攻略方法を紹介

初心者向けの基本的なチャート分析方法

初心者向けの基本的なチャート分析方法
Screening Solutions

株初心者向け株価チャートのカンタンな見方・読み方

チャートの見方のメイン画像

株価チャート

  • 株価チャートの見方ってどうすれば良いの?
  • 株の取引に興味があるけどチャートの読み方がよく分からない…。

そもそも株価チャートとは「株式市場の動向をグラフにしたもの」で、かたい表現に思えますが、要は「視覚的に市場の値動きを見られるもの」です。

このページでは、株式投資を行うに際し知っておきたい株価チャートの見方について「チャートの根幹となるローソク足」、「売買量を知ることのできる出来高」、「値動きの傾向のわかる代表的なテクニカル分析」を用いて、ご紹介していきます。

新生ジャパン投資

アナリストが厳選する「最短即日短期急騰期待銘柄を 無料 で配信。その他、最新のマーケット情報を網羅した朝夕の相場レポートなど、豊富な投資情報を"無料"で閲覧可能!!

株価チャートとは?株初心者が抑えておくべき株価チャートの基本的な見方・読み方

株価チャートの見方を覚えることは、 運任せではなく、根拠のあるデータ分析に基づいた取引を行う手助けになり、 根拠を持った取引は株式投資を行うにあたって非常に重要なことになります。

先ほど冒頭で、株価チャートとは「視覚的に市場の値動きを見られるもの」と述べました。

株価チャートの仕組みはこうなっている!

株価チャートの仕組み(ローソク足 出来高 テクニカル分析指標)の画像

テクニカル分析とは?

このページでは、「ローソク足」や「移動平均線」、「ボリンジャーバンド」や「一目均衡表」など、代表的なテクニカル分析の指標をご紹介しているので、是非そちらも参考にしてみて下さい。

株価チャートを読めるようになるメリット

株価チャートを読めるようになるメリットは 「売買のタイミング」、「値動きの予想」、「トレンドの把握」ができるようになること です。

株価チャートの根幹であるローソク足の見方・読み方

ローソク足の見方のメイン画像

株価チャートの根幹であるローソク足は4本値で構成されている

ローソク足の構成の画像(高値、始値、終値、安値)

ローソク足は始値、高値、安値、終値の4本値から構成されていて、 終値が始値より上昇したら陽線、下落したら陰線 になります。

始値(はじめね) その日の取引で最初に成立した値段(株価)初心者向けの基本的なチャート分析方法 のこと
高値(たかね) 一定期間の中で一番高い値段(株価)のこと
安値(やすね) 一定期間の中で一番安い値段(株価)のこと
終値(おわりね) その日の取引で最後に成立した値段(株価)のこと

株価チャートの根幹であるローソク足が読めるとトレンドが見える

ローソク足から読み取れるトレンドの画像(上昇トレンド、下落トレンド、もち合いトレンド)

A.アップトレンド(上昇トレンド) 上昇している相場のこと
B.ダウントレンド(下落トレンド) 下落している相場のこと
C.もち合いトレンド どちらに行こうか迷っている相場のこと

株価チャートの下にある出来高の見方・読み方は?銘柄の注目後が分かる

出来高の増減のメイン画像

株取引を始めると株価チャートの下に「出来高」が表示されているのを目にしたりするかと思いますが、出来高とは「株の売買が成立した株数」のことを言います。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる