オンライン外国為替取引

おすすめしない通貨ペアも紹介

おすすめしない通貨ペアも紹介

20対1の株式分割を控えたアマゾンの上昇に期待する2つのETF

1. Vanguard Consumer Discretionary Index Fund ETF Shares

最初にご紹介するのは、Vanguard Consumer Discretionary Index Fund ETF Shares (NYSE: VCR )である。生活必需品ではない商品やサービスを提供する企業に投資するものである。このETFは2004年1月に上場した。

VCR 週次チャート

VCRは、MSCI U.S. Investable Market Consumer Discretionary Indexに連動し、現在303銘柄を保有している。セクター別配分では、インターネット・通信販売小売(21.6%)、自動車メーカー(17.8%)、ホーム・センター(9.5%)、ホテル・リゾート・クルーズ・ライン(7.1%)、総合小売(4.4%)、アパレル小売(3.5%)など挙げられる。

組入れ上位10銘柄で純資産額60億ドルの58%以上を占めている。中でも Amazonは19.2%と最も高い組入比率となっている。次いでTesla (NASDAQ: TSLA )、Home Depot (NYSE: HD )、McDonald’s (NYSE: MCD )、Nike (NYSE: NKE )、Lowe’s Companies (NYSE: LOW )などが名を連ねている。

2. ProShares Online Retail おすすめしない通貨ペアも紹介 ETF

2021年には、全米の小売支出の9.5%近くがAmazonでなされている。次いで Walmart (NYSE: おすすめしない通貨ペアも紹介 WMT )が8.6%のシェアを占めている。そして、米国のeコマースの指標をみると、 Amazonは55%を大きく超え、優位に立っている。そのため、Amazonに投資するeコマース・リテール・ファンドの将来性に投資家は期待している。

次にご紹介する ProShares Online Retail ETF (NYSE: ONLN )は、主にオンラインまたはその他の無店舗チャネルで販売する世界の小売業者に投資するETFである。2018年7月に上場し、純資産は8760万ドルとなっている。

ONLN 週次チャート

ProShares Online Retail Indexに連動するONLNは、38銘柄を保有している。4分の3以上の企業が米国に拠点を置いており、次に中国、台湾、ブラジル、メキシコ、韓国、英国、イスラエルの企業が続いている。

組入上位10銘柄でETFの60%以上が占められている。Amazonの組入比率は26.11%と最も高く、中国の大企業Alibaba (NYSE: BABA ) 、JD.com (NASDAQ: JD )とeBay (NASDAQ: EBAY )、 医療アパレルとライフスタイル・ブランドのEコーマス企業Figs (NYSE: FIGS )、Eコマースでのペットフードと関連製品の販売に特化したChewy (おすすめしない通貨ペアも紹介 NYSE: CHWY )が続く。

皆さん、こんにちは。 今日は「投資信託の基礎」というテーマで述べたいと思います。皆さんの会社では、確定拠出年金(DC)は導入されていますか? 確定拠出年金の場合、運営管理機関から.

    おすすめしない通貨ペアも紹介
  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。 論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。 否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意: スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語での コメントのみ許されています。

日経平均株価27,943.95+28.06+0.10%
日経225先物 (F)27,947.5+37.5+0.13%
韓国総合株価指数2,626.34-44.31-1.66%
NYダウ32,737.76-178.02-0.54%
独DAX14,483.68-170.13-1.16%
S&P/ASX 2007,095.70-110.60-1.53%
米ドル指数102.550+0.103+0.10%
1,852.90+9.20+0.50%
原油 WTI119.72+1.22+1.03%
22.105+0.013+0.06%
米国綿花2番136.64-1.10-0.80%
排出権82.03+0.60+0.74%
米国シカゴコーン750.60+8.60+1.16%
米国コーヒー232.98-4.57-1.92%
ドル/円132.60+0.おすすめしない通貨ペアも紹介 73+0.55%
ドル/ウォン1,255.75+0.95+0.おすすめしない通貨ペアも紹介 おすすめしない通貨ペアも紹介 08%
ユーロ/ドル1.0686-0.0008-0.07%
ユーロ/円141.69+0.67+0.48%
トルコリラ/円7.9215-0.0249-0.31%
豪ドル/円95.38+0.55+0.57%
ポンド/円166.07+0.83+0.51%
おすすめしない通貨ペアも紹介
大塚ホールディングス4,354.0-11.0-0.25%
ソフトバンクグループ5,430.0+39.0+0.72%
トヨタ自動車2,190.5+27.5+1.27%
三菱UFJフィナンシャル・グループ749.4+10.6+1.おすすめしない通貨ペアも紹介 43%
ブイ・テクノロジー3,015.0-20.0-0.66%
東芝5,705.0-37.0-0.64%
みずほフィナンシャルグループ1,545.おすすめしない通貨ペアも紹介 5+14.5+0.95%

本日の株式市場:ダウは消費関連株の好調により上昇した一方、ハイテク株は下落

ロシア「マリウポリ港の穀物輸出準備整う」、周辺の地雷撤去要求

米ターゲット、利益率予想引き下げ 物価高で消費収縮

日銀総裁、値上げ許容度発言で謝罪 「誤解を招き申し訳ない」

消費者信用残高、Smuckerの決算発表、イエレン財務長官の証言:注目すべき3点

ダウンロードするApp store

リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion おすすめしない通貨ペアも紹介 Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。

マーケターに限らず独立で絶対必要なのは「営業力」と「潮流を読む力」【南坊泰司】

南坊 泰司さん

南坊 泰司さん
株式会社NORTH AND SOUTH代表/株式会社南マ研代表。電通にてブランディング、メディアプランニング、メディア PDCAツールSTADIAの開発運用などを担当し、ストラテジックプランナーとして活躍。その後メルカリに入社し、マーケティング/PRチームマネジャー、OMO(Online おすすめしない通貨ペアも紹介 merged offline)戦略チームリーダーを経て独立。マーケティング戦略立案と事業開発の両面を横断し、事業成長を支援する。

――電通の中でも特殊というのは、どのような点だったのですか?

南坊 :いわゆる「広告代理」ではない領域の仕事という点ですね。今は変わってきましたけど、かつては広告代理店って提案の仕事に対して明確にお金を請求しない場合が多く、メディアの広告枠販売の売上に提案業務のフィーを含めるといったビジネスモデルが基本でした。そうなると、自分がした仕事への対価が明確でない場合も多いわけです。

――その次はどのような業務に携わったのでしょう。

南坊 :ブランドコンサルで2年ほど働いたのち、次はストラテジックプランナーという職種に異動となりました。仕事は調査や分析がメインです。消費者や市場の調査を通して、コミュニケーション戦略や商品開発戦略の設計まで担当しました。さらに、こういったマーケティングの王道に近いところを経由して、次第にデジタルマーケティングの領域でも仕事をすることが多くなってきました。

――デジタルの方では具体的にどんな仕事をされていたんですか。

南坊 :マスとデジタルのメディアを合わせて、コミュニケーション戦略を最適化するといった文脈での仕事が多かったですね。コンテンツマーケティングやデジタル広告など、メディアにおけるコミュニケーション戦略の調査・設計に携わりました。

――ブランドコンサルからコミュニケーション戦略に領域を移し、そこからさらにデジタル、データまで関わった電通でのキャリアですが、こうして分野を変えてきたことにはどんな意図があったのですか?

南坊 :ブランドコンサルからストラテジックプランナーへの最初の異動では別に何も考えていなかったんですが、そこで働き出してから気づいたことがあって。一定レベルのブランド戦略の専門知識を持ったストラテジックプランナーって希少性が高く、キャリアとしてレバレッジが効いたなという印象があったんです。

だからその後は、おおよそ2年ごとに関わる場所を変えていこうという意識を持っていました。同じマーケ内でも分野を変えていくことで、専門的領域の経験を積みに行く。しかも単に専門的なだけではなく、デジタルやデータなど、これから先に絶対来ると思った領域を狙いました。

――スキルセットを高めるため、意図的に専門領域に行っていたんですね。データが確実に来ると予測を立てたのはなぜだったのですか。

南坊 :当時、「マスからデジタルへ」という流れを経てデジタル広告が成長していたのは明白な事実でした。この過程でデータを扱う仕組みの整備は進んでいたため、大量のビッグデータが蓄積されていくことになります。すると、それを広告に使うだけでなく、ソリューションを見出すために使いたいと考える人が増えるはず。だからデータは今後、よりブランドや戦略と結びつく……。こういった考えがキャリア選択の背景にありました。

メルカリで気づいた、事業会社と代理店の大きな違い

――電通のデータ部署にも同じく2年ほど在籍したのち、南坊さんは次にメルカリに転職します。これはどういう決断だったのでしょうか。

南坊 :データ部署の次はまた電通内の別の部署に行こうかとも考えていたんです。でも、そろそろ電通ではない場所に行く方がレバレッジが効くのではないかと唐突に思いまして。 それで辞めることを先に決めました。

じゃあ転職先はどうするかと考えたとき、できるだけ対角線っぽい、正反対のところにしようと。電通は伝統のある大企業なので、新しくて小さな会社と定めました。その中でメルカリを選んだのは、 実はもともと電通時代に担当しており、プロダクトが好きだったからというのが一番の理由ですね。

――メルカリではどんな経験をされましたか。

南坊 :2年間いましたが、すべてが電通の3倍速で進んだ印象です。意思決定も速いし、コミュニケーションなど仕事のスピードも段違いに速い。6年分の経験をしたほどの濃さでしたね。

南坊さん

南坊さんは株式会社南マ研の代表をしつつ、クリエイティブ・ディレクターの北尾昌大さんと共同で株式会社NORTH AND SOUTHも経営する。「仕事はそんなに簡単に切り分けられるものではない。ビジネスデザインやブランディングなどは、マーケティングとクリエイティブの間にあるファジーな領域だが、2人いればそういった案件を依頼される可能性も増える」

マーケターに限らず独立する上で絶対に必要なスキルは「営業」

――南坊さんの目から見て、マーケターとして独立する上で「これは絶対に必要だ」というスキルセットとは何でしょうか。

南坊 :これは絶対に「営業力」ですね。営業というのは純粋に仕事を取るだけじゃなくて、リードになりそうな案件をちゃんと育てて仕事にすることや、適切な金額を交渉すること、 あるいはビジネスモデルをつくることも含まれます。結局、仕事を作らないと独立しても生きていけない。

もうひとつあった方が良いスキルは、僕は「潮流を掴む力」だと思いますね。今このテーマや業界にニーズが生まれているとか 、あるいはこんな企業や人の近くにいた方が良いとか。独立して一人でやるとなると、他の人や会社より一歩先にいないといけません。トレンドを読む力はとても重要だと思います。

――そういったスキルセットはどのように鍛えてきましたか。

南坊 :営業力に関しては、電通の中で優れた営業の方の仕事ぶりを注目して学ぼうと考えていたことが大きかったですね。これは知っている人は知っていることなのですが、電通は営業が非常に優秀な会社なので 、リスペクトしてコミュニケーションの取り方や仕事の進め方をよく見ていました。それは今に活きていると思います。

▼南坊さんは毎朝Twitterでマーケティングにまつわる最新ニュース・トレンドを考察して10件ほど投稿している。「もともとインプットは大量にしていましたが、Twitterなどのアウトプットを含めることでよりインプットの精度が高まります」

――マーケティングの仕事で独立を考えている人に向けて、独立するかしないかの判断はどのように行えばいいか、アドバイスをお聞かせいただけますか。

南坊 :逆説ですけれども、絶対に独立しようって思わない方がいいと思います。その前に、今の目の前の仕事をクオリティ高くできるようになれば、勝手に能力が高まって勝手に独立できたりする。独立は結局、手段です。自分のキャリアを振り返ってみても、とにかくスキルセットを高めていきたい狙いはありましたが、独立をゴールにしたことはないですね。

――では最後に「マーケティングの仕事で食っていく」という点について、南坊さんが考える大事なポイントを教えてください。

南坊 :マーケターという職種に限らずデザイナーやエンジニアでも全て同じだと思うんですが、仕事は勝手に振ってこないんです。だから自ら作りにいく必要がある。本気で独立しようと思ったら、営業するとか経費精算するとか、本業のマーケティング以外の仕事が必ず入ってきます。しかもそれはどんなに低く見積もっても、全体稼働のうち半分くらいは発生します。

――「どんなに低く見積もっても」50%ということ。

南坊 :はい。なので独立したら本業の純度は上がらなくて、むしろ下がるんです。また、ほとんどの場合、独立したら自分の能力を食い潰していくことになります。会社にいることによるインプットって強烈なんです。最新の情報が手に入り、一緒に仕事する同僚や上司から勝手に吸収する情報やスキルも多々ある。独立した瞬間、うかうかしていたらすぐに自分が古くなって、相対的に自分の能力が落ちることはめちゃくちゃあります。

そこで個人的には副業がすごく良い手段だと思っていて。今は多くの会社でOKになっていますが、軸足が会社にあるので福利厚生も安心ですし、その状態で別の事業にチャレンジできるというのは幸せなことだと思います。今は本当に働き方が自由になってきた時代。一足飛びに独立まで考えなくても、まずはよりファジーな選択から始めてみてはどうでしょうか。

▼本メディア・マナミナを運営する株式会社ヴァリューズでは、新卒・中途を問わず積極的に採用を行っています。データサイエンス×マーケティング領域の可能性を信じる方、一緒に働きませんか。下記の採用サイトをぜひチェックしてみてください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる