FXの相対取引とは

FX業者あれこれ

FX業者あれこれ
海外FX業者も自分たちの最大の強みがハイレバレッジであることをわかっているので、 FX業者あれこれ あえて登録していない

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

FXの魅力は何ですか?株のようにあれこれ分析しようにもマーケット情報は価格変動のみです。これじゃあ確実にギャンブルです。不確実なゲームがなぜ流行るのか俺にはワケが分かりません。

ベストアンサーに選ばれた回答

株よりテクニカルがきれいに通用する(ただし株と同じで過疎通貨はダメ、あくまでユーロドルやポンドドル、ドル円のようなメジャー通過)
株のようなギャップアップ、ギャップダウンがない。
以上により株に比べてギャンブル要素がきわめてすくない。
ということですね。

特典・キャンペーン中の証券会社

新規口座開設&クイズに正解で4,000円プレゼント!

タイアップキャンペーンもれなく現金4000円プレゼント!

クイズに挑戦&新規口座開設等で最大2,000円プレゼント

トライオートETF新規口座開設キャンペーン

オトクなタイアップキャンペーン実施中!

新規デビュープログラム

総額1億円還元キャンペーン

運用スタートプログラム

開設後1ヶ月間取引手数料0円!

2,000円プレゼント

証券に関する悩みや疑問をキーワードから探す

その他の回答

まぁ、株みたいにいろいろ分析しなくていい手軽さが、かえってウケてるのかも知れないですね。

ですが、FXも、ちゃんとやろうとすると、分析すべきことはそれなりにあります。
基本は値動き・チャートから読み取れる「テクニカル分析」ですね。それ以外にも、各種ファンダメンタル(経済指標、NY株価等)もありますので、それなりにきっちり分析してやらないと、勝てません。

逆に言えば、きちんと分析すべきポイントを分析していれば勝てるはず、なわけで、こういった分析をするのが好きな人には、FXも魅力的なんじゃないかと思います。

不確実なので、ほとんどの人は自分だけは勝てると思いこんでるのでしょうね。

それがギャンブルの特性なのだと思います。

ですが、勝ち続けているプロのトレーダーやカジノで稼ぐプロのギャンブラー集団なんかは、統計なんかのデータ重視で戦略的にやっているようです。

例えばカジノで稼ぐギャンブラーには、カウンティングというテクニックがあります。

ブラックジャックで、配られるカードを全部記憶していく手法です。

残りのカードから、これから先自分が有利とわかった段階で賭け金を増やしていくやり方です。(映画、ラスベガスをぶっつぶせを参照してください。MITの教授と学生が行った半分実話だそうです。)

FXなんかも、チャート上のパターンやテクニカ理指標などから、買いと売りどちらが有利かを判断して、戦略上それが明らかに有利な時しかやらないそうです。

FXはギャンブル、同感です。
結局「上がるか下がるか」ですから半々ですよね
どこで止めるかにもよりますが、それも運ですからギャンブルに変わりありません。

むしろギャンブル性がウケて流行っているのかもしれませんね。
多くの人が勝負事的なモノは好きでしょうし。
心のどこかで「これってギャンブルじゃ??」と思いながらも
欲(というか好奇心かも)でその感覚にフタをしちゃうんじゃないでしょうかね。
興味を持ってFX関連の情報を調べれば調べるほど
「ギャンブル」とは誰も言ってませんから、「これは投資である」という大義名分ができます。
まあ日本はギャンブル禁止ですから、関係者は言えなくて当然ですけど。

昨日のTV番組に、大手FX業者にて分析手法や相場観をレクチャーしている方が
「経済アナリスト」だったかで出演されているのを拝見しました。
何でも、昔ファンドマネジャーだった時に組んだ住宅ローンを
現在も順調に返済中だとか。
ということは、自分ではFXをやっていないかもしくは
やっているけど大儲けはしていない、ということでは?
と疑問に思いました、あくまで私の印象ですが。
仮に私が、人に教えられるほどの優れた分析力を持っていたならFXをやって
昔組んだ住宅ローンなどとっくに返済していると思います。
先生と呼ばれる人でその程度ですから
とても努力云々で成功するとは考えられません。

ギャンブルは節度を持ってやりたいですね。

「ダウ理論」には、「平均はすべての事象を織り込む 」という言葉があり、
政府が発表する経済統計や企業の業績・更には自然災害の様な予測不可能な事象に至るまで、
需給に関するあらゆる事象は全て市場価格に織り込まれる。
という考え方があります。

つまり、「政治・経済・歴史、トレーダーの思惑など」など世界中のあらゆる事象が
為替の値動きには、詰め込まれているんです。

株よりも、もっと広い・・・世界を見通しているような感覚。
ゼロサムゲームといわれる中で、世界中のプロトレーダー相手に戦っている感覚。
なにより、マーケット情報は価格変動のみ
(ではないと思いますが、値動きの要素が非常に高い)
ため、テクニカル分析が重要になる。
何百とあるテクニカルの中で、どのように戦略を立てるか?
すばらしい魅力です。

というか、値動きだけで、戦略が立てれるから、とっつきやすいんでしょうね。

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

FXの魅力は何ですか?株のようにあれこれ分析しようにもマーケット情報は価格変動のみです。これじゃあ確実にギャンブルです。不確実なゲームがなぜ流行るのか俺にはワケが分かりません。

ベストアンサーに選ばれた回答

株よりテクニカルがきれいに通用する(ただし株と同じで過疎通貨はダメ、あくまでユーロドルやポンドドル、ドル円のようなメジャー通過)
株のようなギャップアップ、ギャップダウンがない。
以上により株に比べてギャンブル要素がきわめてすくない。
ということですね。

特典・キャンペーン中の証券会社

新規口座開設&クイズに正解で4,000円プレゼント!

タイアップキャンペーンもれなく現金4000円プレゼント!

クイズに挑戦&新規口座開設等で最大2,000円プレゼント

トライオートETF新規口座開設キャンペーン

オトクなタイアップキャンペーン実施中!

新規デビュープログラム

総額1億円還元キャンペーン

運用スタートプログラム

開設後1ヶ月間取引手数料0円!

2,000円プレゼント

証券に関する悩みや疑問をキーワードから探す

その他の回答

まぁ、株みたいにいろいろ分析しなくていい手軽さが、かえってウケてるのかも知れないですね。

ですが、FXも、ちゃんとやろうとすると、分析すべきことはそれなりにあります。
基本は値動き・チャートから読み取れる「テクニカル分析」ですね。それ以外にも、各種ファンダメンタル(経済指標、NY株価等)もありますので、それなりにきっちり分析してやらないと、勝てません。

逆に言えば、きちんと分析すべきポイントを分析していれば勝てるはず、なわけで、こういった分析をするのが好きな人には、FXも魅力的なんじゃないかと思います。

不確実なので、ほとんどの人は自分だけは勝てると思いこんでるのでしょうね。

それがギャンブルの特性なのだと思います。

ですが、勝ち続けているプロのトレーダーやカジノで稼ぐプロのギャンブラー集団なんかは、統計なんかのデータ重視で戦略的にやっているようです。

例えばカジノで稼ぐギャンブラーには、カウンティングというテクニックがあります。
FX業者あれこれ
ブラックジャックで、配られるカードを全部記憶していく手法です。

残りのカードから、これから先自分が有利とわかった段階で賭け金を増やしていくやり方です。(映画、ラスベガスをぶっつぶせを参照してください。MITの教授と学生が行った半分実話だそうです。) FX業者あれこれ

FXなんかも、チャート上のパターンやテクニカ理指標などから、買いと売りどちらが有利かを判断して、戦略上それが明らかに有利な時しかやらないそうです。

FXはギャンブル、同感です。
結局「上がるか下がるか」ですから半々ですよね
どこで止めるかにもよりますが、それも運ですからギャンブルに変わりありません。

むしろギャンブル性がウケて流行っているのかもしれませんね。
多くの人が勝負事的なモノは好きでしょうし。
心のどこかで「これってギャンブルじゃ??」と思いながらも
欲(というか好奇心かも)でその感覚にフタをしちゃうんじゃないでしょうかね。
興味を持ってFX関連の情報を調べれば調べるほど
「ギャンブル」とは誰も言ってませんから、「これは投資である」という大義名分ができます。
まあ日本はギャンブル禁止ですから、関係者は言えなくて当然ですけど。

昨日のTV番組に、大手FX業者にて分析手法や相場観をレクチャーしている方が
「経済アナリスト」だったかで出演されているのを拝見しました。
何でも、昔ファンドマネジャーだった時に組んだ住宅ローンを
現在も順調に返済中だとか。
ということは、自分ではFXをやっていないかもしくは
やっているけど大儲けはしていない、ということでは?
と疑問に思いました、あくまで私の印象ですが。
仮に私が、人に教えられるほどの優れた分析力を持っていたならFXをやって
昔組んだ住宅ローンなどとっくに返済していると思います。
先生と呼ばれる人でその程度ですから
とても努力云々で成功するとは考えられません。

ギャンブルは節度を持ってやりたいですね。

「ダウ理論」には、「平均はすべての事象を織り込む 」という言葉があり、
政府が発表する経済統計や企業の業績・更には自然災害の様な予測不可能な事象に至るまで、
需給に関するあらゆる事象は全て市場価格に織り込まれる。
という考え方があります。

つまり、「政治・経済・歴史、トレーダーの思惑など」など世界中のあらゆる事象が
為替の値動きには、詰め込まれているんです。

株よりも、もっと広い・・・世界を見通しているような感覚。
ゼロサムゲームといわれる中で、世界中のプロトレーダー相手に戦っている感覚。
なにより、マーケット情報は価格変動のみ
(ではないと思いますが、値動きの要素が非常に高い)
ため、テクニカル分析が重要になる。
何百とあるテクニカルの中で、どのように戦略を立てるか?
すばらしい魅力です。

というか、値動きだけで、戦略が立てれるから、とっつきやすいんでしょうね。

【2022年】おすすめの海外FX業者13選!海外FX歴10年の私が人気会社を比較!

【2022年】おすすめの海外FX業者13選!海外FX歴10年の私が人気会社を比較!

海外FX業者はあえて金融庁ライセンスを取得していない

海外FX業者も自分たちの最大の強みがハイレバレッジであることをわかっているので、 あえて登録していない

とはいえ海外FX業者は”完全無登録業者”ではなく、外国の金融庁のライセンス認可を受けて運営している。
れっきとした”登録業者“なので安心してほしい。

追証なし(ゼロカットシステム)で借金を背負うことがない

海外FXではゼロカットシステムのおかげで投資金以上の借金を背負うことはない

海外FX業者にはゼロカットシステムという神のサービスが存在している。

ゼロカットシステムはマイナスになってしまった口座残高をゼロ(0)に戻してくれるサービスのこと。

つまり海外FXでは追証請求されることがなく、リスクが投資金までと限定されているわけだ。

有名な事例でいうと、スイスフランショックリーマンショックなど。

ゼロカットがない 国内FXではマイナスになった残高は追証請求され、絶対に支払わなければならない

“追証なし”という精神的余裕をもってトレードできるのは、アクティブなトレード・精神的安定の大きな助けになる。

証拠金が2倍になるほどの豪華なボーナスがある

海外FXのボーナスは超豪華

入金ボーナス

入金ボーナスは取引資金が%に応じて増える

入金額に応じて証拠金として使えるボーナスが受け取れるのが入金ボーナスだ。

この業者に10万円入金すると、入金ボーナスとして10万円が証拠金に付与される。
つまり実質20万円の証拠金で取引を始められるということだ。

未入金ボーナス(口座開設ボーナス)

新規口座開設ボーナスは入金なしでトレードできる

未入金ボーナスは口座開設するだけで受け取れるボーナス

自己資金を入金せずとも、未入金ボーナスを使えば無料でリアル口座の使い心地を試すことができる。

デモ口座とリアル口座では約定力に大きな違いがあるため、事前にリアルな約定力を知れるのは大きい。

ボーナスキャンペーンを提供している海外FX業者を知りたい方はこちら↓

取引の透明性が高いNDD方式を採用している

海外FX業者は透明性が高いNDD方式を採用している

基本的にはNDD方式は海外FX業者DD方式は国内FX業者 で採用されていることが多い。

NDD方式

つまりトレーダーが取引すればするほどFX会社も儲かるので、NDD方式ではトレーダーとFX会社はwin-winの関係となる。

NDD方式を採用している海外FX業者なら、透明性の高い環境で取引できる。

DD方式

トレーダーの注文をすべてFX会社が一旦決済

トレーダーの注文は通ったかどうかわからない、 完全ブラックボックスな注文方式 といえる。

仮に注文を通さなかった場合、 顧客とFX会社の利益は相反 してしまう。
悪いFX会社だと、不正な手(ストップ狩りや故意のリクオートなど)で顧客を負けさせようとしてくることさえある。

DD方式はかなり不透明な取引方式だ。

(※)NDD方式の業者なら取引制限なし

そのためNDD方式の業者では、スキャルピング・EAを利用した自動売買など無制限で取引できるのも大きな魅力だ。

海外FXはメリットがデメリットを遥かに凌駕する

国内FXと比べてスプレッドが多少広い点や突然の日本撤退のリスクなどのデメリットもあるが、管理人はデメリットを補ってあまりあるメリットが海外FXにはあると考えている。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる