通貨ペア

利益を上げるために意識したほうがいいこと

利益を上げるために意識したほうがいいこと
コロンビア大学のウェブサイト及びAllbirdsのウェブサイトより

ライフスタイルや環境を変化させるための方法

これは、プロチャスカとディクレメンテ(Prochaska & DiClemente, 1983)が作ったもので、変化のステージモデルと呼ばれるものです。時間という次元を考えているもので、変化は時間を伴うことに注目しています。人が今どの時期にあるのか、例えば、禁煙なら、やめる気があるのかないのか、いつ始めるのか、始めたのか、どれだけたつのかによって介入方法すなわりサポートする方法が違うというものです。

6.行動を左右している社会的なネットワーク

これまで見てきたように、行動が個人の意識によって影響を受けている部分もありますが、主観的規範や自己効力感への影響要因で示されたように、周囲の影響、社会の影響は少なくありません。そのなかで最近注目されているのは社会的ネットワーク、人と人とのつながりです。ハーバード大学の医療社会学者クリスタキスは、友人の友人の友人の体重が増えると、その人の体重も増え、友人の友人の友人がタバコをやめると、その人もいつのまにか禁煙しているということを明らかにしました。まるで伝染するかのように、健康に関する行動が伝わっているというのです。また、幸福といったポジティブな感情のほうが、ネガティブな感情よりも早く伝わるといいます。これは、ポジティブなものが私たちの社会の団結力をつくるからだといいます。 利益を上げるために意識したほうがいいこと
したがって、人々が、禁煙や減量など、少しでも健康になることで幸せをえようとすれば、自分は友人に、友人は自分に、それだけではなく、その友人の友人にまで影響するということです。そうすると、なるべく多くの人がより健康になることが、全体として健康になるということです。自分が健康になるための努力は自分のためだけではないし、家族や友人の健康を支援することは、自分のみならず、社会全体に影響するということになります。
このように、人々の行動が集団で形成されているという視点も重要です。これについては、ヘルスコミュニケーションの考え方の中心にあるものでもあります。

参考文献
・Karen Glanz, Frances Marcus 利益を上げるために意識したほうがいいこと Lewis, Barbara K. Rimer(曽根智史ら訳)『健康行動と健康教育:理論,研究,実践』,医学書院,2006.
・松本千明『医療・保健スタッフのための 健康行動理論の基礎』,医歯薬出版、2002
・Karen Glanz, Barbara K. Rimer, Sharyn M. Su: Theory at a Glance: 利益を上げるために意識したほうがいいこと A Guide for Health Promotion Practice. National Cancer Institute, 2005. PDFファイル
・ニコラス・A・クリスタキス、ジェイムズ・H・ファウラー『つながり 社会的ネットワークの驚くべき力』,講談社,2010. これは面白い。

こんばんは井上 均といいます。現在46歳です。私と病との付き合いは28歳の大腸ポリープから始まります。この疾病により2年に一度内視鏡検査を受け続けています。次に1日30本吸っていたタバコを気管支炎により30歳で禁煙しました。 利益を上げるために意識したほうがいいこと 毎年健康診断は受けていましたが血中脂質や血糖値や尿酸値などは基準値をかなり超えていました。それを放置していたら37歳で痛風の発作に襲わました。これ位から少しづつ食事などに留意するようにはなりましたが5~6年は数値は横ばいか微減でした。ある本を読み毎日体重を量り食べたものとカロリーを記録するようになっていろいろ気をつけるようになり、体重が減り数値も基準値に収まるようになってきました。これまで私は痛い目に会わないとライフスタイルを変えられませんでしたが、これからは予防行動として検診の数値から予期して病を未然に防ぎたいとこの章を読み痛感しました。

井上 均 2011年5月25日22:13

行動の変化や意識の変化には、きっかけや準備期間がだと必要だと感じました。 身近な問題で、ダイエットがあります。 太っていた人がダイエットに成功して、好きな洋服を着ているのを見て、うらやましく思いどんなダイエット方法で痩せたのか興味を持ち、私もやってみようと思うことがあります。他者の成功体験を見たり、聞いて自分自身も実行することがありますが、反対にタバコを吸っていて病気になった人を見て、焦って禁煙しようと思うこともあります。 家族や友人、体験談から、健康管理の方法を変化させることはよくあることだと思います。 近所の人が、健康診断で病気が見つかり、早期発見で治療ができたからすぐに仕事に復帰できたらしいと噂になると、周囲が健康診断の大切さを話題にして、健康診断を受けに行こうという意識をもつようにもなります。 一時期、乳がんの映画が話題になりましたが、その時にメディアで長期間報道され、ピンクリボン運動をしていることが取り上げられると、自分は大丈夫か心配になり、今までは「そのうち検査すればいいやあ」と思っていましたが、すぐに検査を受けようと行動に移すことができました。周囲の人たちも、検査しといたほうがいいよねと、実際に検査を受けた人たちが多かったです。 特に、体験談は、人を動かすのに強い影響力を持っているのではないかと感じました。 また、人と人との繋がりの中でも、自然と情報交換をしているんだと再認識することができました。

ましゃしゃ 2011年6月 9日00:06

健康の4領域別にみた健康影響でこれらの半分を占めるのは、ライフスタイルとか生活習慣と呼べるものが多く含まれている。「人のあらゆる行動は、良くも悪くも直接的にも間接的にも健康に影響すると」あります。この箇所は大変納得できます。 実は、個人的に10年くらい前人間ドックで、生活習慣病を早期発見されました。その重要さは、人一倍感じている者です。そのために、定期的に健康診断を心掛けています。本年2月の検査で、HbAlcの数値が少し高いとのことでした。これは領域別の遺伝も関係あるかも。他の兄弟姉妹もその傾向があるので、「もしかすると‐‐」と思っていましたが老化とともについ表れたかなという感があります。 そこで本題に戻りますが、行動を左右している個人の意識で、①問題の起こりやすさ、②重大性、③行動の利益(効果)、④行動の障害(バリア)があるとあります。自分自身に置き換えてみても、行動を妨げているもの―それは行動に対する意欲があっても、実行できないことです。実行に移すには自信がないと難しいとあります。私も甘い食品の取り過ぎや間食は止めて、腹八分でいれば理想なのに誘惑に負けます。4つの信念は「予防的な保健行動や健康管理のための健康教育のプログラムを計画、実施するには欠かせず考慮しなくてはならない基本です」とあります。頭のなかでわかっていても、行動に対する自己効力感の欠如が、このヘルステラシーでよくわかりました。

ここでは、実際に行動に起こすためのプロセスが挙げられていて、医療者である私にとって大変勉強になる項目でした。 糖尿病患者さんが、インシュリン導入する際はとてもひと苦労でした。(導入の際は転科させてしまうので) 糖尿病があるAさんはインシュリンが絶対に必要不可欠でありました。ですが、どんなにすすめても『今日はいい。また今度。』と言って何度も断るばかりでした。そして5日ほど過ぎた連休あけでAさんのところにいくと、まだインシュリン自己注射を導入できていませんでした。なぜできないのか?したくないのか?とわたしが怒り口調で問うと、怒るばかりか急に悲しい表情をして『自信がない、、、怖い、、、。』とうつむいていました。 私はそこではっと気づき、とても自分が情けなくなりました。彼がどうしてできないのか、本人に気持ちも確認せず、頭ごなしにすすめていたんだと気づきました。 それから反省して、Aさんに謝り、ほんのちょっとでもいいから少しづつ進めていきましょうと話し合いました。 それから、ゆっくりではありましたが、必要最低限の事はしっかりと伝えていき、あとはほめる、できている、さらにこうなれる、と伝えていき、自信を無くすことなく導入することができました。 退院日近くにAさんから話を伺うと、私がこうして『インシュリン自己注射』という事の大変さをかみくだいて、しかも一緒に頑張ってくれようとしてくれたことで、少しがばってみようと思った。と教えてくれました。Aさんにとってのインシュリン自己注射はかなり高いハードルだったようです。 もっと早くに先生が教えてくださった変化のための戦略を知識として兼ね備えていたらと思います。

こちらのサイトを見て気がついたことは、自分は少しでも良い健康状態になりたいものの、自身の状態や自身を取り巻く環境を客観的にみる習慣がないので、検診に行くとか食生活をみ直すなど具体的な一歩が踏み出せていないことです。 普段より健康には気をつかっているつもりでしたが、具体的に行動できているかを考えると、決して前向きな生活を送ってはいないものですね。健康を意識することでライフスタイルは自然に変化するものだし~と、楽観的に思っているところがったのだと思います。 過去に入院する事態になってはじめて健康を強く意識するようになりましたが、 健康によいとされる情報を断片的に収拾しているに留まり、気分にまかせて、あれこれトライアルをしている日々でした。この記事を読んで、インターネットや各メディアを通して、確かな情報を得るための努力が必要だということと、根拠のある情報を見極める視点が大切なのだと感じました。 健康意識の高いと思っている身内でも、健康に関係する個人の行動はまったく異なるものでした。それぞれが身を置いている環境が異なり、まま意見が食い違うので積極的に話し合いをしなくなった記憶があります。相手にわかりやすく伝えるための工夫が必要なんですね。 また、個人の行動を左右する社会的ネットワークについても視点が大きく変わりました。これまでネットワークは意図をもって個々に展開するもので、ポジティブな情報というよりは主観的で不確かな情報の連鎖のような捕らえ方をしておりましたが、良い影響を社会全体に与えるという視点が大切なのですね。ネットワークが存在する場面やそのあり方を明確にするということは、情報発信をする際分野を問わず考慮すべき大切なポイントなのだと思いました。すみません、、、長くなりました。

インターネットをよく利用している人は、健康への意識が高く、コミュニケーションの多さゆえに人からサポートされることが多いということは興味深かった。私自身、インターネットをよく利用する。なかなか会えない友人、あるいは同郷の者、同じ趣味をもつ者同士のネット上の会話は、喜びや悲しみを分かち合ったり、孤独感の解消やストレス軽減になっている。これと同じような、いやそれ以上の心理的効果が同じ病気と闘う患者さん同士のコミュニケーションでも得られるのだと思う。 また、服を買うときも、化粧品を買うときも、宿を予約するときも、CDを買うときも、新規で美容院や病院を探すときも、評価サイトを利用している。意識はしていなかったが、それだけ私にとって当たり前の存在であり、様々な価値観を持つ人により発信された情報を、さらに自分の価値観で捉え、利用してきたのだろう。 いつも何かを検索しても、上から順に何個か見ていたので、『キーワード検索では商業目的のサイトが出やすい』と知り、さらに実際こんなにも多いものかと驚いた。出所が不明のもの、何かを売ろうとするもの、お金儲けのものにはこれからは気を付けて見てみようと思う。 大都市には大病院がある。具合が悪くなっても、比較的すぐに診てもらえる可能性が高い。その一方で、地方では地域に唯一の診療所が閉鎖の危機に直面していたりする。様々なことで格差は健康の格差はあってはならないことだと思う。情報格差解消のためにも、今一度人と人との結びつきを考えていきたい。学んだことを活かし、ヘルスリテラシーのある人を目指したいと思う。

【トレンドを読む!】中小企業はROEを意識すべきなのか?ROEの本質に迫る!

pexels-photo-340926

では、どの位のROEで経営ができていれば優良企業だと言えるのでしょうか。

もちろん業種によって違いますが、だいたい日本では10%を越えていれば優秀であると言われていて、日経平均を出す際に採用されている企業の平均ROEは8%程度だと言われています。一方でアメリカの場合のS&P500指数採用企業の平均ROEは15%程度と言われています。

つまり、アメリカの方がずっとROEが高い経営が行われて、上場企業の時価総額もアメリカの企業の方がずっと高くなっています

では日本のROEはなぜ低いのでしょうか。本質的な答えは株主と経営陣との関係性にあります。ROEは株主にとって最重要な指標ですが、経営者にとっては必ずしも優先順位の高い指標とは限りません。

上場企業でありながら不必要に会社に潤沢な資産を貯めこんでいても株主に還元しないので、資産に対して時価評価額が低い株式が存在します。これに目を付けたのが村上ファンドで、村上ファンドは余剰資産を株主に還元するか、事業投資に回すように株主として経営陣に訴えてきました

そこで得た配当金を更に違う優良企業に対して投資することでお金が循環するのですが、日本の企業の場合は経営陣が安定を図るために会社が貯めこんだ資産を排出しないし、それに対して株主が攻める事はないという風になっていたのです。

このように上場企業がROEの低い経営をしていても株主のチェックが働きにくいという問題は村上ファンドが活動をしていた当時から言われていて、今になってようやく是正されはじめた日本の上場企業の問題点です。

しかし、不当に会社に内部留保を貯めこんで低いROEで事業を行っている企業は、しっかりと配当を要求する株主に株を持たれた場合、経営陣は今まで行って来た経営をかき乱される事になります

非上場企業はROEを気にした方が良いのか?中小企業がROEにこだわるメリットとデメリット

pexels-photo-509810

結論からいうと非上場企業は必ずしもROEにこだわる必要はありません。非上場企業の資本施策の考え方は百社百様で良いのです。

利益を出すとどうせ税金をとられるからそれなら儲けた分は全部自分や従業員に還元したり新しい商品の研究に使って利益を出さない経営をしようするのが賢い経営者かもしれません。

上場企業は株主に配当金として会社の利益を還元するために小資本で高利益を生み出す経営体質をつくる事が求められますが、非上場企業の場合は株主が自分自身や身内なので配当金として株主に還元する事はあまり求められません

よって、確かにROEは確かに経営の効率を測る為に重要な指標ですが、非上場企業については必ずしもROEに固執せずに経営者の考える資本政策と利益の作り方で経営を行う事が可能です。

ちなみに、この様に非上場企業はROEを気にする必要はないのですが例外としてベンチャー企業はROEにこだわる必要があります

ここで言うベンチャー企業というのはベンチャーキャピタルから投資を受けて、会社を上場させたり、どこかの会社に事業を売却する事を狙っている企業の事を指します。

ROEの低いビジネスというのは投資家から見れば魅力がありません。ROEが低いビジネスは資本の投資を行ったとしてもビジネスが成長して、儲けを出せるイメージが湧かないからです。

ベンチャーキャピタルは10社外れても1社当たれば良いという考え方なので、当たりの1社を最大化する為にできるだけ当たれば大化けしたい会社に投資したいと思います。このような観点から見ればROEが低い企業が上場したとしても大化けする事はないので魅力的な投資対象ではありません

この様な理由から事業を買収する場合でもROEの低い企業は魅力的ではありません

以上の事から言えるのは、非上場企業の場合はROEにこだわらずに自由に経営して良いけれども、ベンチャー企業の場合は初めからROEが高くなるようなビジネスモデルを設計していないとベンチャーキャピタルに目をつけてもらえないため、大変になるということです。

city-cars-road-houses

それよりも経営者の利益を従業員に還元したり、研究開発などによって未来の投資に使って会社の営業利益をどの様に戦略的に投資するかを考えるべきだと考えられます。

【利益もイメージもUP!?】企業が行うべき環境対策とメリット

imasia_2511689_L


まず始めに、なぜ企業は環境対策に取り組むことが求められているのかを考えてみましょう。

その頃の日本は、経済的な豊かさを求めようとして工業化の波が広がっていき、その結果大気が汚染されてしまいました。そんな状況下で、工業機能が発達した地域に住む住民の健康状態に大きな影響を及ぼしたことで、企業による公害社会的な問題となりました。

このように、公害問題を中心とした環境対策がメインに考えられていましたが、環境面を配慮することで企業経営にも制約がでてきたことから、環境問題についても強く意識されるようになっていきました。次第に環境問題に配慮したコスト意識が広まり、環境への影響を考えた企業経営が重要視され始めたのです。

国際的には、環境問題が地球温暖化と結びつけて論じられるようになり、世界各国、とりわけ先進国は、二酸化炭素削減を目標に掲げて、対策を講じるようになりました。日本やアメリカ、カナダを始めとする主要国間ではサミットが開催され、温室効果ガス排出を減らすための話し合いがもたれました。また1997年には、京都において気候変動枠組条約第3回締約国会議が開かれ、日本主導の下、温室効果ガス排出削減の目標を具体的に定めた「京都議定書」の合意が行われています。

このように、世界的に見ても環境対策に力が入れられており、日本においても新たに環境に関する法律や基準が作られ、企業もこの動きに呼応し、製造業のみならずあらゆる業界や業種で、環境問題に取り組むというトレンドが生まれています。

企業が環境対策に取り組むメリットとは?

では、環境対策を行うことで、企業にはどんな利益をもたらすのでしょうか? 実は近年、環境対策に取り組むことで、企業には多くのメリットがあると考えられています。

現在では、多くの消費者が多少なりとも環境問題に関心を持っています。そのため、企業が環境に優しい製品を開発することが、そのまま収益向上に繋がる可能性があります。環境に配慮した製品やサービス「エコプロダクツ」と呼ばれ、製品がヒットするための要因の1つになっているのです。逆に、環境破壊をもたらすような製品を売り出してしまえば、消費者からそっぽを向かれるばかりか、糾弾される可能性もあるでしょう。

ほかにも省資源、省エネを徹底させることで、少ないエネルギーで生産活動ができるようになるため、企業のコスト削減に繋がります。また工場なら、環境対策が万全であるかどうかが、地域住民との信頼関係を左右するでしょう。このように、環境活動を行うこと企業イメージのアップに繋がり、そのPR効果は多額の費用をつぎ込んだ広告宣伝活動に匹敵すると言えるかもしれません。

企業が環境対策としてできること

Business man holding seedling in his hands

例えば、「扱っている製品に使われているプラスチックを、とうもろこしやあしなどの植物由来にして、二酸化炭素の排出量が増えないような工夫をする」、「ひとつの製品を作るまでに、どのくらいの二酸化炭素を排出したのかを表示して、二酸化炭素の排出削減を意識する」といった活動をしている企業もあるのです。

さらに、環境に配慮した製品を作るだけではなく、自社が環境への影響が少ないどんな製品を扱っているのかについて、企業活動として環境広告や環境ラベルを活用してPRする必要があります。こういったPRをすることで、環境志向の企業としてのイメージアップ社会的信頼が高まるという効果が期待できるでしょう。

B Corpの視点:「企業の社会的責任は利益を増やすこと」を米経済界の23人と再考する

B Corpの視点:「企業の社会的責任は利益を増やすこと」を米経済界の23人と再考する

マーク-ベニオフ-セールスフォース会長兼創業者-の-B-Corpとは

(セールスフォースのウェブサイトより)

1980年代、ビジネススクールに在籍していたときにこのフリードマンのエッセイを読んだことをずっと忘れないと思う。これはビジネスの中の唯一のビジネスはビジネス(利益追求)である、と信じるCEOたちに多大なる影響を与えた。むしろ洗脳というべきかもしれないが。フリードマンのエッセイは題名が全てを語っている。
我々の唯一の社会的責任は何か? 儲けることだ。
企業を超えたコミュニティ? 我々の問題ではない。

マーティン・リプトン、ワクテル・リプトン・ローゼン・アンド・カッツ(大手法律事務所) シニアパートナー

マーティン-リプトン-ワクテル-リプトン-ローゼン-アンド-カッツ-シニアパートナー-の-B-Corpとは

(利益を上げるために意識したほうがいいこと WLRKのウェブサイトより)

デイヴィッド・R・ヘンダーソン(フーバー研究所リサーチフェロー)

デイヴィッド-ヘンダーソン-フーバー研究所リサーチフェロー-の-B-Corpとは

フーバー研究所のウェブサイトより

私はフリードマンのエッセイが出て数か月後に読み、最初は彼の意見に賛成だった。しかし改めて読んだら、差別排除に責任を感じているようなビジネスマンを批判しているのだとわかった。私はそれはおかしいと思った。フリードマンはゲーリー・ベッカーの差別に関する研究をよく知っていたはずだ。 ベッカーの結論は、例えば黒人に対して差別を行う社員は生産的な従業員を雇うチャンスを捨て、結果潜在的な利益を失うことになるというものだ。 これは経済的には2通りの見方ができる。1つ目は、黒人差別により給与を下げた場合、魅力的な人材を雇いにくくなる。2つ目は、あらかじめ設定した給与に対し、黒人差別により優秀な人材を取り逃がし、能力の劣る白人を採用した場合その人に支払う給与は優秀な黒人を採用した場合より割高になる。つまり雇用主は株主の利益を無視して、支払わなすぎ、または支払いすぎているのだ。

ハワード・シュルツ(スターバックス名誉会長)

ハワード-シュルツ-スターバックス名誉会長

産経ニュースの記事より

アレックス・ゴレスキー(ジョンソン&ジョンソンCEO)

アレックス-ゴレスキー-ジョンソンジョンソンCEO-の-B-Corpとは

ジョンソン&ジョンソンのウェブサイトより

マリアンヌ・バートランド(シカゴ大学ブーススクールオブビジネス経済学教授)

マリアンヌ-バートランド-シカゴ大学ブーススクールオブビジネス経済学教授-の-B-Corpとは

シカゴ大学(ブース)のウェブサイトより

ダニエル・S・ローブ(サード・ポイントCEO)

ダニエル-ローブ-サード-ポイントCEO-の-B-Corpとは

(サードポイントのウェブサイトより)

オレン・キャス(アメリカン・コンパス エグゼクティブダイレクター)

オレン-キャス-アメリカン-コンパス-エグゼクティブダイレクター-の-B-Corpとは

オレン・キャスのウェブサイトより

オリバー・ハート(ハーバード経済学教授/2016年ノーベル賞受賞)

オリバー-ハート-ハーバード経済学教授-の-B-Corpとは

毎日新聞記事より

エリカ・カープ(コーナーストーンキャピタルグループCEO)

エリカ-カープ-コーナーストーンキャピタルグループCEO-の-B-Corpとは

コーナーストーンのウェブサイトより

フリードマンはある2語を入れないという間違いをした。「Long term」だ。 彼が「長期的視点の原理とそれがもたらす結果」について語っていたならば、企業は金融資本、自然資本、人間資本を配備するうえでもっと思いやりある行動ができたかもしれない。これらそれぞれの価値を尊重することは、他の長期的価値を上げることにつながる。フリードマンは「ゲームのルール」についても語っている。そして50年の間でルールは変わってしまった。企業の成功の見通しを評価する際ESG要素を分析する、という新たに出てきた規律は企業の収益性を測るのに欠かせないものとなっている。長期的に見れば、ESG分析というのは投資のスタイルとか投資戦略、資産の種類ではない。それは高度な予測ツールだ。フリードマンは「政府は学ばない。人々だけが学ぶ。」といった。その通り、投資家も企業も、全体的な視点且つより良い方法で、長期にわたって株主に尽くすやり方を学んだ。それが21世紀の自由主義市場経済なのである。

ジョセフ・スティグリッツ(コロンビア大学経済学教授/2001年ノーベル賞受賞)

ジョセフ-スティグリッツ-コロンビア大学経済学教授-の-B-Corpとは

教授のウェブサイトより

レオ・ストライン(元デラウェア州最高裁判所長官)
&ジョーイ・ズウィリンガー(Allbirds創業者兼社長)

レオ-ストライン-元デラウェア州最高裁判所長官-ジョーイ-ズウィリンガー-Allbirds創業者兼社長-の-B-Corpとは

コロンビア大学のウェブサイト及びAllbirdsのウェブサイトより

サラ・ネルソン(AFA-CWA 客室乗務員協会国際会長)

サラ-ネルソン-AFA-CWA客室乗務員協会国際会長-の-B-Corpとは

AFA-CWAのウェブサイトより

ダンビサ・モヨ(国際エコノミスト/「カオスの縁」著者)

ダンビサ-モヨ-国際エコノミスト-の-B-Corpとは

ダンビサ・モヨのウェブサイトより

ロバート・ライシュ(バークレー大学公共政策学教授/元アメリカ合衆国労働長官)

ロバート-ライシュ-バークレー大学公共政策学教授-の-B-Corpとは

ロバート・ライシュのウェブサイトより

プリンストン大学のMartin Gilens教授とノースウェスタン大学のBenjamin Page教授による2014年の研究によると、典型的なアメリカ人の嗜好は政府の政策決定に何ら、もしくは少ししか影響を与えないそうだ。この研究は1,779件の政策案件を詳細に調べ、経済界エリート、ビジネス第一で規模に関心のあるグループ、一般的な市民に分けて、影響度を見ている。彼らの結論は、平均的なアメリカ人の嗜好の、政策における統計的有意な影響はごく小さいか、ゼロに近い。議員たちは、ロビー活動の腕前がある大企業の要求は聞く。ちなみにこの研究のデータは1981~2002年なので、最高裁が大金の水門を開いたシチズンズ・ユナイテッド判決(2010年の判決等で、政府が企業の政治的な言論に制限をすることは言論の自由に反するとして、献金に制限を認めない決定が下された。結果大金が政治活動に流れ込むこととなる。こちら参照)の前である。

グレン・ハバード(コロンビア大学ビジネススクール経済学教授)

グレン-ハバード-コロンビア大学ビジネススクール経済学教授-の-B-Corpとは

グレン・ハバードのウェブサイトより

ケン・ランゴーン(ホームデポ創立者/「資本主義は最高!」著者)

ケン-ランゴーン-ホームデポ創立者-の-B-Corpとは

ホーム・デポのウェブサイトより

そのうち、会社は焦点を失い、多くの要因が重なり崩壊をもたらした。 競合他社がイノベーションに取り組み始めた頃、コダックは追随するだけの器用さと戦略的イニシアチブを欠いていた。 2004年にダウから上場廃止され、2012年に破産した。慈善寄付は枯渇した。 何千人もの労働者が職を失った。 投資家のお金は蒸発した。 そして、ニューヨーク州北部は現在、我が国で最も経済的に困窮している地域の1つとなっている。

フリードマンが警告したように、この問いにYesと主張することは、すべてのアメリカ人を軽蔑するよりも悪だ。それは私たちの人生全てを政治に変えてしまう。 それは、政府をも襲撃するような権力に貪欲な有権者たちが、あなたの貯蓄と投資がどのように使われるかについて張り合ったり、いじくり回すようになることを意味するのだ。 さらに悪いことに、彼らは投票を集めたり、民主主義を守るためにチェック&バランスに注意を払う必要さえない。 彼らは、厚かましくも異議を唱えたり躊躇したりする、一般的にいう欲深い企業を脅迫し、言いくるめ、非難すべきだけなのだ。

アナンド・ギリダラダス(「Winners Take All」著者)

アナンド-ギリダラダス-Winners-Take-All-の-B-Corpとは

アナンド・ギリダラダスのウェブサイトより

しかし、問題はここだ。 フリードマンは、すべての機能を政府に任せたいからといって、慈善的で、従業員に親切で、公共投資して、公共の領域に入りこむ経営者のことをかなり強く非難している。悲劇的なことに、フリードマンは、別の、もっと顕著な経営者の公共領域の入り込み方への非難をしていない。それは、慈善の精神ではなく、不正な精神で 利益を上げるために意識したほうがいいこと 、ロビー活動、選挙献金、思想的リーダーの後援、慈善的な評判に覆われたマネーロンダリング、苦行の代わりに命名権を得るといった行為だ。 事実、フリードマンはこれを是認しているのだ。 彼は、企業がどのようにして「自社の利益として完全に正当化される支出の副産物として善意を生み出す」、別名:新自由主義的善行、ができるかについて語り、そして「経営層に控えるように求めることは私自身と矛盾するであろう」と言っているのだ。

ラリー・フィンク(ブラックロックCEO)

ラリー-フィンク-ブラックロックCEO-の-B-Corpとは

ブラックロックのウェブサイトより

セア・リー(経済政策研究所代表)&ジョシュ・ビベンズ(同リサーチダイレクター)

セア-リー-経済政策研究所代表-ジョシュ-ビベンズ-リサーチダイレクター-の-B-Corpとは

経済政策研究所のウェブサイトより

フェリシア・ウォング(ルーズベルト研究所CEO)

フェリシア-ウォング-ルーズベルト研究所CEO-の-B-Corpとは

「The business of giving」のウェブサイトより

フリードマンの世界は整っている。減税と教育機会の更なる提供をしてさえいれば、効率的なビジネスは社会問題を解決する。彼は1940年代中頃からこのような議論をしているが、整然とした「自由」市場の確約が政治的混乱からの脱出を確約する、とされた1970年代になってようやく日の目を見るようになった。フリードマンがこのエッセイを執筆した当時のアメリカの(圧倒的に白人だが)恐れを考えてみよう。ワッツ、デトロイト、ベトナム、ケント州、ジャクソン州、キング牧師とケネディー大統領の暗殺、学校での性教育(この頃政治問題へ発展も)、髪を長く伸ばす男子。そんな中フリードマンの文章の下には明るい兆しがあった。ビジネス(マン)は、柵で囲われた白人のアメリカンファミリーを救うために、繁栄と秩序を取り戻すべき時だ、と。フリードマンの考えは社会保守主義者に支持され影響力を増し、オレンジ郡伝道師(カルフォルニア州オレンジ郡はかつて共和党と深いつながりがあった)からロナルド・レーガンに至るまで広まった。実際にレーガンは「すべての人間の活動」に彼のドクトリンを適用したのだ。 それが公共セクターにも、そして「the art of the deal (取引の芸術)」を称賛する一方で、様々な国家危機や3000万人のアメリカ人が満足に食を得られないような経済を無能が故に何もできない大統領に至るまで、執拗に利益を重視することへとつながっていったのだ。

ラス・ロバート(フーバー研究所リサーチフェロー)

ラス-ロバート-フーバー研究所リサーチフェロー-の-B-Corpとは

フーバー研究所のウェブサイトより

ダレン・ウォーカー(フォード財団CEO)

ダレン-ウォーカー-フォード財団CEO-の-B-Corpとは

フォード財団のウェブサイトより

できる営業マンは数字に強い!基本の計算式!〜利益計算と%〜

今日は、そんな営業の皆さんに今さら聞けない。だけど聞きたい。
基本の計算式をお伝えしていきます。
数字の話になったとき、パッと返せる人って素敵ですよね。
数字に強い人は「出来る営業マン」という気がします。
ちょっと数字に自信が無い方は、
今回の記事で基本の計算式をマスターしましょう!!
(内容を凝縮させた できる営業マン 基本計算式 【保存版】こちら
からダウンロードして振り返りに活用ください)

160916_2

営業は売上を出してナンボ!!
そしてそこからの 「利益」 を意識することもとても重要です。
「利益」といっても、色々と種類があります。
下記3つは基本中の基本ですので
しっかりと違いを理解した上で計算式も覚えましょう★

・売上総利益・・売上に対する利益のこと。 粗利 ともいいます!
・営業利益・・企業が本業で稼いだ利益のこと。
・経常利益・・企業の事業全体の利益のこと。

1.売上総利益(粗利)

計算式は【売上総利益 = 売上高 — 売上原価】
例えば、
500円で仕入れたものを800円で売るとします。
そのときでた300円の利益が売上総利益です。
つまり:800(売上高) − 500(売上原価) = 300(売上総利益)

2.営業利益

計算式は【営業利益 = 売上総利益 — 販売費及び 一般管理費】

例えば、
さきほどの売上総利益が300円だった商品を売るときに
50円分、電話の通信費がかかっていたとします。
そうした場合の営業利益は250円となります。
つまり:300(売上総利益) — 50(販売費及び一般管理費) = 250(営業利益)

160916_4

3.経常利益

計算式は【 経常利益 = 営業利益 + 営業外収益 — 営業外費用 】
※ 営業外収益とは、本業以外で得られる収益のこと!
簡単に言うと会社の副業で稼いだ費用ということですね!
(受取利息や割引料、受取配当金など様々あります。)

※ 営業外費用とは、本業以外で発生する費用のこと!
(支払利息、社債利息など金融機関に支払う手数料など様々あります。) 利益を上げるために意識したほうがいいこと
ちょっと難しく感じますでしょうか?
今回は割愛しますが、詳しく気になる方は調べてみてください★

それでは戻りまして、、
例えば、
さきほどの営業利益250円のものがあります!
その後営業外収益が80円出て、営業外費用として70円支払わなければいけない、となったときの経常利益は、わかりますか??

つまり:250(営業利益) + 80(営業外収益) −70(営業外費用) = 260(経常利益)
いかがですか?
各利益の違いをしっかり理解できたでしょうか?
営業マンは常に利益のことを頭に入れて活動しましょう!!

160916_3

そして、 「数字に弱いんだよな〜」 とちょっと計算に自信が無い人は
】に苦手意識を持っているひとが多いはず!! 利益を上げるために意識したほうがいいこと
そこで今回は%に関する計算方法もご紹介!!
営業マンだけど、実は算数が苦手なんだ、、って方は
ここでこっそりおさらいをしてくださいね★

1. 数値から○%の数値をだしたいとき

これはもう、基本中の基本!!小学生でも知っています!!
たとえば、「2500円の35%はいくら?」と聞かれた場合
パッと答えることはできますか?

【商品の金額 × ●% = 商品の%】
ここで【1%は0.01、10%は0.1】ということを忘れずに!
つまり:2500 × 0.35 = 875 ということです。

2.増減を比較したいとき

例えば、 利益を上げるために意識したほうがいいこと 利益を上げるために意識したほうがいいこと
先月の売り上げが120,000円だったとします。
そして今月の売り上げは150,000円だとする場合、、
【(今月の売上金額 利益を上げるために意識したほうがいいこと − 先月の売上金額) ÷ 先月の売上金額 × 100 = ○○%】

つまり:( 150000 – 120000 ) ÷ 利益を上げるために意識したほうがいいこと 120000 × 100= 25

3.目標金額の達成率を出したいとき

8月の目標金額が300,000円だったのに対し、
実際の売上は260,000円でした。
このときの達成率を求めたい場合

【実際の売上 ÷ 目標金額 × 100 = 達成率】

260000÷300000×100=86.66666…
小数点を切り捨て、達成率は86.6%ということになりますね!!
この達成率をもとに、営業活動の見直しをはかりましょう!!

160916_5

小学生で勉強をしたはずですが、大人になると難しいものです。
日々訓練を重ね、苦手意識を克服するためにも数字に慣れることが重要です。
計算機があったとしても、まずは自力で考え、答えを出しましょう。

また、数字を活用することで、対話者に明確に、端的に伝わり、
営業スタイル向上にも繋がります。
日常会話から数字を取り入れるなど、練習をしましょう!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる