おすすめ記事

取引戦略レポート

取引戦略レポート

ファイナンスクラウド市場分析、市場規模、競争戦略、2031年までの予測

リサーチ・ネスターの一部門であるケネス・リサーチは、2021年11月15日に「ファイナンス・クラウド市場:世界需要分析と機会見通し2030」と題する調査レポートを発表しました。Kenneth Researchは、市場調査レポートのリポジトリに、最近、Finance 取引戦略レポート Cloud Marketに関するレポートを追加しました。これは、予測期間、つまり2022年から2031年の間の市場の成長に関連する最新の傾向、主要な機会、推進要因、および課題を強調しています。ファイナンスクラウド市場は、主に世界中でICTの商品やサービスの取引が増加しているため、成長すると予想されています。世界銀行の統計によると、ICT財の輸出は、2017年の総財輸出の11.164%から2019年の総財輸出の11.53%に世界的に増加しました。

米国市場は急速に回復しています。 2021年5月4日のリリースで、米国経済分析局と米国国勢調査局は、2021年3月の米国国際貿易の回復について言及しています。国内の輸出は、2021年2月に124億ドル増加し、2,000億ドルに達しました。増加傾向で、輸入は2,745億ドルに達し、2021年2月には164億ドル増加しました。しかし、COVID19は依然として世界中の経済を悩ませているため、米国の平均輸出は2020年3月から前年比で70億ドル減少しました。 2021年3月まで、輸入は同時に207億ドル増加しました。これは、市場がどのように回復しようとしているのかを明確に示しており、これはヘルスケア/ ICT /化学産業に直接的な影響を及ぼし、FinanceCloudMarket製品に対する大きな需要を生み出します。

市場の定義:
クラウドコンピューティングは、多くの銀行や金融業界で検討されている革新的な概念です。クラウドコンピューティングでは、大手銀行や他の多くの金融業界が多くの莫大な利益を期待できます。多くの金融サービス会社は、セキュリティという1つの理由でそれを避けています。ただし、クラウドのセキュリティは大幅に進歩しており、セキュリティの強化、インフラストラクチャとメンテナンスのコストの削減、ビジネスの俊敏性の向上など、金融セクターにおけるクラウドコンピューティングには多くのメリットがあります。
サンプルインフォグラフィック:

市場のダイナミクス:
1.市場の推進力
1.1環境への懸念の高まり
1.2ビジネスの敏捷性と焦点
1.3顧客管理の必要性の高まり

2.市場の制約
2.取引戦略レポート 1規制順守に関する懸念
2.2知的財産権の保護
市場セグメンテーション:
金融クラウド市場は、サービス、ソリューション、展開モデル、アプリケーション、組織の規模、および地域に基づいてセグメント化されています。
1.サービス別:
1.1プロフェッショナルサービス
1.2マネージドサービス

2.解決策:
2.1セキュリティ
2.2財務報告と分析
2.3ガバナンス、リスク、コンプライアンス
2.4その他

3.展開モデル別:
3.1プライベートクラウド
3.2パブリッククラウド
3.3ハイブリッドクラウド

4.アプリケーション別:
4.1顧客管理
4.2収益管理
4.3アカウント管理
4.4その他

5.組織規模別:
5.1大企業 取引戦略レポート
5.2中小企業

6.地域別:
6.1北米(米国、カナダ、メキシコ)
6.2ヨーロッパ(ドイツ、英国、フランス、その他のヨーロッパ)
6.3アジア太平洋(中国、インド、日本、その他のアジア)
6.4ラテンアメリカ(ブラジル、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
6.5その他の地域

競争力のある風景:
市場の主要なプレーヤーは次のとおりです。
1. Google、Inc.
2.マイクロソフトコーポレーション
3. AWS
4. Salesforce.Com、Inc.
5.キャップジェミニ
6. Oracle Corporation
7. IBM Corporation 取引戦略レポート
8.コンピュータサイエンス株式会社
9. SAP SE
10. Huawei Technologies
これらの主要なプレーヤーは、この市場での地位を強化するために、合併や買収、新製品の発売、拡張、合意、合弁事業、パートナーシップなど、さまざまな有機的および無機的な成長戦略を採用しています。

検証済み市場調査の調査方法: 取引戦略レポート
金融クラウド市場に関する調査研究は、二次調査、一次調査、対象分野の専門家のアドバイス、品質チェック、最終レビューの5つのフェーズで実施されました。
市場データは、市場統計およびコヒーレントモデルを使用して分析および予測されました。また、レポートを作成する際に市場シェアと主要な傾向が考慮されました。これとは別に、他のデータモデルには、ベンダーポジショニンググリッド、市場タイムライン分析、市場概要とガイド、企業ポジショニンググリッド、企業市場シェア分析、測定基準、上から下への分析、ベンダーシェア分析が含まれます。

通貨市場 キャリー戦略で低金利、低ボラティリティ環境を乗り切る

本稿は、UBS Switzerland AG、UBS AG, UBS Financial Services Inc. (UBS FS)が作成した“Currency markets: Carry smartly: 取引戦略レポート Currency strategies for a low yield and low vol environment” (2020 年1月23 日付)を翻訳・編集した日本語版として2020年1月28日付でリリースしたものです。本レポートの末尾に掲載されている「免責事項と開示事項」は大変重 要ですので是非ご覧ください。過去の実績は将来の運用成果等の指標とはなりません。本レポートに記載されている市場価格は、各主要取引所の終値に基づいています。これは本レ ポート中の全ての図表にも適用されます。

Reimagining the power of investing.

Connecting people for a better world.

Footer Navigation

  • 日本
  • お客様の人生の目標達成をサポート致します。
  • キャリー戦略で低金利、低ボラティリティ環境を乗り切る

UBS.com内を検索

Legal Information

免責事項と開示事項

本レポートは、UBSチーフ・インベストメント・オフィス・グローバル・ウェルス・マネジメント(UBS Switzerland AGまたはその関連会社)が作成したリサーチレポートをもとに、UBS証券株式会社(以下、「当社」)が翻訳・編集等を行い、作成したものです。英文の原文と翻訳内容に齟齬がある場合には原文が優先します。本レポートが英文で作成されている場合は、英語での内容をお客様ご自身が十分理解した上でご投資についてはご判断していただきますようお願いいたします。なお、本レポートは、当社のほか、UBS銀行東京支店を通じて配布されることがあります。

金融商品取引法による業者概要及び手数料・リスク表示
商号等: UBS証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2633号
加入協会: 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、 一般社団法人日本投資顧問業協会

UBS 銀行東京支店が提供する金融商品等に関する留意事項

その他のご留意事項

© UBS 2022 取引戦略レポート 無断転載を禁じます。UBS はすべての知的財産権を留保します。UBS による事前の許可なく、本レポートを転載・複製することはできません。また、いかなる理由であれ、本レポートを第三者に配布・譲渡することを禁止します。UBSは、本レポートの使用または配布により生じた第三者からの賠償請求または訴訟に関して一切責任を負いません。

イード---新テクノロジーメディア「テクノエッジ」運営会社へ戦略投資

facebook-share

イード 824 +6
イードは5月31日、新たなテクノロジーメディア「テクノエッジ(TechnoEdge)取引戦略レポート 」を開設予定のテクノコアへの戦略投資を行い、メディアを共同で立ち上げることを発表した。
テクノロジーの進歩による「未来が現実になってゆくことの興奮」を伝えることがテーマで、ニュースやレビュー、ビジョナリー、有識者のコラム、インタビューなどをテキスト、動画、インフォグラフィック、メタバースなど多彩な表現手法で展開するという。5月31日にティザーサイトを開設しており、正式ローンチは6月中旬を予定している。

【※関連銘柄の株価チャートはこちら!】
◆イード(6038)

↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
●テレワーク ●オンライン教育 ●マスク/防護服
●巣ごもり消費 ●臨床検査 取引戦略レポート ●医療廃棄物処理
●ゲーム ●金(ゴールド) ●金鉱株 取引戦略レポート 取引戦略レポート
●高配当株 ●インフルエンサーマーケティング
●直近IPO銘柄 ●赤外線サーモグラフィー
●米国株(好決算企業) ●米国株(薬・ワクチン) ●米国株(巣ごもり消費ほか)

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!

証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ

 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ

証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ

 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!

ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ

桐谷さんの株主優待銘柄ページへ

証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ

証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・楽天証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBI証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・LINE証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBIネオトレード証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・松井証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・マネックス証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・GMOクリック証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・野村證券の公式サイトはこちら

【SBI証券×ザイ・オンライン】タイアップ企画
新規口座開設+条件クリアした人 全員に
現金2000円プレゼント! ⇒関連記事はこちら

岡三オンライン証券の口座開設はこちら!

松井証券の口座開設はこちら!

メルカリ---大幅反発、中小型グロース株買い優勢で押し目買い(2022.06.08)
出来高変化率ランキング(10時台)~千代化建、象印マホービンなどがランクイン(2022.06.08)
ファンペップ---「FPP003」の第1/2a相臨床試験における被験者登録完了、4Qに成績評価へ(2022.06.08)
川崎重---大幅反発、子会社の不適切行為を発表も過度な警戒感は後退(2022.06.08)
クミアイ化---大幅反発、業績上方修正で増益幅拡大へ(2022.06.08)

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き

    ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ編集部(2022.取引戦略レポート 5.31) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2)
    ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ編集部(2022.5.31) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ザイ・オンライン編集部(2022.6.取引戦略レポート 2)
    ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ザイ・オンライン編集部(2022.6.2) ラカンリチェルカ(村瀬 智一)(2022.6.3)
  • メルカリ---大幅反発、中小型グロース株買い優勢で押し目買い
  • 出来高変化率ランキング(10時台)~千代化建、象印マホービンなどがランクイン
  • ファンペップ---「FPP003」の第1/2a相臨床試験における被験者登録完了、…
  • 川崎重---大幅反発、子会社の不適切行為を発表も過度な警戒感は後退

ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[つみたて投資入門/最強の割安株]

◎別冊付録
75万部売れた株の本が付録で読める!

ZAiが作った株入門ダイジェスト版!

◎巻頭特集
速報!

最新決算でわかった2022年の強い株

◎第1特集
キホンからオススメ投信まで大事なコトだけ!つみたて投資入門
取引戦略レポート ●キホン編
つみたてNISAやiDeCoを徹底解説
・つみたて投資は必要?
・どうなれば儲かる?
・どんな人に向いてる?
・何を買ってつみたてるの?
・オトクな制度って?
●実践編
投信を買うならこの1本!を紹介
急落や損した時対処法を伝授!

・どの投信を買えばいい? 取引戦略レポート
・口座はどこで開けばいい?
・いま始めても大丈夫なの!?
・損が出てる! やめるべき?
・つみたての金額はいくらにする?
・家計が厳しいけどやめていい?
●もう始めてる5人に聞いた
つみたてデビューとリアル収支

◎第2特集
波乱や利上げで人気急騰!
割安株で値上がりと利回りゲット!

PART1: 高利回り
・高配当で株主優待も充実!利回りランキング
PART2: 10倍狙い
・不人気&売られすぎ前途有望な話題株
PART3: 底値が堅い
・安全・安心・割安な守りが堅い三安株

◎第3特集
トクするカードの序列が激変!
クレジットカード大全

・最初の1枚
・とにかく高還元
・一定利用で無料
・買物が絶対トク
・特典が魅力的
・投信積立で還元

◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48ガチ株バトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」

KDDI、経産省と東証による「DX銘柄2022」に選定

DX銘柄は、東京証券取引所に上場している企業の中から、企業価値の向上につながるDX (取引戦略レポート デジタル・トランスフォーメーション) を推進するための仕組みを社内に構築し、優れたデジタル活用の実績がある企業を、経済産業省と東京証券取引所が業種区分ごとに選定して紹介するものです。
KDDIは、通信事業をベースにDX関連事業を拡大していることに加え、IoT・クラウド・アジャイル開発などによりお客さまとビジネスを共創しています。また、人財ファースト企業としていち早くKDDI版ジョブ型人事制度を導入し、社内DX人財の育成を目的とした「KDDI DX University」を開講しています。これらDX推進の取り組みが高く評価されました。

DX銘柄2022

また、KDDIは、事業環境の変化に迅速に対応しながら、経済発展と社会課題の解決を両立するレジリエントな未来社会に向けて「KDDI VISION 2030」を掲げ、「中期経営戦略 (2022-2024年度)」を策定しています (注2)。「中期経営戦略」では、5Gによる通信事業の進化と、通信を核とした注力領域の事業拡大を図る「サテライトグロース戦略」を発表し、DXを注力領域と定義しています。
DXを推進することで、お客さまのビジネス創造をサポートし、新たに生まれた付加価値により、人々の暮らしがトランスフォームされていくDXの好循環を目指します。

サテライトグロース戦略

■選定理由となったDX事例 (一部)

1. JR東日本との「空間自在プロジェクト」

東日本旅客鉄道株式会社 (本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 深澤 祐二、以下 取引戦略レポート JR東日本) と共に、人・機能がともに都心に集中した従来の拠点集約型の都市づくりから、交通と通信の融合により、場所や時間に捉われない多様な働き方やくらしを創出する新しい分散型まちづくり「空間自在プロジェクト」を実施しています。

2. DX人財の育成

社内外でDXを推進するDX人財を2023年度までにKDDIグループ全体で約4,000名育成することを掲げています。
また、DX人財のうち中核を担う人財をDXコア人財と定め、社内人財育成機関である「KDDI DX University」において、約1年間200時間におよぶ研修を実施しています。
DXコア人財は2023年度までに500名規模の育成を目指しています。

米ブロック社のビットコイン調査レポートを読み解く

数カ月前、数人の仕事上の友人が、ビットコイン(BTC)ユーザーの構成、行動、見解についてより詳しく知るために、広範なビットコイン調査を実施したら面白いと考えた。もちろん私たちには他に仕事があったので、そんなことは忘れてしまった。 しかし、優れたアイディアの場合にはよくあることだが、同じことを考えたのは私たちだけではなかったのだ。5月末に、Cash AppとSpiralを運営し、ビットコインに事業の軸足を置くブロック社が、ウェイクフィールド・リサーチ(Wakefield Research)と共同で、『Bitcoin: Knowledge and Perceptions(ビットコイン:知識と認識)』と題されたレポートを発表。このレポートの調査対象は、14カ国の9500人に及んだ。 ビットコイナーの私の頭の中には、自分が聞いた話から組み立てたいくつかの見解がすでにあったが、「ビットコインが世界を救う」ことについての私のそんな理想主義的見解を裏付ける、適切な調査データが手に入ったのだ。 全体として、このレポートは読み込む価値がある良質のものに仕上がっている。さっそく見ていこう。 戦略的方向性がビットコインの成功にかかっている上場企業がまとめた12ページのレポートをこの記事の題材に選んだことの安っぽさは、自分でも自覚している。それでも、以下の2つの主な理由から、このレポートは注目に値するのだ。 1. 今まで語られるだけだったビットコインの「良いところ」のいくつかを裏付ける、プロによる高品質な内容であり、ビットコインを広めようとする時に、大げさな手振りをつけて騒がなくてもよくなる。 2. ビットコインをかなり良く見せてくれる。 このレポートで浮き彫りとなった3つの大切な発見は、次の通りだ。 1. ビットコインはより公平なエコノミーに向けた明るい見通しを提供する。 2. ビットコイン教育が普及の鍵となる。 3. ビットコインは他の暗号資産よりはるかに優れている。 調査そのものを入手することはできないので、質問の仕方に隠されたバイアスがある可能性もある。そう考えると、第三者マーケットリサーチコンサルタント会社の関与も説明がつく。だからと言って、ブロックによるバイアスの疑いが完全に晴れる訳ではないが、私の懐疑心は少し和らぐ。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる