ抜けると「デッドクロス」と呼ばれる売りサインと判断します。

ストキャスティクス

ストキャスティクスは、RSIと同様に「買われすぎ」「売られすぎ」を判断する分析手法です。レンジ相場において現在のレートを過去の一定期間のレートと比較し、0〜100%の数値で買われすぎ・売られすぎを判断します。

テクニカル分析とは何ですか?

テクニカル分析とは何ですか?

通常、TAを使用するトレーダーは、チャートと過去の価格アクションに基づいて、市場の傾向を判断するためにさまざまな異なる指標と指標を使用します。 多数のテクニカル分析指標の中で、単純 移動平均 (SMA)は、最もよく使用され、よく知られている例の1つです。 名前が示すように、SMAは設定された期間内の資産の終値に基づいて計算されます。 指数移動平均(EMA)は、SMAの修正バージョンであり、最近の終値を古いものよりも重く重み付けします。

もう1つの一般的に使用される指標は、 相対力指数 (RSI)です。これは、オシレーターと呼ばれる指標のクラスの一部です。 時間の経過に伴う価格の変化を追跡する単純な移動平均とは異なり、オシレーターは数式を価格データに適用し、事前定義された範囲内の読み取り値を生成します。 RSIの場合、この範囲は0〜100です。

ボリンジャーバンド (BB)インジケータは、トレーダーの間で非常に人気があり、別の発振器型です。 BBインジケーターは、移動平均線の周りを流れる2つの横方向のバンドで構成されます。 これは、潜在的な買われ過ぎや売られ過ぎの市場状況を特定するため、および市場のボラティリティを測定するために使用されます。

より基本的で単純なTA機器に加えて、データを生成するために他の指標に依存するいくつかの指標があります。 たとえば、 ストキャスティクスRSI は、通常のRSIに数式を適用することによって計算されます。 もう1つの一般的な例は、移動平均収束発散(MACD)インジケーターです。 MACDは、2つのEMAを差し引いてメインライン(MACDライン)を作成することによって生成されます。 次に、最初のラインを使用して別のEMAを生成し、2番目のライン(信号ラインと呼ばれます)を生成します。 さらに、これら2つの線の差に基づいて計算されるMACDヒストグラムがあります。

トレーディングシグナル

指標は一般的な傾向を特定するのに役立ちますが、潜在的な入口と出口のポイント(買いまたは売りのシグナル)への洞察を提供するためにも使用できます。 これらのシグナルは、インジケーターチャートで特定のイベントが発生したときに生成される場合があります。 たとえば、RSIが70以上の読み取り値を生成する場合、市場が買われ過ぎの条件下で動作していることを示唆している可能性があります。 RSIが30以下に低下した場合にも同じ論理が適用されます。これは、一般に売られ過ぎの市況のシグナルとして認識されます。

ファンダメンタル分析とテクニカル分析

テクニカル分析の中心的な前提は、市場価格が特定の資産に関連するすべての基本的な要因をすでに反映しているということです。 テクニカル分析ってなに しかし、主に過去の価格データとボリューム(市場チャート)に焦点を当てているTAアプローチとは対照的に、 ファンダメンタル分析 (FA)は、定性的要因に重点を置いたより広範な調査戦略を採用しています。

ただし、経験的データを扱っているにもかかわらず、TAは依然として個人の偏見と主観性の影響を受けています。 たとえば、資産について特定の結論に達する傾向が強いトレーダーは、TAツールを操作してバイアスをサポートし、先入観を反映することができます。多くの場合、これは意識せずに発生します。 さらに、テクニカル分析は、市場が明確なパターンや傾向を示さない期間にも失敗する可能性があります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる