FXチャート実践帳

選び方を徹底紹介

選び方を徹底紹介

SONY α7 III, FE 24-70mm 選び方を徹底紹介 F2.8 GM, 1/1600sec, F2.8, ISO100, 70mm, 沖縄

[2022最新] SONY(ソニー)のミラーレス一眼カメラを完全解説。全12機種の比較や特徴、おすすめモデルを紹介

[2022最新] SONY(ソニー)のミラーレス一眼カメラを完全解説。全12機種の比較や特徴、おすすめモデルを紹介

SONY α7 III Shooting in Hateruma


SONY α7 III, FE 16-35mm F4 ZA OSS, 1/1250sec, F11, ISO200, 18mm, 沖縄 波照間島

SONY α7R IV Shooting in Sapporo


SONY α7R 選び方を徹底紹介 IV, FE 12-24mm F4 G, 1/20sec, F4, ISO3200, 12mm, 北海道 札幌市内

SONY α7C Shooting in Yokohama


SONY α7C, FE 28-60mm F4-5.6, 1/40sec, F5.6, ISO1000, 選び方を徹底紹介 28mm, 神奈川県大さん橋

SONY FE 70-200mm F2.8 GM OSS Shooting at HANEDA


SONY α9 II, FE 70-200mm F2.8 GM OSS, 1/30sec, F4.5, ISO800, 101mm, 東京国際空港

SONY FE 24-70mm F2.8 GM Shooting in OKINAWA


SONY α7 III, FE 24-70mm F2.8 GM, 1/1600sec, F2.8, ISO100, 70mm, 沖縄

SONY(ソニー)ミラーレス一眼カメラまとめ

性能や価格から選びやすい豊富なレパートリー

ソニーの良さの一つはレパートリーの多さにあると思います。

ソニーでは旧モデルも現行モデルとして販売されるため、価格や性能のバランスを見て選択肢が増えるメリットがあります。

近年では、更にシリーズの拡充を行っており、α7シリーズにおける「スタンダード」「高画素」「高感度」に特化したラインナップはもちろん、プロフェッショナル向けのα1も誕生し、他社よりもラインナップの充実具合で一歩リードしている印象です。

ミラーレスで上位機種に挑戦している

SONY フルサイズミラーレス一眼

ソニーではエントリー向けのミラーレス一眼も存在しますが、ミラーレスで上位機種を中心に販売していることが特徴的です。

実際に先ほどご紹介したα7では、世界初のフルサイズミラーレス一眼を発売するなど、ミラーレス一眼カメラ」という分野を重要視しています。

将来性を考えると躍進が期待される

SONY αシリーズ

大手二社が参入することにより、予想通りミラーレス市場は激戦状態となりましたが、既に高級機路線でミラーレスを採用しているソニーでは、パイオニアとして一歩リードした状態で製品開発を進めることができます。

【初心者必見】絶対に失敗しないタープの選び方徹底紹介!!&高コスパ、高機能のタープ4選

キャンプ

タープの役割とは?

出典:snow peak

「テント」を家でいうメインの部屋としたら、 「タープ」はくつろげる前室のようなスペース っといったイメージです。

タープの種類は大きく分けて5つ!!

自立式タープ

方法自体も簡単で方法さえ知っていれば誰でも簡単に設営できます

非自立式タープ

ヘキサゴン型タープ

ヘキサとはヘキサゴンのことで、その名のとおり 六角形の形 をしています。各頂点をペグダウンするので 非自立式のなかでも風に強いのが特徴で初心者の方におすすめです。

レクタングラー型タープ

長方形 の形をした布を、2〜6本のポールで立てるタイプを「レクタタープ」といい、 大人数でのキャンプにおすすめ です。

スクリーン型タープ

テントのような見た目の「スクリーンタープ」。 虫嫌いにはおすすめのタイプ です。

* スクリーン 型 タープのメリット

* スクリーン 型 タープのデメリット

カーサイドタープ

カーサイドタープとは、車の横やリア部分に取り付ける、簡易タープです。特に デイキャンプや車中泊キャンプなどにおすすめ です。

タープを選ぶ上での重要な4つのチェックポイント

  1. 持ち運びは簡単か
  2. 設営が簡単にできるか
  3. 大きさと人数が合っているか
  4. デザインや性能がスタイルが合っているか

1. 持ち運びは簡単か

ということで、 軽い&収納サイズがコンパクトなタープ を選ぶのがおすすめです!

2. 設営が簡単にできるか

キャンプ初心者でも設営しやすいモデル を選ぶのがおすすめです。

3. 大きさと人数が合っているか

タープによってMやLなど大きさが違うので、 人数にあった大きさのもの を選びましょう。

4. デザインや性能がスタイルに合っているか

生地の特徴

  • ポリエステル
    メリット:雨に強い&軽くて丈夫
    デメリット:火の粉に弱い
  • ポリコットン(ポリエステル&コットン)
    メリット:やや雨に強い&コットンよりは軽い
    デメリット:少し火の粉に強くなる
  • コットン
    メリット:火の粉に強い&日差しに強い
    デメリット:雨に弱い&重い

これを買えば間違えない!!タープ3選

HDタープ レクタ(M)

ソーラーブロック 選び方を徹底紹介 ウイングヘキサタープ

出典:LOGOS

cotton KOKAGE wing Sand color

cotton KOKAGE wing Sand color

その名の通り木陰(KOKAGE)のような遮光性の高いコットン100%透湿防水素材を使用し、真夏の炎天下でも涼しく快適なキャンピングライフを楽しめるMade in Japanのウィングタープです。張り姿の曲線の美しさやMade in Japanにこだわり設計し、防水性の高いコットン100%素材を採用、稜線の曲線は流れるようなカーブを描き、コットン素材の自重で美しいドレープを表現し、実用性とデザイン性を兼ね備えたコットン製ウィングタープです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる