無料セミナー

株の始め方と失敗しないためのコツは

株の始め方と失敗しないためのコツは

まずは自己投資とは何なのか、改めて基礎知識から確認していきましょう。

会社設立で失敗しないためには?失敗例から経営の秘訣を学ぶ

会社設立で失敗しないためには?失敗例から会社を永く経営する秘訣を学ぼう!

戦略がなければ効率的な事業活動ができませんし、適切なマーケティング手法を利用できなければ事業の拡大もできません。組織を適切に編成し、効果的な人材マネジメントを行わなければ必要な人材を確保できず、事業活動に支障をきたすでしょう。
財務会計の知識がなければ資金ショートの可能性が高くなり、倒産リスクを高まります。さまざまな問題に対処し、効果的に会社運営を行うためには一定の経営知識を習得し、活用できるようになる必要があります。

無計画な起業や事業拡大

無計画に起業したり、事業を拡大したりして失敗する原因は、企業経営に対する知識・経験の不足と認識の甘さです。特に、会計知識が不足している場合は倒産リスクが高まります。

目的・ビジネスモデルが曖昧

若手の経営者に多いのが、目的やビジネスモデルが曖昧なまま、勢いだけで会社を設立するケースです。例えば自分の好きなことややりたいことをビジネスにする場合、市場規模や収益性をまったく考えず事業を始める人がいますが、それでは失敗するために起業するようなものです。

会社を永く経営するためのポイント

会社経営を成功させるためには、社員に経営理念を浸透させることが重要です。 広い視野を持って経営を企画し、外部環境の変化にも敏感にならなければなりません。判断を誤れば倒産リスクが高まり、顧客や取引先、従業員に迷惑をかけてしまいます。

会社を設立して事業を永く継続するためには、まずは経営者としての自覚や経営知識、判断力を磨く必要があります。適切な情報を収集し、内部環境と外部環境を見定めることで、事業の安定と拡大を図ることができます。

普通の人が起業するには。起業の成功に大切な5ステップを創業手帳の大久保が解説!

この記事の解説者 大久保幸世
創業手帳 株式会社 代表取締役
大手ITベンチャー役員で、多くの起業家を見た中で「創業後に困ることが共通している」ことに気づき会社のガイドブック「創業手帳」を考案。現:創業手帳を創業。ユニークなビジネスモデルを成功させた。印刷版は累計100万部、月間のWEB訪問数は起業分野では日本一の100万人を超え、“起業コンシェルジェ“創業手帳アプリの開発や起業無料相談や、内閣府会社設立ワンストップ検討会の常任委員や大学での授業も行っている。毎日創業Tシャツの人としても話題に。資金調達コンサルティング(無料)も受付中。

起業とは


起業とは、事業を起こして新たなサービスを生み出していくことです。

「もっとこういうものがあったら便利なのに(価値や市場の創出)」「こういうサービスがあれば不自由しないな(ユーザーペインの解消)」といったアイデアをもとに起業した起業家たちのおかげで、私たちの生活は支えられています。そして、今当たり前にある有名な大企業も、昔は起業家が作ったということを忘れてはいけません。今ある日本の大企業は100年以内に設立された会社がほとんどです。そこには当時大変な状況でも起業した「起業家」がいたということです。また、起業家がつくった企業の利益やその従業員へはらう所得の税金によって、日本の国は支えられています。つまり、起業家がいなければ、世の中のサービスや日本の経済活動は存在しませんでした。そのくらい、起業することはすごいことなのです。

成功へ導く起業の5ステップ!

成功へ導く起業の5ステップ!


ここからは、起業する方法を5つのステップにしてを詳しく紹介します。

  1. なんで起業したいのかをよく考える
  2. 何をやるかを決める
  3. 資金を集める
  4. 起業方法を決め開業・設立手続きをする
  5. 実際に事業を始める

1.なんで起業したいのかをよく考える

なんで起業したいのかをよく考える

まず大切なのは、起業の「目的」を明確にすること。

起業は、「目的」を達成するための手段です。これを忘れてしまうと、起業しただけで満足してしまい、モチベーションの維持が難しくなります。

2.起業して何をやるかを決める

何をやるかを決める

起業するには、まずアイデアを見つけて誰が対象なのかを考え、現実的なビジネスモデルに落とし込んでいく

この時大切なのは、「現実的なビジネスプランであるか」ということ。スタートアップ期には、そのビジネスの売上で経営を続ける必要があるので、収益性をしっかり考えて「儲かるビジネスプラン」を立案する必要があります。

起業のビジネスアイデア・ネタの見つけ方

  • 既存サービスを発展できないか考える
  • 既存サービスを組み合わせて新しいものを考える
  • 「面倒くさい」を解決するものを考える
  • 自分の趣味や特技が活かせないか考える
  • 海外の成功モデルを輸入できないか考える

ひとつは、 生の情報を入れるということ です。詳しい人に聞きに行くのがハードルが高いという人がいますが、今では、無料のオンラインイベントやエキスポ・展示会といったものもあります。そこでは起業するための生の情報や実際起業した情報を大量に浴びることができ、自分の起業へのイメージが湧きやすくなります。

ふたつめは、アイディアを簡単でいいので 株の始め方と失敗しないためのコツは 「メモ」していくこと です。アイディアを書き出していくことで、次のアイディアを呼び起こしやすくなります。したがって、ひとつひとつのアイディアがすごくなくてもよいのです。アイディアを重ねるうちに、これだという品質の高い起業のアイディアが出てくるでしょう。

誰に売るかを決める

「この起業アイデアで勝負したい」と思っても、購入してくれるお客さんがいなければビジネス(商売)は成り立ちません。特に現在は、一人ひとりが自分の欲しい情報や欲しいものを手に入れる時代。 「誰にでも売れるもの」では「誰にも求められない」 のです。

起業のビジネスモデルを考える

ビジネスモデルとは、利益を生むための仕組みのこと。これを効率よく考えるために、「ビジネルモデルキャンバス」というフレームワークを用いるのもおすすめです。

【ビジネスモデルキャンバス9つの要素】

上記の中でも、顧客セグメント・提供価値・キーアクティビティの3つはビジネスの根幹に関わるものです。考える順番に迷ったら、まずはこの3つから具体化してみましょう。

3.起業するための資金を集める

資金を集める

資金調達の手段も日本政策金融公庫や銀行からの融資だけではなく、クラウドファンディングといった方法で資金を集めるのに成功している方もいます。

クラウドファンディング

ビジネスモデルが形になったら、起業に必要な資金を確保しましょう。 株の始め方と失敗しないためのコツは
起業するには資本金が必要になりますが、2006年に施行された新会社法で資本金1円でも起業が可能になりました。しかし資本金を1円にしてしまうと、「口座の開設ができない」「増資できない」「社会的信用が低い」など、起業後に様々な部分での影響が考えられます。
このことからも適切な資金調達方法をとる必要があると言えます。

3-1.事業にいくらかかるか算出する

【起業前の資金例】
  • 店舗・事業所関係:敷金、礼金、仲介手数料、改装費、看板制作費 等
  • 設備費:机、椅子、パソコン、プリンター、電話、車、レジスター、棚、厨房機器 等
  • 備品費:ユニフォーム、食器 等
  • 広告宣伝費:チラシ、Webサイト、雑誌広告 等
【起業後の資金例】

開業後の資金総額が想定できたら、開業してから数ヶ月分を開業資金として計上しましょう。 何ヶ月分の支出に備えるかは業種や事業戦略によって異なりますが、3ヶ月以上を想定しておくと安心 です。

3-2.起業の自己資金を貯める

自己資金とは、自分の蓄えの中で事業に回せる資金のこと。自己資金だけで起業できるのであれば、毎月の返済や利息が発生しないので、有利に事業をスタートできます。

ただ、一般的には 起業タイミングでの融資に比べて、起業3カ月以降の融資の方が審査が厳しくなります 。なぜなら、起業3カ月以降は実績値を求められ判断される可能性があるためです。すべて自己資金でスタートしてしまうと、起業後の資金繰り悪化に伴う融資申請が断られてしまうというリスクがあります。

起業時の資金に占める自己資金の割合を「自己資金割合」といいます。

日本政策金融公庫の「新規開業実態調査」によると、起業時融資の場合の自己資金割合は平均3割程度といわれています。とくに店舗開業を目指す方は、自己資金割合が3割以上となるように自己資金を貯めておきましょう。

3-3.起業するための資金を調達する

【5つの資金調達方法】

  • 日本政策金融公庫
    →審査が比較的通りやすいため、初めての方にはおすすめ!
  • 制度融資
    →金利を抑えて融資を受けたい方におすすめ!
  • 自治体の起業支援制度
    →返済の必要がない補助金や助成金も活用したい方におすすめ!
  • クラウドファンディング
    →マーケティングも兼ねて資金調達したい方におすすめ!
  • ベンチャー・キャピタル
    →難易度高!事業拡大も視野に入れている方におすすめ!
【日本政策金融公庫】

少額の支援で、起業家を応援してくれる金融機関です。「新創業融資制度」を活用すれば、設立直後で事業実績がないビジネスに対しても、無担保・無保証で3,000万円(うち運転資金1,500万円)まで融資が受けられる可能性があります。

企業としての信頼性が融資を受ける基準になるため、新規事業の場合は「信用保証協会」に信頼性補償を受けることになります。

【自治体の起業支援制度】

各自治体では起業家支援制度を設けています。低金利で融資が受けられる、税制面で優遇がある、新規事業に補助金や助成金を交付するなど、自治体によって支援内容は異なります。

【クラウドファンディング】

資金集めの段階で商品やサービスをPRできるので、マーケティングも兼ねることができます。ユニークな商品や、ソーシャルビジネスに関する事業で共感を得られれば、多額の資金調達ができる可能性もあります

【ベンチャー・キャピタル】

将来的に多くの利益を生む技術やサービスを扱うベンチャー企業は、上手くいけば億を超える資金調達もできるかもしれません

4.起業方法を決め手続きをする

起業方法を決め手続きをする

自分のビジネスプランに合った起業方法を選択することが大切です。

自分のビジネスプランに合った起業方法を選択する

また、事業内容によっては許可・認可・登録・指定・届出・認証などの手続きが必要になる場合があります。

  • 個人事業主
    →費用がかからず手続きも簡単!小さく起業する人におすすめ
  • 会社設立
    →税制優遇などメリット豊富!信用力を重視する人におすすめ
  • フランチャイズ
    →初期費用を抑えて起業できる!ノウハウを吸収しながら起業したい人におすすめ
  • M&A
    →スタートダッシュなし!資金力のある方におすすめ

個人事業主で起業するには

個人事業主として起業する手続きは、開業から1ヶ月以内に税務署に「個人事業の開業・廃業等届出書」を提出するだけです。費用も必要ありません。

会社設立するには

法人を設立する場合は、公証人役場、法務局、税務署、年金事務所、労働基準監督署での手続きが必要です。

    を作成し、公証人役場にて認証を受ける
  • 法務局で設立登記を行う
  • 税務書に法人設立届出書を提出する
  • 年金事務所で健康保険・厚生年金保険加入の手続きをする
  • 労働基準監督署で労働保険加入の手続きをする(従業員を雇う場合)

会社設立の場合は、資本金・定款認証の際に5万円(紙に印刷した定款の場合は4万円分の収入印紙も必要)・登録免許税(資本金の0.7%か15万円の低い方)の費用がかかります。

フランチャイズで起業するには

体系化された経営ノウハウやブランド力を初日から活用でき、比較的初期費用をおさえて開業できるというメリットがあります。

ただ、ロイヤリティの負担が大きく、 売上が予測を下回る場合は純利益が少なくなってしまうというデメリット もあります。

M&Aで起業するには

M&Aの場合、 既存のビジネスを買収するので、当初から売上と利益が約束されているのが特徴 です。また、人材や技術ノウハウをそのまま活用でき、新規事業を始める際の初期投資を抑えることができるメリットもあります。

5.実際に事業を始める

実際に事業を始める

起業するのに「ヒト・モノ・カネ」は必要ない?

起業するのに「ヒト・モノ・カネ」は必要ない?


「ヒト・モノ・カネ」が3大経営資源だといわれています。

しかし、起業の段階でヒト・モノ・カネが全て揃っている必要はありません。ヒト・モノ・カネをすべて揃うのを待っていたら、いつまでたっても起業できません。

起業に向いている人・向かない人の違い

起業に向いている人

行動力のある人

起業には想定外のことや、正解がわからないことがたくさん存在します。それを乗り越えるためには行動力が必要です。

専門的なノウハウを持っている人

考え方が柔軟な人

素直で誠実な人は起業にも向いています。

起業に向かない人

責任感のない人

何かで失敗したりうまくいかないことやあったとき、「コンサルタントが悪かった」とか「融資担当が悪かった」など人のせいにするような人は、起業に向いていないでしょう。

慎重すぎる人

前にどれだけ準備をしていても、いざ起業してみると想定外のことはかならず起きます。未来のことをあれこれ心配して動けなくなってしまう人は起業には向いていないといえます。

感情の起伏が激しすぎる人

すぐにキレる、思い込みが激しくネガティブになりがち、プライドが高すぎて客観性にかけるなど、感情のコントロールができない人は、人を雇う形での起業はしない方がよいかもしれません。

お金にだらしない人

まずは自分のお金の使い方を見直してみましょう。

全ての起業家が持っておくべき2つの知識

全ての起業家が持っておくべき2つの知識


起業するには、もちろん革新的なアイデアや起業家自身のやる気・熱意は欠かせませんが、さらに、経営していく上で必要不可欠な知識があります。

お金の知識

なんでもどんぶり勘定の経営者では、遅かれ早かれ失敗します。

管理会計の基礎知識

経営者に一番必要とされるのは、会社を健全に運営できるための戦略策定などに役立つ「経営判断のための会計知識」です。

一般的に「管理会計」とも呼ばれ、税理士や会計士などが株主報告などの書類を作るための「財務会計」とは別の領域となります。

決算書の読み方

しかし、 決算書が読めない=自社の財務状況について理解できていない ということになります。自分の置かれている状況が分からないようでは、業績の改善も行いようがありません。

実際の書類作成は税理士など専門家に任せるとしても、経営戦略を立てる上で「決算書」はきちんと理解できるようになりましょう

資金計画の立て方

そんな方は、必要最低限の項目である「資金計画」を立てておくだけでも役立つでしょう。

この資金計画を立てることで、お金の面で成り立つビジネスモデルかどうかを判断する ことができます。

適切な資金計画を立てることができれば、適切な資金繰りができるようになります。会社にとって資金繰りは命綱です

マーケティングの知識

お金の知識に加えて必要となるのが、マーケティングに関する知識です。

営業マンの違いや立地の違いなど色々あると思いますが、大きな要因となるのは、その会社の「マーケティング力」です。

マーケティングとは「お客様に価値を提供し続けて、儲ける仕組みを構築すること」です。

起業の失敗を避けるにはどうしたら良い?

起業の失敗を避けるにはどうしたら良い?


当たり前かもしれませんが、起業で失敗するリスクをゼロにすることはできません。

1. 起業の目的を明確にする

起業すること自体が夢や目的となっており、事業の内容が具体的ではない人のケース。

2. 商品・サービスのニーズを把握する

自分では革新的なアイデア・商品だと思っていても、消費者が必要としていなければ、起業したところで赤字になってしまいます

3. 柔軟に変化に対応する

常に情報をキャッチアップして、社会の変化には敏感に、そして柔軟に対応する姿勢で取り組みましょう。

4. 経費をかけすぎない

店舗や工場などの固定資産・設備を持って起業する場合に多いのが、経費をかけすぎてしまうパターンです。

起業するときには一人で悩まず誰かに相談しよう

起業するときには一人で悩まず誰かに相談しよう


起業となると考えなければならないことはたくさんあります。

自分自身は本業に専念できるよう、専門分野は専門家に任せて分からないことは無料の相談窓口などを有効活用することをおすすめします。

家族・友人・知人に相談する

とにかく、起業家は孤独です。実務的なものではなく、人間関係や自分の精神状態についての悩みは専門家よりも家族・友人・知人に相談するのがよいでしょう。

「それでもデイトレードがしたいんです」|5歳のリアル投資日記vol.4

得意技! そういえば僕のおばあちゃんにもそういう話があります。おばあちゃんは、株でめちゃくちゃ儲けてたんです。おばあちゃんが亡くなったときに、親族で金庫を開けることになって。本当に株で勝ちまくっていたから、株の秘伝ノートみたいなのが出てくるんじゃないかってみんなわくわくしながら開けたら、 「移動平均線」についての本が一冊だけ出てきたんです。 おばあちゃんはこの移動平均線だけを勉強してそれで儲けたんだって思って。これって得意技を極めたってことですよね。


長野


5歳


長野

あとデイトレードを始めたばかりの人は、売り買いすることばかり考えて失敗してしまうパターンが多いですね。相場の流れが自分に向いてなくて、 本当はトレードしない方がいい日でも、楽しくなってトレードして失敗してしまう ということもあるでしょうね。


5歳


長野


5歳


長野

そうですね。あと、 デイトレードを仕事にしている人は決して楽しんでいないと思いますよ。


5歳

出た! プロは別に株を楽しいと思ってない という話!


長野


5歳

プロほど淡々と冷静にやってるってことなんですね。話を聞けば聞くほど、 僕は感覚がギャンブラーなんだな って思いました(笑)。長野さんは小額から始めたほうがいいって言いますけど、結局調子乗って全額突っ込む気がしてきました。


長野

長野さん


5歳


長野


5歳


長野

5歳さん

ギャンブル欲とリスクマネジメントとの葛藤


5歳


長野

勝負だと思ったら負ける ので、それだけは覚えておいてください…。


5歳


長野

ところで5歳さん、 投資とギャンブルの違い ってなんだと思いますか。


5歳


長野

そうですね。でも、投資だってリスクはあるんですよ。 リスクを自分のコントロールできる範囲に抑えるのが投資自分のコントロールできる範囲を超えたリスクがあるのがギャンブル です。

長野さん


長野

例えば、ギャンブルっていうと競馬や競輪、カジノなどを想像するかと思いますが、 株だってリスクを大きく取るようなやり方だとギャンブルと同じ なわけです。だから、 重要なのは、リスクを自分でコントロールできる範囲に抑え、きちんと投資として取引するということ なんです。


5歳


長野


5歳


長野

対談する5歳さんと長野さん

リスクを丁寧に説明されたにもかかわらず、果敢にもデイトレードに挑戦しようとする5歳さん。果たして、本当にデイトレードを始めるのでしょうか? そして、投資する銘柄は? 今後の連載もお楽しみに!

自己投資とは?失敗しないために必須の心構え3つと具体的な投資20選


まずは自己投資とは何なのか、改めて基礎知識から確認していきましょう。

1-1. 自己投資とは何か

人によって感覚的に捉えている自己投資ですが、そもそも「投資」とは、 将来的に得られるであろうリターン(利益)を目的として、現在持っている資産を支出すること です。

自己投資とは 「将来リターンを得ることを目的として、自分に対して資産を支出すること」 と定義できます。

1-2. 自己投資で投じる資産は「お金」「時間」

では、自分に対して投じる資産は何でしょうか。自己投資の場合、主に2つあります。 「お金」と「時間」 です。

1-3. 期待するリターンは人によって異なる

将来的にどんなリターン(利益)を期待するかは、人によってさまざまです。

2. 良い自己投資ができるようになる3つの心構え


次に「良い自己投資」ができるようになるための心構えを3つ、お伝えします。

2-1. 回収できなければ投資の意味はない

1つめは 「回収できなければ投資の意味はない」 です。

これから自己投資に取り組みたいあなたが、とにかく最初に身に付けたいのは、
「投資した資産を最低限回収できなければ、それは投資失敗」
というシビアな視点です。

10万円を投じて10万円を回収するのは最低ラインであり、そこからいかに大きな利益を出せるか?を考える必要があります。

回収について甘い考えは、捨てましょう。回収して利益を出すこと(投じたお金・時間以上の価値を得ること)にこだわり、シビアになってください。

2-2. リターンが明確なほど投資効率が良くなる

2つめは 「リターンが明確なほど投資効率が良くなる」 です。

“きっちりリターンを得る”ために具体的に何に注意すべきかといえば、 「どんなリターンを自分が欲しいのかを明確にしたうえで投資する」 ことが大切です。

2-3. 自己投資は長期で考える(早く始めるほど良い)

3つめは 「自己投資は長期で考える(早く始めるほど良い)」 です。

それはつまり 「自己投資は、早く始めるほど有利」 という意味でもあります。

早く自己投資をスタートして、人生のできる限り早い時期に回収が始まるようにし、リターンを得て過ごせるようにした方が、成功と幸せを手にできる期間が長くなるのです。

「自己投資した方が良いのかな」と考えているなら、ぜひできる限り早く、自己投資を始めましょう。

3. 20代〜30代前半までに今すぐスタートしたい自己投資10選


「自己投資を始めたいけれど、何から始めたら良いんだろう」
そんな方へのヒントとして、ここからは具体的な自己投資をご紹介していきましょう。

3-1. 仕事に打ち込む

1つめの自己投資は 株の始め方と失敗しないためのコツは 「仕事に打ち込む」 です。

これは、ありとあらゆる人に共通して強くおすすめしたい自己投資になります。 「いま仕事に打ち込むこと」で将来得られるリターンは、非常に多岐にわたり、その質も高い からです。

  • 生涯にわたる高収入
  • 転職してもやっていけるスキル
  • ともに仕事に打ち込んだ戦友との一生の絆
  • 将来独立したときの助けとなる人脈
  • 自分は仕事に懸命に取り組んできたという自信

仕事の良いところは、 最低限、現在行った仕事に対する対価として報酬(給料)がもらえること です。

3-2. 資格を取る

2つめの自己投資は「資格を取る」です。

資格でおすすめしたいのは、 「今いる環境だからこそ、取得のハードルが下がっている資格」は、すべて取っておくこと です。

3-3. 国内外の旅行に行く

3つめの自己投資は 「国内外の旅行に行く」 です。

なぜ旅行が自己投資になるのかといえば、 旅行には人生のターニングポイントを生み出す力があるから です。

3-4. 本を読む

4つめの自己投資は 「本を読む」 です。

では、 できるだけ大量のインプットを効率的に行うために、最適な方法は何か?といえば、それが読書 株の始め方と失敗しないためのコツは なのです。

“ビジネス書の多読こそが最高の自己投資” と教えてくれる「レバレッジ・リーディング」です。


「レバレッジ・リーディング」

3-5. さまざまな分野の芸術を生で鑑賞する

5つめの自己投資は 「さまざまな分野の芸術を生で鑑賞する」 です。

これは 「他人と、感性・センス・引き出しの差を圧倒的につける」ために実践してほしい自己投資 です。

3-6. 料理はできるようになっておく

6つめの自己投資は 「料理はできるようになっておく」 です。

若いうちから料理を身に付けて、面倒さや苦労を感じずにサクッと食べ物を自炊できるようになっておくことは、 将来のお金・時間・健康というリターンになって戻ってくる からです。

3-7. おしゃれのセンスを磨く

7つめの自己投資は 「おしゃれのセンスを磨く」 です。

必ず買わなければならない服を、できるだけ早い段階で正しく買えるようになるために、おしゃれのセンスを磨きましょう。

▼ 理論がわかる本の例

3-8. 美容の習慣を身に付ける

8つめの自己投資は 「美容の習慣を身に付ける」 です。

女性でも男性でもズボラさんでも関係ありません。 日常生活の中で、美容の実践を習慣化しておきましょう。

なぜこれが自己投資になるのかといえば、 若い頃から美しくキープするためにケアしておくほど、年齢を重ねたときに、老けにくいから です。

大切なことは、 若いうちから自分の肌質・髪質・体質と向き合って、自分に合う美容を見つけ、それを習慣にすること です。

3-9. たくさんの人と会う

9つめの自己投資は「たくさんの人と会う」です。

自己投資を何もしておらず、自分が空っぽの状態で人と会っても時間の無駄となることが多いですが、 自己投資を実践中であれば、人との出会いが連鎖的に成功や幸せを運んできてくれるからです。

3-10. 資産運用を始める

10個めの自己投資は 「資産運用を始める」 株の始め方と失敗しないためのコツは 株の始め方と失敗しないためのコツは です。

資産運用をしているか、そのスキルやマインドを持っているか次第で、10年後・20年後・30年後、持っているお金の桁が冗談ではなく変わります。

4. 30代後半〜40代以降におすすめの自己投資10選


前章では20代〜30代前半までにしておきたい自己投資をご紹介しました。

人生のゴール(終わり)を見据えながら 「いかに豊かで充実した時間を増やしていくか?」 株の始め方と失敗しないためのコツは が焦点となるのが、この年代の自己投資です。

4-1. 家族・家庭を大切にする

1つめの自己投資は 「家族・家庭を大切にする」 です。

ただ献身的に(時には自己犠牲的に)家族に尽くしたり、やみくもに心配し続けたりするのではなく、
「将来、自分が後悔しないために」
「将来、自分がより良く生きるために」
という視点で捉え直すと、“大切にするやり方”にも変化が生まれるはずです。

パートナー・配偶者とはより良い関係が築けるように、
子どもにとっては生涯にわたって良き父・母で在り続けられるように、
あるいは遠くない未来に別れがくる親たちとは、別れの日に後悔しないように。

成熟した大人として家族・家庭と向かい合い、自分の在り方を問い直したうえで、どう大切にしていくか考えてみてください。

4-2. 人脈を広げる・維持する

2つめの自己投資は 「人脈を広げる・維持する」 です。

ただ、30代後半以降で注意したいのは、 人脈は広げるとともに「維持する」ためにも投資しておく ことです。

4-3. 一生ものの名品を手に入れる

3つめの自己投資は 「一生ものの名品を手に入れる」 です。

一生使うものは、人生の早い段階で手に入れた方が、その分、たくさん使えて投資効率が高まります。
ぜひ30代後〜40代の早いタイミングで、購入を検討しましょう。

4-4. 不労所得につながるノウハウを身に付けておく

4つめの自己投資は 「不労所得につながるノウハウを身に付けておく」 株の始め方と失敗しないためのコツは です。

最初は金額の大小にはこだわらず、たとえわずかなお金でも良いので、不労所得につながるノウハウを身に付けましょう。

4-5. 健康に役立つもの・サービスにお金を使う

5つめの自己投資は 「健康に役立つもの・サービスにお金を使う」 です。

自己投資で防げるものは、どんどん防ぐに越したことはありません。健康に役立つものやサービスにお金を使いましょう。

ひとつ、すべての人に共通しておすすめな自己投資は、 オプション検査をできるだけ追加した人間ドック です。

4-6. エイジングケアを本格化する

6つめの自己投資は 「エイジングケアを本格化する」 です。

具体的には、 お金に余裕のない若い頃ではできなかった美容法を取り入れて、より強力なケアをしていく のがおすすめです。

4-7. 豊かな老後を見据えた趣味をスタートする

7つめの自己投資は 「豊かな老後を見据えた趣味をスタートする」 です。

40年という長い時間を、退屈せず豊かに過ごすための準備を、今しておかなければなりません。

4-8. 自分なりの死生観を構築する

8つめの自己投資は 「自分なりの死生観を構築する」 です。

少し暗い話に聞こえるかもしれませんが、 幸せに生きるための叡智として、30代後半を過ぎたら向き合っていきたいのが「死生観」 です。

4-9. 心が安らぐ居場所をたくさん作る

9つめの自己投資は 株の始め方と失敗しないためのコツは 「心が安らぐ居場所をたくさん作る」 です。

どうしてもつらいことがあったとき、心がポキッと折れないように、安心できる居場所を作っておくこと も、30代後半〜40代以降に必要な自己投資です。

【初心者向け】不労所得におすすめの投資方法・副業4つを紹介

【初心者向け】不労所得におすすめの投資方法・副業4つを紹介

不労所得とは、労働によらない(あるいは少ない労働で)得られる所得のことです。

不労所得でお金を稼ぐには、それ相応の情報収集や知見が必要になります。 また、 労働をせずにお金が入ってくるようになるまでに、 お金が稼げる仕組みを作る必要があります

この状況を手に入れるまでに、膨大な量の知識とノウハウが必要になります。 そして忘れてはいけないのは、 労働せずとも収入を得ることができるようになった状況を 「維持」しなければいけない というところです。

不労所得を得ることで享受できるメリット

プライベートな時間を確保できる

中でも一番大きいメリットとして挙げられるのが、 プライベートな時間を作ることができる という点です。

好きなことを仕事にできる

また、 仕事をするにしても 自分の好きな分野で働くことができる というメリットもあります。 不労所得を得ることに成功すれば、必然的に給料以外に一定の収入を得ることになります。

しかし、 仕事を選ぶ際に給与が高いか安いかを基準にする必要がなくなるだけで、 選べる仕事の幅はグッと広がります

不労所得の注意点

労力と時間に対して収入が見合わないケースもある

不労所得には色々な種類があります。そして中には かけた労力と時間に対して得られる収入。 つまり、 リターンが少ない 株の始め方と失敗しないためのコツは ケースもあります。

会社が副業を禁止している場合がある

会社員が本業での収入とは別に、副業として不労所得を得る場合は、 勤めている会社が副業自体を禁止していないか事前に必ず確認しましょう。

「不労所得」を得られるまで時間がかかる

最後に、 不労所得を得るまでに時間がかかってしまうという点も注意すべきです。 前述したように、 不労所得を得るまでには、 かなりの知識やノウハウ、時間が必要 になります。

初心者が不労所得を得るための手順

STEP1:投資の予算を把握する

まずは、 自分が不労所得を得るための 投資に使える予算を把握する ことです。

    株の始め方と失敗しないためのコツは
  • ハイリスク・ハイリターン
  • ミドルリスク・ミドルリターン
  • ローリスク・ローリターン

リスクが高くなるほど 得られるリターンも高くなる のが一般的です。 とはいえ、自分の生活が維持出来ないくらいの大金を投資につぎ込んでしまうと、後に後悔してしまうことになります。

STEP2:目標を定める

次に、不労所得で稼ぐ金額の目標を決めましょう。 株の始め方と失敗しないためのコツは 目標額を決めることで、 実際に投資するための方法や商品を具体化させる ことができます。 ここで設定する目標金額は、ある程度具体的に決めておくことをおすすめします。

STEP3:不労所得を得るための方法を決める

  • 投資の予算
  • 目標金額
  • 稼げるまでの期間
  • 具体的な方法

おすすめの不労所得4選

いよいよここから、より具体的に 不労所得を得るためのおすすめの方法 を、5つピックアップして紹介していきます。

①不動産投資

資金力よりも信用力の方が大事

不動産投資を行うには、初期投資に使う資金力よりも 信用力 の方が大事になります。

しかし、 実は現在家賃収入で不労所得を得て暮らしている人のほとんどが、初めから大金を用意して不動産を購入したわけではありません。 実際は、 銀行でローンを組んで不動産を購入する という形になります。

不動産投資のメリット

  • 年金対策になる
  • 生命保険の代わりになる

まず、不動産投資のメリットとして、年金の対策になるという点が挙げられます。 日本では少子高齢化が進み、働き手は減る一方で、 年金を受け取る側の人口はどんどん増えていきます。

しかし、 不動産投資では物件を貸出している間は、 継続的に収入を得ることができます

例えば、不動産を購入してまだローンの支払い途中の際に、 銀行で組んだローンの契約者が亡くなってしまった場合、 残りのローンを支払う必要がなくなります。

不動産投資のデメリット

  • 物件のメンテナンスにお金がかかる
  • 空室になると収益が発生しない

こういった状況を回避するためには、 随時お金をかけて建物のメンテナンスを行う必要 が出てきてしまうのです。

大前提として、家賃収入を得るためには、誰かにその物件に家賃を払う住んでもらうことが必要になります。そして、 入居者を常に確保するには 手間がかかってしまう のも事実です。

  • おすすめの不動産投資方法や投資先は?種類や不動産会社も比較
  • 【目的別】不動産投資におすすめの相談窓口!失敗しない選び方

株式投資は、数ある不労所得を得る方法の中でも、人気のある投資方法です。 株式投資の中には、主に デイトレード配当金を目的とした投資 といった方法が挙げられます。

一方で、配当金を狙った投資では、企業が株主に出た利益の一部を分配するという仕組みを利用し、収益を発生させます。こうして得る配当金を、 インカムゲイン 株の始め方と失敗しないためのコツは と呼びます。

企業や業界の見極めが重要

株式投資のメリット

  • 株主優待が受けられる
  • 政治や経済に詳しくなる

さらには、 政治や経済に詳しくなる という点もメリットとして挙げられるでしょう。

株式投資のデメリット

  • 初期投資に比較的多くのお金が必要になる
  • 損失を生む可能性が高い

株式投資で、ある程度の不労所得を得ようとすると、 比較的多くのお金が必要 になります。

はじめての不労所得に最適

投資信託は、投資未経験者の「 はじめての不労所得 」に最適です。 投資の専門家が、投資家に代わって投資先を決め運用してくれます。

投資信託のメリット

  • 少額から投資を始められる
  • リスクを分散させることができる

一般的に、投資をするとなると多くの資金を必要とすると思いがちです。しかし 投資信託では、 最低1万円程度 から簡単に投資を始めることができます。

しかし、 投資信託を利用すると 比較的少額で行え、しかも投資のプロが運用してくれます 。 この点は、投資信託を始める上で、メリットだと言えるでしょう。

投資信託のデメリット

  • 手数料がかかる
  • 元本保証がされていない

投資信託のデメリットの一つ目に、 手数料がかかる という点が挙げられます。とは言え 「自分の代わりに投資をしてくれているんだから、手数料がかかっても仕方ない」と思う方も多いはずです。

しかし、 実は日本の投資信託の手数料は、 海外のものに比べて比較的高く、投資家にとってかなりの痛手 になります。

また、 元本保証がされない という点もデメリット です。

④アフィリエイト

SEO対策の知識が重要

自分が運営するメディアをより多くの人に見てもらうためには、 ウェブサイトやブログの構成読者を考えた記事構成 といった、 SEO対策 が必要になります。

アフィリエイトのメリット

  • 少ない経費で始められる
  • 特別な知識やスキルが必要ない

アフィリエイトのメリットはまず、少ない経費で始められる点です。 自分でメディアを立ち上げる際に必要な金額がかなり安く、 1万円以下 で簡単に始めることもできます。

さらに、 アフィリエイトを始めるだけなら、 特別な知識やスキルが必要ない 点も魅力です。

アフィリエイトのデメリット

  • 不労所得を得るまでにかなり時間がかかる
  • 一気に収益が下がる可能性があり不安定

Google の検索結果は、 Google の検索アルゴリズムが機械的に決定しています。検索アルゴリズムのアップデートが運営サイトに影響し、サイトの評価が下がった場合、 検索順位とともに収益が減少してしまう ケースもあります。

【2021年・徹底比較】おすすめの不動産投資会社6選

※入居率は2020年1月9日現在・各社公式HP記載のものです
※入居率は2020年1月9日現在のものです。最新の情報とは異なる可能性があります。
※従業員数・無料セミナー・上場市場などの情報は2020年1月9日現在のものです。最新の情報とは異なる可能性があります。
※業界トップクラス・No.1・高水準・業界最安水準などの表現は各不動産会社公式HP記載の表現です

1.デュアルタップ

おすすめの不動産投資会社人気No.1デュアルタップ

  • 年間入居率99%超の人気
  • 無料WEBセミナーを開催
  • 東京23区 特化 ・デザイン性と機能性を備えた高品質物件
  • 高水準の家賃保証を実現 ※1
  • 24時間365日万全のサポート体制
  • 年間平均入居率99%超え
  • オーナー専用のWEBサイトを用意
  • 企画・開発・管理までワンストップサービス
株の始め方と失敗しないためのコツは
入居率 97.5%
無料セミナー
従業員数 137名
上場市場 東証二部

2.RENOSY

おすすめの不動産投資会社ランキング1位 リノシー

  • 不動産投資No.1 ※1 の売上実績
  • 不動産投資会社3部門1位 ※2 の人気
  • アプリで物件管理

RENOSYは「ネットで選ばれている不動産投資会社」「安心・信頼できる不動産投資会社」「友人に紹介しいた不動産投資会社」 3部門で1位を獲得 しています。

入居率は驚異の99.3% 。 ITの活用で業務を徹底的に効率化し、業界最安水準の集金代金手数料で、充実したサービスを実現しています。煩わしい管理業務は一切行わず家賃収入を受け取るだけでOK。初心者でも安心です。

※1東京商工リサーチによる中古マンション投資の売上実績(2020年1月調べ)
※2 調査方法:インターネット調査/調査概要:2020年 8月サイトのイメージ調査/調査提供先:日本トレンドリサーチ

株の始め方と失敗しないためのコツは
入居率 99.3%
無料セミナー
従業員数 521名
上場市場 マザーズ

3.トーシンパートナーズ

おすすめの不動産投資会社ランキング4位 トーシンパートナーズ

  • 入居率99.7%と業界トップクラス!
  • 供給戸数13,500戸以上を誇る
  • オーナー専用窓口で専任スタッフに無料で相談ができる!

トーシンパートナーズは、30年以上もの期間で 270棟13,500戸を超える物件を供給 してきた ノウハウやネットワークがあるから、安定した収入を期待できるところが魅力です。

オーナー専用の窓口も用意されているので、所有している物件のことのみならず、資産運用やマンション経営に関する相談やライフプランニング全般に関わるアドバイスまで 専任者が無料でサポート してくれます。

4.グローバル・リンク・マネジメント

おすすめの不動産投資会社4位グローバルリンクマネジメント

  • 紹介・リピート率71.3%
  • 入居率驚異の99.47%!
  • マンション経営に関わる すべてのサービスをワンストップで提供

グローバル・リンク・マネジメントは、マンション経営に関わる販売や 開発のみならず、賃貸の管理や建物管理といった すべてのサービスを ワンストップで提供 。コンスタントに晩梅や開発をしている企業は、東京都内でも10数社しかありません。

2019年には 約71.3%が紹介によるリピート購入 となった実績があることから、高いサービスの品質と満足度がうかがえます。

入居率 99.04%
無料セミナー
従業員数 114人名
上場市場 上場

5.日本財託

おすすめの不動産投資会社ランキング5位 日本財託

  • 500以上のメディア実績
  • 全体入居率98.68%・販売分入居率99.07%の人気
  • 株の始め方と失敗しないためのコツは
  • 販売から管理、運営まで一貫したサービスを提供

日本財託は、販売から管理、運営まで一貫したサービスを提供する不動産投資会社です。 日本財託が管理する物件の年間平均入居率は98%以上。 全国の平均入居率81%を大きく上回っています。

オーナー数8,447人・メディア掲載500社以上、管理戸数23,477戸と実績も十分です。 定期的に無料セミナーを開催 株の始め方と失敗しないためのコツは しており、ネットからの申し込みで誰でも参加できます。

入居率 99.07%
無料セミナー
従業員数 240名
上場市場 非上場

6.トウシェル

おすすめの不動産投資会社ランキング5位 トウシェル

  • 利用者の90%以上が不動産投資初心者
  • 全国に対応 ※一部地域では例外もあるため要相談
  • 無料相談後のアンケートで回答者全員にもれなく現金5,000円プレゼント中!!

トウシェルは、これから資産形成や運用を始める方を無料でサポートしてくれる 資産運用のプロを紹介 してくれます。

トウシェルの利用者の 90%以上は不動産投資初心者 であることから、安心して状況に合った最適なプランを提案してもらうことが可能。

今なら相談後のアンケートに協力するだけで、回答者にもれなく 現金5,000円がプレゼント されるキャンペーンを実施中!お得な今、ぜひ不動産投資や資産形成、運用について無料で相談してみてはいかがでしょうか。

大きなリターンを得るためには、 ある程度のリスクは覚悟しておく 必要があります。 しかし、その分野に関して、怠らずに勉強をすることで、リスクを最低限に抑えることができます。

  • おすすめの不動産投資方法や投資先は?種類や不動産会社も比較
  • 不動産投資の利回りとは?計算方法やシミュレーションも紹介
  • 【目的別】不動産投資におすすめの相談窓口!失敗しない選び方
  • 不動産投資を始めたい初心者必見!実は簡単な不動産投資の始め方
  • 不動産投資が資産形成におすすめな5つの理由と成功するコツとは?

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる