バイナリーオプション攻略

キャピタルゲインとは

キャピタルゲインとは
株式投資で資産の桁を増やすには
インカムゲインよりキャピタルゲイン、その3つの理由とは?" /> 『投資をしながら自由に生きる』
著者:遠藤 洋 価格:1650円(税込) ISBN:978-4478114735

キャピタルゲイン

キャピタルゲイン(Capital Gain)とは、有価証券、土地等の資産の価格変動に伴って保有する資産を売却することによって得られる利益のことをいう。 資産が土地であれば、キャピタルゲインは土地の売却益を指し、資産が株式であれば株式の譲渡益を指す。 反対に、保有する資産を売却することによって損失が出た場合をキャピタルロスと呼ぶ。 キャピタルゲインというと、株式の売却益をイメージされる方が多いと思うが、実は株式以外の資産の売却益もキャピタルゲインに含まれる。 ちなみに20万円で買った株式を25万円で売却した場合のキャピタルゲインは、5万円ということになる。 なお、キャピタルゲインを得る手段には以下のようなものがある。 ・株式 ・投資信託 ・土地やマンションなどの不動産 ・外国為替証拠金取引(FX取引)

【補足】インカムゲインとは

キャピタルゲインと並べられる言葉にインカムゲインというものがある。 インカムゲインとは、資産の保有することにより配当などで得られる収入のことを言う。 これは安定的な利益を得るために行うものであり、キャピタルゲインとは異なる側面を持つものである。 詳しくはこちら

キャピタルゲインのメリット

短期間で利益を出せる可能性がある

キャピタルゲインは、インカムゲインと比較するとハイリスクな投資を行うため、 短期間で利益を出せる可能性がある。 短期間で株価が上昇する銘柄は実際にあるので、そのような銘柄に投資できれば短期間で利益を出すことが可能である。 また確定申告で損益通算をすることができるため、キャピタルゲインとキャピタルロスを相殺することで、節税効果が期待できる。

大きな利益を出せる可能性がある

キャピタルゲインは購入時の値段が安ければ安いほど、また、売却時の値段が高ければ高いほど大きな利益を出せる。 例えば株式投資の場合、株価が10倍以上になる銘柄はテンバガーと呼ばれる。このような銘柄に投資できれば大きな利益を出すことができる。 もちろんこのような銘柄を見つけるのは簡単なことではないが、インカムゲインと比較すると、大きな利益を出す可能性を持っているのがキャピタルゲインの最大の特徴である。

キャピタルゲインのデメリット

投資損失が大きくなる可能性がある

キャピタルゲインは、利益が大きくなる可能性が高い反面、保有期間に価格が下落した場合は損失額が大きくなる可能性が高い。 例えば株式投資では、投資先企業の業績だけでなく、経済変動や自然災害などの外部的な影響も受ける。また、予測できない企業環境の変化によって、株価が大きく変化することもある。 したがって、ハイリターンであることと同時にハイリスクであることも念頭に置く必要がある。

投資資産の売却が必要不可欠

キャピタルゲインは、投資した資産の売却によって得られるため、売却時まではキャピタルゲインが確定することはない。 そのため、売却前に含み益があっても、投資資産の価格が急落してしまえば、キャピタルゲインではなく、キャピタルロスとなることがある。 株式投資の場合は、ひとつの銘柄全部を売却しようとして、その一部分を売却しているうちに、市場価格に影響を与えてしまうこともある。 そのため、すべての売却を終えたタイミングでは、想定していたような利益が得られないことも起こる。

キャピタルゲインとは

what-is-capital-gain

【ご注意】
『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、株式会社FXプライムbyGMO、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、SIX ファイナンシャルインフォメーションジャパン、Dow Jones、Hang Seng Indexes、株式会社bitFlyer 等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME キャピタルゲインとは Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P キャピタルゲインとは Global、S&P Dow Jones キャピタルゲインとは Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

【集中投資でFIREした元会社員が教える】
株式投資で資産の桁を増やすには
インカムゲインよりキャピタルゲイン、その3つの理由とは?

【集中投資でFIREした元会社員が教える】<br /></p>
<p>株式投資で資産の桁を増やすには<br />インカムゲインよりキャピタルゲイン、その3つの理由とは? イラスト:伊藤ハムスター

株式投資のポイント

1つ目は、配当金狙いの投資をしてしまうと、すでに成長しきってしまった大企業が投資対象になってしまうからです。そうした大企業は高配当を続けている間はいいのですが、少しでも配当金が減ると多くの株主が売りに出て、株価が大きく下落するリスクをともないます。 また、配当金だけを気にして株式を買うと、企業の業績や成長性に目が向かなくなってしまい、業績が悪化しても気づかず持ち続け、資産を大きく減らしてしまう可能性があります。

2つ目は、配当金を出す企業は、「利益を先行投資して将来的な業績を伸ばそうとする成長事業がない」ととらえることもできるからです。そもそも配当金というのは、その企業の利益から捻出されます。ぐんぐん伸びている成長企業であれば、利益が出たとしても配当金として株主に還元するより、優秀な人材の採用や広告宣伝、設備などに先行投資をして、将来の利益を最大化しようとします。

3つ目は、株式投資の本当の醍醐味は、配当金ではなく値上がり益にあるからです。株式の配当金は、せいぜい年間数%ですが、値上がり益は場合によっては年間で数倍にもなります。近年では年間100〜400銘柄ほどの株価が、1年で2倍以上に値上がりしているのです。

[著者] 遠藤 洋(えんどう・ひろし)
投資家・自由人
1987年埼玉県生まれ。東京理科大学理工学部電気電子情報工学科在学中の夏休み、家庭教師のアルバイトで貯めたお金を元手に知識ゼロの状態から投資をはじめる。すると、有名企業より小型株、分散投資より集中投資のほうが実は低リスク・高リターンであることに気づく。大学卒業後、ベンチャー企業に入社し、新規事業の企画・広告・採用等を経験。その約4年後、26歳のときに投資で得た資金を元手に独立。本質的な価値を見極め「1年以内に株価3倍以上になる小型株」へ集中投資するスタイルで、最大年間利まわり+600%、1銘柄の最大投資益+1760%など、1銘柄だけでも億単位のリターンを達成。噂を聞きつけた資産家から「10億円を預けるから資産運用してほしい」と頼まれたこともあるが、いまのところ外部運用はすべて断り、自己資金のみで運用している。その投資経験をベースに、経営者、上場企業役員、医師、弁護士、ビジネスパーソンなど、これまで1600人以上の個人投資家を指導し「勝てる投資家」を数多く輩出。現在は投資をしながら1年のうち半分は国内外を旅して自由を謳歌しつつ、次世代を担う投資家や事業の育成に力を入れている。投資コミュニティixi(イクシィ)主宰。 『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円』『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円【実践バイブル】』 は、シリーズ10万部突破のベストセラーに!

【集中投資でFIREした元会社員が教える】<br /></p>
<p>株式投資で資産の桁を増やすには<br />インカムゲインよりキャピタルゲイン、その3つの理由とは? 『投資をしながら自由に生きる』
著者:遠藤 洋 価格:1650円(税込) キャピタルゲインとは ISBN:978-4478114735

キャピタルゲインとは

「キャピタルゲイン」とは、株式や債券、不動産など保有する資産の売買によって生まれる利益のことをいいます。資産が値上がりすることによって得られる利益といえるでしょう。逆に資産の価値が値下がりして、損失となった場合はキャピタルロスと呼ばれています。
それに対して、インカムゲインとは資産を保有し続けることで得られる利益のことをいいます。
では、資産運用における「キャピタルゲイン」「インカムゲイン」とは具体的にどういったものなのでしょうか。

投資で得られる「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」の意味

キャピタルゲインが生まれる資産運用とは?

株式投資における「キャピタルゲイン」とは、株価の値上がりによって得られる売却益のことです。
株価は値動きが大きく、株式を購入した企業が急激に成長して大きなリターンが得られるということも。
逆に大きなロスに繋がることもあるので、売買は慎重になる必要があります。

投資信託における「キャピタルゲイン」とは、投資信託の銘柄が値上がりしたことによって得られる売却益のことです。
投資信託の銘柄には値動きはありますが、長期投資が前提の金融商品になります。
キャピタルゲインを目的とした投資には使われない、インカムゲイン型の投資対象だといえるでしょう。

不動産投資

不動産投資における「キャピタルゲイン」とは、土地・建物などの不動産を購入・売却して得られる売却益のことです。
不動産投資の場合は、賃料収入としてインカムゲインも同時に得ることができることがあるため、売却するタイミングによっては、より大きな利益を狙えるという特徴もあります。
さまざまな戦略が考えられる資産運用方法といえるでしょう。

不動産クラウドファンディング

仮想通貨(暗号資産)

仮想通貨(暗号資産)における「キャピタルゲイン」は、ビットコインといった仮想通貨の値上がりによって得られる売却益のことです。
仮想通貨は価格変動がとても大きく、リターンと共に大きなリスクも伴います。
ネットワーク上のトラブルのリスクも理解した上で、慎重に運用する必要があります。

FX取引における「キャピタルゲイン」とは、外国為替の価格変動によって生み出す利益のことです。
FXとは外国為替証拠金取引のことを指し、ある国の通貨を「安く買って高く売る」または「高く売って安く買う」ことによってその差分を利益にすることができます。
例えば「1ドル100円で買い、1ドル105円で売れば」1ドル当たり5円の利益が発生します。
また、「1ドル100円で売り、1ドル95円で買えば」こちらも1ドル当たり5円の利益が発生するのです。

このように外国為替の値動きを予想して、売買によってキャピタルゲインを得るのがFX取引です。
外国為替の価格変動リスクも大きく、投資金額の何倍もの損失が出ることもあります。
投資初心者にはおすすめできない資産運用だといえるでしょう。

キャピタルゲインのメリット

キャピタルゲインのデメリット

「キャピタルゲイン」を目的とした投資のデメリットは、元本割れのリスクがあることです。
ハイリスク・ハイリターンの投資方法であり、投資初心者は慎重になる必要があります。
経済の変動や自然災害、投資した企業の不振などの要素によって、大幅な価値低下も起こり得るため、安全性を求める資産運用には向かないといえるでしょう。

キャピタルゲインはどんな人におすすめ?

「キャピタルゲイン」を目的とした投資が向いているのは、リスクがあることを理解しながら、大きなリターンを目指す人です。
リスクを消し去ることはできませんが、リスクを軽減しながら高い収益を狙うことはできます。常に損害をカバーできるように分散投資を考える必要もあるでしょう。 キャピタルゲインとは
投資先を複数持つことは、リスクを軽減する手段の1つになります。

まとめ|資産価値の上昇による利益を狙う

資産価値の上昇によって得られる利益「キャピタルゲイン」を狙った資産運用は、大きな利益を得られる可能性がある反面、損失を出すリスクも捨てきれません。
キャピタルゲインを目的とした資産運用の中でも、不動産投資は「実物資産」を扱う投資のため、リスクをコントロールしやすい投資方法といわれています。インカムゲインを得ながら、キャピタルゲインを狙えるのもポイントです。
まずは「どれくらい稼ぎたいのか」「リスクはどの程度負えるのか」など、自分に合ったプランを立てて資産運用をしていきましょう。

もっと手軽に、もっと身近に!1万円から始められる次世代の不動産クラウドファンディング「利回り不動産」

多額の資金が必要となる不動産物件を小口化させて、短期間で投資ができる不動産クラウドファンディング。
「将来のために資産形成をしたい」「少額で不動産投資を始めたい」「中長期的な資産形成に挑戦したい」
「利回り不動産」では、運用実績が豊富な投資のプロが、みなさまからの資金で一定の期間不動産を運用し、家賃収入や売却益などを還元。
1万円から投資ができ、不動産投資に申し込みから分配金の受け取りまで、すべてインターネット上で行うことができます。

キャピタルゲイン

資産売却によって得られる売買差益 キャピタルゲインとは、保有している資産を売却することによって得られる売買差益のことです。資産には株式や債券、不動産などが該当します。例えば50万円で購入した株式が60万円に値上がりしたときに売却すれば、差額の10万円がキャピタルゲインとなります(実際には手数料・税金は除く)。逆に売却することによって損失が出た場合はキャピタルロスと呼ばれます。これに対し、資産を保有していることで得られる収益はインカムゲインと言います。利息や配当などがインカムゲインに該当します。 必ず留意すべき「税金」 キャピタルゲインは株式や債券、不動産や投資信託などによって得られる利益のことですから、大儲けにつながることもあれば、大損に終わることもあります。市場の動向にも左右されますので、万が一に対する備えも必要でしょう。そして、キャピタルゲインを最大化するためには必ず留意しなければならないものがあります。それは税金です。
キャピタルゲインに対する税率は、株式等であれば20.315%、不動産は5年以下の短期所有であれば39.63%となっています(所得税+復興特別所得税+住民税)。税率をしっかり頭に入れておかなければ、手元に残るお金を見誤ります。
ただし、不動産の場合は長期で保有すると税率が大きく下がります(5年超の長期所有であれば20.315%になる)。また、株式や投資信託であれば、NISAやiDeCoなどを利用することで一定金額までの投資については運用益や配当金を非課税にすることができます。 家賃収入と売却益を最大化する 不動産投資においては不動産の売却益がキャピタルゲイン、家賃収入がインカムゲインになります。インカムゲインを最大化し維持するには、保有している物件をできるだけ満室に近い状態で稼働させることが必要になるでしょう。また、キャピタルゲインを最大化するのであれば、将来売るときにいくらぐらいで売れるかを予想して物件を購入しておく必要がありますが、実際には市場の動きを読むのは困難です。実際には不動産市況が盛り上がって物件の価値が上昇したタイミングで売却し、できるかぎりのキャピタルゲインを得ることになるでしょう。不動産投資を手広く行っている人であれば、インカムゲイン(家賃収入)とキャピタルゲイン(売却益)の両方から最大限の利益を得られるように戦略を練ることになります。
(参考:Webサイト「おかねの小槌」マネーの知識)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる