無料講座

株式投資家必見

株式投資家必見
FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

成長株投資は「素人」こそ勝てる 個人投資家座談会

DAIBOUCHOU 神戸物産は16年に安値で買いました。インサイダー取引の疑惑が浮上し(その後不起訴)、為替差損やデリバティブ関連でも評価損が出て、投資家から見放されて株価が大きく下がっていたのです。でも、実際に業務スーパーへ行くと、そこでしか買えない商品があって宝探しみたいで面白い。投資家は皆「駄目だ」と思っていたわけですが、利用客がインサイダー疑惑を意識して買い物をやめるとは思えなかったので、購入に踏み切りました。19年まで何度か売買し、最大約5倍高で売却しました。

「不人気」と「成長性」の掛け算で大化けを狙う

DAIBOUCHOU 企業の成長を100%は信用していないからです。ですから、株価が上昇する保証として、不人気や資産バリューといった割安さの要素を重視して投資しています。「不人気」と「成長性」の掛け算でテンバガー(10倍株)を狙うという考えです。そうした銘柄は皆が騒ぎ出して株価が上昇軌道に乗ると急騰するので、大きな含み益を抱えて株価を追い掛けることができる。多少相場が揺らいでも大丈夫という安心感があります。

奥山 小型株は成果を上げるのが難しい状況ですね。相場が軟調な時に、大口の投資家は小型株から逃げる傾向がありますから。だからといって、完全には撤退していません。今は小型株だけでなく、 日産自動車や 住友金属鉱山といった大型株も保有しています。

DAIBOUCHOU 私も株価が下がっていてつらいのですが、(運用資産のほとんどを株で持つ)フルポジションを続けています。足元では、地方銀行の株など、配当利回りの高い資産バリュー株を多めに保有しています。配当収入を生活費に充ててもいますので。

良い株は案外下がらない

DUKE。 私は警戒してポジション(持ち高)をゼロにしていますが、相場から離れず有望株を見極めようとしています。逆風に強い銘柄をウオッチしています。

DAIBOUCHOU ずっと株を売買していて思うのですけれど、「下がりそうだ」と思わなかった時がないんですよね。どんな時にも何かしらの悪材料がありますから。

奥山 確かにそうですね(笑)。

DAIBOUCHOU 13年の5月、16年の初頭、18年後半などで相場全体が急落した時にも、「逃げて楽になりたい」と思いました。ですが、中小型株は買い手がなかなか付かない。少しずつ売っているうちに全体相場が反発してくれる。様子を見ようと思ったら上がったということを繰り返しています。相場の急落をうまく乗り切れたらいいのですが。

奥山 「相場に連れ安したら仕込みたい」と狙っている株の価格は、案外下がらないんですよね。良い株がほどほど安いと思ったら、タイミングは考え過ぎずに買ったらいいと思います。実際、いつが一番良いタイミングか分からない。確かに今は中小型株への投資は厳しい局面ですが、買ってから下がってしまっても、成長性の高い企業の株価はいずれ戻ります。「下がっても売らない」という覚悟で買うといいでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる