オプショントレーダー

MT4を使える証券会社は

MT4を使える証券会社は
トレンドラインは、チャートのトレンドを見極める際に活用することができます。

FXの自動売買ツール「MT4」の使い方は?特徴や初心者が使いやすい活用方法も

MT4の使い方

ここではMT4の基本的な使い方を見ていきます。まずは基本情報として、MT4の画面構成を知っておきましょう。

  1. メニューバー:MT4の全メニューが選択できる
  2. ツールバー:メニューの中でも主要なメニューが表示されている
  3. 気配値:通貨ペアの通貨レートが表示されている
  4. ナビゲーター:EA(自動売買プログラム)やテクニカル指標などを選択できる
  5. チャート:チャートが表示されている
  6. ターミナル:取引状況や口座状況などを確認できる
  1. 通貨ペアのチャート画面を出す
  2. ローソク足・時間足を設定する
  3. テクニカル指標をチャートに追加する
  4. 注文を出す
  5. チャートの再表示をする
  6. よく見る通貨ペアのチャート画面を保存しておく

3-1.通貨ペアのチャート画面を出す

まずは見たい通貨ペアのチャート画面を表示させましょう。
MT4を使える証券会社は
画面左側にある気配値から、該当の通貨ペアをドラッグ&ドロップするだけで、チャート画面を表示させることができます。

ドラッグ&ドロップをしたままだと上記のようにチャート画面が見にくくなってしまいます。

ツールバーにある「ウインドウの整列」をクリックすれば、チャート画面が綺麗に整列されます。

「ウインドウの整列」をクリックすると綺麗に等分でチャート画面が表示されました。

3-2.ローソク足・時間足を設定する

続いて、ローソク足と時間足を設定しましょう。

ローソク足はツールバーにある「ローソク足のマーク」を、時間足はその下にある「M1~MN」のなかから該当のものをクリックすることで設定することができます。


なお、チャートの表示方法には「ローソク足」以外にも「バーチャート」と「ラインチャート」があります。それぞれ上記の赤枠をクリックすることで切り替えることができます。

3-3.テクニカル指標をチャートに追加する

続いて、チャート分析をするためにテクニカル指標をチャート画面に追加しましょう。

ツールバーにある「ナビゲーター」をクリックし、「インディケーター」から該当のテクニカル指標をチャート画面へドラッグ&ドロップをすれば、テクニカル指標を追加することができます。

3-4.注文を出す

テクニカル指標を用いて分析をしたら、いよいよ注文を出しましょう。

新規注文画面の表示方法はいくつかあるものの、ツールバー「新規注文」をクリックすることでも、注文画面を表示させることができます。注文画面を開いたら、通貨ペアや数量、注文種別などを選択・入力して、注文しましょう。

3-5.チャートの再表示をする

MT4使用時に、チャート画面を誤って閉じてしまうことがあるかもしれません。

もし誤ってチャート画面を閉じてしまったら、「ファイル」→「チャートの再表示」→「該当の通貨ペア」を順にクリックしていけば、閉じてしまったチャート画面を表示することができます。便利であるため、ぜひ覚えておきましょう。

3-6.よく見る通貨ペアのチャート画面を保存しておく

よく見る通貨ペアを気配値からドラッグ&ドロップし、表示させるのは面倒です。そこでよく見る通貨ペアのチャート画面はまとめてテンプレート化して保存をしておくと、すぐに表示ができて便利です。

保存したチャート画面を開いた上で、「ファイル」→「チャートの組表示」→「名前を付けて保存」をクリックします。

今回保存するチャート画面の名前を入力して、「OK」をクリックましょう。


保存をしたら、「チャートの組表示」→「該当のファイル名」をクリックすれば、保存したチャート画面一式を表示させることができます。

4.初心者が使いやすいMT4の活用方法

  • トレンドラインを引いて、トレンドを見極める
  • ワンクリック注文を利用する
  • 自動売買を活用する

4-1.トレンドラインを引いて、トレンドを見極める

トレンドラインは、チャートのトレンドを見極める際に活用することができます。

トレンドラインはツールバーの垂直線・水辺線・斜め線(トレンドライン)のいずれかのボタンをクリックすることで引けるようになります。

表示させたトレンドラインの色や線の太さを変えたい場合は、トレンドライン上でダブルクリックをしたあと右クリックをして、「Horizontal Line プロパティ」を押します。

別ウインドウが表示されるので、線や太さなどを選択したあとに、「OK」を押せば、トレンドラインをより見やすく調整することができます。

4-2.ワンクリック注文を利用する

注文方法の一つに、ワンクリックで注文ができる「ワンクリック注文」があります。ワンクリック注文を利用すれば手軽に新規注文を出すことができます。

ツールバーの「ツール」→「オプション」をクリックします。


続いて、「取引」タブをクリックして、「ワンクリック注文」にチェックを入れたあと、「OK」を押します。


チャート画面にて右クリックをしたあとに、「ワンクリックトレード(K)」を押しましょう。


すると、チャート画面にワンクリック注文のパネルが表示されます。パネルで「SELL」もしくは「BUY」をクリックすれば注文できます。

4-3.自動売買を活用する

自動売買の活用方法を説明します。

「ナビゲーター」をクリックし、「エキスパートアドバイザ」のなかから該当の自動売買を選択して、チャート画面ドラッグ&ドロップをします。

ドラッグ&ドロップをすると、別ウインドウが表示されるので、「自動売買を許可する」にチェックを入れて、「OK」をクリックしましょう。 MT4を使える証券会社は

チャート画面右上に、自動売買名と笑顔の顔マークが表示されれば、設定完了です。

怒っている顔マークが表示されているときは、自動売買が稼働していません。その際はツールバー「自動売買」をクリックして、自動売買を稼働させましょう。

5.MT4を使えるFX会社2選

5-1.【楽天ポイントがもらえる】楽天証券

  • FX以外にも株式や投資信託などの金融商品を購入できる
  • 取引に応じて楽天ポイントが貯まる
  • FXに関するコンテンツが豊富

5-2.リスクを抑えた取引ができる外貨ex byGMO

「外貨ex byGMO」は外貨ex byGMO株式会社が運営しているFXサービスです。MT4を使える点以外にも、外貨ex byGMOには以下3つの特徴があります。

  • 1,000通貨単位で取引できる
  • レバレッジの倍率を1・10・25倍から選択できる
  • 電話問い合わせは平日24時間対応

レバレッジ25倍で固定しているFX会社も少なくないなか、外貨ex byGMOではレバレッジ倍率を1倍、10倍、25倍から選ぶことができます。ただし、外貨ex byGMOのMT4は自動売買及び発注することができません。MT4はチャート分析のみの機能となりますので、その点は注意しましょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる