投資助言

株価はどうやって決まる

株価はどうやって決まる
cat_oa-allabout_issue_ef587428991c oa-allabout_0_qfkxuhcqsul9_Z世代が苦手なビジネスマナーランキング!「敬語・言葉遣い」「メールでのビジネス文書作成」を上回る1位は? qfkxuhcqsul9 qfkxuhcqsul9 Z世代が苦手なビジネスマナーランキング!「敬語・言葉遣い」「メールでのビジネス文書作成」を上回る1位は? oa-allabout

株価はどうやって決まるのか?

出典:SBI証券

アナリストらはアデュカヌマブの年間売上高は2023年までに12億6000万ドルに達すると予想している。

業績が良くても、株価は下がる

日本郵政 (6178)

出典:SBI証券 株価はどうやって決まる

  • 「株価が上がりそう」と思う人が多ければ → 株価上昇
  • 「株価が下がりそう」と思う人が多ければ → 株価下落

タツヤ

ユミ先生

悪材料が出ても、株価が上昇する

あく抜けとは

日本航空 (9201)

出典:SBI証券

材料が知れわたったら、株価は下がる

「知ったら終い(しったらしまい)」とは

「噂で買って事実で売る」とは

大塚ホールディングス(4578)

出典:Yahoo!ファイナンス

  1. 2016年12月9日 「日経平均構成銘柄に採用されるのではないか?」という不確かなニュースが流れる
  2. 2017年1月6日 新たな日経平均構成銘柄として大塚ホールディングスの採用が発表される
  3. 2017年1月24日 日経平均構成銘柄に採用される
  • 材料がどの程度確実なものなのか?
  • 材料がどれだけの投資家に知れ渡っているのか?

株価を予想するためには、投資家の心理を予測する必要がある

ただし、難しいのは「投資家」と一言で言っても、 株を売買する投資家(市場参加者)は、千差万別である ということです。

投資家心理を、立場の違う投資家の立場になりながら、予想し、株を売買する必要があるのです。そのためには、様々な方法がありますが、単純に 業績だけを見れば良いわけではない ことをしっかり理解しておきましょう。経営実績も、材料のひとつにすぎず、それを見た投資家が「どう判断するのか?」が株価の予想には重要だということです。

多くの初心者投資家が間違えてしまうのは 「株価を決めるのは、業績ではない」 という点です。株価は 「投資家の思惑・投資家心理によって、決まる」 というのが覚えておくべき重要なポイントです。投資家は、材料を見ながら、買うか?売るか?決めるため「投資家心理は材料によって決まる」のです。投資家心理を知ることで、株価の変動を予想することができるということになります。

株式投資で利益を出す仕組みとは?株の買い方や儲け方を解説

株式投資で利益を出す仕組みとは?株の買い方や儲け方を解説

株式投資はいくらから始められますか? 100株単位の単元株なら数万円から始められますが、買いたい株をその金額で買えるとは限りません。投資したい株の株価が数千円や数万円といったケースもあるでしょう。1銘柄だけ買うなら高くても問題ないかもしれませんが、複数の株に投資する場合は多くの資金が必要になります。 その場合は、100株未満で買える単元未満株に投資しましょう。単元未満株は1株や10株など少ない株数で投資できるため、少額から投資を始めたい人に向いています。ただし、単元未満株の売買ができない証券会社もあるので気をつけましょう。

株価チャートは確認すべきですか? 長期的視点で投資する場合、株価チャートはあまり気にする必要はありません。企業の価値はチャートで判断されるものではないため、業績や事業内容、財務状況を分析するほうが重要です。 しかし、チャートが売買の判断材料になることも少なくないため、チャートの基本は押さえておくことをおすすめします。 例えば一定期間の株価を平均化した「移動平均線」はその株のトレンドの確認などに使われ、日足チャートでは一般的に過去5日間、25日間、75日間の移動平均線が表示されます。期間が長くなるほど長期のトレンドを反映するため、中長期投資では25日や75日の移動平均線を分析するとよいでしょう。

昼間に仕事があっても株の取引はできますか? 株の取引は、昼間仕事がある人でも可能です。 株を売買できる時間は9時から15時まで(11時30分から12時30分は休場)ですが、注文は24時間出せます。そのため夜に株価をチェックし、注文を出しておくことも可能です。リアルタイムで売買したい場合は、PTSを利用すると夜間などに取引できます。

PTSとは
証券会社内で株を売買できるシステムです。証券取引所を通さずに売買が行われるため、「私設取引システム」と呼ばれます。 PTSは証券取引所が開いていない時間でも売買ができるため便利ですが、通常よりも取引量がかなり少ない点や売買できる株が限定される点に注意が必要です。

株取引にはどのようなコストがかかりますか? 株の取引コストは、株を売買したときの約定代金に応じてかかります。株を買って売却すれば、買付と売却の約定代金それぞれに対して手数料が発生します。 株の売買手数料は「約定代金が50万円から100万円の間は◯円(◯%)」といったものや、「1日の約定代金が100万円までは一律◯円」といったものがあります。 株価はどうやって決まる 複数のプランを用意している証券会社もあるため、投資する金額や頻度などに合わせて選択しましょう。

株取引の税金にはどのようなものがありますか? 株の税金は、1月1日から12月31日までに受け取った売却益と配当金に対してかかります。税率は20.315%で、利益部分が課税対象になります。 例えば、ある株を売却して30万円の利益が出た場合、税金は6万945円です。 売却益については原則確定申告が必要ですが、証券会社で「源泉徴収ありの特定口座」を選択している場合は、損益・税額の計算や納税を証券会社が代行してくれます。

特定口座とは
株式等の損益を証券会社が本人に代わって計算することで、確定申告手続きの負担を軽減できる制度です。「源泉徴収ありの特定口座」を選択すれば、納税も証券会社が行ってくれます。 一方、配当金の税金は原則的に源泉徴収が行われるため、確定申告は不要です。ただし確定申告を行う場合は、総合課税または申告分離課税を選択できます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる