為替ニュース

仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは

仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは
GMOコイン

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の手数料・スプレッドまとめ

これから暗号資産投資を始めようと思ったときに、まずやらなければならないのは暗号資産(仮想通貨)取引所での口座開設です。
同時に、どこの暗号資産取引所で開設するのかを選ぶ必要があります。
しかし、これから暗号資産取引を始めようと考えている人に、数ある取引所の中から一つ選ぶのはかなり大変なことですよね。
そこで暗号資産初心者におすすめしたい取引所がDMM Bitcoinです。
名前からわかる通り、大手インターネットグループのDMM.comが展開する暗号資産取引所なので、初心者でも安心して利用することができます。
今回はそんな、暗号資産取引をする上で非常に重要となってくる手数料とスプレッドについて紹介していきます。

DMM 仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは Bitcoin(DMMビットコイン)で必要となる手数料を紹介

暗号資産を取引する際には手数料が必要です。
なるべく手数料が掛からない方が、利用する側にとっては良いことであるのは間違いありません。
そこでまずは、DMM Bitcoinで必要となる各手数料について紹介します。

入金・出金手数料

DMM Bitcoinの口座に日本円で入金・出金するときに手数料が必要です。
DMM Bitcoinでは、振込入金手数料、クイック入金手数料、出金時のそれぞれで手数料が必要となるのですが、基本的に全ての手数料が無料です。
つまり入金手数料も出金手数料も必要ないということです。
ただ一点気を付けてほしいのが、入金を行う際に利用する銀行によっては振込手数料が必要となるので事前に確認するのがおすすめです。
それと、暗号資産の入庫・出庫でも手数料は必要ないので安心して利用することができます。

取引手数料

暗号資産では取引をする度に発生する取引手数料があります。
その取引手数料が、DMM Bitcoinの場合は無料です。
例えば取引手数料が必要となる取引所の場合は、小さな取引手数料だとしても取引回数が増えていくごとに、手数料も積み重なり結果的には大きなものとなるのです。
その点を考えると、取引手数料が発生する取引所よりもDMM Bitcoinの方がお得に取引できるということです。

レバレッジ手数料

レバレッジ手数料とは、レバレッジ取引を行うときに発生する手数料です。
ちなみに、レバレッジ取引とは口座に入金している資金を最大4倍に増やした、取引ができる方法です。
DMM Bitcoinの場合は建玉金額の0.04%/日でレバレッジ手数料が発生します。
つまり、取引のための暗号資産購入金額×0.04%の手数料が必要になるということです。そしてレバレッジ手数料はロールオーバー時(翌日まで持ち越し)仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは に発生するので、購入したその日に決済をすれば手数料は発生しません。
レバレッジ手数料は日を持ち越すたびに発生するので、長期的に取引をする場合にその分だけ手数料が必要となるので注意が必要です。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のスプレッドを紹介

暗号資産取引では、取引手数料とは別にスプレッドが発生します。
スプレッドとは、買値と売値に差があり、その差額のことをさします。スプレッドは買値と売値の差額ではありますが、基本的には取引所が設定している手数料をさします。
そして、スプレッドは取引の度に必ず発生するので、なるべくスプレッドが狭い取引所を選んだ方が有利に取引を行うことができます。

現物取引でのスプレッド

DMM Bitcoinでは現物取引対応暗号資産はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)です。
そして、それぞれの暗号資産で取引をするたびにスプレッドが発生するのですが、2019年9月現在は以下の通りです。

仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは
BTC 2,618円
ETH 617円
XRP 1,621円

暗号資産を買った時点から、上記金額分だけ手数料を支払う形でスタートします。
しかし、こちらのスプレッドは固定されているものではなく、暗号資産の価格変動と共にスプレッドも変動していきます。
そのため、実際に取引をするときでスプレッドが違ってくるので注意が必要です。

レバレッジ取引でのスプレッド

DMM Bitcoinでは現物取引だけではなく、レバレッジ取引も可能でスプレッドもそれぞれで必要となってきます。
2020年3月現在のレバレッジ取引のスプレッドは、以下の通りです。

仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは
BTC307円
ETH 176円
XEM 0.151円
XRP 0.197円
LTC 48.5円
ETC 19.8円
BCH 224円
XLM 0.324円
MONA 9.575円

こちらのスプレッドも、常に変動するので注意が必要です。
ただ現物取引のスプレッドと比較すると、レバレッジ取引のスプレッドは狭くなっているのが特徴です。
レバレッジ取引は、少額の資金でも大金で取引ができる取引方法です。そのため価格変動時には利益や損失が大きく変動するために、スプレッドも狭く設定されているのです。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)だと暗号資産(仮想通貨)取引の手数料は安く、スプレッドは狭い方が良い

暗号資産取引所選ぶときのポイントはいくつかありますが、基本的には手数料が安く、スプレッドが狭い取引所を選ぶことをおすすめします。
手数料もスプレッドも、取引回数が増えれば増えるごとに増えていきます。
そのため、手数料やスプレッドが高い取引所と低い取引所を比較したときには、圧倒的に低い取引所の方が有利となるでしょう。
もちろん、約定率や使えるツールの違いという点もありますが、国内暗号資産(仮想通貨)取引所で比較をしたときには、そこまでの差とはならないのです。
ちなみに、海外暗号資産取引所であれば取引手数料が発生する取引所もありますが、国内暗号資産取引所であれば取引手数料が発生しない取引所がほとんどなのでなるべく国内の取引所を選んだ方がお得に取引することができます。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の手数料は安く、スプレッドも狭いので初心者にはおすすめ!

以上がDMM Bitcoinの手数料とスプレッドの紹介です。
DMM Bitcoinでは基本的に手数料は安く、一部を除いてほぼ必要ありません。
もちろんスプレッドに関しても広くないので初心者でも安心して取引を行うことができるのです。それとDMM Bitcoinでは、スプレッドが固定されてお得に取引ができるスプレッドキャンペーンを、度々開催しているので使わない手はないでしょう。
他にもPC版の取引ツールだけではなくスマートフォン版のツールも準備されているので安心して利用することができます。
もしどの暗号資産取引所で口座開設をするのか迷ったときには、初心者でも安心して利用することができるDMM Bitcoinがおすすめです。

ビットコインはどこで買うべき?おすすめ取引所10社厳選!手数料から取扱通貨数まで

BTC.jpeg

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リスク(LSK)
・ファクトム(FCT)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・アイオーエスティー(IOST)
・エンジンコイン(ENJ)
・オーエムジー(OMG)
・パレットトークン(PLT)

コインチェックの安全性、セキュリティ

コインチェックでは安全性を高めるため、以下のような対策を行っています。
・利用者の資産分別管理
・財務情報の開示
・コンプライアンス体制の見直し

また、セキュリティ面においても、以下のような取り組みを行っています。
・マルチシグの実施
・コールドウォレットの導入
・SSLの利用
・ログイン時の二段階認証実施

2位:取り扱う暗号資産の種類がビットコインを含めて15種類「DMM Bitcoin」

DMM Bitcoin

仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは
DMM Bitcoinの概要
取引通貨数 15種類
販売所手数料 無料
取引所手数料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

DMM Bitcoinは、ビットコインを含め15種類もの通貨が取引可能です。取引可能銘柄数でも国内事業者では4位にランクインしています。

入出金手数料や取引に必要な手数料も無料です。取引時の手数料は暗号資産取引所の中でも安いです。

DMM Bitcoinの取り扱い通貨

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ライトコイン(LTC)
・ステラルーメン(XLM)
・イーサクラシック(ETC)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・クアンタム(QTUM)
・オーエムジー(OMG)
・モナコイン(MONA)
・ネム(XEM)
・シンボル(XYM)

DMM Bitcoinの安全性、セキュリティ

・オフラインウォレットでの顧客資産管理
・顧客資産と会社資産の分別
・2段階認証と生体認証の導入
・不正アクセスへの監視
・マルチシグネチャ対応
・SSL暗号化通信

3位:取引所・販売所どちらも対応「bitFlyer(ビットフライヤー)」

bitFlyer

仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは
bitFlyerの概要
取引通貨数 14種類
販売所手数料 無料
取引所手数料 0.01~0.15%
入金手数料 0円~330円
出金手数料 220円~770円

bitFlyerはビットコイン取引量が6年連続国内No.1(※)の暗号資産取引所です。ビットコインの取引量だけに絞るなら優れた取引所と言えます。

販売所方式と取引所方式のどちらでも取引できる点がbitFlyerの特徴です。また、2倍のレバレッジで取引できます。トレードスタイルに応じて使えるため、取引口座を開設しておいて損はありません。

bitFlyerの取り扱い通貨

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リスク(LSK)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・ステラルーメン(XLM)
・テゾス(XTZ)
・ポルカドット(DOT)
・チェーンリンク(LINK)

bitFlyerの安全性、セキュリティ

引用元:bitFlyer

・SSL暗号化通信
・SHA-2(SHA-256)の採用
・FW(ファイア・ウォール)による社内環境の防御
・パスワードの強度チェック
・アカウントロック機能
・マルチシグネチャ
・コールドウォレット
・顧客資産との分別管理
・ウイルスチェックとハッキングテスト

取引所取引と販売所取引の違いとは?

syougaku

4位:高い安全性を誇る「GMOコイン」

GMOコイン

GMOコインの概要
取引通貨数 14種類
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker -0.01%
Taker 0.05%
入金手数料 無料
出金手数料 無料

GMOコインの親会社は一部上場企業でもある「GMOインターネットグループ」で、証券会社やFX取引などの事業を行っています。2倍のレバレッジがかけられる点もGMOコインの特徴です。

GMOコインの取り扱い通貨

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・エンジンコイン(ENJ)
・テゾス(XTZ)
・オーエムジー(OMG)
・ポルカドット(DOT)
・コスモス(ATOM)
・シンボル(XYM)

GMOコインの安全性、セキュリティ

・利用者から預けられた資産の分別管理
・マルチシグの対応
・システム内への不正侵入対策
・アカウントの乗っ取り対策

5位:3通貨に絞ったハイレベルな取引所「SBI VCトレード」

SBI VCトレード

SBI VCトレードの概要
取引通貨数 5種類
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 50円~250円

取引にかかる手数料は安いため、まずはビットコインへの投資を始めたい人にはおすすめです。

SBI VCトレードの取り扱い通貨

・ビットコイン(BTC) 仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは 仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ライトコイン(LTC)
・リンク(LINK)
・ポルカドット(DOT)

SBI VCの安全性、セキュリティ

・内部犯行対策
・サイバー攻撃対策
・ログイン時以外の二要素認証(暗号資産出庫時など)
・デバイス認証
・暗号資産に対する盗難対策
・資産分別管理

6位:圧倒的な流動性を誇るグローバル展開の取引所「Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)」

Liquid by Quoine

Liquid by Quoineの概要
取引通貨数 5種類
販売所手数料
取引所手数料 BTC/JPYのみ無料
入金手数料 無料
出金手数料 日本円:700円

Liquid by Quoineはセキュリティ体制を万全にすべく、お客さまの資産をすべてコールドウォレットで管理している暗号資産取引所です。インターネットに接続されていない場所で金融資産を保管するため、ハッキングリスクがありません。

Liquid by Quoineの取り扱い通貨

Liquid by Quoineの取り扱い仮想通貨は以下の4種類です。

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・キャッシュ(QASH)

利用できる種類は少ないものの、キャッシュといったLiquid by Quoine独自の通貨も取引できるので、暗号通貨上級者のかたでも満足できます。

Liquid by Quoineの安全性、セキュリティ

Liquid by Quoineのセキュリティ対策には、

・2段階認証の実施
・パスワードリセットプロセスの強化
・クーリングピリオド
・IPホワイトリストの登録
・DNSセキュリティの実装
・Hawk認証プロトコルを用いたセキュリティの強化
・24時間監視体制のLiquid取引所

顧客資産の管理を全てコールドウォレットで管理している、というのもLiquid by Quoineの特徴です。そのため、万が一不正操作が行われた場合でも、暗号資産の安全性が保たれています。

7位:日本発として人気のモナコイン(MONA)を購入できる「ビットバンク」

bitbank

ビットバンクの概要
取引通貨数 15種類
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker -0.02%
Taker 0.05%
入金手数料 無料
出金手数料 550円/770円

業界最狭クラスのスプレッドもbitbankの強みです。頻繁にトレードをしたい人にとって、実質的な取引手数料であるスプレッドの安さは大きな魅力と言えます。

ビットバンクの取り扱い通貨

・ビットコイン(BTC)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・イーサリアム(ETH)
・モナコイン(MONA)
・ビットコインキャッシュ(BCC)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM) 仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・オーエムージー(OMG)
・シンボル(XYM)
・チェーンリンク(LINK)
・メイカー(MKR)
・ボバネットワーク(BOBA)
・エンジンコイン(仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは ENJ)

ビットバンクの安全性、セキュリティ

・分散された鍵管理でのホットウォレット採用
・完全なオフライン環境によるコールドウォレットの導入
・バグバウンティプログラムの導入

8位:情報セキュリティ格付「A(シングルエー)」取得で安心セキュリティ―「ビットポイント」

BITPOINT

仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは
ビットポイントの概要
取引通貨数 8種類
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker -0.仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは 02%
Taker 0.12%
入金手数料 無料
出金手数料 日本円:550円~770円
BTC:0.0006 BTC

現物投資やレバレッジのほか、積立投資やレンディングなどにも対応しているのがBITPOINTの特徴です。さまざまな投資手法を考えている人におすすめします。

ビットポイントの取り扱い通貨

・ビットコイン(BTC)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・リップル(XRP)
・イーサリアム(ETH)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・トロン(TRX)
・エイダ(ADA)
・ジャスミー(JMY)
・ポルカドット(DOT)

ビットポイントの安全性、セキュリティ

・情報セキュリティポリシーの策定
・ログイン時における二段階認証の導入
・独自のアルゴリズムに基づいたホットウォレットの管理
・24時間の監視体制
・サイバー攻撃に対する出入口対策
・定期的な外部システム監査

初めてのビットコイン 最初の取引所を選ぶならこの基準

●アプリの使いやすさはどうか?
●手数料(スプレッド含む)は安いか?
●セキュリティに問題はないか?
●フォロー体制はどうか?

見えない手数料!?仮想通貨販売所(仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは 取引所)のスプレッドを解説し、徹底比較!

見えない手数料!?仮想通貨販売所(取引所)のスプレッドを解説し、徹底比較!

販売所のスプレッドと比較しながら見てください。

主要国内取引所のスプレッドを比較!一番お得に取引できるのは?

  • bitFlyer(取引所と販売所)
  • Zaif(取引所と販売所)
  • bitbank(取引所)
  • Coincheck(取引所と販売所)
  • GMOコイン(販売所)
  • DMM Bitcoin(販売所)

販売所のスプレッド比較

取引所名スプレッド(価格)スプレッド(割合)
bitFlyer19,700〜23,1002.3%〜2.7%
Zaif34,400〜34,6004.1%〜4.2%
Coincheck34,800〜35,4004.1%〜4.2%
GMOコイン16,200〜17,2001.9%〜2.0%
DMM Bitcoin23,900〜24,1002.8%〜2.9%

取引所のスプレッド比較

取引所スプレッド(価格)スプレッド(割合)
bitFlyer290〜3100.03%〜0.04%
Zaif10〜1900.001%〜0.02%
Coincheck50〜2600.005%〜0.03%
bitbank40〜5000.004%〜0.06%

各取引所の取引手数料

取引所名販売所取引所
bitFlyer無料0.01〜0.15%
Zaif無料無料
bitbank無料
Coincheck無料(※)無料
GMOコイン無料
DMM Bitcoin無料

スプレッドを節約する3つの方法とは?

取引所で売買を行う

ここまでで販売所に比べ、 取引所の方がスプレッドが狭く断然お得 だということをわかっていただけたと思います。

金銭面を重視するなら 、取引所で売買を行う ことをおすすめします。

相場が安定している時に取引をする

複数の仮想通貨取引所を使い分ける


投資する上で、見落としがちなスプレッド。利益をあげるためには、決して軽視できない存在です。

スプレッド

bitFlyerロゴ

ビットフライヤー

MAStand

bitFlyerトップキャプチャ

ビットフライヤー

MAStand

TAOTAO

MAStand

dmmbitcoinトップ

DMMビットコイン

仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは MAStand

GMOコイン

MAStand

GMOコイン

GMOコイン

MAStand

リップル(XRP)

MAStand

コインチェック

仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは

googleplay appstore

【取引に関する注意事項】

■店頭外国為替証拠金取引「LIGHT FX」及び店頭暗号資産証拠金取引「LIGHT FXコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■LIGHT FXにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及び ロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。 仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは
■LIGHT FXコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、LIGHT FXコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■LIGHT FXにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる